中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:ベルギー

1: Felis silvestris catus ★ 2021/05/10(月) 06:48:32.13
https://www.recordchina.co.jp/b876069-s25-c30-d0198.html


駐ベルギー中国大使館は7日、中国企業の阿里巴巴(アリババ)が現地空港で推進する物流事業に関連して「中国政府に協力してスパイ活動を行うのではないか」という見方が発生していることについて、「『でっちあげ』の罪名で中国企業を中傷」「強烈な不満」「断固として反対」などと反発する文章を発表した。

文章は冒頭部分で、「ベルギーの個別の議員、機関、メディアが旧態依然として根拠もなく、アリババの(ベルギー国内にある)リエージュ空港の物流プロジェクトで中国政府に協力してスパイ活動に従事するのではないかと疑っている」として、「この種の『でっちあげ』の罪名で中国企業を中傷するやり方に対して、われわれは強烈な不満を表明し断固として反対する」と表明した。

文章はさらに、「中国政府は中国企業に対して、外国で業務を展開する場合には現地の法律法規を厳格に順守するよう一貫して要求してきた。中国企業に対して、現地の法律法規に違反する活動に従事することを要求することはあり得ない」と主張した。

日本を含む西側諸国からは、中国で2018年に施行が始まった「国家情報法」を問題視する声が出ている。中国大使館の文章は「立法の形式で国家の安全を維持することは、国際的に通用するやり方だ」と論じた上で、同法について「組織および国民が、国家の情報関連作業を支持し、支援し、協力する義務を法の形で定めたもの」であると同時に、同法は「国家の情報関連作業は法に基づいて進めねばならず、人権や個人と組織の合法的な権益を守る」ことを定めたものであり、中国のその他の法律も「情報の安全やプライバシー権などの国民と個人の合法的権益を保障している」などとして、「外界は全面的かつ客観的に『国家情報法』の内容を理解すべきであり、断片的に都合よく解釈したり、一方的に誤って解釈すべきでない」と主張した。

文章は最後の部分で、「国際社会では一部の人が、ともすれば中国の『国家情報法』に言及して、中国企業にいわゆる安全上のリスクがあると煽(あお)り立てている。(これは)ダブルスタンダードであり、世論を惑わすものであり、その実質は中国企業を圧迫するための口実づくりであり、政治の手段により経済行為に干渉するものだ」と主張した。(翻訳・編集/如月隼人)

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(庭) [ニダ] 2019/04/21(日) 16:11:55.98 ● BE:151915507-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/kashiwamo-chi32.gif
以下抜粋
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-00000025-mai-int

大聖堂の前にはかつて、日本とアントワープの友好の象徴として、物語をモチーフに建てられた記念碑があった。ところが2年半前に取り壊され、現在では中国資本が寄贈した新たな石像に置き換わっている。

 寄贈したのは中国・深センに本社を置くジュエリーブランド「周大生」。石像のわきにあるパネルには、中国の人々と周大生が、アントワープのダイヤモンド産業に貢献したことへの謝意が記されている。港湾都市アントワープは、世界で流通するダイヤモンドの原石の8割が集まるダイヤ取引の中心地だ。

◇大聖堂前の広場から消えた「日の丸」

03年5月9日。記念碑の完成式典には当時の駐ベルギー日本大使やアントワープ市幹部らが出席し、日ベルギーの友好の証しとして両国の国旗も記念碑の上にかけられた。

4万ユーロの建設費はトヨタ自動車の現地法人が寄付し、上面には日本語でこう刻まれていた。

 <この物語は悲しみの奥底から見出す事の出来る本当の希望と友情であり、永遠に語り継がれる私達の宝物なのです>


 「いつも記念碑が壊れているのを見るのが悲しかった」。
オットマーさんは、建て替えが必要と考えた理由について、説明を始めた。記念碑は、広場を取り囲むレストランを回る配送トラックがたびたび接触し、破損と修復を繰り返していた。時には壊れたまま2カ月近く放置されることもあった。
「フランダースの犬」を知らない地元の人たちから記念碑として関心を寄せられず、45センチというちょうどいい高さ故に腰掛けとして使われて「トヨタベンチ」と呼ばれていたことも残念に感じていたという。


