中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:フィリピン

1: 猫又(愛媛県) [US] 2021/07/31(土) 20:52:51.67 ● BE:135853815-PLT(13000)
スクリーンショット 2021-08-01 18.53.08

勝因は「南シナ海問題」? フィリピン初の金メダリスト

 【マニラ時事】東京五輪でフィリピン初の金メダルに輝いた重量挙げ女子のヒディリン・ディアス選手(30)について、同国重量挙げ協会のプエンテヴェラ会長が「西フィリピン海(南シナ海)の問題があったから勝てた」と発言し、話題になっている。
ディアス選手も29日の記者会見で「西フィリピン海は私たちのもの」と繰り返し、「戦争ではないけれど、国を代表して中国を倒せた」と語った。

 プエンテヴェラ会長の発言は、ディアス選手が強敵の中国選手を破って金メダルを獲得した翌日の27日の取材で飛び出した。試合前に「中国には何度も打ち負かされてきた。今度はお前の番だ」とけしかけたとも明かした。
一連の発言は、政治的中立を掲げる五輪憲章とは相いれないが、国内では好意的に受け止められている。

 一躍「時の人」となったディアス選手に対し、政府や企業は競うように家や賞金の寄贈を発表。同選手は30日までに、家3軒やアパート1軒のほか、総額4850万ペソ(約1億600万円)の賞金、生涯無料の航空券とガソリン代、車2台を獲得した。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021073100343&g=spo

続きを読む

1: かも ★ 2021/05/20(木) 17:47:17.23
フィリピン、ワクチンえり好みを防止 直前まで告知せず
2021年5月20日 15:56

【マニラ=志賀優一】フィリピン政府は20日、新型コロナウイルスワクチンを接種する対象者に直前までメーカー名を告知しないよう地方自治体に指示した。同国は現時点で米国や中国、ロシア製など7種類のワクチンの緊急使用を承認し順次輸入している。国民がメーカーをえり好みし接種が遅れる事態を避ける狙いがある。

地元報道によると、首都マニラのワクチン接種会場で米ファイザー製のワクチンが接種できるとわかり、18日未明から長蛇の列ができた。政府はワクチンを十分に調達しても人気が偏って接種が遅れることを懸念し、接種するメーカー名を直前まで告知しないよう指示した。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM203V40Q1A520C2000000/

続きを読む

1: ストマッククロー(茸) [US] 2021/05/05(水) 18:38:30.52 BE:668024367-2BP(1500)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
領有権めぐり…中国がフィリピンに声明発表
5/4(火) 20:29
配信

フィリピンと中国が、南シナ海での領有権をめぐり、争っている問題で、中国政府はフィリピン側に対し、「基本的な礼儀と身分をわきまえるように」などとする声明を発表しました。

南シナ海のスカボロー礁の領有権をめぐっては、今年3月に南沙諸島周辺で200隻以上の中国船が確認されて以降、フィリピンと中国の間での緊張が高まっています。

こうした中、フィリピンのロクシン外相は3日、ツイッターに「うせやがれ」などと投稿し、強い表現で中国側を非難しました。ただ、フィリピン大統領府によりますと、その後、外相は「頭に血が上った結果、冒とくした」と、在フィリピンの中国大使に謝罪したということです。

フィリピンのドゥテルテ大統領は、3日に中国製のワクチンを接種し、中国側の援助に感謝の意を示していて、外相の謝罪も中国側への配慮を示したものとみられます。
これに対して、中国外務省は、4日、声明を発表し、「スカボロー礁は中国の領土だ」とした上で、「関係者は発言の際に、基本的な礼儀と身分をわきまえるよう望む」などと主張しました。

ただ、領有権をめぐる両国の主張は平行線をたどっていて、対立は今後も続く見通しです。

https://news.yahoo.co.jp/amp/articles/2406b7ef8aced037f2e014ed4ba7712e32023207

続きを読む

1: Felis silvestris catus ★ 2021/04/25(日) 20:36:40.30
https://www.recordchina.co.jp/b875334-s25-c100-d0059.html


