中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:中国メディア

1: 名無しさん 2017/12/12(火) 23:05:48.12 ● BE:284093282-2BP(2000)
1
 
日本の生活に浸透している中国製品。食品ではできるだけ中国産を避けているという日本人もいるかもしれないが、中国製品を完全に生活から締め出して生活することはできるのだろうか。中国メディアの今日頭条は9日、
「中国製品を排除したらどうなるか」という、日本のテレビ番組の企画について紹介した記事を掲載した。

 この番組は、中国製品は部品も含めてすべて排除するというルールで、ある家庭のものをすべて調べてみたという。その結果、ほとんどのものが中国製品であることが判明。例えば、日本製と明示してあるブルーレイレコーダーは、調べてみると内部の部品は中国製で、組み立てだけが日本だった。

 他にも電化製品、衣類、おもちゃなど、ほとんどすべてのものが中国製で、これらを排除していくと最後は家がガラガラになった。意外なのは冷蔵庫が残ったことで、運送の難しさから日本で製造されることがほとんどだという。

 この番組の企画について、記事は「中国製品がなければ、日本人は生活できないことが分かった」と主張。海外で販売されているブランドの服でさえ中国で縫製されているとし、海外でショッピングして中国に持ち帰ることの滑稽さを指摘した。

 中国は、世界の工場と言われて久しく、多くの製品に中国製が使用されているのは当然と言えば当然だ。しかし、中国製品は輸出用と国内販売向けで品質が異なると言われる。これは主に海外の基準が高く中国の基準が低いゆえだが、
だからこそ多くの中国人は信用できる製品をわざわざ海外で買うのだろう。それにしても、中国製品がここまで生活に浸透しているというのは中国人にとっては誇らしく、うれしい結果だったのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

http://news.searchina.net/id/1649590?page=1


続きを読む

1: 名無しさん 2017/12/04(月) 19:52:05.03 _USER
1

サーチナ2017-12-04 12:12
http://news.searchina.net/id/1649102?page=1

 1日に開かれた皇室会議で、天皇陛下が2019年4月30日に退位され、皇太子さまが翌5月1日に即位することが固まった。中国メディア・今日頭条は1日、「天皇交代に際し、日本はまた中国の助けを借りることになる」とする記事を掲載した。

 記事は、日本では新たな天皇は新たな時代を象徴するため、新しい元号が定められることになっていると説明。「直近の5代の天皇が即位した際に定められた年号を分析した結果、新年号を決定する際には中国の助けを求めて来たことが分かった。もちろん、中国政府に申請をするなどということではなく、中国の古典から新たな年号を探すということである」とした。

 そのうえで、直近の5つの元号とその由来について紹介。孝明天皇時代の「慶応」は中国南北朝時代の古典「文選」内の「慶雲応輝」から取られ、続いての「明治」は「易経」の「聖人南面而聴天下、嚮明而治」から、「大正」も「易経」の「大享以正天之道也」からそれぞれ引用したものとしている。

 さらに、「昭和」は「書経」の「百姓昭明、協和万邦」、「平成」は「書経」の「地平天成」あるいは「史記」の「内平外成」を拝借して元号としてものだと解説。「徹底的に調べたわけではないが、これまでに用いられてきた100以上の元号のほとんどは中国の古典にちなんでいる。もともと元号は中国の習慣を日本や朝鮮、ベトナムなどの小国が模倣したもの。今では日本だけにその習慣が残っているのだ」と伝えた。

 また、日本には「元号法」という法律があるほか、元号の選定に当たっては「国民の理想に合う」、「漢字2文字で読み書きが容易である」、「かつての元号と重複しない」、「慣用的な熟語は用いない」という条件に基づき、大学教授や皇族からなる有識者会議で案が出され、最終的に内閣が決定し、新天皇の即位後に発表されると説明した。

