中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:中国人留学生

1: 名無しさん@涙目です。(埼玉県) [CA] 2018/04/18(水) 09:11:26.76 ● BE:974626344-2BP(2000)
1

2018年4月16日、環球網によると、韓国で中国人学生が「台湾人も中国人」と訴えて済州航空のポスターの表記を変えさせる騒動があった。

記事によると、あるネットユーザーの女性が15日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で韓国の済州航空に宛てて「間違いを指摘したら、あなたたちからこんな回答が来るとは思わなかった」とつぶやき、事の顛末を説明した画像を数枚掲載した。

女性は自称・ソウル市立大学の学生で、先日、学内のロビーのエレベーターで見かけた済州航空のポスターを問題視している。ポスターで
は“Taiwanese/Chinese/Hong Kong people”と台湾人、香港人、中国人を別々に表記していた。女性は寮からペンを取ってくると、ポ
スターに「台湾人と香港人は共に中国人」と英語で書き加えた。するとその後、別の誰かに「無知な人へ。香港には中国人以外の人々、民族が住んでいる。たとえばフィリピン人」と書き加えられていたという。

これを受け、女性はポスター上に書かれていたK-PAL(メディア、制作会社)に修正を求めようと連絡。SNSで「私はソウル市立大学の
学生です。このポスターには低レベルな間違いがあります。あなた方が事実に基づいて、学内に貼られているこれらのポスターを
修正することを望みます。もしそうでなければ、私はこれらのポスターをはがします。そして、
大使館や関係部門に連絡し、新聞社や放送局に知らせます」などとつづり、送信した。

K-PALからは「あなたが勝手にポスターを破損すれば、国際教育院および学校があなたに制裁を行います」「相手国の方と大使館に謝罪し
てください。我々への無礼な言葉と脅迫をすぐに謝罪してください。我々はすべての外国人を尊重しています」との返答があった。女性は
「謝るべきなのは間違いを認めないあなたたちです。あなたたちはポスター制作の過
程で無知により間違いを犯しました。あなたたちからは中国に対する尊重を感じません」と反論した。

K-PAL側は「済州航空には中国、台湾、香港のすべてのスタッフが必要で、それに応じたポスターを制作しています。無知や軽視、政治と
は全く関係ありません」とし、「韓国では台湾人、香港人という表現は自然なもので、あなたにはそれをとがめる権利はありません」と
主張。ポスターを1枚でもはがせば懲罰委員会に報告すると警告し、16日午前9時まで
に謝罪するよう求めた。一方、女性も「私は中国人として、中国を守る義務がある。このことを中国と韓国の関係部門に報告します」と応じて、やり取りは終わった。

女性はその後、外交部の窓口に電話をかけて事情を説明。するとしばらくして、K-PAL側から一転して謝罪とポスターを修正する旨の連絡があ
った。新しいポスターの問題の部分は“Shandong(山東省),Hong Kong,Taiwan”と記されていたという。女性はこれで良しとしたそう
だが、記事は「ポスターには依然として中国国旗と台湾の旗のマークが併記
されており、ネットユーザーから不満の声が上がっている」と伝えている。(翻訳・編集/北田)
http://www.recordchina.co.jp/b592450-s0-c30.html

続きを読む

1: 水星虫 ★ 2018/04/04(水) 07:11:55.27 _USER9
APUの留学生 脅迫容疑で逮捕

http://www3.nhk.or.jp/lnews/oita/20180404/5070000253.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

APU=立命館アジア太平洋大学の留学生の男が、別府市の女子大学生に対し、
スマートフォンの無料通信アプリを使って
「君を見たら刀で突き刺す」などといったメッセージを送ったとして脅迫の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、別府市にあるAPU=立命館アジア太平洋大学の留学生で、
中国国籍のキ・ディ容疑者(20)です。
キディ容疑者は、1日の夕方から2日未明にかけて、別府市の19歳の女子大学生に対し、
スマートフォンの無料通信アプリを使って
「君を見たら刀で突き刺す」などといった中国語のメッセージを3回送り、
脅迫した疑いが持たれています。

