中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:中国コロナウイルス

1: BFU ★ 2021/06/19(土) 21:05:42.04
https://www.afpbb.com/articles/-/3352508?cx_amp=all&act=all

中国南部・深セン(Shenzhen)市の深セン宝安国際空港(Shenzhen Baoan International Airport)で19日、空港内飲食店従業員の新型コロナウイルス変異株「デルタ株」への感染が判明したことを受け、400便近くのフライトがキャンセルとなり、入国規制が厳格化された。同市の保健当局が明らかにした。

 深セン市は香港と隣接し、通信機器大手の華為技術(ファーウェイ、Huawei)やIT大手の騰訊控股(テンセント、Tencent)といったアジア最大級のテクノロジー企業の拠点となっている。

中国国内の18日の新規感染者は30人と発表されており、うち6人は深セン市のある広東(Guangdong)省で確認された。

 入国規制の強化は19日午後1時(日本時間同2時)から実施。航空情報サイト「VariFlight」によると、18日には同空港発着のフライト約400便がキャンセルとなり、翌19日午前もフライト数十便が取りやめとなった。
1
 

続きを読む

1: 影のたけし軍団 ★ 2021/06/19(土) 10:51:32.77
中国では数日以内に、新型コロナウイルスワクチンの接種回数が10億回に達する見通しだ。
他国の追随を許さない規模とスピードで接種が進んでいる。

16日時点で、中国の接種回数は9億4500万回あまり。
これは米国の3倍に当たり、世界全体の接種回数である25億回の4割近くを占める。

中国での接種は出足が遅かったことを踏まえると、これはいっそう特筆すべき数字と言える。

最初の100万回に到達したのは3月27日と、米国に2週間後れを取った。
しかし5月にペースが急上昇し、中国国家衛生健康委員会によると、ここ1カ月の接種回数は5億回を超える。

今月では15日だけで2000万回以上の接種が行われた。
このペースでいくと、今週末には10億回を超える可能性が高い。

人口14億人の中国で国民にワクチンを接種するのは、巨大な取り組みとなる。

中国は新型コロナの封じ込めに成功しており、最初はワクチン接種への切迫感を持たない人が多かった。
過去に国産ワクチンで安全問題が発生したことも、国民のためらいを助長していた。

だが、ここにきて北部の安徽省や遼寧省、南部の広東省などで感染拡大が相次ぎ、感染への懸念が拡大。
ワクチン接種のペースが一気に速まった。

接種を依然ためらう人に対しては、トップダウン式の一党制度が強力な武器となる。
こうしたトップダウン式のアプローチについて、当局者の間では、ウイルス抑制につながった中国の制度の強みと自賛する声が上がっている。
https://www.cnn.co.jp/world/35172614.html

中国国内でのワクチン接種が間もなく10億回に達する見通しとなった
no title

続きを読む

1: 影のたけし軍団 ★ 2021/06/17(木) 17:10:02.70
インドネシアで新型コロナウイルスのワクチン接種を受けた医師350人以上が新型コロナに感染し、数十人が入院している。

感染した医師は、中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製のワクチンを接種していた。
複数の当局者が明らかにした。

一部のワクチンが、感染力の強い変異株にどこまで効果があるのか懸念が生じている。

中部ジャワ州クドゥス県の保健局長によると、大半の医師は無症状で、自宅で自主隔離しているが、
数十人は高熱と酸素飽和度低下で入院している。

クドゥス県では、感染力が強いデルタ株が流行しているとみられ、病床使用率が90%を超えている。
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-indonesia-idJPL3N2NZ239

続きを読む

1: きつねうどん ★ 2021/06/18(金) 07:13:10.00 _USER
スクリーンショット 2021-06-18 8.16.15

 中国政府は17日、武漢ウイルス研究所からの新型コロナウイルスの漏えい説について改めて否定した上で、「武漢の研究者らの研究はノーベル賞を受けるべきだ」と主張しました。

 中国外務省の趙立堅報道官は17日の記者会見で、「アメリカ側の一部の人間が新型コロナウイルスの武漢ウイルス研究所からの漏えい説を騒ぎ立てている」として反発。「WHO=世界保健機関の報告を無視した科学者と科学的精神への冒とくだ」と漏えい説を改めて否定しました。

 「武漢の研究チームは非難されるのではなく、新型コロナウイルス研究でノーベル医学生理学賞を受けるべきだ」(中国外務省 趙立堅報道官)

 また、趙報道官はこのように主張し、コウモリ由来のコロナウイルス研究で知られ『バット・ウーマン』とも呼ばれる石正麗研究員が最近、アメリカメディアの取材に応じ漏えいを再度明確に否定したと強調しました。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4294412.html

続きを読む

1: 名無し募集中。。。 2021/06/12(土) 07:06:28.18 0
スクリーンショット 2021-06-12 21.18.43

(CNN) 中国の研究チームは10日、南西部の雲南省でコウモリから新たなコロナウイルスを複数発見したと明らかにした。
https://news.yahoo.co.jp/articles/d2564c7f7ab4f050bbf4ace2f6d42d654ef3fc40

続きを読む

↑このページのトップヘ