 「アントワープにとって『フランダースの犬』は関心事ではありません。重視するのはダイヤモンドやチョコレートなど観光客に売れるものです。『フランダースの犬』は文化であり、アントワープには(経済的利益を)何ももたらしません。
日本の人たちは、それは違うと言うかもしれません。しかし、ダイヤモンドがもたらすものとは比較にならないのは明らかです」

↓中国が寄贈したフランダースの犬の新しいモニュメント
no title


↓日本が寄贈した通称「トヨタベンチ」
no title

続きを読む

1: ガーディス ★ 2019/02/11(月) 21:32:39.02
2019年2月11日 20時33分
テレ朝news

 ドイツのメディアが、中国人スパイ250人がベルギーで活動していると報道し、中国政府は完全な捏造(ねつぞう)だと反論しました。

 ドイツのメディアは9日、「約250人の中国のスパイがベルギーの首都ブリュッセルで活動している」と報じました。これに対し、ベルギーにある中国大使館は「根も葉もない、完全な捏造だ」と声明を発表しました。中国外務省は11日の記者会見で、「中国脅威論や中国スパイ論の本質は、アメリカが同盟国に中国の名誉を傷付ける圧力を掛けているからだ」と、中国と対立しているトランプ政権を批判しました。アメリカや日本などで中国企業の製品を政府調達から排除する動きが広がるなか、ドイツでも情報セキュリティー庁が中国の通信機器大手「ファーウェイ」の調査を始めていて、中国当局はヨーロッパでこの動きが広がることに警戒を強めています。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16006394/

続きを読む

1: @くコ:彡 ★ 2018/10/11(木) 12:06:17.28 _USER9
・米、産業スパイ容疑で中国情報部員逮捕 ベルギーが身柄引き渡し

【10月11日 AFP】米政府は10日、航空業界の機密情報窃盗を試みたとして、ベルギーから米国に身柄を引き渡された中国情報部員の男を逮捕・起訴したと発表した。

 米司法省によると、逮捕・起訴されたのは中国国家安全省職員のXu Yanjun被告。2013年以降、米ゼネラル・エレクトリック(GE)傘下のGEアビエーション(GE Aviation)などの企業の機密入手を企てたとされる。今年4月1日、米国の令状に基づきベルギーで逮捕され、今月9日に米国へと身柄を引き渡された。

 中国情報部員が他国から犯罪容疑者として引き渡されるのはこれが初めて。米司法省のジョン・デマーズ(John Demers)司法次官補(国家安全保障担当)は「これは孤立した事件ではなく、米国を犠牲にして中国を発展させる経済政策全体の一部だ」と指摘した。

 米中間ではこのところ、地政学的問題や貿易摩擦、ハッカー行為、産業スパイをめぐり緊張が高まっている。米連邦捜査局(FBI)幹部は「前例のない中国情報部員の引き渡しにより、米国に対する経済スパイ活動を中国政府が直接監視していることが明らかになっている」と述べた。(c)AFP

・Chinese Intelligence Officer Charged with Economic Espionage Involving Theft of Trade Secrets from Leading U.S. Aviation Companies
https://www.justice.gov/opa/pr/chinese-intelligence-officer-charged-economic-espionage-involving-theft-trade-secrets-leading

no title


2018年10月11日 7:32 AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3192833?act=all

続きを読む

1: 名無しさん 2018/04/02(月) 04:28:39.10 _USER9
 【ブリュッセル=横堀裕也】ベルギー議会は3月29日、ロラン王子(54)に支給される2018年分の約31万ユーロ(約4000万円)の王族手当について、15%減額することを賛成多数で決めた。

 王子が政府に無断で在ベルギー中国大使館の記念行事に参加したことを、王族の義務違反と判断した。

 王子は弁護士を通じ、「大使館行事への参加は友人の招待に応じたもの。政治的な意味合いは何もなかった」とし、手当の減額は「人権侵害だ」などと主張した。議会に宛てた書簡でも、「縛りばかりの人生で、私には職業選択の自由もなかった」と苦しい胸の内を訴えていた。

 問題となった行事は17年7月、中国人民解放軍の創設90年を祝って中国大使館が主催したパーティー。王子は大使館の関係者らと撮影した写真を自身のツイッターに投稿し、友好関係をアピールしていた。

http://sp.yomiuri.co.jp/world/20180401-OYT1T50077.html
no title

続きを読む

↑このページのトップヘ