中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:バイオテロ

1: ■忍【LV14,ほうおう,9C】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 20/08/02(日)07:01:14 ID:???
32122d6e78fec32db68c47509ee57120-1024x500

橋本琴絵さんが、正しい処置の仕方を問い合わせてくださいました。
引用ツイート

橋本琴絵
@HashimotoKotoe
・ 7月30日
中国から謎の種子が送られてくる件。
所轄の農林水産省植物防疫所に問い合わせました。

1、絶対に捨てないでください。(発芽の危険性)
2、開封しても「植物防疫法違反で返送したい」と郵便局に行って下さい。(受取拒否で処理できます)

その他不明な点は最寄り植物防疫所までお問い合わせ下さい

スクリーンショット 2020-08-02 18.09.11

https://twitter.com/sukisukisuu_2/status/1289509701944668163?s=20


続きを読む

1: ミラ(福岡県) [US] 2020/06/24(水) 19:38:07.14 ● BE:201615239-2BP(2000)
1

横浜港で陸揚げされ、川崎市に運ばれたコンテナから、女王アリを含むヒアリ数百匹が見つかりました。
川崎市内でヒアリが確認されたのは初めてで、市は環境省と連携して駆除や調査を進めています。

川崎市によりますと、ヒアリが見つかったのは、今月11日に中国から横浜港に入港した貨物船から陸揚げされたコンテナで、
その後、川崎市川崎区の物流倉庫に運び込まれたということです。

今月19日に事業者がコンテナから荷降ろしをしていた際に、ヒアリと見られるアリを発見し、
その後、環境省が繁殖能力がある女王アリを含む500匹余りのヒアリを確認したということです。

川崎市によりますと、市内でヒアリが確認されたのは初めてです。

発見されたヒアリは、すでに駆除されたということで、川崎市などが確認したところ、コンテナ以外で新たなヒアリは見つかっていないということですが、
市は環境省と連携して周辺に広がらないよう駆除や追跡調査を行うことにしています。

川崎市は、ヒアリは毒性や攻撃性が強いことから、疑わしいアリを見つけた場合は、手で触れたり踏みつけたりせず、市に連絡してほしいと注意を呼びかけています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200624/k10012482681000.html

続きを読む

1: SQNY ★ 2019/01/13(日) 10:31:30.31 _USER
・中国で潜在的に致命的な新型フィロウイルス発見 エボラウイルスと同類

シンガポール国立大学は、中国雲南省に生息するルーセットオオコウモリ(Rousettus)に潜在的に致命的とされる新型フィロウイルスを発見した。このウイルスはエボラウイルスと同類のメングラウイルスに属す。英総合学術誌『ネイチャー』が報じた。

これまではフィロウイルスに起因するのはエボラウイルス(Ebolavirus)とマールブルグウイルス(Marburgvirus)、クエバビル(Cuevaviru)の3つのウイルスとされてきた。はじめの2つはエボラ熱とマールブルグ熱を発症させ、血液疑固障害を引き起こす致命的なもので、3つ目はルーセットオオコウモリから感染するルロビウ熱(Lloviu cuevavirus)だ。

新型ウイルスは研究の結果、他のフィロウイルスと32~54%類似していることが明らかになっている。
報告では、新しいフィロウイルスは人間にとって危険で、潜在的に致命的となりうることが強調されている。

・BATS CARRY A NEW TYPE OF EBOLA-LIKE VIRUS
https://www.futurity.org/bats-mengla-virus-1949292/

・Ebola virus outbreak: NEW bat-borne Ebola relative discovered in China could become THREAT
https://www.express.co.uk/news/world/1068869/Ebola-virus-outbreak-infection-new-virus-strain-bat-disease

(イメージ画像)
no title



2019年01月13日 02:05 スプートニク日本
https://sptnkne.ws/k2Kz

続きを読む

1: みつを ★ 2018/11/10(土) 04:16:43.44 _USER9
スクリーンショット 2018-11-10 11.20.32

豚コレラ感染の豚肉見つかる 中国から客持ち込みのギョーザ
2018年11月10日 0時37分

中国で感染が広がっている豚の伝染病の「アフリカ豚コレラ」に感染していたとみられる豚肉の製品が羽田空港から入国しようとした乗客の荷物から見つかり、農林水産省は養豚業者などに改めて警戒を呼びかけています。

アフリカ豚コレラは豚が感染すると発熱や出血などの症状が出てほぼすべてが死ぬことから、養豚業者に強く警戒されている豚の伝染病で、ことし中国の各地の養豚場で感染の報告が相次いでいます。

農林水産省によりますと、先月14日に羽田空港にある動物検疫所が中国からの渡航者が許可なく持ち込もうとしたギョーザを回収し調べたところ、アフリカ豚コレラのウイルスの遺伝子が検出され、感染していた豚肉が使われているとみられるということです。

ギョーザは加熱されていなかったということで、農林水産省は国内の養豚業者に対して飼育場への人の出入りを少なくするなど対策の徹底を改めて呼びかけているほか、中国と日本を結ぶ航空会社に対し、肉製品は許可なく持ち込めないことを乗客に呼びかけるよう協力を求めています。

アフリカ豚コレラのウイルスが動物検疫所で回収した食品から検出されるのは先月1日に北海道の新千歳空港で回収されたソーセージで検出されて以来2例目になります。

農林水産省動物衛生課の担当者は「関係機関と連携してウイルスを侵入させないよう検疫を徹底したい」と話しています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181110/k10011705441000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005  

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [CN] 2018/10/22(月) 16:50:07.62 BE:194767121-PLT(12001)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
農林水産省は22日、中国から新千歳空港に入った旅客が持ち込もうとしたソーセージから、
日本では感染が確認されていないアフリカ豚コレラの陽性反応が出たと発表した。

https://this.kiji.is/427001264096085089

続きを読む

↑このページのトップヘ