中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:ファーウェイ

1: ガーネットスター(光) [CN] 2020/06/19(金) 09:59:15.51 ● BE:201615239-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_jien03.gif
 米IT大手グーグルで最高経営責任者(CEO)を務めたエリック・シュミット氏は18日までに英BBCラジオで、
中国の華為技術(ファーウェイ)の通信機器を通じた中国当局側への情報流出は「間違いない」と述べ、安全保障上の懸念を示した。
高い技術力への危機感も表明した。

 シュミット氏は現在、グーグル親会社のアルファベットの技術顧問。米国防総省の技術分野に関する諮問機関のトップも務める。

 シュミット氏は「ファーウェイが国家安全保障上、容認できない行為を行ってきたことは間違いない」と指摘。中国側への情報流出は「起きたと確信している」と強調した。

 シュミット氏は、中国人が技術をまねするだけで新しいことはできないという偏見は捨てなければならないと指摘。
「研究や技術の主要な分野で、西側諸国と同じくらいか、もっと優れているかもしれない」と述べた。
対抗策として研究分野の資金を増やし、世界中から優秀な人材を集めるべきだとの考えを示した。

https://www.sankei.com/smp/world/news/200619/wor2006190009-s1.html

続きを読む

1: テンペル・タットル彗星(東京都) [ニダ] 2020/06/02(火) 17:34:41.97 ● BE:878898748-PLT(16000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
HUAWEIが2020年6月2日の10時30分より新製品の発表会を行った。今回の発表会はオンラインの発表会となり、その場で新製品を発表する。

発表されたのは『HUAWEI P40 Pro 5G』でPシリーズのフラッグシップモデルとなる。スマートフォンカメラを
新しい物に押し上げるとしているこの製品。
『HUAWEI P40 Pro 5G』は6.58インチ、90hzとなっており、解像度は2640×1280(441PPI)。

気になるカメラ機能はHUAWEIのウルトラビジョンセンサーを搭載しており、1/1.28インチと他社よりも大きなセンサーを搭載。
通行人除去、反射除去など機能満載で、全てAIで判断しフィルタされる。

動画撮影も4K60フレーム動画の撮影を明るく撮影可能で、3つのマイクで動画と音声を録画可能。CPUはkirin990となっている。
SIMはデュアルSIMに加え、eSIMにも対応。バッテリー容量は4200mAhとなっておりワイヤレス充電及び給電が可能。
また大画面ならではマルチウィンドウ機能も搭載。

■タッチ&トライイベント

(つづく)
https://gogotsu.com/archives/57587
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title


HUAWEI製品を徹底して拒否るPlayStore。そこまで拒否せんでもいいのに。
https://twitter.com/sol_gonews/status/1267733985716649984
手ぶれ補正
https://twitter.com/sol_gonews/status/1267733674318950400


続きを読む

1: フルネルソンスープレックス(大阪府) [IN] 2020/05/27(水) 04:32:28.17 ● BE:789862737-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_buun02.gif
中国通信機器大手ファーウェイ(華為科技)の輪番会長を務める郭平氏は、
米国が輸出禁止措置の強化を表明したことに対して「結局は米国自身の
利益を損なうことになる」とコメントした。

米商務省産業安全保障局(BIS)は15日、米国の技術や装置を使用する半導体メーカーが
ファーウェイに輸出する場合、米政府による輸出許可を必要とする新たな規定を発表した。

この規定は米国以外に生産拠点を持つメーカーにも適用される。つまり米企業か
どうかにかかわらず米国の技術を使用する製品は全て、ファーウェイに輸出する際に
米政府の許可が必要になるということだ。例えば台湾の半導体大手TSMC
(台湾積体電路製造)がファーウェイ傘下の半導体メーカー「HiSilicon(海思半導体)」
に部品を供給するのを、米国が阻止することも可能になる。

郭氏によれば、米国の制裁対象リストに加えられてから1年間にファーウェイが
受けたダメージは深刻なもので、それを穴埋めするために研究開発費が30%も膨れ上がったという。

「輸出禁止措置はファーウェイの事業に多大な影響をもたらした。
昨年の事業計画の遂行にも支障をきたし、売上高は業績目標より約120億ドル(約1兆3000億円)も目減りした」

https://news.yahoo.co.jp/articles/c7545a9e1def6371dfd89b79754d33b42aa68b1f

続きを読む

1: 逆落とし(愛知県) [GE] 2020/05/15(金) 21:08:36.82 ● BE:156193805-PLT(16500)
sssp://img.5ch.net/ico/monaazarashi_1.gif
【ワシントン=鳳山太成】
米商務省は15日、中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)に対する事実上の禁輸措置を強化すると発表した。
外国で製造した半導体でも米国製の製造装置を使っていればファーウェイに輸出できなくなる。
日本を含む半導体メーカーの製品輸出が難しくなり、ファーウェイの経営には大きな打撃となる。
ハイテクでも対中圧力を強めるトランプ米政権に中国の反発は必至だ。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59183930V10C20A5MM8000/

