中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:中国共産党

1: @くコ:彡 ★ 2018/11/13(火) 15:31:52.04 _USER9
・日本人の対中感情、依然否定的=「習主席信頼しない」約8割—米調査

 【ワシントン時事】米世論調査機関ピュー・リサーチ・センターが12日に発表した世論調査によると、中国に対して否定的な感情を抱く日本人の割合は78%に上った。93%だった2013年から毎年低下を続けているが、依然高い水準を維持していることが分かった。
 中国の習近平国家主席を信頼しないとする人は76%だった。一方で、79%が「中国は10年前よりも国際的に重要な役割を果たしている」と見なしていることも明らかになった。
 調査は日本で5~6月にかけて行われ、1016人が回答した。
 また、日本政府が外国人労働者の受け入れ拡大を検討する中、今回の調査では、移民の受け入れ人数について「現在の水準を維持すべきだ」が、58%を占めた。移民の存在がテロの危険を高めるかについては「高めない」が60%で、「高める」の33%を上回った。 


11月13日(火)7時25分[時事通信社]
https://www.jiji.com/sp/article?k=2018111300212

続きを読む

1: ニライカナイφ ★ 2018/11/12(月) 08:14:36.02 _USER9
顔認証による国民の監視が行われている中国で、顔が見えなくても歩き方で人物を特定できる歩行認識テクノロジーが実用化した

中国は最新の「歩行認識」ソフトウエアの導入を開始している。これは、体型や歩き方だけで人を識別することができる高度先端技術に基づく監視システムだ。

他人を信用できない「ROM専」日本人のせいで経済が伸びない?

AP通信によれば、このソフトウエアは顔が映っていない映像からでも、被写体を確実に特定することができる。

中国共産党は人工知能とデータに基づくセキュリティ・インフラの構築を進めており、歩行認識ネットワークはすでに北京と上海の街で市民の監視に使われている。

この歩行認識システムを開発した中国ウェイトリックス社のファン・ヤンジェンCEOによれば、同社のカメラは50メートル離れた場所にいる顔の見えない人物を識別できるという。

「身元を割り出すのに、本人の協力は必要ない」と、ファンは言う。「わざと足をひきずったり、大股で歩いたり、前かがみになったりしても、歩行認識ソフトはだまされない。身体全体のすべての機能を分析しているからだ」

中国ではすでに顔認識テクノロジーが実用化されている。政府が全国に設置した顔認識技術に基づく監視ネットワークは、交通規則を無視して道路を横断する歩行者に罰金を課したり、危険運転を発見して罰したり、祭りやコンサートなど人が集まる場所で群衆のなかから犯罪者を発見するといった用途に使われている。

■既存の監視システムを強化

中国共産党が構築した監視カメラシステムは非常に高度な機能を備えている。顔認識カメラはデータベースに接続されており、ソフトウエアで容疑者を特定し、その連絡先を割り出して罰金の支払いを命じるメッセージを送信することができる。

しかし、このシステムが正しく機能するためには、顔の高解像度のクローズアップ画像が必要になる。歩行認識テクノロジーは、容疑者の特定に必要な欠落部分を埋める役に立つだろう。

ウェイトリックスの歩行認識システムでは、動画のなかから人物の輪郭を抜き出し、歩き方のモデルを作成する。10分間の映像のスキャンに約10分かかるが、精度は94%だと、ファンは言う。リアルタイムで人を識別することはまだできないが、同社は先ごろ、さらなる開発を進める資金として1450万ドルを調達したという。

AP通信によれば、政情不安定な新疆ウイグル地区の行政当局は、歩行認識技術に関心を示している。

地域の宗教や伝統を抑圧し、中央への忠誠心を育てるという政府の方針のもと、新疆ウイグル地区に住むイスラム教徒は、すでに厳しい監視下におかれている。

当局は地元住民の管理を強化するために、さまざまなテクノロジーを駆使してきた。調査官が住民の情報に素早くアクセスできるように、家の外壁にQRコードを貼り付けるといった手法も使われている。

日本やイギリス、アメリカの科学者も歩行認識ソフトウエアを研究しているが、この技術を商業化しようとする企業はほとんどない。だが全国民の社会的統制をめざす中国政府が相手なら、確実に大儲けできるビジネスになるだろう。

イギリスのテレグラフ紙によると、中国の国内治安対策への支出は過去10年間で3倍に増え、2017年に1790億ドルを超えた。これには13憶の国民を守り、管理する包括的なハイテク検閲システム「金盾プロジェクト」の開発という中国政府の壮大な計画が関わっている。

しかし、歩行認識は必ずしもジョージ・オーウェルが小説『1984年』で描いた「ビッグブラザー」を思わせる陰湿な監視にだけ使われるテクノロジーではない、とファンは言う。たとえば、困っている負傷者や高齢者をいち早く発見、救助するといった使い道もある、と彼は指摘した。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181107-00010004-newsweek-int

続きを読む

1: ニライカナイφ ★ 2018/11/11(日) 16:57:36.95 _USER9
中国黒龍江省牡丹江市に住む媛媛さん(32)は16歳の時、地元の警官に両親の拷問現場を強制的に見せられたあと、強い精神的ショックで精神障害を患った。法輪功学習者の情報を発信する明慧網が10月29日報じた。

