中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:中国

1: Felis silvestris catus ★ 2020/09/27(日) 15:05:45.13
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64295440W0A920C2MM8000/
人工知能(AI)や量子コンピューターなどの先端技術が軍事転用される事態を防ぐため、日本政府が輸出規制の新たな枠組みを米国やドイツなどに提案する検討に入った。民間技術を活用して国防力を強める中国を念頭に、緊密に連携して素早く輸出を制限できるようにする。

輸出規制を巡っては米国が中国の華為技術(ファーウェイ)を対象に実施するなど独自に動いている。今後も先端技術などで規制を定める方針だ。ただ米国が単独…

続きを読む

1: ばーど ★ 2020/09/26(土) 09:30:14.09
 【北京共同】中国メディアによると、広東省東莞市にある中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の大型施設で25日午後、大規模な火災が発生した。消防が出動し、ほぼ鎮火した。消防当局によると、現場で3人の遺体が見つかった。同社のスマートフォン事業などへの影響が懸念されている。

 施設は数階建てのビルの大きさで、黒煙が強い勢いで上がった。東莞市の消防当局によると、施設はまだ正式稼働していなかった。中国メディアは、現場一帯はファーウェイが携帯電話や部品などの研究開発、生産のために整備したエリアだと報じた。

9/26(土) 8:46 共同通信
https://news.yahoo.co.jp/articles/604ef4ddd68c266379971df0029e91844e690f11
no title



続きを読む

1: ソホスブビル(東京都) [US] 2020/09/26(土) 07:36:17.00 BE:844628612-PLT(14990)
sssp://img.5ch.net/ico/ps3.gif
習氏の国賓来日には触れず 菅首相、習主席と電話協議 諸課題の緊密連携一致 - 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20200925/k00/00m/010/365000c

菅義偉首相は25日夜、中国の習近平国家主席と初の電話協議を約30分間行った。
両首脳は日中関係の改善に向け対話を続ける方針を確認し、国際社会の課題の解決のために連携することで一致した。
新型コロナウイルス対策で連携し、日中のビジネス関係者の出入国の緩和に向けた協議を進めることで合意。北朝鮮による拉致問題の解決に向け連携していくことも確認した。

習氏は首相就任への祝意を示して「日本との関係を引き続き進展させていきたい」と表明し、
首相は「日中関係の安定は2国間だけではなく、地域や国際社会のために極めて大事で、ともに責任を果たしていきたい」と応じた。
首相が協議後、首相公邸で明らかにした。首相は記者団に「今後も首脳間を含むハイレベルの(協議の)中で、2国間及び地域・国際社会の諸課題について緊密に連携していくことで一致した」と説明。
新型コロナの影響などで今春から延期されている習氏の国賓来日については「特にやりとりはなかった」と述べた。

続きを読む

1: 影のたけし軍団 ★ 2020/09/25(金) 18:33:24.36
新型コロナウイルスの感染拡大でロックダウン(都市封鎖)された中国・湖北省武漢市内の様子を発信し続け、
2月に行方不明になった中国人ジャーナリストが見つかったと、友人が明かした。

中国人ジャーナリストの陳秋実氏は「力ずくで隔離」されたとされ、行方が分からなくなっていた。
陳氏の友人は17日、動画投稿サイトYouTubeに動画を投稿。同氏は「健康」だが政府の監視下にあると明かした。

陳氏をめぐっては、山東省青島市で両親と一緒にいるという報道もある。

中国当局は、事実を発信する活動家を取り締まることで知られる。
陳氏が行方不明になった当時、中国政府は新型ウイルスのアウトブレイク(大流行)を制御できているとしきりに強調していた。

陳氏と同様に新型ウイルスのアウトブレイクについて発信していた、武漢のビジネスマン方斌氏と
市民ジャーナリストの李澤華氏も同時期に行方不明になった。

その後、李氏は4月に姿を現したが、方氏の行方は今も分かっていない。

6月には、同じくパンデミック(世界的流行)の初期段階を伝えていた市民ジャーナリストの張展氏が逮捕されていたことが確認された。

総合格闘技(MMA)選手で陳氏の友人の徐暁冬氏は17日、YouTubeに動画を投稿し、陳氏は「安全な場所」にいると明かした。
「陳氏は今も、とある機関の監視下にあり、自宅には帰れていない」

ある人権派弁護士は匿名を条件に、香港の英字紙サウスチャイナ・モーニングポストの取材に応じ、
陳氏は両親が暮らし、自分の住民登録先でもある青島市に移されたと述べた。

「陳氏は両親と一緒にいる。当局の厳しい監視下に置かれている」と、この弁護士は述べた。

「当局は陳氏を起訴しないと決めているので、同氏を厳重に監視し続けるのは実のところ合法ではない」

陳氏は人権派弁護士から、ビデオ・ジャーナリストに転身した。昨年8月に香港での反政府デモを報じたことで名声を得た。
その報道がきっかけで、中国大陸へ戻った後に中国当局から嫌がらせを受け、口封じされたと、陳氏は後に主張した。
70万人以上のフォロワーがいたとされる同氏のソーシャルメディア・アカウントは削除された。

今年1月下旬には、深刻化する新型ウイルスのアウトブレイクの現状を伝えようと、武漢市へ向かうことを決めた。

「自分のカメラを使って、本当に何が起きているのかを記録するつもりだ。真実を隠ぺいしないと約束する」と、YouTubeに初めて投稿したビデオで述べていた。

2月7日、陳氏のツイッターには、母親が同氏が前日から行方不明になっていると訴える動画が投稿された。
このツイッターアカウントは、友人の徐氏が管理していた。

その後、徐氏はYouTube動画の中で、陳氏が強制的に隔離されたと訴えた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/64a5b8c9a3503da5e1df4f3d555ec6da7571b5c6

続きを読む

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2020/09/24(木) 23:45:45.04 _USER
スクリーンショット 2020-09-25 8.09.40

 延べ6億人が旅行に出掛ける見通しです。

 中国の大手旅行会社は来月1日から8日までの「国慶節」の連休で延べ6億人が旅行に出掛けるとの推計を発表しました。最も人気の観光地には新型コロナウイルスの感染が最初に広がった武漢の名所「黄鶴楼」が選ばれています。衛生当局は「世界の新型コロナの感染状況は深刻だが、国内は通常通り旅行して問題ない」としています。

9/24(木) 19:12配信 テレビ朝日
https://news.yahoo.co.jp/articles/8dabe7aec5f89d3127cd96e0f397378b3941ba5c

続きを読む

↑このページのトップヘ