中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:中国企業

1: チンしたモヤシ ★ 2018/11/11(日) 16:09:44.36 _USER9
中国「独身の日」期間中の郵便物処理量、最高1日4億件

独身の日が終わると、大学などでは寄せられた荷物の山で慌ただしくなる(2017年11月14日撮影、資料写真)。(c)CNS/泱波
no title

no title

AFP 2018年11月11日 9:38 発信地:東京 [ 中国 中国・台湾 ]
http://www.afpbb.com/articles/-/3196980?cx_part=latest

【11月11日 東方新報】中国国家郵政局によると、「双11」(11月11日、独身の日)期間、EMS(国際スピード郵便)が今年最大のピークを迎えると言われており、初歩的な予測では11月11日から16日の間、全国の郵便局で速達を含めた郵便荷物を処理する業務量は18億7000万件、前年同期比で25%まで達する見込みだという。

 さらに1日の業務処理量は最高で4億1000万件、前年比23.9%の増加、期間中の平均業務量は1日3億1000万件、通常業務量と比較しても約2.4倍以上の業務量になると予測している。

「独身の日」などEMS業務の繁忙期が刻一刻と近づくころ、業界でも同期間中におけるサービス、安全保障などに関する問題が各界で注目を集める。

 これについて、国家郵政局市場監管司の辺作棟(Bian Zuodong)副司長は、「毎年のピークシーズンは、業界全体でサービスの質を向上させ、総合的な力を強化する重要な期間。同局も社会的効率性を高め、国民の経済発展を手助けするための重要な時期でもある」とコメントしている。(c)東方新報/AFPBB News

続きを読む

1: サーバル ★ 2018/11/09(金) 11:04:27.01 _USER9
中国の7億5300万人のスマホユーザーのほとんどが「中国製」のスマホを利用する昨今、しょっちゅう壊れるスマホで正常な取引ができるのかというものだ。

IT専門調査会社IDCによれば、2017年の出荷台数でみた中国市場のスマホのシェアはファーウェイ(華為)が首位であり、それにオッポ(OPPO)、ヴィーヴォ(Vivo)、シャオミ(小米)と国産スマホが続く。近年の国産スマホのスピーディな発展はまぶしいくらいだ。

だが、輝かしい発展の裏には必ず「ひずみ」が存在するのは中国社会の鉄則。市場シェア争奪のみに目を奪われる中国メーカーに、果たして「不良品」に対する呵責はあるのだろうか。中国のスマホメーカーを取引先に持つ中国在住の日本人総経理がこんなことを話していた。

「中国の電子部品業界は、不良が出れば新しいものと交換すればいいという認識が強い。日本のメーカーなら徹底的に原因を追及し改善しようとするんですが」

そもそも国産スマホの歴史は模造品から始まり、内陸部のアップルやサムソンを買えない層を中心にその後ローエンド版が広まった。100元(約1600円)のスマホで利益を出そうと思えば、組み込まれる部品は安価なものになるから、いつ故障が起きても不思議ではなかった。しかしそんな国産スマホも今は昔。日進月歩の技術力とシェア拡大で、多くの国民が支持するようになった。

上海在住で香港系物流会社に勤務する李瑞さん(38歳、男性、仮名)にとっては、国産スマホも“使い捨て”同然のようだ。李さんが今使っているスマホはレノボ製で、2か月前に1300元(約2万2000円)で購入した。使い心地を訪ねると、「1300元の国産品だからね、半年使えればそれで十分」という。本体価格1300元は使用中に不具合が出たとしても諦めがつく価格だ。

李さんの同僚が使うのは1800元(約2万8800円)のシャオミだ。ホワイトカラーも支持するシャオミなら、筆者も使ってみたいものだ。そう思って調べると、2018年第1四半期、シャオミは14%の高い故障率(モバイルデバイス診断企業ブランコ調べ)だった。

100台あれば14台が壊れる計算だ。発熱したり、画面がフリーズしたりするらしい。李さんのお母さん(66歳)は「壊れたら買い替えりゃいいんだよ」というが、そんな不安定な端末で行う「決済」なんて決して愉快なことではない。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58098?page=3

続きを読む

1: ■忍法帖【Lv=24,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2018/09/28(金)15:08:07 ID:???

