中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:ワクチン

1: シリウス(神奈川県) [JP] 2021/06/06(日) 23:31:45.61 ● BE:329614872-2BP(2500)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
 中国のポータルサイト・網易に4日、「日本が中国産ワクチンを拒む背景にある、ダークな感情」とする記事が掲載された。
 
 記事は、世界保健機関(WHO)が1日、中国企業シノバックが開発した新型コロナワクチンの緊急使用を承認したと紹介。中国製ワクチンが世界的に認められる中で、自国でワクチンが開発できていない日本は主に米国、英国などの西側諸国と提携してワクチンを調達する一方、中国製ワクチンに対して警戒し敬遠する姿勢を貫いているとした。そして、日本政府の中国製ワクチンに対する姿勢には「日本が終始抜け出すことのできない、対中関係上の3つのダークな感情」が関係していると伝えた。
 
 まず1つめのダークな感情として、日中国交正常化以来日本がいまだに脱却できていない冷戦的思考を挙げた。現在に至るまで日本が中国を見る際、両国間の社会制度やイデオロギーの違いを持ち出して対中戦略の基本要素を制定し、その中に「中国脅威論」を散りばめていると主張。新型コロナ問題でも日本政府の態度は同じで、中国がワクチンを使って政治的な利益を求めたり、さらには侵略行為に及ぶのではないかと疑っているとした。

 次に、日本には今なお中国の技術に対する蔑視、無知、偏見が存在すると指摘。日本は自力でワクチン開発できず欧米に依存している一方で、中国に対しては「技術が遅れている、中国のワクチンは効果が薄い」などと認識しており、日本のメディアも試験データの透明性が不足しているといった点ばかりを強調するなど、偏見に満ちた目で中国のワクチンについて報じているとの考えを示した。
 
 そして最後に、中国のワクチン外交を懸念する一方で日本政府が新型コロナを政治に用い、中国を貶めることで自らの利益を得ようと算段していると主張。「どのワクチンを使うかは主権国の自由な権利であり、日本が西洋のワクチンを使うこと自体は構わない。しかし問題は、日本のメディアや世論が絶えず中国製ワクチンが危ない、中国はワクチン外交によって中国製ワクチン使用国における政治的、経済的影響力を高めようと目論んでいるといったことを喧伝し続けていることなのだ」と論じている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む

1: マスク着用のお願い ★ 2021/06/04(金) 15:35:44.94
https://nordot.app/773401775275147264
中国、日本からワクチン受け入れの台湾非難

 【北京共同】中国政府は4日、日本から新型コロナウイルスのワクチン提供を受け入れた台湾の民主進歩党政権に対し「大陸からのワクチン輸送を阻止してきた」と非難する談話を発表した。

2021/6/4 14:17 (JST)
c一般社団法人共同通信社

続きを読む

1: バーナードループ(愛媛県) [US] 2021/06/04(金) 15:39:50.06 ● BE:135853815-PLT(13000)
1

台湾にワクチン届く 蔡英文総統「民主主義にいっそうの自信」

台湾の蔡英文総統は日本政府から新型コロナウイルスのワクチンが届いた4日、6月4日が天安門事件から32年の日と重なることを関連付け、フェイスブックにメッセージを投稿しました。

メッセージは「同じ信念を抱く人たちが互いに支え合わなければなりません」という書き出しで始まり「6月4日というこの日に日本からのワクチンが台湾に届きます。私たちは同じように自由と民主の価値を堅持するパートナーから助けられ、民主主義にいっそうの自信が得られたことに感謝します」としています。

続いて「32年前のこの日、天安門広場で犠牲になった若者たちのことを忘れることはありません」としたうえで「自由と民主を誇りに思う台湾のすべての人たちがこの日を永遠に忘れず、信念をかたく守り、困難にも動揺することがないと信じています」と結んでいます。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210604/k10013067481000.html

続きを読む

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ Let it be です 2021/06/03(木) 00:04:13.45 _USER
→予防接種は世界をリードするペース、人口の4割が1回以上接種

→都市封鎖や大規模検査、出入国制限など感染防止戦略を堅持

中国は新型コロナウイルス感染症(COVID19)の予防接種回数が1日当たり2000万回と、世界をリードするペースで、人口の4割余りが少なくとも1回は国産ワクチンを打った。だが、他国が世界に向けて経済活動を再開する中でも、中国はコロナ禍の次の章に進むのを急いでいないようだ。

