中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:ワクチン

1: 少考さん ★ 2021/05/08(土) 03:53:53.75
※ロイター

WHO、中国シノファーム製ワクチンの緊急使用承認 欧米製以外で初
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-who-china-sinopharm-idJPL4N2MU3WX

2021年5月8日3:12

[ジュネーブ 7日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)は7日、中国国有製薬大手の中国医薬集団(シノファーム)が開発した新型コロナウイルスワクチンの緊急使用を承認した。欧米以外で開発されたコロナワクチンの承認は初めて。

また、WHOがあらゆる感染症に対する中国製ワクチンの緊急使用を承認するのも初となる。

テドロス事務局長は記者会見で、シノファーム製ワクチンの緊急使用承認により、公平な供給を目的とした国際的な枠組み「COVAX」に提供可能なワクチンが拡充されると述べた。

WHOで上級顧問を務めるブルース・アイルワード氏は、COVAXに提供されるワクチン量はシノファーム次第とした上で、「シノファームは大規模な支援を提供しようとしている」と述べた。 
続きを読む

1: Ttongsulian ★ 2021/05/03(月) 08:49:50.03 _USER
2021年5月3日 7時42分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210503/k10013010571000.html

クーデターによる混乱が続くミャンマーでは2日、中国から無償提供された新型コロナウイルスのワクチン50万回分が到着しました。中国側にはクーデターをきっかけにミャンマー国民の間に噴出している反中感情を和らげたいという思惑もあるとみられます。

中国はクーデターが発生する前のことし1月、王毅外相がミャンマーを訪問した際にワクチン30万回分を無償で提供すると表明しました。

ミャンマーの国営テレビによりますと、2日、当初の約束より20万回多い50万回分のワクチンが最大都市ヤンゴンの空港に到着したということです。

ミャンマーでのクーデターの発生後、中国は国連の安全保障理事会で軍への制裁に否定的な立場を取り続け、ミャンマー国民の間では軍を擁護しているとして批判が高まっています。

ミャンマーにある中国大使館はワクチンの提供をアピールしていて、中国側には無償提供の約束を果たし、量も大幅に積み増すことで反中感情を和らげたいという思惑もあるとみられます。

また、医療関係者の多くが職務を拒否する不服従運動に参加し、医療システムがまひする中で、軍としても新型コロナウイルスの対策を少しでもアピールするねらいがあるとみられます。

しかし、軍の統治を拒否する市民の間ではワクチン接種をボイコットする動きも出ていて、中国製ワクチンの流入でこの動きにも拍車がかかりそうです。
スクリーンショット 2021-05-03 12.46.23
 

続きを読む

1: Felis silvestris catus ★ 2021/04/24(土) 20:28:01.05
https://anonymous-post.mobi/archives/7959
チリがワクチン戦略変更、有効性踏まえ2回目接種を優先

[サンティアゴ 21日 ロイター]] - チリが新型コロナウイルスワクチンの接種について、1回目の接種ペースを落として2回目を優先する戦略に切り替えている。
供給不足への懸念に加え、接種戦略の柱となっている中国のシノバック・バイオテック(科興控股生物技術)製ワクチンを1回接種しても有効性が乏しいとのデータが示されたためだ。

これは、シノバック製ワクチンを1回接種しても有効性が低いことを示すデータに対応した措置。
チリが先週公表した独自の分析結果によると、1回の接種による感染防止の効果はわずか16%で、入院を防ぐ効果は36%だった。

https://jp.mobile.reuters.com/article/amp/idJPKBN2C90C6


(略)

続きを読む

1: 影のたけし軍団 ★ 2021/04/11(日) 21:44:41.07
中国疾病対策予防センターのトップが10日、既存の中国製の新型コロナウイルスワクチンの有効率が比較的低いことを改善するため、
異なる種類のワクチンの併用を検討していると明らかにした。

中国のトップレベルの専門家が、公の場で中国製ワクチンの有効性の低さを示唆したのは初めて。

ニュースサイト「澎湃新聞」は、CCDCの高福主任が四川省成都での会見で、
当局は「既存ワクチンの有効率が低いという問題の解決策を検討する」必要があると述べたと報じた。