被害者の女性から相談を受けた別府警察署の警察官が事情を聞いたところ、
容疑を認めたため、逮捕したということです。

警察は、2人の間に男女間のトラブルがあったとみて調べを進めています。

留学生が逮捕されたことについて、APUは
「事実関係がはっきり分かった段階で、今後の対応を検討したい」
と話しています。

04/04 05:56

続きを読む

1: 名無しさん 2018/03/12(月) 00:11:55.74 ● BE:472367308-PLT(16000)
人気ブランド「Supreme」(シュプリーム)の限定商品を購入して転売するため大勢の中国人が行列に並び、それを注意した日本人のSupreme関係者とトラブルが発生。激昂した中国人12人がSupreme関係者の日本人1人を武器で集団リンチしたとされる事件で、新たな情報が入ってきた。

・中国人留学生たちではないか
Supreme関係者を集団リンチした中国人の一部は、中国人転売屋から依頼を受けてSupremeを買うため店頭に並んだ、中国人留学生たちではないかとの情報が入ってきた。雇用形態は不明だが、転売商品を買うため「行列に並んで買うアルバイト」のような仕事をしていたと推測されているのである。

・日本語とは思えない言葉
実際に集団リンチをしている動画を視聴してみると、日本語を話しているものの、非常に特徴的な「外国人が日本語を習って話しているかのような発音」をしているのがわかる。また、日本語とは思えない言葉も発しており、行列に並んで転売商品を買うアルバイトをしている中国人留学生でもおかしくはない。

・国際的な問題になる
もし彼らが本当に中国人転売屋に雇われた中国人留学生なのであれば、この暴行事件は国際的な問題になるのは間違いなく、国交にも大きな影響を与えかねない。それゆえ、インターネット上では警察に対し、徹底的に捜査をし、厳しく処罰してほしいとの声が上がっている。

https://twitter.com/i/videos/972004794561806336 
https://twitter.com/i/videos/972001804064980992 

(以下略)

http://buzz-plus.com/article/2018/03/11/supreme-shibuya-violence-kiken/
no title

続きを読む

1: 名無しさん 2018/02/15(木) 19:03:16.93 ● BE:218927532-PLT(13121)
米国の大学で学ぶ中国からの留学生は現在、35万人。この10年で5倍に増えたそうです!。

米メリーランド大学で学んだ中国人の女子留学生、ヤン・シャープンさんが卒業式でのスピーチで
「私は永遠に感謝すべきもうひとつの新鮮な空気を感じました。それは表現の自由という新鮮な空気です。
民主主義と言論の自由は、当たり前に存在するものと考えるべきではありません。民主主義と自由は戦って勝ち得る価値のある新鮮な空気なのです」

ところが、彼女がスピーチをするウェブ動画を見た母国・中国のネット民たちが「我が国を侮辱している」
「中国はお前のような裏切り者を必要としない。米国で新鮮な空気を吸っていろ」などと大激怒。
否定的なコメントは数十万件に達し、中国共産党中央委員会の機関紙、人民日報などが
「中国に対する否定的なステレオタイプを強めるものだ」と彼女のスピーチを強く批判。

結局、彼女は中国版のツイッター、ウェイボ(微博)で「祖国を貶(おとし)める意図はなかった。私は祖国と故郷を愛しており、
その繁栄(はんえい)を誇りに思っている」と謝罪する羽目になったのです…。

このように米国をはじめとする各国の大学で存在感を強める中国人留学生と中国学生学者連合会(CSSA)なのですが、
なぜこういうことになるかといいますと、米国留学の場合、現地の生活や文化などを知るにつれ、米国に幻滅し、
より愛国心を強める中国人留学生が想像以上に多いからだというのです。

実際、米エール大学の調査によると、米国の大学で学ぶ中国人留学生の45%にうつ病の症状が見られました。
何と一般社会での発症率の約3倍。ちなみに英国とオーストラリアで行われた同種の調査でも、同じような結果だったといいます。

2016年、米インディアナ州の田舎にある公立パデュー大学が行った調査では、
当時、同大学に通っていた中国人留学生は約1000人でしたが、全体の29%は米国で暮らし始めて以降、
米国により否定的な印象を抱くようになったと回答。逆に、米国に対する印象が、さらに良くなったと答えた学生は26%でした。

そして、全体のほぼ半数にわたる44%の学生は、母国である中国への印象がより良くなったと答えたのでした。

http://www.sankei.com/west/news/180215/wst1802150004-n1.html

続きを読む

1: 名無しさん 2017/10/12(木) 05:35:49.27 _USER
1

オーストラリアでは多くの中国人学生が学んでいるが、このところ、授業における西洋的な価値観や中国に対する見方に反発する彼らの行動が大学側を悩ませている。特定のグループにより、キャンパスにおける言論の自由が制限されるという不安が、豪の大学で広がっているようだ。

