中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:中国新型肺炎

1: 1号 ★ 2020/02/10(月) 12:02:46.84
 中国国家衛生健康委員会は8日、自身が新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者に該当しないかどうかを判別できるスマートフォンアプリの運用を開始した。人民日報(電子版)が伝えた。

 アプリに登録後、氏名と身分証番号で検索すると、対象者と新型コロナウイルスの接触度合いを◇感染者◇感染疑い◇濃厚接触者◇問題なし――の4段階で判別する。同委員会が把握している感染者データに加え、交通運輸省や鉄道、航空当局などのデータを根拠にしているといい、主に濃厚接触者の自覚と自主的な隔離を促す狙いがあるとみられる。

 検索は一つのアカウントにつき3人まで可能としており、他人に感染や濃厚接触の状況を調べられる恐れもありそうだ。アプリではこのほか、全国と地域別の感染者数などの最新情報も提供している。

 詳細は人民日報系のウェブサイト<http://health.people.com.cn/n1/2020/0208/c14739-31577572.html>で確認できる。サイト中のQRコードを読み込むことで、同アプリにアクセスできる。

2/10(月) 11:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200210-00000001-nna_kyodo-cn

続きを読む

1: 首都圏の虎 ★ 2020/02/08(土) 13:44:08.01
no title


「命を助ける箱舟か、死を待つ強制収容所か」中国湖北省武漢市政府が2月5日に開設した新型肺炎の軽症患者を受け入れる臨時医療施設に、不満の声が噴出した。患者によると、施設には医師や看護師が駐在しておらず、薬もないという。

武漢市は、市内にある洪山体育館、武漢客庁(文化総合施設)、武漢国際会展中心(エキシビション・コンベンションセンター)の3カ所に仮設ベッド、合計4400床を設置した。

同市江漢区に住む羅さんは6日、新型コロナウイルスの感染症状が現れたため、地元の病院によって武漢国際会展中心に送られた。しかし、「この臨時施設に入って12時間経っても、医師からの問診がなく、薬も処方されなかった」と話した。

羅さんによると、国際会展中心の内部は数エリアに分けられている。羅さんに割り当てられたエリアに28人の軽症患者がいる。全員が男性で、「若者が多い」。患者の家族の付き添いが可能だという。

「ただ、国際会展中心にいる患者が利用できるトイレは1カ所だけだ。ここで交差感染が起きるのではないかと非常に心配だ」

また、ネットユーザー「?个名字怎????」は、SNSの微博に投稿し、武漢国際会展中心での医療環境が「とても悪い」と明かした。投稿によると、同氏の叔母が新型コロナウイルスへの感染を確認された後、武漢国際会展中心に送られた。「停電で電気毛布が使えなくて、夜寝る時に震えが止まらなかった」「医師らが注射を行うこともない」と話した。

大紀元が同ネットユーザーに取材を試みたが、同氏は「微博への投稿はすべて事実だが、取材に応じることはできない」と回答した。6日夜、ネットユーザーは微博上の投稿を取り下げた。

一方、SNSの微信でも同様な投稿が注目を集めた。この書き込みは、洪山体育館内の様子を明らかにした。体育館には「管理責任者や医師は見えず、薬はなく、電気・暖房もない。食品も提供されていない」という。投稿者は「まるで強制収容所だ」「数百人の新型肺炎の患者が無理やりに集められたから、たとえ病がなくても、これで病気になるだろう」と非難した。

インターネットで掲載された映像では、施設の責任者は入所者に対して、「ここは隔離するための拠点で、病院ではない。一切の不測事態に対しても、責任を負いかねる」と注意事項を読み上げた。

(記者・洪寧、翻訳編集・張哲)

2020年02月07日 21時24分
https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51541.html