米ファイザーと独ビオンテック、米モデルナが開発したmRNAワクチンの有効率は、それぞれ95%、94%となっている。

一方、中国で条件付きで使用が承認されているワクチン4種は、どれもmRNAワクチンではなく、
有効率はファイザー・ビオンテック製やモデルナ製を下回っている。
https://www.afpbb.com/articles/-/3341508#:~:text=%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3

続きを読む

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2021/04/05(月) 01:47:02.47
<自治体や大学がワクチン接種を強要し、拒否すると交通機関の利用を禁じられたりブラックリストに入れられるなど罰則がある場合も>

中国各地で企業や大学、政府機関が住民に新型コロナウイルスのワクチン接種を強制し、これに反発する人々がソーシャルメディア上で抗議の声をあげている。

微博(中国版ツイッター)には、子どもをつくりたいと考えていてワクチンの影響を心配しているのに、職場でワクチン接種を強要されたという声が複数投稿された。中国政府のガイドラインには、全てのワクチンについて、接種を受けるかどうかは個人の意思に任せると明記されている。

中国では新型コロナウイルスの感染拡大を比較的うまく抑制できており、現在は毎日小規模なクラスター感染が報告されている程度だ。ワクチン接種の取り組みも強化しており、国民には無料でワクチンを提供。保健当局によれば、3月31日時点でワクチン接種を受けた人の数は累計で1億1469万人にのぼった。

中国政府は3月に入ってから、6月までに人口の40%に、年末までには人口の64%にワクチンを投与する計画を発表。国営メディアは「単純で露骨な」ワクチン接種の強制をすべきではないとしているが、上海など複数の自治体が、市全域でのワクチン接種推進を大きな「政治的任務」に掲げている。

ワクチン摂取の有無が成績とリンク

3月31日に国営の新華毎日電訊が報じたところによれば、複数の大学がワクチン接種の有無と講師や学生の評価を関連づけている。また企業の中には、個々の従業員の特殊な事情を無視して、全従業員にワクチン接種を受けるよう要請しているところもあるという。

新華毎日電訊は「過度に単純化した対応」を取れば一部の人々の健康リスクを高めることになり、ひいては中国のワクチン接種推進計画に悪影響を及ぼすことになると警告。政府当局は正しいガイドラインを周知させ、ワクチンに対する懸念を和らげるべきだと指摘した。

同日、南部・海南省の沿岸部にある万寧市では、地元自治体がワクチン接種を拒否した住民の「ブラックリスト」の作成を始めたことが明らかになった。ある自治体が出した通知が複数の報道機関に出回ったもので、通知書には、ワクチン接種を受けていない人には公共交通機関やスーパーマーケット、ホテル、レストランの利用を禁じるとある。また「ブラックリスト」に名前が掲載されて自治体の補助金の受給対象から外される。

この通知書はまた、ワクチン接種を受けない住民について、本人や子どもの将来の学校や仕事に悪い影響が及ぶことになるとも警告している。この通知を出した町の広報担当者は、通知書はワクチン接種計画を推進させるため市や省が出したガイドラインに従って作ったものだと説明した。

ほかにも東部・山東省の煙台市では、地元自治体が各大学に対して、講師と学生の95%以上がワクチン接種を済ませることを要請。妊娠や基礎疾患、アレルギーなどの理由でワクチン接種の免除を希望する者は、医学的にそれを証明するものを提示しなければならないという。その他の個人的な理由でワクチン接種を選択しないことが認められるのかどうかは明示されていない。

ソーシャルメディア上で懸念を表明している人々の中には、妊娠中の女性や、これから子どもをつくろうと考えている女性たちも含まれている。

国営メディアの中国中央電視台(CCTV)が、ワクチンはこれから子どもをつくる予定の女性にとっても、現在授乳中の女性にとっても安全だとするポスターをシェアする一方、SNSには「ワクチンに対して心配なことがあるのに、雇用主からワクチン接種を強要された」というコメントが複数寄せられた。

あるユーザーはこう書き込んだ。「私は子どもをつくろうと計画しているが、ワクチン接種を受けるよう求められた。接種を受けて、子どもに影響が出ない証拠はどこにあるの?」

これに別のユーザーが次のように反応した。「私も妊娠を計画しているだが、接種対象から外れるには、妊娠の証拠を出せと言われた」

Newsweek ジョン・フェン 2021年4月2日(金)15時34分
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/04/post-95974.php

続きを読む

↑このページのトップヘ