中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:パンダ

1: 名無しさん@涙目です。(空) [DE] 2018/06/26(火) 08:34:00.34 ● BE:842343564-2BP(2000)
パンダ虐待され無残 喫煙しながら世話・アリ付きのエサ
https://www.google.co.jp/amp/s/www.asahi.com/amp/articles/ASL6N4712L6NUHBI00Z.html
no title


中国で「国宝」と呼ばれるパンダの受難が相次いでいる。中国湖北省の武漢市動物園は19日、パンダを「虐待」したとして飼育員を停職処分にし、調査を始めた。パンダに健康被害が出ているという。

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(茸) [CN] 2018/06/16(土) 19:20:47.66 BE:479913954-2BP(1931)
スクリーンショット 2018-06-16 20.00.46

パンダ“死守”へ「何でもやる」 中国が契約終了示唆で神戸市会議連

 神戸市立王子動物園にジャイアントパンダを招くため訪中した日中友好神戸市会議連(平野昌司会長)が、
現在貸与を受けている雌の「旦旦」をもって契約を終了する可能性を中国側に示唆された問題で、
同議連は15日、市側に訪中時のやりとりを説明する報告会を開いた。
動物園側は「契約交渉をする1年後までに、やれるべきことは何でもやっていきたい」とした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180615-00000022-kobenext-l28

続きを読む

1: 記憶たどり。 ★ 2018/06/12(火) 14:54:40.38 _USER9
1

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180612/k10011474231000.html

誕生から1年となった上野動物園のメスのジャイアントパンダの「シャンシャン」は、
早ければ2歳の誕生日を迎える来年6月ごろに中国にかえる可能性があります。

ジャイアントパンダはIUCN=国際自然保護連合が公表する絶滅のおそれのある
野生生物のリスト「レッドリスト」に掲載され、ワシントン条約で国際的な商業取引が禁止されています。

このため、シャンシャンの両親の2頭のパンダは、東京都が「繁殖の学術研究」を目的に
中国から借り受ける形で、平成23年に来日しました。

この際、東京都と中国側は「2頭の間に生まれた子どもは、生後24か月で中国にかえすこととする」
という協定を結んでいます。

このため、シャンシャンは早ければ2歳の誕生日を迎える来年6月ごろに中国にかえる可能性がありますが、
東京都は「具体的な日程は決まっておらず、今後、中国側と協議することになる」と話しています。

一方、上野動物園によりますと、シャンシャンは現在、リンゴなどの食べ物を少しずつ口にしているということで、
1歳半までの間に離乳して、2歳ごろには親と離れて生活するようになると見られています。

シャンシャンが離乳すれば、両親のパンダによる新たな赤ちゃんパンダの誕生も期待されるということです。

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/05/04(金) 11:51:49.13 ● BE:887141976-PLT(16001)
中国の重慶市にある動物園にいる7歳のジャイアントパンダのカイヒンが精神病になった。
しかしそのパンダを動物園はパンダを「客の前で頭を左右に振りながらダンスを踊るよ!頭大好きなダンス大好きパンダ」と
動画と共に宣伝した。このパンダの映像は中国全土に瞬く間に広まり話題となった。

しかしこの映像を見た専門家は狭い中で過ごすパンダは極度のストレスで精神病を患っている。
またストレスのため頭痛で頭を振っていると説明した。

動物園で生活する多くの動物たちは同様の症状を経験している。突如狭い中に閉じ込められ生活することになり、
また劣悪な環境が動物のストレスと精神障害の主な原因として挙げられる。

専門家たちの言葉も広まり、中国のネットユーザーたちは動物園に批判が殺到した。
動物園が苦しむパンダを放置して商売したのが批判の原因である。

ネットユーザは「パンダの治療が優先だろ」という声が高まっているにも関わらず、
依然として動物園側は正式な対応を示していない。

問題のパンダの異常行動の動画は下記より閲覧可能。

http://gogotsu.com/archives/39532
no title

no title

続きを読む

1: すらいむ ★ 2018/03/22(木) 16:07:37.14 _USER9
11

パンダ貸与を中国に要請…政府、神戸・仙台候補

 日本政府が、新たなジャイアントパンダの貸与を中国政府に要請していることが分かった。

 東京都台東区の上野動物園で一般公開されている赤ちゃんパンダのシャンシャン(香香)人気が盛り上がりをみせる中、日中関係改善のシンボルとして早期実現を目指す。

 パンダは中国・四川省などに生息する野生の個体を除けば、中国と世界各国の動物園や繁殖研究施設で約520頭が飼育されている。
 日本には上野動物園に3頭、和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」に5頭、神戸市の神戸市立王子動物園に1頭の計9頭がいる。

 日本政府は新たなパンダの飼育施設として、王子動物園と仙台市の八木山動物公園を見込んでいる。
 王子動物園にはメスのタンタン(旦旦)1頭しかおらず、繁殖のためオスを確保する必要がある。
 八木山動物公園は東日本大震災の被災者を癒やそうとパンダ誘致に取り組んでいる。

読売新聞 3/22(木) 15:26
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180322-00050063-yom-pol

続きを読む

↑このページのトップヘ