 記事は「日本では既に一部の好事家が新しい元号の予測を始めている。さまざまな案が飛び出しているようだが、これだけは予言できるのは、新しい年号も必ずや中国の奥深い古典の世界に助けを求めるということだ」としている

引用元: ・【中国】1年半後に日本の天皇が代わる・・・きっとまた、中国に助けを求めるはず=中国メディア 

続きを読む

1: 名無しさん 2017/12/03(日) 17:47:04.66 ● BE:194767121-PLT(13001) ポイント特典
1

中国メディアの東方頭条はこのほど、「些細なことでもすぐに謝る日本人は謝罪が好きなのだろうか」と疑問を投げかける記事を掲載し、日本人がどれだけ些細なことで謝罪しているのかを紹介した。

 中国では「日本人は非常に礼儀正しい」と認識されているが、その一方で、日本は人間関係や利害関係が非常に複雑になっていて、些細なことで謝罪しなければならなくなっていることを紹介。
大企業のトップが社内で発生した不祥事に対し、カメラの前で深々と頭を下げて謝罪する光景も日本では特に珍しいことではないと紹介した。

 さらに、日本では公に謝罪する場合は、黒のスーツを着用し、表情は真剣であるなど、謝罪にもルールがあると指摘。顔がにやけていたり、態度が悪かったり、反感を買うような発言は火に
油を注ぐことになるため厳禁であることを強調。さらに、不祥事を起こした会社の幹部たちは公衆の目があるためか、高級車や家を買うことすら控えるとしたほか、幹部が給料を減額したり
ボーナスの返上したりすることも日本では一般的だと紹介した。

 最後に記事は、日本人は些細なことでもすぐ謝罪するが、「なぜ中国に歴史問題で謝罪しないのか」と皮肉っている。これについては日本はこれまでに何度も謝罪しており、
中国でその事実が広く周知されていないだけだ。

 確かに日本では謝らなくても良い場面でも謝ることが習慣になっているケースがある。中国では状況にもよるが、自分からはまず謝罪しない。謝罪することは自分を不利な立場に追い込むものと
考えるためだ。日本のように謝りすぎも良くないが、かといってまったく謝罪しないことも問題だと言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

http://news.livedoor.com/article/detail/13974886/


続きを読む

1: 名無しさん 2017/11/28(火) 21:17:00.48 ● BE:284093282-2BP(2000)
1

サーチナ2017-11-28 10:42
http://news.searchina.net/id/1648712?page=1

中国人は歴史好きの人が多いが、これは中国に悠久の歴史があるためだろう。また、大多数の中国人は中国が持つ歴史を誇りに思っていて、それだけに自国の歴史を否定されることは到底我慢ならないことのようだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本の歴史の教科書には「中国には70年の歴史しかない」という記述があると主張し、激しい憤りを綴る記事を掲載する一方、中国のネットユーザーからは「日本の教科書の記述は中華人民共和国の歴史が70年しかないとう意味であり、黄河文明から始まる歴史を全て否定しているものではない」という冷静な反論が寄せられた。

 中国人は往々にして「炎黄子孫」を自称する。「炎黄子孫」とは中国に伝わる神話に登場する炎帝や、紀元前2000年以上も前に中国大陸を統治した皇帝のうちの1人と言われる「黄帝」の子孫という意味だ。「炎黄子孫」という言葉と合わせて、「中国には5000年の歴史がある」と胸を張る中国人は多い。

 記事は、日本の歴史の教科書には中国が誇る悠久の歴史を無視し、「中国には70年の歴史しかない」という記述があると主張。どの教科書のどの記述なのかは明言せずに、このような記述は到底許せるものではなく、厚顔無恥の主張であると憤りを示した。

 日本の歴史の教科書に「中国には70年の歴史しかない」という記述があるとは考えにくく、実際には「中華人民共和国は建国から70年ほどしか経っていない」といった内容の記述を誤解したものと考えられる。中華人民共和国の建国は1949年10月1日であるため、正しくはまだ68年しか経過しておらず、「中国という国には70年の歴史しかない」という記述は正確に言えば間違ったものではない。

