中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:モルディブ

1: nemo(アメリカ合衆国) [ニダ] 2018/12/17(月) 20:37:30.94 ● BE:725951203-PLT(26252)
----------
中国による「借金漬け」のモルディブ インドが財政支援へ

モルディブで中国寄りの大統領から代わったインド寄りのソリ大統領がインド
を訪れ、モディ首相と会談しました。いわゆる中国による「借金漬け」の解消
を念頭に、インドが14億ドルの財政支援を行うことで合意しました。

インドとの関係を重視するモルディブのソリ大統領は、ことし9月の大統領選
挙で、前のヤミーン大統領による中国一辺倒の外交政策を批判して当選し、先
月、大統領に就任しました。

ソリ大統領は、初めての外国訪問としてインドを訪れ、17日、モディ首相と首
脳会談を行い、インドから14億ドル(日本円でおよそ1600億円)の財政支援
を受けるほか、インド洋の安全保障で両国が協力を強化することで合意しまし
た。

会見で、ソリ大統領は「インド洋の安定が両国の間の主要議題だ」と述べ、モ
ディ首相も「両国に損害を与えるような行為は決して許さない」と述べて、イ
ンド洋での安全保障上、脅威になりうる動きに警告を発しました。

インド洋で戦略上重要な拠点となるモルディブでは、中国が、巨大経済圏構想
「一帯一路」に絡んでインフラ整備に巨額を融資し、さらに周辺海域に海軍の
艦艇を展開させるなど海洋進出を強めています。

モルディブは対外債務がGDP=国内総生産の50%近くに上っているとみられ、
多額の債務に苦しむ中、中国によるいわゆる「借金漬け」という懸念が出てい
て、今回の合意は、こうした中国の動きを念頭に置いた両国の関係強化と受け
止められています。
----------
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181217/k10011750441000.html
no title

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [CN] 2018/11/18(日) 16:20:42.51 BE:448218991-PLT(13145)
スクリーンショット 2018-11-18 19.48.47

【ニューデリー=森浩】インド洋の島嶼(とうしょ)国モルディブで17日、9月の大統領選で
野党統一候補として勝利したモハメド・ソリ氏が新大統領に就任した。

 就任式には関係が悪化していたインドからモディ首相が出席した。ヤミーン前政権が進めた
モルディブによる親中国路線からの“脱却”をアピールした形だ。

 ソリ氏は式典で「インド洋の安定を維持するために役割を果たす」と演説し、インドなど近隣諸国との
関係を重視する姿勢を明らかにした。就任式後にはモディ氏と首脳会談を行って連携強化を確認。
インドにインフラ整備での支援を要請した。
https://www.sankei.com/world/news/181118/wor1811180003-n1.html

続きを読む

1: ■忍法帖【Lv=24,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2018/09/24(月)14:11:31 ID:???
1

 【ニューデリー時事】インド洋の島国モルディブの選管は24日、23日に実施された大統領選の暫定集計結果として、
野党統一候補のソリ氏が過半数を確保したと発表した。
親中派の現職ヤミーン氏との一騎打ちを制した。
ソリ氏は24日、「国民の意思を受け入れ、円滑に政権を移譲するようヤミーン氏に呼び掛けたい」と述べ、
勝利宣言を行った。

 ソリ氏は、最大野党モルディブ人民主党(MDP)出身のベテラン議員。ヤミーン氏の主要な政敵が
「亡命したか収監されたかどちらか」(AFP通信)という中、亡命中で立候補を認められなかったMDPの
ナシード元大統領に代わり出馬した。
選挙戦では、政敵や野党支持者を次々と拘束するといったヤミーン氏の強権政治を批判、国民に「変革」を訴えた。

 ソリ氏はまた、ヤミーン氏が中国政府が提唱するシルクロード経済圏構想「一帯一路」の枠組みを生かして
大規模な国土開発を進める一方、国内総生産(GDP)の4分の1超に当たる対中債務を抱え込んだことを懸念。
中国一辺倒でなく、域内大国のインドや欧米諸国との関係も重視する考えを示した。

(以下略)

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018092400128&g=int

続きを読む

1: ガーディス ★ 2018/03/23(金) 10:22:05.13 _USER9
1

 【ニューデリー=田尾茂樹】インド洋の島嶼とうしょ国モルディブのヤミーン大統領は22日、2月5日に宣言していた非常事態を解除した。

 大統領府は声明で「治安に対する脅威はなお残っているが、国家のさらなる損失を避け、正常化を促す」としている。

 これに対し、野党モルディブ民主党党首のナシード元大統領は声明で「モルディブは中国に操られた独裁主義者に支配されており、国際社会がいまだに動かないのは残念だ。我々は闘い続ける」と訴えた。

 モルディブでは、反テロ法違反罪などで収監されていた野党幹部ら9人の釈放などを最高裁が命じたことに対し、行政機能の混乱を招いたなどとして大統領が2月に15日間の非常事態を宣言、2月20日には国会が30日間の延長を承認した。最高裁は命令を撤回し、長官ら判事2人はテロ未遂罪などで起訴された。

http://sp.yomiuri.co.jp/world/20180323-OYT1T50043.html

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [NL] 2018/02/21(水) 18:23:55.35 BE:754019341-PLT(12345)
1

中国海軍の艦隊がインド洋航行、モルディブでは非常事態宣言発令中
https://jp.reuters.com/article/maldives-politics-china-idJPKCN1G509N
中国のニュースサイト「新浪網」によると、同国海軍の艦隊が今月に東インド洋を航行したもようだ。同海域に浮かぶ島国モルディブでは政治的混乱で非常事態宣言が発令されており、同国への影響力を巡り中国とインドが争っている。

報道では、人民解放軍海軍の052C/D型駆逐艦「中華神盾(イージス)」1隻、054A型ミサイル・フリゲートなど主力戦艦7隻、
3万トン級の071型輸送揚陸艦1隻、2万トン級の補給艦3隻がインド洋に入ったという。モルディブとの関連や航行の理由については触れていない。

新浪網は18日、「軍艦や他の装備を見ても、インド海軍と中国海軍の差は大きくない」と報じた。
艦隊がいつ配備され、いつまで展開するかにも言及していない。

リゾート地として知られるモルディブは、中国が推進する広域経済圏構想「一帯一路」に参加して以降、インドと中国の新たな勢力争いの場となっている。

インド洋の諸島から約400キロメートル離れたところに位置するインドは、諸島にある国々と長年にわたり政治・安全保障面での関係を維持。
中国によるモルディブへの影響力拡大に反対する構えで、モルディブの野党指導者はインド政府に今回の政治危機に介入するよう求めた。

続きを読む

↑このページのトップヘ