続きを読む

1: 名無し募集中 2020/02/08(土) 13:30:44.26 0
スクリーンショット 2020-02-08 14.21.12

新型肺炎、さまようクルーズ船 入港拒否相次ぐ

新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、
日本や中国周辺を回る大型クルーズ船の運航に支障を来す例が相次いでいる。横浜に到着した船の乗客多数が感染していたことを受け、日本やアジアの国や地域で入港を拒否する動きが広がっているためだ。

1月以降に中国を訪れた大型船21隻のうち最大5隻が次の寄港地が決まっていないことが分かった。向かう先で入港できず、次でも断られ、行き場を失う船が出てきた。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55373830X00C20A2EA2000/ 

続きを読む

1: マスク ◆0nXZOhmIWY マスク着用のお願い ★ 2020/02/08(土) 12:48:56.18

続きを読む

1: 首都圏の虎 ★ 2020/02/08(土) 08:05:41.57
no title

母親の遺体をのせたバンを追う娘(画像は『The Sun 2020年2月6日付「RIPPED APART Heartbreaking moment woman cries for mum ‘killed by coronavirus’ as she’s taken away to be cremated without a goodbye」』のスクリーンショット)

新型コロナウイルス(2019-nCoV)による肺炎が拡大しているが、中国政府は同ウイルスによって死亡した遺体を迅速に火葬することを今月から義務付けた。そのようななかで中国のSNSに投稿された、亡くなった直後に火葬場へと運ばれる母親の遺体を積んだバンを追って泣き叫ぶ娘の姿を捉えた動画が人々の涙を誘っている。『The Sun』『網易新聞』などが伝えた。
【この記事の動画を見る】
今月1日の夜、中国・湖北省中西医結合医院の前で白いコートを着た若い女性が、その場を去っていくバンを追いかけながら泣き叫んでいた。バンの中には女性の母親の遺体が積まれており、これから火葬場へと向かうところだった。

女性はバンの窓を覗き込みながら、「マーマ! マー、マーマ!」と何度も「??(マーマ)」と泣き叫びながら母親を呼んでいた。『The Sun』によると、母親は新型コロナウイルスに感染したため同病院で治療を受けていたが、亡くなってしまったとのことだ。

しかし母親が亡くなった後、娘は別れを惜しむこともできないまま遺体がバンにのせられて火葬場へと運ばれてしまったようだ。この動画は当初、中国のSNSに投稿されたがのちに削除され、再びTwitterなどでシェアされた。これにより新型コロナウイルスで家族を亡くした中国国民の実情を多くの人が知ることとなった。

中国では現在、新型コロナウイルスの感染によって亡くなった遺体は消毒後に密閉された遺体袋に入れられ、二度と開封することができない。また土葬や遺体の移動、葬儀をあげることも許されておらず、死後は迅速に近隣施設で火葬しなければならないとのことだ。

火葬後の遺灰は家族のもとに届けられるそうだが、中国の農村部では土葬の風習が多く残っていることもあり、故人を火葬することに対して抵抗がある人も多いようだ。また宗教上の問題により火葬に反対する人もおり、当局の判断には次のような意見があがっている。

「感染で亡くなった人がイスラム教徒であっても火葬されるのだろうか?」
「もし、私を火葬するならそれはできないわ。私は敬虔なカトリック信者だから。」
「かなりの人数が亡くなっているんだよ。これは賢明な判断だ。」
「正しい判断だと思う。これが拡散を抑えるのに多少役立つと思う。」

他にも「きちんと入院せずに自宅で亡くなったり、死去してからウイルス性肺炎と診断されて火葬という人もいる。こういう人達は新型コロナウイルスの死亡者数として数えられているのだろうか?」と心配する声も見受けられた。

なお中国国家衛生健康委員会(NHC)では日本時間7日20時の時点で、世界中の新型コロナウイルス感染者は31525人、死亡者は638人と発表している。

2/7(金) 21:00配信
https://article.yahoo.co.jp/detail/cabf17f643ee4b8309708cf51e209e1fce149e9f

続きを読む

↑このページのトップヘ