中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:パクリ

1: Ikh ★ 2021/04/09(金) 10:16:09.17 _USER
 新幹線が1964年に開通してからすでに60年近くが経過した。新幹線は世界で最初に開業した高速鉄道であり、まさに「元祖」とも言える存在だが、中国人は「中国高速鉄道」を「中国の新4大発明」の1つに含め、何かと新幹線をライバル視している。中国メディアの捜狐は3日、新幹線と中国高速鉄道を比較する動画を配信し、「どちらが発明にふさわしいか」を考察している。

 動画ではまず、中国が自国の高速鉄道を新4大発明の1つと自称していることに「日本人は納得していない」と主張。しかし各方面を比較すれば、おのずと結果は明らかだとして「スピード」、「乗り心地の良さ」、「コスト」、「安全性」の4つから検証している。

 まず「スピード」では中国高速鉄道の方が上だと主張。営業速度で時速350キロを出せるからで、日本の新幹線は時速250から350キロの間だと比較しているが、新幹線に関しては安全性から速度を抑えていると言われており、単純に比較しても意味はないだろう。

 「乗り心地の良さ」では、車内で立てたコインが走行中でも倒れない中国高速鉄道の方が安定感に優れていると主張。運賃が「安い」のも中国高速鉄道の方だとしているが、中国高速鉄道の運賃も、物価を考えれば中国人にとって決して安いわけではない。しかも、それでもほとんどの路線が赤字経営になっている。

 最後の「安全性」については、新幹線が何度も事故を起こしているのに対し「中国高速鉄道は一度も事故を起こしていない」と断言。中国では世界を震撼させた死者40人の温州市衝突脱線事故のことは、なかったことになっているのだろうか。さらに新幹線が営業以来、乗客が死亡する列車事故はいまだに起こしていないことには無視を決め込んでいる。

 動画は最後に、中国高速鉄道はあらゆる点で新幹線を上回っており、新幹線が唯一誇れるのは「世界初」だけだと締めくくっている。動画ではただ中国高速鉄道を自賛したいだけのようだが、情報は正確に伝えるべきではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

ソース
サーチナ 2021-04-08 05:12
http://news.searchina.net/id/1698196?page=1

続きを読む

1: マスク着用のお願い ★ 2021/03/09(火) 11:37:52.58
https://www.asahi.com/sp/articles/ASP3936L6P38PTLC025.html?iref=sp_inttop_all_list_n
「小豆島」の商標、中国当局が却下 四川省の法人出願

 中国で商標出願された「小豆島」という名称について、香川県は8日、中国商標局が出願申請を却下したと発表した。県によると、2019年1月に中国・四川省の法人が、麺や菓子などの分野で商標を出願。県や小豆島、土庄両町などが19年12月に異議を申し立てていた。

中国商標局は「小豆島」は有名な島で中国の公衆に知られているなどとして商標登録を認めなかった。同様の理由で「香川小豆島」の名称の出願を却下したことが、今年1月に明らかになっている。(大野正智)

大野正智
2021/3/9 10:23
朝日新聞

続きを読む

1: ミランダ(岐阜県) [DE] 2020/12/18(金) 15:49:39.95 ● BE:789862737-2BP(2000)

続きを読む

1: ハレー彗星(茸) [HK] 2020/12/05(土) 16:44:38.82 BE:668024367-2BP(1500)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
世界最速のスーパーコンピューターよりも計算速度が100兆倍近く速い量子コンピューターを開発したと中国人科学者が主張している。

  中国国営の新華社通信はサイエンス誌に掲載された調査報告を引用し、中国人科学者が開発したのはボゾンサンプリングで最大76フォトン(光子)の検出が可能な量子コンピューター試作機だと伝えた。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-12-04/QKSOMCDWLU6X01

続きを読む

1: 荒波φ ★ 2020/11/14(土) 13:28:14.94 _USER
中国メディアの騰訊網は13日、中国が日本の戦後賠償を放棄したことについて、「西側諸国は損をしたと見ていたが実は大もうけだった」とする評論記事を掲載した。

記事は、第2次世界大戦において日本の侵略が中国に深刻な損失をもたらしたとし、「蒋介石が米国の制限を受けて賠償を放棄したものの、解放戦争(国共内戦)を経て、わが国はその決定が無効であるとの立場を示し続けた」と説明。

「もちろん日本側もわが国と協議を展開し、賠償の準備を進めた。しかし、わが国は最終的にこれを拒否したのだ」とした。

続いて、「戦後賠償を放棄したことについて、中国は損をしたとの見方もあったものの、47年後に中国は大もうけをしたと分かることになる」とし、1972年に中国が自ら日本への戦後賠償を請求する権利を放棄すると表明したことを改めて説明。

その上で、「これには伏線があり、非常に賢明な選択だった」と指摘した。

記事はその理由について、「当時、日本に賠償に耐え得る十分な財力がなかった」ことに加えて、「わが国には国際社会から疑いの目が向けられており、多くの国が中国の地位を認めていなかった」と説明。

「しかし、日本が立ち上がってわが国を支持し、さらに、多くの無償援助を行った。これが、わが国が困難な時期を過ごす助けとなり、国家の経済力の発展にポジティブな作用をもたらした」と解説した。

そして、「短期的には日本からの多額の賠償は受けられなかったが、その代わりに長期にわたる関係の発展を手にした。当時のわが国はより多くの支持と助けが必要であったし、日本も戦争により国力が下がっていたとはいえ、その後同じように素晴らしい発展を遂げた。そのため、日本の支持を得られたことで、わが国はより多くの発展のチャンスを手に入れることができた」とし、戦後賠償を放棄したことは「賢明な決定」であったと結論付けた。


2020年11月14日(土) 13時20分
https://www.recordchina.co.jp/b852804-s0-c30-d0052.html

続きを読む

↑このページのトップヘ