中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:中国企業

1: テルモゲマティスポラ(神奈川県) [JP] 2021/08/31(火) 12:50:31.43 ● BE:329614872-2BP(2500)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
中国 未成年のゲームは週末夜1時間 「精神的アヘン」と厳しく制限
8/31(火) 0:57配信
FNNプライムオンライン

未成年のゲームは週末の夜1時間だけ、中国政府が厳しい制限。

中国でメディア全般を管轄する「国家新聞出版署」は30日、「未成年者のネットゲーム依存を適切に防止する」とした通知を出した。

すべてのネットゲームの企業に対し、実名でのユーザー登録を徹底し、
18歳未満のユーザーには、金・土・日と祝日の午後8時から午後9時の1時間しかサービスを提供してはならないとしている。

中国政府は、民間の大手IT企業に対する締め付けを急速に強めていて、
8月上旬には国営新華社系のメディアが、ネットゲームを「精神的アヘン」と非難していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ad72237cc8023e3c06f8ebc0b86e24a4aad80105

テンセント時価総額
102兆円(1月25日) → 61.1兆円(8月31日)

続きを読む

1: 夜のけいちゃん ★ 2021/06/10(木) 00:48:00.57
6/10(木) 0:14


 【ワシントン時事】バイデン米大統領は9日、トランプ前大統領が中国系短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」や対話アプリ「微信(ウィーチャット)」などとの取引や使用を禁じた大統領令を撤回すると発表した。

 新たに大統領令を出し、国家安全保障に深刻な脅威をもたらす恐れのある、中国などが関与するアプリのリスクを再検証するようレモンド商務長官に指示した。

 トランプ氏は昨年8月、ティックトック米国事業の「売却」か「禁止」を命じたものの、裁判所で差し止められて実現していない。バイデン政権と議会は、中国製アプリを通じた中国当局への情報流出や投稿検閲を引き続き懸念しており、新たな大統領令に基づいてリスクを再検証し、今後講じる措置の法的根拠を明確にする狙いがあるとみられる。 

ソース https://news.yahoo.co.jp/articles/1c60ff584098a7d49a564cd2b359b66ebc67a176

続きを読む

1: お断り ★ 2021/06/05(土) 01:50:29.88
Creditors seeking $187 bln from China's bankrupt HNA Group - executive quoted
破産したHNAグループは債権者から1,870億ドルを求められている

China's HNA Group Co (HNAIRC.UL) said some 67,400 creditors are seeking a total of 1.2 trillion yuan ($187 billion), according to a person who attended the conglomerate's online meeting for creditors on Friday.
中国のHNAグループは、約67,400の債権者が合計1兆2,000億元(1,870億ドル)を求めていると、金曜行われたオンラインミーティングに参加した人物が語った。
2021/6/4
https://www.reuters.com/business/creditors-seeking-187-bln-chinas-bankrupt-hna-group-executive-quoted-2021-06-04/

続きを読む

1: Felis silvestris catus ★ 2021/05/10(月) 06:48:32.13
https://www.recordchina.co.jp/b876069-s25-c30-d0198.html


駐ベルギー中国大使館は7日、中国企業の阿里巴巴(アリババ)が現地空港で推進する物流事業に関連して「中国政府に協力してスパイ活動を行うのではないか」という見方が発生していることについて、「『でっちあげ』の罪名で中国企業を中傷」「強烈な不満」「断固として反対」などと反発する文章を発表した。

文章は冒頭部分で、「ベルギーの個別の議員、機関、メディアが旧態依然として根拠もなく、アリババの(ベルギー国内にある)リエージュ空港の物流プロジェクトで中国政府に協力してスパイ活動に従事するのではないかと疑っている」として、「この種の『でっちあげ』の罪名で中国企業を中傷するやり方に対して、われわれは強烈な不満を表明し断固として反対する」と表明した。

文章はさらに、「中国政府は中国企業に対して、外国で業務を展開する場合には現地の法律法規を厳格に順守するよう一貫して要求してきた。中国企業に対して、現地の法律法規に違反する活動に従事することを要求することはあり得ない」と主張した。

日本を含む西側諸国からは、中国で2018年に施行が始まった「国家情報法」を問題視する声が出ている。中国大使館の文章は「立法の形式で国家の安全を維持することは、国際的に通用するやり方だ」と論じた上で、同法について「組織および国民が、国家の情報関連作業を支持し、支援し、協力する義務を法の形で定めたもの」であると同時に、同法は「国家の情報関連作業は法に基づいて進めねばならず、人権や個人と組織の合法的な権益を守る」ことを定めたものであり、中国のその他の法律も「情報の安全やプライバシー権などの国民と個人の合法的権益を保障している」などとして、「外界は全面的かつ客観的に『国家情報法』の内容を理解すべきであり、断片的に都合よく解釈したり、一方的に誤って解釈すべきでない」と主張した。

文章は最後の部分で、「国際社会では一部の人が、ともすれば中国の『国家情報法』に言及して、中国企業にいわゆる安全上のリスクがあると煽(あお)り立てている。(これは)ダブルスタンダードであり、世論を惑わすものであり、その実質は中国企業を圧迫するための口実づくりであり、政治の手段により経済行為に干渉するものだ」と主張した。(翻訳・編集/如月隼人)

続きを読む

1: どこさ ★ 2021/04/21(水) 06:53:06.39
スクリーンショット 2021-04-21 9.48.45

日米、楽天を共同監視 中国への情報流出を警戒

 日米両政府が、経済安全保障の観点から楽天グループを共同で監視する方針を固めたことが20日分かった。
 中国IT大手の騰訊控股(テンセント)子会社が3月に大株主となったことで、日米の顧客情報がテンセントを通じて中国当局に筒抜けになる事態を警戒。
 日本政府が外為法に基づいて楽天から定期的に聞き取り調査を行い、米当局と内容を共有することで、中国への情報流出リスクに連携して対処する。

 楽天はテンセントの出資を「純投資」と説明。
 テンセントを含む株主が個人情報にアクセスする可能性も否定している。

共同通信 4/20(火) 21:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/9600f118065d73155d32f54c0364c37a9fa33e2b

続きを読む

↑このページのトップヘ