中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:ワクチン

1: バックドロップホールド(日本のどこかに) (4段) [ニダ] 2021/05/25(火) 15:21:07.86 ● BE:528718863-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/red.gif
「ワクチン打ったらアイドルに会える」接種加速する中国のニンジン作戦
(略)
 しかし、強制だけではなかなか人が動かないのと同様に、啓蒙活動でも人はなかなか納得してくれない。ではどうするのか……という時に、今、中
国で炸裂しているのがニンジン作戦である。

「ワクチン打ったら、牛乳一箱プレゼント!」
「うちは卵と食用油、どちらか選べます」

 といった具合のキャンペーンを展開している基層自治体が多い。中には「ワクチン打ったら抽選券、一等賞には電動自転車をプレゼント!外れはポ
ケットティッシュだけど」という商店街のくじのようなキャンペーンを展開しているところもある。

 こうしたオモシロ・キャンペーンの中でも、話題となったのは、上海市虹口区。5月4日、5日の両日に、アイドルグループ「SNH48」(上海48)の専
用劇場入口に接種車が手配され、ワクチン接種が行われたのだとか。現場にはSNH48のメンバーも登場したという。「今、(ワクチンを打つと)会える
アイドル」という新ジャンルである。

 牛乳、卵、そしてアイドル……とニンジン作戦炸裂で接種率が爆上がり中の中国。これだけ接種者が増えてくると、不思議なものであれだけ嫌がっ
ていた人々も「私も打っておくか」という気分に変わるらしい。

 14億人という世界一の人口大国を統治するのは容易ではない。お医者嫌い、注射嫌い、政府の言うことは信じないといった、一癖も二癖もある人民
もごまんといる。そうした人々にどうワクチンを打ってもらうのか。珍作戦、ニンジン作戦とあの手この手を使った中国政府の取り組み、今のところ
は順調に進んでいる。
https://news.yahoo.co.jp/articles/fc282e6d92dbbaf946811842d898fca00c3a6a09

SNH48 公益宣伝大使
https://www.bilibili.com/s/video/BV1MQ4y1o7jq
no title

続きを読む

1: 朝一から閉店までφ ★ 2021/05/25(火) 19:30:11.20
「中国製ワクチンはいらない」ベトナムが見せる意地とプライド
中国製品にさんざん痛い目に遭わされた苦い記憶
2021.5.25(火)

(姫田 小夏:ジャーナリスト)

 “コロナ封じ込め”の成功国として知られるようになったベトナム。2003年のSARS(重症急性呼吸器症候群)に続き、今回の新型コロナウイルスでも初期対応の機敏さが奏功し、2020年は高い経済成長率を維持することができた(ただし現在は変異株の感染が拡大し、予断を許さない状況である)。

 ベトナムでは今、国産ワクチンの開発が進んでいる。ホーチミン市に本社を置くナノジェン製薬バイオテクノロジー社が開発するのは、組換えタンパク質ワクチンの「ナノコバックス(NANOCOVAX)」だ。WHO(世界保健機関)のホームページには、有効なワクチン候補としてすでに登録されている。

「ハノイタイムズ」によれば、今年(2021年)5月5日、ベトナムとインド、バングラデシュなどで1万~1万5000人が参加する第Ⅲ相臨床試験が始まった。2022年初頭までに大規模生産と広範な接種が開始できるよう、今年末までに臨床試験を完了する予定だという。当初見込まれるワクチンの生産能力は、年間1000万~2000万回分。人口9648万人の需要を満たすために年間5000万~7000万回分への増産も計画している。
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65369

→中国製ワクチンの名前はない
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65369?page=2

続きを読む

1: お断り ★ 2021/05/23(日) 19:10:04.43
ドイツのテレビ局NTVによると、EU加盟国はこのほど、EU以外の第三国市民の入国制限を緩和するというEU執行委員会の新提案を承認し、近々、他国からの観光客も十分な予防接種を受けた上でEUに入国できるようになるとのことです。
報道によると、アメリカやイスラエルなどでワクチン接種が大きく進んでいることから、EUは第三国への渡航禁止を早急に解除したいと考えているようです。
EU関係者によると、EU加盟国の代表者と合意に達した後、EUは「不要不急の渡航」に対する制限を解除するとのことです。 同時に、EUは予防接種証明書の導入により、欧州内の旅行が容易になることを期待しています。

EUは現在、オーストラリア、イスラエル、シンガポールなど7つの非EU第三国の市民が、それぞれの国の状況に応じて、予防接種を完了せずにEUに入国することを認めるホワイトリストを作成しています。 昨日の会議の結果、EU加盟国は、予防接種を完了した旅行者は、予防接種完了から2週間後に有効な予防接種証明書を持ってEUに入国できることを決定しました。
ただし、参入者が受けるワクチンは、バイオシナジー/ファイザー社のワクチン、モデナ社のワクチン、ジョンソン&ジョンソン社のワクチン、アストラゼネカ社のワクチンなど、EUで承認されたものでなければなりません。
現在、中国で製造されているワクチンはリストに含まれていません。

網易新聞 2021/5/20 ソース中国語 『欧盟将向已接种疫苗游客开放边境!暂不承认中国疫苗』
https://c.m.163.com/news/a/GAFKAQ7S0514BIJT.html

続きを読む

1: 孤高の旅人 ★ 2021/05/17(月) 18:19:07.08
ワクチン接種が進んでいる国でも感染再拡大 変異株、中国製ワクチンに疑義
[2021年5月16日18時11分]
https://www.nikkansports.com/general/news/202105160000895.html

新型コロナウイルスワクチン接種が進んでも感染者が再拡大する国が出始めている。

インド洋の島国セーシェルや中東バーレーン、南米チリといった世界有数の接種率を誇る国で再拡大が顕著に。変異株の影響や気の緩みが指摘され、採用する中国製ワクチンの有効性に疑義も浮上している。

「どの程度で収まるか見当がつかない」。人口約10万人のセーシェル。政府当局者は5月上旬、危機感をあらわにした。1月中旬にワクチン投与を始め、英オックスフォード大などの調査によると60%以上が接種を完了したが、感染の拡大傾向が続く。

接種完了率が30%台だった3月下旬に主要産業の観光を再開させ、4月に入り状況は一変。世界保健機関(WHO)によると、1週間当たり100人台にまで減っていた新規感染者数は数倍に増え、過去最多に。海外客受け入れや変異株の影響に加え、米紙によると、専門家は主に使われている中国製ワクチンの有効性が比較的低い疑いがあると指摘した。

バーレーンは昨年、中国製を含む複数のワクチンを承認し接種を促進。感染者の減少傾向が続いたが、3月に増加に転じた。接種完了率は35%を超えたものの、5月には1週間の感染者数が1万人を超え過去最悪に。チリは4月の選挙を延期。4割弱が接種完了したが抑制できていない。

欧米製ワクチンを中心に接種が進む欧州では規制緩和が続くが、人の移動が活発になれば感染再拡大も想定され、先行きは見通せない。(共同)

続きを読む

1: シャイニングウィザード(ジパング) [US] 2021/05/08(土) 14:41:21.91 ● BE:723460949-PLT(14000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
H.S. Kim @xcvbnm67890
中国製ワクチン、ヤバ過ぎて笑ったw
no title

続きを読む

↑このページのトップヘ