◆物言う中国人学生、教授に抗議

中国人学生と大学側の衝突で、最近多くのメディアに取り上げられたのは、「一つの中国」を巡るものだ。BBCによれば、豪ニューキャッスル大学の授業で「台湾は独立した国」という見解を示した教授に対し、中国人留学生たちが(教授の発言は)不快であり、教授は(クラスにたくさんいる中国人学生に)敬意を示すべきと抗議した。

これに対し教授は、自分の考えでは台湾は別の国だとし、「あなたが私の考えに感化されたくないのであれば、あなたも私の意見に影響を与えようとすべきではない」と反論した。学生の1人が会話を録画しウェブサイトやソーシャルメディアに投稿したことで、注目を集める事態となった。

この事件を受けて大学側は、授業の教材は第三者団体のレポートを参考文献として引用したもので、レポートでは「国(country)」と「地域(territory)」の両方の意味で国という言葉が使用されていた、と釈明している。また、教師と学生双方が文化的差異と敏感さに敬意を表することを期待すると述べ、動画が密かに撮られ表に出たことは残念だとしている(BBC)。

◆行動は政府の支持ではなく学生の意志

豪ニュースサイト『new.com.au』は、このところ中国人学生が西洋的な教授法や考え方に公然と不満を述べ、公に謝罪や授業の進め方の変更を要求するようになっていると述べ、オーストラリアにおける中国の影響力の高まりを懸念している。

BBCによれば、中国政府が学生に行動するよう圧力をかけていると疑う地元メディアもあり、今回の事件もその一つという見方もある。

しかし、豪ローウィー研究所のメリデン・ヴァラル氏は、学生の抗議行動は、彼らが自ら選んだものだとする。1989年の天安門事件以来、中国ではイデオロギーが強化され、学生たちは中国政府におもねる信念を吹き込まれて育っている。

多くの学生が領土や主権には強い意識を持ち、長年に渡り中国は外界の犠牲になって来たと信じているため、外国から「台湾は独立国」と言われれば、非常に感情的になり、客観的な議論は困難だと説明している(news.com.au)。

一方、シドニー工科大学(UTS)の豪中関係研究所のジェームス・ローレンスソン教授は、ローウィー研究所のメディア『Interpreter』に寄稿し、学生の行動を政府のプロパガンダのせいにするのは、事実とフィクションが区別できる中国人の能力を過小評価しているという意見を支持する。

領土的主権に関しては、彼らは全会一致で政府の主張を支持するが、官僚の腐敗、環境汚染、格差といった問題では、多くの中国人が政府を酷評していると述べ、白黒はっきりさせたいオーストラリア人と違い、ほとんどの中国人はより実際的だと述べる。

同氏は、中国人学生は彼らが中国共産党の手先であり人質だという意見を拒絶しているのに、地元メディアが学生達の行動や発言を中国の脅威という狭い既成概念にむりやりはめ込もうとしていると指摘。それによって学生たちが包囲されていると感じることが問題だとしている。

◆表現の自由は双方に大切。問題解決が急務

モナッシュ大学の講師、ジョナサン・ベニー氏は、中国人学生が意見を言うことに問題はないが、彼らが教師や他の学生が批判的意見を言うことを止めようとすることが問題だとする。一部の大学では、中国人学生への差別的な落書きなども見つかっており、反中感情の広がりも心配されている(BBC)。

ローレンスソン教授は、現在オーストラリアには30以上の大学に10万人以上の中国人学生が学んでいると述べる。表現の自由はすべての学生にとっての本質的価値だが、中国人学生はオーストラリアに収入と文化的多様性をもたらす歓迎すべき存在であり、問題は解決するべきだとしている。

http://blogos.com/article/251674/

2: 名無しさん 2017/10/12(木) 05:38:13.90 
なら留学留学すんなよ(笑) 


3: 名無しさん 2017/10/12(木) 05:43:21.43 
オーストラリアってえらい人がハニトラにやられてたよね 


4: 名無しさん 2017/10/12(木) 05:45:14.92 
支那人受け入れるから… 

続きを読む

↑このページのトップヘ