続きを読む

1: キャベツ大臣 ★ 2020/04/21(火) 17:24:08.34
Huawei主催の写真コンテストをプロモーションするために作成されたムービーは、当初「Huaweiのスマートフォンで撮影した」とされていたのですが、実際は本体だけで30万円前後もするデジタル一眼レフカメラで撮影された写真が混ざっていたことが判明。ユーザーから批判が噴出し、Huaweiが謝罪する事態にまで発展しています。

Huawei apologizes for using DSLR shots to promote a smartphone photo contest - The blunder was discovered by the winner of an iPhone photography contest | Abacus
https://www.abacusnews.com/tech/huawei-apologizes-using-dslr-shots-promote-smartphone-photo-contest/article/3080663
Huawei apologizes for using DSLR shots to promote a smartphone photo contest | South China Morning Post
https://www.scmp.com/tech/big-tech/article/3080698/huawei-apologizes-using-dslr-shots-promote-smartphone-photo-contest

Huaweiは中国のSNSであるWeiboで、「2020年4月8日~7月31日までの間に、Huaweiのアプリでコミュニティに参加して、写真を投稿したり、写真の達人たちと交流したり、光と影の魅力を感じたりして、次の画像マスターになってみませんか?」との文章とともに、コンテストのプロモーションムービーを投稿しました。

Huaweiが公開した30秒ほどの映像には、景色や人物を捉えた美麗な写真が次々と写し出されましたが、その中にデジタル一眼レフカメラで撮影した写真が紛れ込んでいたとのこと。問題の瞬間が以下。左右に2分割された画面の左側には、鮮やかな夕焼けに照らされた雲が映っています。プロモーションムービーには当初、「Huaweiのスマートフォンで撮影」と書かれていました。
no title


しかし、この映像を目にしたWeiboユーザーであるJamie-hua氏は、「今朝、Huaweiの写真コンテストのムービーを見つけたのでクリックしてみたら、なんだか見たことがある写真がありました」と投稿。問題の写真が写真共有SNS・500pxに投稿されたものだということを指摘しました。

さらに、写真のExif情報から、この写真がHuaweiのスマートフォンではなく、ニコン製のデジタル一眼レフカメラであるD850で撮影されたことも判明しました。このカメラは、記事作成時点におけるAmazon.co.jpでの販売価格が29万8600円もするカメラです。

また、どんなカメラで撮ったかは不明ですが、問題の画像の右半分の写真も、同じ撮影者が500pxに投稿した写真です。

Jamie-hua氏はさらに、「他の写真も、非常に見覚えがあります」と述べて、多数の「Huaweiスマートフォンで撮られたものではない写真」がムービーに使用されていると指摘しました。Jamie-hua氏が写真に詳しいのは、同氏が筋金入りのカメラマンだからです。Jamie-hua氏は2018年に、Apple主催の写真コンテストであるiPhone Photgraphy Awardsに「Huapeng Zhao」の名で写真を応募し、第2位に入賞したこともあります。

この事態が明るみになった後、Huaweiはプロモーションムービーを差し替えて「Huaweiのスマートフォンで撮影」との文言を削除。Weiboで「編集者の見落としにより、誤ってムービーの末尾にHuaweiのスマートフォンで撮影されたものであると記載してしまいました。熱心なインターネットユーザーであるJamie-hua氏に訂正していただいたことを心より感謝するとともに、今回の事態について深くおわびいたします」と投稿しました。

ムービーにスマートフォンで撮影したものではない写真が入っていることについて、あくまで「編集者の見落とし」と主張するHuaweiですが、過去にも同様の不祥事を起こしています。2019年には、Weiboで公開されたHuaweiのスマートフォンP30によるサンプル写真が、実はデジタル一眼レフカメラで撮影したものであることが判明。

2018年には、HuaweiがスマートフォンのCMで使った自撮り写真が、実は「自撮りに見えるように手を伸ばした男性を一眼レフカメラで撮影した写真」であることが露呈し、厳しい追及を受けました。

また、2016年にもGoogleのSNS・Google+で公開されたHuawei P9の写真サンプルが「キヤノンのEOS 5D Mark IIIで撮影されたものである」ことが、Exif情報から明らかになっています。

2020年04月21日 15時00分
https://gigazine.net/news/20200421-huawei-dslr-photos-photography-contest/

続きを読む

↑このページのトップヘ