媛媛さんの両親は1998年から中国伝統気功、法輪功を習い始めた。99年中国共産党政権が法輪功学習者に対して弾圧を始めてから、両親は当局に数回、不法拘禁され、懲役刑を言い渡された。両親は拘束中、何度も拷問を受けた。

2000年7月、両親は北京に行き、中央政府に対して法輪功への弾圧をやめるよう陳情した。このため、当局は同年、媛媛さんの父親に対して1年間の強制労働教育、母親に2年間の労働教育を言い渡した。両親のいない家には、水道・電気・暖房も止められた。その年の冬、まだ13歳だった媛媛さんは十分な防寒服がないまま過ごした。

03年4月19日、法輪功に関する真相資料を配ったとして、牡丹江市大慶派出所当局は媛媛さんの両親を再び拘束した。媛媛さんの家に押し入った警官らは、テレビ、電話、現金などの家財を押収した。

同市愛民区警察支署に連行された両親は、10数人の警官に暴行を加えられて、「虎の椅子」「死人ベッド」「宙吊り」、口や鼻にからし油を流し込むなどの壮絶な拷問を受けた。

拷問イメージ図:虎の椅子
no title

拷問イメージ図:死人ベッド
no title

拷問イメージ写真:宙吊り
no title


愛民区警察署の警官らは当時まだ16歳の媛媛さんを署に連行し、拷問を受けている両親の様子を見るようにと命じた。その光景から媛媛さんが強い精神的ショックを受けた。

その後、父親は牡丹江市尖山子監獄に、母親はハルビン女子監獄にそれぞれ投獄された。そこでも拷問が続いた。当局は法輪功をやめなければ媛媛さんに危害を加えると両親を脅かした。

いっぽう、警察当局は家に一人残された媛媛さんに対しても、精神的に追い詰めた。夏の猛暑日に、媛媛さんに家の外に長時間立つよう要求した。警官らは、「少しでも動いたら、お父さんとお母さんを殴り殺すから」と言った。

長年極度の心理的ストレスと孤独、憂愁で、媛媛さんは精神的に不安定になり、最終的に精神に異常をきたした。現在32歳になった媛媛さんは家族の介護を受けながら暮らしている。

https://www.epochtimes.jp/2018/11/37735.html

続きを読む

1: (^ェ^) ★ 2018/11/10(土) 09:40:12.09 _USER9
1

中国の40兆ドル超の輸入、中国と世界にとって何を意味するのか?
【11月9日 CNS】「今後15年間で、中国が輸入する商品とサービスはそれぞれ30兆ドル(約3402兆円)と10兆ドル(約1133兆円)と予測する」
中国の習近平(Xi Jinping)主席が5日、第1回中国国際輸入博覧会の開幕式で行った演説の中で提示した数字だ。合わせて、40兆ドル(約4535兆円)を超える規模の輸入ビジネスは中国と世界にとって何を意味するのだろうか?
「爆買い」は、今や全世界で消費能力と消費需要が大きく増加した中国人消費者の大きな特徴となった。
商務部の路紅艶(Lu Hongyan)研究員は、「現在、中国の消費は加速的に増加しており、消費者は商品の品質と内容とショッピング体験、個性化した需要を重んじるようになった」と語った。
「しかし、消費需要の増加に比べ、中国の商品供給は不足している。特に、工業消費品の分野は、等級が低く低品質のものが多く、ブランド品も少ないなどの要素が、中国国内から外への消費に向かわせている」と路研究員は語る。
中国人民大学(Renmin University of China)の賈晋京(Jia Jinjing)院長助理は、「中国の世界経済発展に対する貢献率は、既に多年にわたって連続して30%を超えている。
40兆ドルを超える輸入は、全世界の商品とサービス市場を活性化させ、中国の巨大な消費力で世界経済の成長を後押しする」と語った。
南開大学(Nankai University)の彭支偉(Peng Zhiwei)主任は、「中国の大規模な輸入は、世界の自由貿易の発展を支える。中国の輸入額の全世界の輸入量に占める割合は10%を超え、将来はさらに増える。
先進的な機械加工設備、工業用ロボット、医療医薬品、日用生活品など多くの分野で巨大な量の輸入が見込まれる。外国企業から見れば、正においしいパイと言えるだろう」と述べた。(c)CNS/JCM/AFPBB News

http://www.afpbb.com/articles/-/3196494?act=all
続きを読む

1: きつねうどん ★ 2018/11/05(月) 12:30:17.54 _USER
スクリーンショット 2018-11-05 15.10.54

[上海 5日 ロイター] - 中国の習近平国家主席は5日、輸入関税の引き下げと市場アクセスの拡大を継続することを約束した。この日から10日まで上海で開催される中国国際輸入博覧会の開幕に当たり述べたもの。

習国家主席は教育・通信・文化分野で開放を加速する一方、外国企業の利益を守ると述べた。さらに、知的財産権の侵害について懲罰的な法の執行を強化するとも話した。

https://jp.reuters.com/article/xi-tariff-idJPKCN1NA05P

続きを読む

↑このページのトップヘ