中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:中国人

1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/08/18(土) 06:31:24.13 _USER9
東京から荒川を隔てた埼玉県南部に「西川口チャイナタウン」と呼ばれる一帯がある。
JR蕨(わらび)駅からの徒歩圏内に位置する芝園団地に一歩足を踏み入れると、すれ違う人のほとんどが中国人だ。

隣のJR西川口駅周辺では、本場の味が楽しめる中国料理店が雨後の筍のように誕生している。
ここは中国なのだろうかと錯覚してしまうほどの生活感だ。
この地域で根を張る中国人はいったいどこからやってきて、どこへ向かおうとしているのだろうか。現地を取材してみた。

■芝園団地の中国人比率は50%

2013年に芝園団地に住み始めた王琳さん(39歳、本人の希望により仮名)の顔には日本人女性と見紛うような白いファンデーションと真っ赤な口紅が浮かんでいた。
話してみると日本語もほぼ完璧。それもそのはず、彼女が留学目的で東北部・遼寧省から来日してきたのはもう17年前のことだという。

この団地で暮らしている日本人について聞いてみると、「日本人の影はないですよ。老人ホームみたいに(アパートの)部屋から出てこない」と答えた。
約4500人が住むこの団地の中国人比率は50%を超えており、日本人住民は脇役となりつつあるのだ。

芝園団地に住む中国人居住者の職業で目立つのはIT企業勤務。30代以上の中年層が家庭を築いているパターンが多いという。

その一方で、1978年に完成した当時に入居した日本人住民らは年老いて、1人暮らしをしているケースが少なくない。
1990年後半の「都心回帰」以降、中国人をはじめとする外国人が次々と空き部屋を埋めていった。
団地内にある十数件の店舗もアジア系のレストランや商店が元々の地元店に取って代わっていった。あたかもオセロゲームのように。

「中国人は日本語を話せないふりをする」「私物を公共スペースに置く」「敷金を払わないでいいようにと居抜きしている」などなど日本人住民からのクレームは尽きない。
当然、昔ながらの住民は中国語を話すことができない。
なにか注意しようにも怖くて声がかけられないという。

在住歴40年の日本人の未亡人は「昔は優雅だった。
1人も『向こう』の言葉を話す人はいなかった」と懐かしむ。国籍だけでなく、世代の違いが日中両住民のボタンのかけ違いの原因になっているのだ。

続きはこちらで
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180818-00233998-toyo-soci
8/18(土) 5:00配信

no title

芝園団地の全景。約4500人の住民に占める中国人の比率は50%を超えている(筆者撮影)

no title


no title

no title

no title

no title

続きを読む

1: ニライカナイφ ★ 2018/08/02(木) 17:13:48.40 _USER9
◆殺人未遂容疑で自称・中国国籍の男逮捕、給料巡りトラブルか

1日夜、埼玉県川口市の団地の敷地内で勤務先の男性の腹などを刺して殺害しようとしたとして、自称・中国国籍の男が逮捕されました。
殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、自称・中国国籍の解体工、馬明容疑者(31)です。

馬容疑者は1日午後7時ごろ、川口市芝園町にある団地の敷地内で、勤務先の男性(43)の腹などを包丁で突き刺したうえに、居合わせた女性(39)の背中も刺して殺害しようとした疑いがもたれています。
2人は病院に運ばれましたが、いずれも命に別状はありませんでした。

調べに対し馬容疑者は「刺したことは認めるが殺すつもりはなかった」と容疑を一部否認しています。
男性は馬容疑者の雇い主にあたり、以前から給料の支払いについて、もめていたということです。
警察は事件の経緯を詳しく調べています。

TBS NEWS 2018/08/02 10:00
http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye3436816.htm?1533197546815

続きを読む

1: すらいむ ★ 2018/07/23(月) 12:50:23.05 _USER9
1

“ヤミ民泊”オーナーの男、宿泊客への暴行容疑で逮捕

 届け出をしないで運営する「ヤミ民泊」のオーナーの男が、宿泊客に暴行を加えたとして警視庁に逮捕されました。

 逮捕されたのは東京・新宿区に住む中国籍の張セン瑶容疑者(48)で、今月18日、自宅に宿泊させていた中国籍の男(61)の胸を複数回殴った疑いが持たれています。
 殴られた客の男も張容疑者に包丁を突きつけ、「殺すぞ」と脅したとして逮捕されました。

 張容疑者は届け出をしない「ヤミ民泊」を運営するオーナーで、男とは料金をめぐってトラブルになっていたということです。
 取り調べに対し、張容疑者は「えん罪だ。証拠はあるのか」と容疑を否認しています。

TBS News i.
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3428152.html

続きを読む

1: 蚯蚓φ ★ 2018/07/22(日) 14:22:47.33 _USER
米国に拠点を置く華字メディアの看中国は20日、英国の空港で日本人に偽装して入国しようとした20代の中国人夫婦が身柄を拘束されたと報じた。同メディアは中国人が同様の事件が多発していると紹介した上で、中国人と日本人は発想の違いにより動作も異なるので、見分けるのは実際には容易と論じた。

