中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:世論調査

1: ガーディス ★ 2018/04/17(火) 07:09:11.54 _USER9
調査は昨年3月、3カ国500人ずつ計1500人(18歳以上の有権者)を対象に実施した

 外務省がケニア、コートジボワール、南アフリカの3カ国で実施した対日世論調査で、最も信頼できる国として日本を挙げた割合が7%だったのに対し、中国が33%と大幅に上回っていたことが分かった。「現在の重要なパートナー国」を問う項目でも日本が28%なのに対し、中国は56%と水をあけられ、「今後重要なパートナーとなる国」でも日本が33%、中国が48%と差をつけられた。

 調査は昨年3月、3カ国500人ずつ計1500人(18歳以上の有権者)を対象に実施した。それによると、信頼できる国を選ぶ基準として、「経済的結びつき(投資、良好な貿易関係)」を挙げた割合が70%と最多で、中国が巨額の資本を武器にアフリカで展開している経済進出が信頼度の向上に寄与したとみられる。

 ただ、中国はインフラ整備などの協力案件で大量の労働者を本国から派遣するため、現地の雇用につながらないといった問題点が指摘されている。外務省幹部は「中国の人的プレゼンスは飛び抜けている」と話し、来年に横浜市で開催予定のアフリカ開発会議(TICAD)などを通じて、アフリカ諸国との協力関係を強化していく考えだ。

https://www.sankei.com/smp/politics/news/180416/plt1804160027-s1.html

続きを読む

1: 名無しさん 2018/03/30(金) 00:07:40.96 _USER9
中国人の韓国に対する好感度点数は日本より低いことが明らかになった。

韓国統一研究院が作成した「中国人の韓国に対する認識調査報告書」によると、
中国人の韓国好感度点数は10点満点中3.4点で、周辺8カ国のうち5位を記録した。

1位は米国(5.84)で、次いで日本(4.49)、ロシア(3.77)、インド(3.44)となった。

このような結果は、昨年韓国のTHAAD(高高度ミサイル防衛)配備で深まった韓中葛藤が影響を及ぼしたとみられる
。韓国といって頭に思い浮かぶイメージとして「政治/軍事/安保」を挙げた回答者のうち、絶対多数である81.5%がTHAADに言及した。

このようにTHAADが思い浮かぶと回答した人の好感度は3.18点で、平均より低いことが分かった。

また「韓国国民は信頼できるか」という質問項目に対して、
「全く同意しない」(43.1%)、「特に同意しない」(34.3%)など、同意できないという回答が77.4%に達し、
「信頼することができる」と答えた回答者は全体の22.6%に過ぎなかった。

今回のアンケート調査は中国10大都市に住む満19歳以上の成人男女1000人を対象に、
昨年9月19日から10月19日までの1カ月間に1対1の個別面接調査方式を通じて実施された。

http://japanese.joins.com/article/010/240010.html?servcode=A00&sectcode=A00

続きを読む

1: 名無しさん 2018/03/08(木) 12:42:41.26 _USER9
米ギャラップ社は6日、米国人の日本人に対する好感度が過去最高の87%に達したとする世論調査結果を発表した。

 日本への好感度は、日米貿易摩擦が激化した1990年代前半に急落して以降は全般的に右肩上がりで上昇。
特に2005年以降は10年(77%)を除いて80%台を維持して緩やかに上昇を続けている。

 同社は、日本が90年代当時のような経済的ライバル国と見なされなくなった一方、
米国の同盟国として強い好意を持たれるようになったためと分析している。

 一方、中国の好感度は53%で、天安門事件が起きた1989年(34%)以降、初めて5割を上回った。
党派別では民主党支持者の59%、共和党支持者の42%が中国に好感を抱いていることも分かった。

調査は2月1~10日、全米の18歳以上の男女計1044人に対して電話で行われた。

http://www.sankei.com/world/news/180308/wor1803080013-n1.html

続きを読む

1: 名無しさん 2018/02/21(水) 14:43:11.00 _USER9
米ギャラップ社は19日、「米国の最大の敵対国」として、米国民の51%が北朝鮮を挙げたとする世論調査結果を発表した。

「北朝鮮」との回答は2016年調査時(16%)と比べて3倍以上に増加。
相次ぐ弾道ミサイル発射や核実験に加え、トランプ大統領と金正恩朝鮮労働党委員長の挑発の応酬が影響したとみられる。

2位は、16年の米大統領選に介入した疑惑がくすぶり続けるロシアで19%。
ロシアと回答したのは野党民主党の支持者が多く、共和党支持者の3倍強に上った。

3位は中国(11%)、次いでイラン(7%)だった。

2月1~10日、18歳以上の1044人を対象に電話で聞き取り調査を実施した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018022100686&g=int

続きを読む

1: 名無しさん 2018/02/13(火) 08:48:15.10 _USER9
 【台北=牧野田亨】台湾の民間調査研究機関は12日、東部・花蓮県を6日に襲った地震に関する世論調査結果を発表した。

 台湾に最も思いを寄せてくれた国を問う設問では「日本」との回答が75・8%に達し、一番高かった。次は中国だが、1・8%にとどまった。

 日本は安倍首相がフェイスブックで応援メッセージを手書きし、激励する動画を公表。外国として唯一、救助支援の専門家チームも派遣した。台湾メディアは、東日本大震災時に受けた台湾の支援に報いようと、日本で募金など支援の輪が広がっていることを報じている。もともと親日的であるうえ、こうした動きが高い評価につながったようだ。

調査は9~10日に電話で行い、約1000人から回答を得た。

http://yomiuri.co.jp/world/20180212-OYT1T50081.html

続きを読む

↑このページのトップヘ