中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:ヒアリ

1: ミラ(福岡県) [US] 2020/06/24(水) 19:38:07.14 ● BE:201615239-2BP(2000)
1

横浜港で陸揚げされ、川崎市に運ばれたコンテナから、女王アリを含むヒアリ数百匹が見つかりました。
川崎市内でヒアリが確認されたのは初めてで、市は環境省と連携して駆除や調査を進めています。

川崎市によりますと、ヒアリが見つかったのは、今月11日に中国から横浜港に入港した貨物船から陸揚げされたコンテナで、
その後、川崎市川崎区の物流倉庫に運び込まれたということです。

今月19日に事業者がコンテナから荷降ろしをしていた際に、ヒアリと見られるアリを発見し、
その後、環境省が繁殖能力がある女王アリを含む500匹余りのヒアリを確認したということです。

川崎市によりますと、市内でヒアリが確認されたのは初めてです。

発見されたヒアリは、すでに駆除されたということで、川崎市などが確認したところ、コンテナ以外で新たなヒアリは見つかっていないということですが、
市は環境省と連携して周辺に広がらないよう駆除や追跡調査を行うことにしています。

川崎市は、ヒアリは毒性や攻撃性が強いことから、疑わしいアリを見つけた場合は、手で触れたり踏みつけたりせず、市に連絡してほしいと注意を呼びかけています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200624/k10012482681000.html

続きを読む

1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [US] 2020/04/30(木) 22:29:49.65 ● BE:844481327-PLT(13345)
sssp://img.5ch.net/ico/monatya.gif
茨城県は30日、南米原産の強毒アリ「ヒアリ」を県内で初めて確認したと発表した。20日に常総市内の事業者敷地に搬入されたコンテナから約10匹見つかった。
働きアリで、女王アリは確認されていない。全て駆除したという。

県などによると、コンテナは3月22日に中国・福建省アモイを出港し、同月27日に東京港に陸揚げされた。
4月20日に常総市内の事業者敷地で作業員が荷下ろし中、コンテナからアリを見つけ、殺虫スプレーで駆除した。28日に環境省がヒアリと確認した。

環境省関東地方環境事務所、県、常総市は29日、発見現場周辺を調査。ほかに疑わしいアリは確認されず、現場に殺虫餌(えさ)と粘着トラップを設置した。

ヒアリは、南米原産で赤茶色の小型アリ。体長2.5〜8ミリ。攻撃性が強く、毒針で刺されると腫れや激痛が生じ、強いアレルギー反応で死ぬこともある。
公園や農耕地にドーム状の巣(アリ塚)を作り、集団で活動する。国際自然保護連合(IUCN)が選ぶ「世界の侵略的外来種ワースト100」や環境省の特定外来生物に指定されている。農作物被害や在来のアリを駆逐する生態系への影響も懸念される。

https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15882317254738

続きを読む

1: みつを ★ 2018/06/23(土) 22:27:37.23 _USER9
https://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/201806/sp/0011382055.shtml

日本、中国にヒアリ対策要請 日中韓環境相会合開始
2018/06/23 21:57

 【蘇州共同】日中韓3カ国の環境相会合が中国江蘇省蘇州で23日始まった。中川雅治環境相は中国の李幹傑生態環境相と個別に会談し、中国から輸送されたコンテナ内で見つかるケースが多い南米原産の強毒アリ「ヒアリ」への対策を求めた。環境省が明らかにした。 微小粒子状物質「PM2・5」による大気汚染改善に向け、環境省と中国の生態環境省が今後3年、協力を加速させる内容の覚書も交わした。 ヒアリは今月、大阪港で陸揚げした中国からのコンテナ内で成虫やさなぎが計2千匹以上見つかった。環境省は昨年6月以降、12都府県で計29件確認している。 会合は24日に共同声明を採択予定。

続きを読む

1: スタス ★ 2018/06/16(土) 19:22:23.56 _USER9
スクリーンショット 2018-06-16 23.07.17

中国から大阪南港に輸送されたコンテナの中から、2000匹以上のヒアリが見つかり、作業員など2人が刺されました。(関西テレビ)
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6286507 

続きを読む

1: たんぽぽ ★ 2018/06/15(金) 20:57:11.27 _USER9
1

http://www.sankei.com/smp/west/news/180615/wst1806150110-s1.html

 大阪市は15日、大阪港で14日にコンテナから見つかったアリ約30匹が南米原産の強毒アリ「ヒアリ」と確認されたと発表した。環境省によると、今年に入りヒアリが発見されたのは全国で2例目

 市によると、ヒアリは13日に中国のアモイ港から入港したコンテナから見つかった。港内でコンテナから貨物を搬出する際に事業者が発見し、殺虫処分するとともに市に通報。15日に専門家がヒアリと確認した。全て働きアリで女王アリは含まれていない。

 今年5月に大阪府八尾市の住宅で中国製家電製品の段ボール箱から死骸1匹が見つかっていた。

続きを読む

↑このページのトップヘ