中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:中国企業

1: お断り ★ 2021/01/07(木) 09:29:22.70
観光業界は、閉鎖、倒産、破産、この他に何か言葉はありますか?

2020年は特別な年です。数万の観光会社がキャンセルされ、多くの有名な観光会社や景勝地が崩壊しました。
公開データによると、3月27日、中国の旅行関連企業1,670社、風光明媚な関連企業46社、ホテル1,890社、航空会社274社を含む合計6,456社がキャンセルされた。キャンセルされた企業は北京、上海、広州が占めている。
いくつかの全国レベルの5Aおよび4Aの景勝地は再編成と破産を宣言しています。
半年以上の停止の後、州間のチーム観光の再開により、観光産業は夜明けを迎えました。
しかし、観光業界は短期的には大きな回復を迎えていない。上半期の流行の影響を受けた人々の消費がより合理的になった。

上場している13の観光企業は、歴史上最も醜い財務報告を行った。

画像
平均売上 -63% 平均利益 -223%
no title

(チャイナニュースウィークリー)
西安観光だけは前年比で収益となっているが、これは完全子会社の売却を行った為だ

現在、インバウンドとアウトバウンドの観光が停止しており、観光業界はいまだに正常な水準に戻っておらず、
まだ多くのギャップがあります。
したがって、上場観光会社の業績が「血に戻る」かどうかはまだ分からない。

Sina Finance 2021/1/6 ソース中国語 "観光業界は、閉鎖、倒産、破産"
https://finance.sina.com.cn/chanjing/cyxw/2021-01-06/doc-iiznezxt0858807.shtml

続きを読む

1: お断り ★ 2020/12/31(木) 23:56:50.25
四川石炭グループの破産および再編計画は、10年以内に現金で負債の一部を完済するために承認されました
記者は12月28日、四川石炭工業集団有限公司(以下「四川石炭集団」)が開示した再編計画の主な内容の発表を確認した。
12月23日、四川省成都中級人民法院が法に基づき判決を下した。

四川石炭グループの再編計画によると、四川石炭グループの担保付債権者の権利は、保証物件の査定額の範囲内で優先的に支払われます。優先部分は、四川石炭グループによって10年以内に7回に分けて現金で支払われます。

30万元(金額を含む)未満の各債権者の請求は四川石炭グループによって現金で全額返済されます。30万元を超える部分は四川石炭グループが10年以内に7回に分けて20.139%の割合で現金で返済し、四半期ごとに債権者に未払い債務の利息を支払う。
残りの通常の金銭的請求は、再編計画が裁判所によって承認された日から6か月以内に株式によって補償されるものとします。

公開情報によると、四川石炭グループは2005年8月28日に設立された大企業であり、登録資本金は30億元、現在、四川省人民政府の国有資産監督管理委員会が部門レベルで直接監督している。企業の総資産は300億元(4740億円)、年間営業利益は118億元、石炭生産鉱山は25組、インフラ・技術変革鉱山は11組、年間設計生産能力は2,000万トン以上。

再編受理日を基準日として、四川石炭グループの連結ベースの監査資産総額は286.51億元、負債総額は384億5000万元(6067億円)である。

中国紙ビジネスヘラルド ソース中国語 2020/12/29 "四川石炭グループの破産再編計画が承認される"
http://finance.eastmoney.com/a/202012291755144594.html

続きを読む

1: カリスト(岐阜県) [DE] 2020/12/11(金) 16:46:36.05 ● BE:789862737-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/u_okotowari.gif
最近、チャイナビジネスニュースは、最大700億元(1兆1060億円)の債務を抱えていると噂されていたチャイナサイエンスアンドテクノロジーコンストラクションデベロップメントコーポレーション(以下「中国科学技術建設」という)が正式に破産再編プロセスに入り、監査債務総額が371億元(5861億円)に達したという事実を報じた。

懸念を呼んでいる「中国科学技術建設」事件では、国有企業と民間企業を「つなぐ」という新しいモデルであったが、金融市場の二重化が再び焦点となっています。負債が371億元(5861億円)のこの会社は、直接または間接的に418社に投資しており、その資本は複雑です。
しかし、Qixinbaoのデータによると、スタッフの人数はわずか179人です。
数年間の「目隠し運転」の後、Zhang Kejianは2018年5月に資本チェーンが壊れたことを明らかにし、会社の事業は崩壊の危機に瀕していた。

債務問題が雪だるま式に拡大した理由の一部は、かなりの数の支店や子会社がチャイナケジアンと「提携」していることであるとの
メディア報道があります。彼らはチャイナケジアンの国有企業としての地位に関心を持っています。
資金調達の際、「中国科学技術建設」制度の企業は、投資家の信頼を得るために「中国科学アカデミー」の背景に依存して、
お互いを保証します。これらの関連会社が予定通りに外部資金を返済しなかった場合、
ChinaKejianは金融危機に直面する可能性があります。Zhongkejianの子会社の管理も非常に弱いです。