中国メディアの参考消息は27日、ロシアでの報道を引用してイスラエル最大の港であるハイファ港の一部を、
中国企業が租借すると報じた。イスラエルを巡る安全問題で、懸念の声が出ている。
ハイファ港はイスラエル当局が統括的に整備・管理・運営をしてきた。
数年前から、新たなふ頭を作る計画が持ち上がり、民間企業への委託の考えが打ち出された。
その結果、港湾の運営を手掛ける上海国際港務が新ふ頭の25年間の租借権を獲得したという。
新ふ頭の供用は2021年の予定とされる。

米国防総省で特殊作戦や低強度紛争担当の次官補を務めた経験もあるセス・クロプシー氏は、地中海に展開する
米海軍艦隊は、中国企業がハイファ港の一部を租借していることで、イスラエルの港に寄港しなくなる可能性があると指摘。

クロプシー氏は、中国企業がハイファ港に存在しても米国とイスラエルの協力体制には影響しないと分析。
ただし、イスラエルは貿易やエネルギー、安全問題で海路に大きく依存していると指摘した。

クロプシー氏はさらに、イスラエルと米国は国際秩序の分野で利益が合致しており、地中海東部の情勢は、
イスラエルという秩序を保った国をどれだけ尊重するかに大きく関係していると述べた。

クロプシー氏が直接指摘したわけでないが、中国絡みなどで米国とイスラエルの方向性が大きくずれてしまった場合、
周辺地域の情勢に大きな影響が出ると言ったに等しい発言だ。

中国はイスラエルのもうひとつの地中海に面した港であるアシュドッド港のふ頭建設にも手を挙げている。
記事は、中国が「一帯一路」政策の一環として、地中海の港を確保する動きに出ているとの見方を紹介した。
またイスラエル国内では、イスラエル政府上層部の一部に、米国に対する依存度を低下させる戦略構想が
存在する見方もある。
同国では「米国の主要なライバルを重要港湾に入らせる決定をしたのはだれか」との“犯人捜し”も始まっているという。

(以下略)

https://www.recordchina.co.jp/b648672-s0-c10-d0142.html


続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [DE] 2018/06/20(水) 18:04:36.47 BE:479913954-2BP(1931)
ソース
no title

no title


https://www.fifa.com/worldcup/organisation/partners/


ソニーは2005年4月に、2007~2014年の8年で330億円という大型契約をしていたが、本社の構造改革の優先を理由に、一度も更新されることなく去ることになった。
ソニー以外に下記のような日本企業がFIFAパートナーを務めていた。
ご存知のように日本代表のW杯初出場は1998年のフランス大会。
それよりも16年も前からFIFAとは蜜月にあったが、ついになくなった。
一方の中国のW杯出場は2002年の1度のみ。
代表の実力は、国際レベルにないものの、企業の金満ぶりは凄い。
かつての日本企業を見るかのようだ。
富士フィルム (1982年~2006年)
東芝 (2002~2006年)
日本ビクター (1982年~2002年)
富士ゼロックス (2002年)
NTT (2002年)
キャノン (1982年~1998年)
セイコー (1982年~1986年)

続きを読む

1: 名無しさん 2018/02/26(月) 19:52:15.68 _USER9
28

金塊密輸 中国企業が所有権主張

*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/5085277221.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

去年5月、唐津市の漁港に金塊200キロ余りを密輸しようとしたとして、
中国人を含む9人が消費税法違反などの罪で起訴された事件の裁判で、
押収されている金塊の所有権を主張する中国の会社の代理人が参加し、返還するよう求めました。

この事件は、去年5月、唐津市の名護屋漁港に金塊206キロ、およそ9億3000万円分を密輸して、
消費税7400万円余りの支払いを免れようとしたとされるもので、
中国人3人を含む9人が消費税法違反や関税法違反などの罪で起訴されました。

事件で使われ押収されている金塊をめぐっては、持ち主だと主張する中国の会社の
裁判への参加が認められ、代理人の弁護士が26日、佐賀地方裁判所で開かれた、
中国人の被告3人の裁判に初めて参加しました。

この中で、会社側は、金塊を貸し出した契約書などを証拠として提出して
所有権を主張し、返還するよう求めました。

一方、検察側は、この会社が金塊の所有者だったとしても、密輸行為に加担することで
利益を得ようとしたとみられ、共犯関係にあると認められると主張し、没収するよう改めて求めました。

裁判所は、金塊の取り扱いについての判断を来月26日に示す予定です。


続きを読む

↑このページのトップヘ