中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:世論調査

1: @くコ:彡 ★ 2018/11/13(火) 15:31:52.04 _USER9
・日本人の対中感情、依然否定的=「習主席信頼しない」約8割—米調査

 【ワシントン時事】米世論調査機関ピュー・リサーチ・センターが12日に発表した世論調査によると、中国に対して否定的な感情を抱く日本人の割合は78%に上った。93%だった2013年から毎年低下を続けているが、依然高い水準を維持していることが分かった。
 中国の習近平国家主席を信頼しないとする人は76%だった。一方で、79%が「中国は10年前よりも国際的に重要な役割を果たしている」と見なしていることも明らかになった。
 調査は日本で5~6月にかけて行われ、1016人が回答した。
 また、日本政府が外国人労働者の受け入れ拡大を検討する中、今回の調査では、移民の受け入れ人数について「現在の水準を維持すべきだ」が、58%を占めた。移民の存在がテロの危険を高めるかについては「高めない」が60%で、「高める」の33%を上回った。 


11月13日(火)7時25分[時事通信社]
https://www.jiji.com/sp/article?k=2018111300212

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [DE] 2018/06/20(水) 17:45:35.60 BE:135853815-PLT(12000)
日本が「信頼できる外国」の2位
豪調査、安倍首相も高評価

 【シドニー共同】オーストラリアのシンクタンク、ローウィー研究所は20日、日本が「信頼できる外国」の2位となり、
「信頼できる世界の指導者」でも安倍晋三首相がオーストラリアのターンブル首相(3位)を上回る2位だったとの世論調査結果を公表した。調査対象は1200人。

 「信頼できる外国」の首位は英国で、3位以下はフランス、インド、米国、中国の順。「信頼できる世界の指導者」はメイ英首相がトップ。
4位がフランスのマクロン大統領、5位が中国の習近平国家主席。トランプ米大統領は7位だった。

https://this.kiji.is/382085796737860705


no title

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(静岡県) [US] 2018/06/03(日) 17:29:21.43 BE:762376718-PLT(12000)
1

日本人は尖閣諸島をめぐる有事で米国が中国に対抗行動をとると考えている人がごく少ない(14.0%)のに比べ、韓国人は実に54.8%が対抗行動をとると信じている。
これは3年前と比べると少し増えている。

もちろん、日韓では、想定される主要な紛争当事国が中国の場合と北朝鮮の場合で出方が異なることも影響しているだろうが、日本のクールな態度は突出していると言えるだろう。

以下ソース

https://www.fnn.jp/posts/00318860HDK

続きを読む

1: ガーディス ★ 2018/04/17(火) 07:09:11.54 _USER9
調査は昨年3月、3カ国500人ずつ計1500人(18歳以上の有権者)を対象に実施した

 外務省がケニア、コートジボワール、南アフリカの3カ国で実施した対日世論調査で、最も信頼できる国として日本を挙げた割合が7%だったのに対し、中国が33%と大幅に上回っていたことが分かった。「現在の重要なパートナー国」を問う項目でも日本が28%なのに対し、中国は56%と水をあけられ、「今後重要なパートナーとなる国」でも日本が33%、中国が48%と差をつけられた。

 調査は昨年3月、3カ国500人ずつ計1500人(18歳以上の有権者)を対象に実施した。それによると、信頼できる国を選ぶ基準として、「経済的結びつき(投資、良好な貿易関係)」を挙げた割合が70%と最多で、中国が巨額の資本を武器にアフリカで展開している経済進出が信頼度の向上に寄与したとみられる。

 ただ、中国はインフラ整備などの協力案件で大量の労働者を本国から派遣するため、現地の雇用につながらないといった問題点が指摘されている。外務省幹部は「中国の人的プレゼンスは飛び抜けている」と話し、来年に横浜市で開催予定のアフリカ開発会議(TICAD)などを通じて、アフリカ諸国との協力関係を強化していく考えだ。

https://www.sankei.com/smp/politics/news/180416/plt1804160027-s1.html

続きを読む

1: 名無しさん 2018/03/30(金) 00:07:40.96 _USER9
中国人の韓国に対する好感度点数は日本より低いことが明らかになった。

韓国統一研究院が作成した「中国人の韓国に対する認識調査報告書」によると、
中国人の韓国好感度点数は10点満点中3.4点で、周辺8カ国のうち5位を記録した。

1位は米国(5.84)で、次いで日本(4.49)、ロシア(3.77)、インド(3.44)となった。

このような結果は、昨年韓国のTHAAD(高高度ミサイル防衛)配備で深まった韓中葛藤が影響を及ぼしたとみられる
。韓国といって頭に思い浮かぶイメージとして「政治/軍事/安保」を挙げた回答者のうち、絶対多数である81.5%がTHAADに言及した。

このようにTHAADが思い浮かぶと回答した人の好感度は3.18点で、平均より低いことが分かった。

また「韓国国民は信頼できるか」という質問項目に対して、
「全く同意しない」(43.1%)、「特に同意しない」(34.3%)など、同意できないという回答が77.4%に達し、
「信頼することができる」と答えた回答者は全体の22.6%に過ぎなかった。

今回のアンケート調査は中国10大都市に住む満19歳以上の成人男女1000人を対象に、
昨年9月19日から10月19日までの1カ月間に1対1の個別面接調査方式を通じて実施された。

http://japanese.joins.com/article/010/240010.html?servcode=A00&sectcode=A00

続きを読む

↑このページのトップヘ