中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:中国外務省

1: ニライカナイφ ★ 2018/11/18(日) 22:28:56.90 _USER9
1

中国外務省の華春瑩報道官は18日、アメリカのペンス副大統領が、APEC=アジア太平洋経済協力会議の首脳会議を前にした演説で、中国が経済支援を行う相手国を債務漬けにしていると批判したことに、コメントを発表して強く反発しました。

この中で、華報道官は「中国との協力によって債務の問題に陥った発展途上国はない。反対に、中国の協力と支援でみずから発展する能力を高め、地域の人々の生活は改善した」と反論し、関係する各国の政府や国民から歓迎されていると主張しています。

そのうえで、華報道官は「あら探しをするより、みずからの言行を一致させて大国にも小国にも平等に向き合い、各国が自身の状況に応じて発展の道を選ぶ権利を尊重すべきだ」と指摘し、アメリカの批判に強く反発しています。

また、APECの首脳会議のあと記者会見した中国外務省の王小竜国際経済局長は、「中国の援助は開発や生活の向上に集中し、条件付きでもないため、多くの国から広く歓迎されている」としたうえで、「中国の支援のために債務の罠に陥っている国はない」と述べ、アメリカなどの指摘に反論し、中国の援助は役立っているという立場を強調しました。

また、WTO=世界貿易機関をめぐる議論については、「特定の国の対立ではない」と述べ、米中だけが対立しているわけではないとしたうえで、「WTOの機能の強化にあたっては、途上国に配慮して国ごとに相違点を設けるという基本的原則を守ることが大切だという立場を多くの加盟国が示した」と述べて、それぞれの国の事情に配慮したルール作りが必要だという考えを示しました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181118/k10011715281000.html

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(宮城県) [US] 2018/10/21(日) 14:44:42.58 ● BE:601381941-PLT(13121)
外交部、侵略の歴史を直視し深く反省するよう日本側に求める

日本の安倍晋三首相が靖国神社に供物を奉納した事について、中国外交部(外務省)の陸慷報道官は
17日の定例記者会見で「中国側は日本側に対して、侵略の歴史をしっかりと直視し、深く反省するよう求める」
と述べた。

【記者】日本の安倍首相が17日、靖国神社に「真榊」という供物を奉納したことについてコメントは。

【陸報道官】靖国神社は侵略戦争に直接の責任を負う第2次大戦のA級戦犯を祀っており、われわれは
日本側の誤ったやり方に一貫して反対している。

中国側は日本側に対して、侵略の歴史をしっかりと直視し、深く反省し、実際の行動によってアジア近隣諸国と
国際社会の信頼を得るよう求める。(編集NA)

「人民網日本語版」2018年10月18日

http://j.people.com.cn/n3/2018/1018/c94474-9509632.html

続きを読む

1: (^ェ^) ★ 2018/08/31(金) 07:29:06.33 _USER9
1

産経排除への抗議に反発=日本政府は「メディア教育」を―中国外務省

・【北京時事】中国外務省の華春瑩・副報道局長は30日の記者会見で、秋葉剛男外務事務次官が王毅国務委員兼外相と会談した際、中国側が産経新聞の代表取材を認めなかったことに日本政府が抗議したのを受け、「理不尽な抗議で受け入れられない」と反発した。

華氏は2国間会談の取材対応は「両国が相互尊重と友好対等の原則で調整するものだ」と主張。産経新聞が「合法的な取材活動に対する不当な妨害だ」と抗議したことも非難した上で、「日本政府は自国メディアを教育し制限しないといけない」と述べた。

これに関連し、北京を訪問中の二階俊博自民党幹事長は30日、記者団に「(日中は)互いに細心の注意を払って両国関係を円満に推移するようにしないといけない。今後、十分に注意して対応するべきだ」と語った。

8/30(木) 20:19配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180830-00000136-jij-cn

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [CN] 2018/08/19(日) 09:21:02.28 ● BE:448218991-PLT(14145)

【北京時事】中国外務省の陸慷報道局長は18日、海軍陸戦隊(海兵隊)増強など中国の軍事規模拡大を指摘する年次報告書を米国防総省が公表したことについて、「事実を顧みず、勝手に評論している。断固として反対する」と非難する談話を出した。

 談話は「中国の国防推進の狙いは国家の独立、主権と領土を守ることにあり、主権国家の正当な権利行使だ」と主張。米国に「無責任な報告を毎年発表するのをやめるよう促す」と迫った。

 中国国防省も17日付で同報告に対する報道官談話を出し、「中国の戦略的意図を曲解し、
『中国の軍事的脅威』を誇張している」と批判した。(2018/08/18-20:44)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018081800447&g=int

続きを読む

↑このページのトップヘ