 記事が展開した日本に対する批判について、中国人ネットユーザーからは「日本の教科書の記述は、あくまでも中華人民共和国のことだ。何も間違っていない」、「新中国は建国かっら70年未満だからな」など、冷静なコメントが多く寄せられていた
135: 名無しさん 2017/11/28(火) 22:05:20.39 
>>1 
70年であってる 

15: 名無しさん 2017/11/28(火) 21:22:41.75 
>>1 
全く正しい事だが何怒ってんだw 

51: 名無しさん 2017/11/28(火) 21:31:38.45 
>>1 
シナ中国は屡歴史の改竄をする事が色々と知れ渡ったからな 
南京虐殺なんて毛沢東が殺しまくったシナ中国人の死体を掘り起こしてかき集めて"日本軍がやった"などと主張しているモノだし、 
年々被害が増えて死者数も割り増しされ続けているしね 
四六天安門事件もシナ中国国内では無かった事にされているし 
中国共産党が絡んだ事件や事故も埋めて無かった事にされている 

298: 名無しさん 2017/11/29(水) 04:26:43.71 
>>1 
中身は中国人だから類似してる部分はあるにしても70年より前とあとの中国は別の国だろ 

中国文化圏というくくりならまだ理解できるが王朝が変わるたびに色々とリセットしてるのに 
国の歴史が5000年あるとかいう主張はどう考えてもおかしい 

341: 名無しさん 2017/11/29(水) 07:48:52.52 
>>1 
今の中国は虫狂による文化大革命でそれまでの文化人を全て殺したからな。 
そこに文明の断絶があるんだよ。 
わからんだろうな。今の教育を受けた中国人には。 


続きを読む

1: 名無しさん 2017/11/24(金) 00:01:21.95 _USER9
1

サーチナ2017-11-23 22:12
http://news.searchina.net/id/1648503?page=1

 中国には第一汽車が生産する「紅旗(ホンチー)」という高級車ブランドが存在する。紅旗は1958年、当時の中国の最高指導者である毛沢東氏の国産自動車開発へのこだわりから生まれた車であり、中国の指導者向けに作られた高級車だ。

 紅旗は中国を代表する高級車と言えるが、中国メディアの今日頭条は18日、中国ネット上でこのほど「駐日中国大使館で公用車として使われている車は紅旗ではない」とする写真が注目を集めたとし、驚きとともに紹介する記事を掲載した。

 記事は、中国を代表して日本に駐在している中国大使などが中国大使館で公用車として使用している自動車は「紅旗どころか、中国車ですらない」と伝え、トヨタ・センチュリーなどが公用車として使用されていると写真と共に紹介した。

 駐日中国大使館の公用車が紅旗や中国車でないことに付いて、中国人からすれば落胆の気持ちがあるとしつつも、トヨタ・センチュリーは非常に格式の高い自動車として認識されており、センチュリーには国賓や皇室専用の「センチュリーロイヤル」というバージョンもあることを紹介し、それだけ高級かつ格式ある車だと紹介した。

 一方で記事は、中国大使館の関係者には中国車に乗って外交活動をしてもらいたいという希望も綴っている。これに対して中国のネットユーザーからは、「すべての中国大使が紅旗に乗って欲しい」とか「自動車は移動手段に過ぎない」といった、記事に賛同する意見や大して気にすることではないという意見など、多種多様なコメントが寄せられていた。

 外交官はその国を代表する仕事ゆえに、その行動や所有しているものが注目されるようだ。中国国内では愛国心を培うようなスローガンが至るところに掲げられている。愛国心を幼いときから教え込まれてきた中国人から見ると、自分達の代表が日本で日本車に乗っていることは、少し気になる話題のようだ


続きを読む

↑このページのトップヘ