第一財形 2020/12/10
https://www.yicai.com/news/100871567.html

中国科学技術建設は中国住宅都市農村開発省と州商工省によって承認された国営企業
中国人民解放軍兵舎の建設、国防建設、国の主要プロジェクトの建設に長年携わる
不動産事業は7つのプロジェクトを手掛けており、総建設面積は2,352,200平方メートル。

続きを読む

1: リゲル(愛知県) [US] 2020/12/04(金) 00:09:38.10 ● BE:873998414-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
米メディアinfowars12月1日付によると、米国証券取引委員会(SEC)の文書で、投票機製造および集計ソフト開発会社、ドミニオン(Dominion Voting Systems)は選挙開始の1カ月前、中国当局と深いつながりのある瑞銀証券(UBS Securities LLC)から4億ドル(約418億円)の出資を受け取っていたことが明らかになった。

米調査会社Austin Security and investigation Solutions(以下はオースティン社)はこのほど、ニューヨーク市マンハッタン地区にある金融会社、Staple Street Capital LLCについて調査を行った。Staple Street Capital LLCは2018年、ドミニオン社を買収した。

同調査は「2020年10月8日、Staple Street Capital LLCは米証券取引委員会に対して、フォームD(Form Dとは、米国証券取引委員会に対して提出する有価証券の募集に関する登録義務免除の申請書類)を提出した。(有価証券の)発行販売は4億ドル。発行側は瑞銀証券(UBS Securities)」と示した。

また、同調査では、2014年12月、Staple Street Capital LLCが瑞銀証券から2億ドル(約209億円)の出資を受け取ったこともある。

瑞銀証券は、中国北京市に本部を置く証券会社で、前身は、巨額の債務を抱えていた北京証券公司。2006年、北京国翔資産管理有限公司、中国建設銀行投資有限責任公司が同社の再建に着手し、新たな証券会社を設立した。2007年、スイス金融大手UBSグループ(UBS Group AG)は新会社の株式24.99%を買収したため、同社が合資会社の瑞銀証券となった。中国側は同社の約75%株式を保有。

オースティン社の調査では、瑞銀証券の株主構成は、北京国翔(33%)、USBグループ(24.99%)、広東省交通集団有限公司(14.01%)、中国国電集団公司(14%)、中国糧油食品輸出入集団有限公司(14%)となっている。

民営企業のUBSグループを除いた4社はすべて中国当局の国有企業、または広東省政府の配下の企業だ。

ドミニオン社と瑞銀証券の関係は、バイデン氏を当選させるため、中国共産党政権が米国大統領選に介入し操作したとの指摘を裏付ける新たな証拠となった。

トランプ弁護団のリン・ウッド弁護士は2日、この調査について、「検証のための取り組みを行っている。これが事実であれば、共産主義者がわれわれの土地を奪い、私たちの政府を転覆させようとしているという他の証拠が確定できる」とツイッターに投稿した。

https://www.epochtimes.jp/p/2020/12/65426.html

続きを読む

1: 電気うなぎ ★ 2020/08/04(火) 18:33:14.68
 安全保障上の懸念からトランプ米政権が運営規制に動いている中国発の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」をめぐり、運営会社と連携協定を結んでいた埼玉県が7月、情報発信などでのアプリの使用を止めていたことが4日、分かった。同じく協定を結んでいた神戸市も、ティックトック上の公式アカウントを3日に止めた。いずれも、住民の間で強まる対中国安保への不安に配慮した。

不安が払拭されるまで

 ほかには、大阪府や広島県も連携協定を締結している。現時点で使用の停止まではいたっていないが、日本政府の動きをみながら慎重に対応するとしている。ティックトックは日本でも利用する若者が急増しており、若者に対する情報発信の強化を狙って活用を進める動きが出ていた。


 埼玉県は6月、ティックトックを運営する中国のIT企業「北京字節跳動科技(バイトダンス)」の日本法人と協定を結び、新型コロナウイルスの感染情報の発信や県政情報の広報、県庁職員の業務などに使うことを計画していた。

 ただ、協定以降、多くの県民から懸念が寄せられた上、7月には米国で警戒論が強まったため、同県は「ティックトックを使った情報発信や庁内での活用をストップした」とする。今後は「県民の不安が払拭されるまでは利用しない」としている。


 一方、神戸市も5月にバイトダンスと連携協定を結び、風景や文化についての情報を配信することを決めた。すでに動物園や水族館の映像を流している。

 ただ、一連の米政権の動きなどを踏まえて、ティックトックで動画を配信する公式アカウントを停止した。同市は「市民の心配の声もあり、安心して利用していただけるまではアカウントを停止する」としている。


↓以下ソースでご覧下さい
https://www.sankei.com/smp/west/news/200804/wst2008040016-s1.html

続きを読む

↑このページのトップヘ