中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:中国

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2021/12/02(木) 07:49:03.05 _USER
(写真)
no title

▲ 海外でも注目度の高い小室眞子さんと圭さん夫妻。
_______________________________________________________

秋篠宮家の長女・眞子さんが小室圭さんと結婚し、アメリカ・ニューヨークでの新生活を始めて2週間が経過した。夫婦が渡米し新婚生活を始めたまさにその日、彼の国で、夫婦に関するある重大な出来事が起きていた。中国で「小室圭」という名称の商標登録申請がなされていたのである。

 特許庁に相当する「中国国家知識産権局商標局」のウェブサイトによると、「小室圭」は商標の国際分類の3類(化粧品や室内用芳香剤、防臭剤など)と5類(おむつや栄養補助食品など)でそれぞれ、11月15日に登録申請されている。

申請者は福建省晋江市(しんこうし)にある栄金婦幼用品有限公司なる企業。同社ウェブサイトによると、2002年に設立されたベビー用品メーカーのようだ。

 商標登録については、事実上の早い者勝ちとなる先願主義を取る中国では、商標権の横取りが横行している。海外企業の有名ブランドなどの商標が、中国国内で無関係な第三者に登録され、“本家”のブランドが商標権侵害で逆に訴訟を起こされた挙句、賠償金を支払うハメになった例もある。

 日本の皇族の名称も例外ではない。これまでに、「秋篠宮名品」や「佳子公主(公主は『姫』の意)」、「真子龍顔(龍顔は『位の高い人物の顔』を指す)」などが申請され、現時点でもそれぞれ中国企業が商標権を保持している。ただ、小室圭さんに関連する商標の登録は、今回が初とみられる。中国でも小室さんが「皇室関係者」として認められたということか……。

 申請を行った企業にその目的や商品化の予定などについて質問状を送ったが、期日までに返信はなかった。

 一方、中国事情に詳しいフリーライターの奥窪優木氏は、申請企業の狙いについてこう話す。

「将来お二人の間にお子さんが誕生すれば中国でも話題になる。その際にこの企業は、小室圭の名を冠したベビー用品を売り出すために商標の登録申請をしたのでは。この企業の主力商品は子供用紙おむつのようなので、近い将来『小室圭おむつ』が販売される可能性もある」

 小室さんは現在、ニューヨーク州の司法試験に再チャレンジするために猛勉強中と思われるが、自身の名前を守るため、中国の法律も学ぶ必要があるかもしれない。

(写真)
no title

▲ 「佳子公主」とは佳子プリンセスの意。同名がついたナプキンがすでに販売されている。

no title

no title

▲ 国家知識産権局の「中国商標網」のウェブサイトでは、登録されている商標の検索などができる。

ソース:NEWSポストセブン
https://www.news-postseven.com/archives/20211202_1711162.html?

続きを読む

1: マスク着用のお願い ★ 2021/12/02(木) 08:02:51.21
https://nordot.app/838885434771423232
女子テニスの中国開催中止を発表
WTA、彭帥さん安否に「疑念」

 【ジュネーブ共同】テニスの女子ツアーを統括する女子テニス協会(WTA)は1日、中国の元副首相に性的関係を強要されたと訴えた同国選手、彭帥さんの安否が懸念される問題で、香港を含む中国での全ての大会を取りやめると発表した。スティーブ・サイモン最高経営責任者(CEO)は声明で中国政府による検閲や脅迫の可能性を指摘し、出場選手らの「リスクを非常に懸念している」と訴えた。

 IOCはバッハ会長が彭帥さんとのテレビ電話で無事を確認したと発表したが、サイモンCEOは「彼女の自由や安全、そして検閲や強制、脅迫を受けていないかどうかに重大な疑念を抱いている」とした。

2021/12/2 06:29 (JST)12/2 07:56 (JST)updated
c 一般社団法人共同通信社

続きを読む

1: マカダミア ★ 2021/12/01(水) 21:52:07.21
ヨーロッパの人権団体は中国が各国に圧力を掛けて海外で逮捕された台湾の人々600人以上を中国本土に強制送還させたとする報告書を発表しました。中国政府は事実関係を否定しています。

 スペインに拠点を置く人権団体が発表した報告書によりますと、スペインやケニアなどで詐欺容疑などで逮捕された台湾の人々600人以上について、中国政府が各国に対して圧力を掛け、中国本土に強制送還させたということです。

 報告書は、こうした活動が「台湾の主権を弱める道具として利用されている」と指摘しています。

 これに対し、中国外務省は会見で「全くのでたらめだ」と述べ報告書の内容自体を否定しました。

 一方、台湾当局は海外で逮捕されるなどした台湾市民について「台湾に送還されるべきだ」「中国政府に管轄権はない」としています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8a9a91b7713b53b551f2263af950eb68e0593508

続きを読む

1: ニライカナイφ ★ 2021/12/01(水) 00:44:59.28 _USER9
◆ 中国メディアが眞子さんと小室圭さんのために使用した税金の詳細公開を要求

 中国メディアが眞子さんと小室圭さんのために使用した税金の詳細を公開するよう強く要求した。

 小室夫妻の動向が渡米後も注目を集める中、中国メディア「網易」は2人に〝投入〟された税金に着目して特集を組んだ。

 同メディアはまず、日本のネット上で寄せられている国民の声を紹介。「1人で出かけることができるなら、生活を続けるために警備費は必要ないと認識して自力で生きてください。仕事を通じてお金を稼ぐ必要があるだろう」と皇室から離脱した後も警備などに血税が使用されていると指摘する声が。また「意図的にメディアに写真を撮らせ〝私たちが自分の力で生きている〟とみんなに知らせた! 陰でボディーガードがいるに違いない。やっぱり演じるのが大好きな女性なんですね。とにかく後ろに(日本人の)税金がある」との意見も伝えた。

 こうした点を踏まえて同メディアは、血税の使用について持論を展開。「持参金は辞退したが、それ以上のお金が使われている。持参金は必要なくとも、住居費や警備費に2億円を費やした可能性も指摘されている」としたうえで「皇室は詳細を公開する必要がある」と税金の使途の詳細を公にするよう強く求めた。

 血税は国家の土台を成すだけに、中国メディアも隣国での話題に関心が高いようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0e80dd20b3665b280d2dd0758487ca8fcad3fb09

続きを読む

1: 少考さん ★ 2021/11/27(土) 10:00:16.00
米の議員団が訪台、蔡総統と会談 中国外務省「かすかな雑音」
https://www.asahi.com/articles/ASPCV7GK0PCVUHBI00V.html

台北=石田耕一郎2021年11月27日 9時00分

米連邦議会の超党派の下院議員5人が台湾を訪問し、26日、蔡英文(ツァイインウェン)総統と会談した。蔡氏は米議会による台湾への支持に謝意を示し、軍事や経済面でのさらなる関係強化への期待を語った。米議員の訪台は今月2度目となる。

 訪問団は日系で民主党のマーク・タカノ下院議員ら同党4人、共和党1人で構成。

(略)

 中国外務省の趙立堅副報道局長は26日の定例会見で「台湾独立勢力を支持する動きで、14億の人民が憤っている」として、米側に厳正な申し入れを行ったと表明。「中国統一の過程の、かすかな雑音に過ぎない。身の程知らずで、必ず失敗するだろう」と語った。(台北=石田耕一郎)


(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

続きを読む

↑このページのトップヘ