  中国のワクチン接種は当初ためらいや供給不足で緩慢なスタートだったが、今では6億6000万回以上接種され、あと数カ月で人口14億人が集団免疫を獲得できる方向にある。地元メディアが伝えた衛生当局のデータによると、首都北京市では8割強の市民が少なくとも1回接種を受けた。

  しかし中国は、国内でのウイルス流行を排除してワクチン接種がかなりの水準に達したにもかかわらず、国境閉鎖や外国からの訪問者に対する厳格な隔離措置、感染再拡大時の積極的なロックダウン(都市封鎖)というコロナ対策の戦略から離れる考えは示していない。過去1年1カ月で新型コロナの死者は1人だけで、ワクチン接種による予防効果が増しているが、高官はウイルスが依然突きつけるリスクに関して厳しい論調を変えようとしない。

  中国疾病対策予防センター(CDC)の主任疫学者である呉尊友氏は5月の説明会で、「国外で流行が制御されないままである限り、中国で感染がない状態がどれだけ続こうとも、国内のどこにでも発生する可能性がある」と指摘。 「このため不可欠な抑制策を十分に実施する必要がある」と述べた。

  今週、インドと英国で最初に出現した変異株による新たな感染が南部広東省が拡大した際、当局は湖北省武漢での最初のロックダウン(都市封鎖)以来磨きをかけてきた戦術を駆使し、感染拡大地域で外出を制限、住民への大規模検査を実施した。人口1870万人の市で50人余りの感染が確認された今回のクラスターを受け、広州白雲国際空港から出発する航空便の半数が運航中止となった。

コロナ感染再拡大で中国が対策強化-喉と口、肛門から検体採取し検査
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-01-27/QNL5EMT0AFB401

  対照的に、予防接種水準が中国と同等もしくはそれより低くても、行動制限を緩和し始めている国は多い。米国は規定回数の予防接種を受けた人が45%に達した際に物議を醸していたマスク着用義務を解除した。香港では予防接種を受けた企業の上級管理職に隔離を省略することを認める。シンガポールのリー・シェンロン首相は5月31日、活動制限を緩和する方針を表明し、人々は「ウイルスと共に」生活することを学び、世界に再び参加するだろうと述べた.

  制限緩和の方向に進む国が増える中で、中国のアプローチは同国を一段と孤立させるリスクがある。散発的な感染拡大があるたびに生活に大きな支障が生じ、海外旅行の見通しも立たない中、人々はワクチン接種の意味を疑問視しかねない。

  中国の国家衛生健康委員会は再開計画に関するブルームバーグの取材要請を拒否し、この記事についてのコメントも控えた。

ブルームバーグ 2021年6月2日 16:12 JST
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-06-02/QU1YNTT0G1KY01

続きを読む

1: 腕ひしぎ十字固め(東京都) [DK] 2021/05/31(月) 22:28:44.69 ● BE:284093282-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
台湾にワクチン提供検討「感染対策の名を借りた内政干渉」中国
2021年5月31日 21時50分

新型コロナウイルスのワクチンをめぐり、茂木外務大臣が台湾への提供を検討する考えを示したことについて、中国外務省は「感染対策の名を借りた政治ショーや内政干渉に断固反対する」として強く反発しました。

新型コロナウイルスのワクチンをめぐり、茂木外務大臣は、今月28日の記者会見で、国内の接種対象を上回る分はほかの国や地域へ提供していくとして、台湾への提供も検討する考えを示しました。

これについて中国外務省の汪文斌報道官は31日の記者会見で「感染対策の名を借りて政治ショーを行い、中国の内政に干渉することに断固反対する」と述べ、強く反発しました。

そして日本が自国のワクチンを十分に確保できていない中で台湾への提供を検討することは台湾を含む多くのメディアや人々から疑問視されているとし「医療支援は命を救うという初心に戻るべきであり、政治的な利益をはかる道具に成り下がってはならない」と述べ、日本側の対応をけん制しました。

また、汪報道官は、台湾の蔡英文総統が海外の製薬会社からのワクチンの調達が中国の妨害で難しくなっていると述べたことについて「われわれは最大限の努力で支援しようとしているが、民進党当局が中国製のワクチンを阻止している」と反論しました。



https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210531/k10013061201000.html

続きを読む

↑このページのトップヘ