中国と周辺諸国の領有権争いが続く南シナ海に集結している中国船団に対し、フィリピンのドゥテルテ大統領は軍艦を派遣する用意があると言明した。大統領は「石油や鉱物資源の領有権を主張するため」と説明。「中国が石油を掘削したら、こちらも同じ海域で掘削する」と述べた。

比国軍当局によると、先月から多数の中国船がフィリピンに近い海域に集結。比国家機動部隊は今月中旬の段階で南沙(英語名・スプラトリー)諸島のガベン礁周辺に136隻、ケナン礁周辺に65隻の中国船が集結しているのを確認した。残りはフィリピンの主張する排他的経済水域(EEZ)内の七つの環礁の周辺に停泊していたという。

さらに中国が実効支配するスカボロー礁(中国名・黄岩島)の周辺には「海上民兵」を乗せたとみられる艇長約60メートルの漁船が10隻停泊しているのを発見した。その近くでは中国海軍の戦闘艦2隻と中国海警局の公船3隻も確認された。

中国が人工島を造成して占拠している南沙諸島のミスチーフ礁、ファイアリークロス礁、スービ礁の周辺でも、タイプ22紅稗型ミサイル艇のペア(コルベット艦とタグボート)がそれぞれ1組確認され、その日に目撃された中国海軍の船舶は合計6隻となった。

これに対し、比側は韓国から導入した軽攻撃機FA-50PHを中国船団上空に連日出動させ、監視活動を行っている。ロレンザーノ比国防相は「パトロール活動とフィリピン人漁業者の保護のために南シナ海に配置している海軍部隊を増強する」とも明らかにしていた。

ロイター通信などによると、ドゥテルテ大統領は19日、南シナ海をめぐり「争うほどの漁獲量があるとは思えないため現時点で漁業への関心は大きくないが、フィリピンが海底に眠る石油や鉱物資源の採掘を始めるまでには軍艦を派遣し、領有権を主張する」と表明。中国政府との友好関係を維持する意向を改めて示しながらも、「中国が石油掘削を開始したら、われわれとの合意の一部なのかと中国に問うだろう。それが合意の一部でなければ、こちらも同海域で石油を掘削する」とした。

中国船団について、比側は「多数の中国船が集結する状態が続けば、航行の安全と海上における人命の安全が脅かされ、EEZの海洋資源の恩恵に浴すフィリピン国民の排他的権利が阻害される」と非難。外交ルートを通じて中国側に抗議した。中国側は停泊している事実は認めながらも、「大げさに騒ぎ立ているが、何も問題はない」などと反発。「嵐を避けているだけ」と繰り返している。(編集/日向)

続きを読む

1: こんせん(東京都) [CN] 2021/04/14(水) 10:33:03.26 ● BE:448218991-PLT(14145)
sssp://img.5ch.net/ico/aroeri-na32.gif
フィリピン西部のパラワン島から西に300キロ離れた南シナ海では、先月上旬、中国の漁船およそ220隻が
停泊しているのが確認され、一部は今もとどまり続けています。

この問題を受けてフィリピン外務省は、駐在する中国の黄渓連大使を12日に呼んで抗議したことを明らかにしました。

この中で、フィリピン外務省のブエンスセソ次官代理は、黄大使に最大限の不満を表明したうえで「フィリピンの
排他的経済水域内であり、停泊が長引くことは、この海域の緊張を高める原因となる」と抗議したということです。

また「南シナ海のほぼ全域の管轄権を持つという中国の主張は、国際的な仲裁裁判の判断により国際法上、
全面的に否定されている」とも指摘したということです。

これまでフィリピンのドゥテルテ大統領は、中国からの巨額の経済支援を目当てに、南シナ海問題を棚上げする
姿勢を示してきており、中国大使を呼んで抗議するのは異例です。

フィリピンは今月に入り、閣僚が相次いでアメリカの閣僚と電話会談を行い、アメリカとともに南シナ海での
中国の動きに懸念を示したほか、12日からはアメリカとの定例の合同軍事演習を2年ぶりに再開するなど、
中国をけん制する動きをみせています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210413/k10012972841000.html

続きを読む

↑このページのトップヘ