イタリアメディアが14日、20歳の中国人夫婦がイタリア・シシリー島から航空機に搭乗してロンドンの空港に到着、偽造された日本のパスポートで入国しようとしたが係官に見破られ、身柄を拘束されたと報じたという。

記事は、「現地経済」を振興させる資産家から、違法就労で現地人の雇用を脅かす者まで、過去数年間で欧州に滞在する中国人が劇的に増えたと指摘。中国人に対しては「全員がうるさい。人が来る前に声が先に聞こえる。人が去った後にはかならずごみが残っている」と、評判がよくないとした。

現地のインターネットでは「中国人が日本人に偽装しても見分けがつかない」などと論じるユーザーの書き込みが見られるという。

看中国は、中国人の動作は他のアジア人と異なるので、少し観察しただけで容易に見分けることができると主張。まず、道を歩く際、中国人は手を大きく動かして自分が占有する空間をできるだけ多く確保しようとすると論じた。日本人の場合にはまさに逆に、出来る限り縮こまって、周囲にいるのがどんな人であれ、邪魔をしないように考えるとした。

さらに、日本人の場合には優雅で物静かであり、目の前で大事件が発生しても表情を変えないが、中国人はどんなことに対しても大騒ぎし、まるで「天に叫び、地に頭をたたきつける」ように感情をあらわにすると主張した。

記事は改めて英空港で身柄を拘束された中国人夫婦について、「係員に歩み寄ってから、突然に日本のパスポートを提示しても、何が起こるかは予想できる。パスポート(の偽造)が露呈したのではなく、彼らのしぐさで(中国人であることが)露呈したのだ」と主張した。

記事は、2004年から18年にかけて、北海道旭川空港、米国、タイ、スペインなどで、中国人が偽造パスポートで入国しようとして発覚した事例を紹介した。

中国メディアは、海外における自国民の問題行動を報じることが珍しくない。自国民に対して「中国人として非難される行動をすることは慎まねばならない」と啓発する意図があると理解できる。看中国は中国国外向けメディアだが、やはり海外在住中国人に向けて注意を喚起する意図があったと考えられる。

中国メディアが同種の報道をした場合、「たしかにそうだ」とのコメントが多く寄せられることが多い。つまり、中国ネット民の多くは「指摘は事実」として反省しているとみなすことができる。少なくともその時点では、「自分は注意しよう」と意識することは想像に難くない。

ただし、日本人の場合には同様の報道に接すれば、日本人全体の問題として受け止めることが多いのに対して、中国人の場合には憂慮する一方で「自分は別。そんなことはしない」と、問題意識を持つ自分の優位さを再確認する心情を持つことが多い傾向がある。(翻訳・編集/如月隼人)

ソース:レコードチャイナ<日本人に偽装した中国人夫婦が英空港で身柄拘束、「発想の違いが動作に出るから簡単に見分けつく」=華字メディア>
https://www.recordchina.co.jp/b627232-s0-c30-d0142.html



続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [CN] 2018/07/17(火) 23:52:15.13 BE:123322212-PLT(13121)
15日付の週刊ダイヤモンド(電子版)によると、中日両国の民間交流の持続に伴い、在日中国人の数が大幅に増加しており、
日本は、「お隣さんは中国人」という時代を迎えようとしている。だが、日本人が抱く中国人に対するイメージは昔のまま変わっておらず、
多くの日本人が、このような状況に戸惑いを感じているどころか、好ましくないと思っている人さえいる。ある在日中国人は、
「外来文化に対する日本人の認識は、まだまだ『小学生レベル』にとどまっている。これは、日本人が海外からの移住者を広い心で
受け入れることに対してマイナス影響を及ぼしている」と話した。環球時報が報じた。

週刊ダイヤモンド最新号では、「ニッポンの中国人 全解明」という特集が組まれた。同誌によると、2017年6月の時点で、日本に居留している
中国大陸部出身者(台湾地区は含まず)は71万人に上り、日本国籍を取得している中国人と不法滞在者を含めると、在日中国人の総数は
100万人に迫り、間もなく「100万人時代」に突入する見込みという。

日本国内の企業、学校、各地の市民社会において、「お隣さんは中国人」となるケースは増える一方で、日本社会に対して中国人が及ぼす影響は、
ますます大きくなっている。だが一方で、一部の日本人は、このような「お隣さんは中国人」現象を良く思っておらず、社会治安をはじめとした
諸々の問題が生じており、増加の一途をたどっている在日中国人が日本人の生活にマイナス影響を及ぼしているとの認識が広がっている。
このような現象は、価値観やライフスタイルにおける中日両国の違いと、これによって摩擦が生じている現状を反映している。

週刊ダイヤモンドは、在日中国人と日本社会との関係を巡り、日本で医薬品企業を経営する中国人を特別取材した。この中国人経営者は、
「『ニュー華僑』の出身はより多様化しており、素養もより高まっていることから、これまでの在日中国人とは全く異質の存在だ」と指摘する。
ビジネスの面では、日本を訪れる中国人は今や日本にビジネスチャンスをもたらす存在となっており、日本社会に登場する華僑・華人が
経営する企業がますます増えている。

全文
http://j.people.com.cn/n3/2018/0717/c94473-9481686.html

続きを読む

↑このページのトップヘ