中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:デモ

1: 名無しさん 2018/06/26(火) 12:10:01.13 _USER
中国に対する問題が浮上した場合、ベトナムの世論がどれほど簡単に一本化され、抗議する市民を動員できるかは、
この国の各都市で起きた数千人規模の抗議行動が物語っている。

ベトナムで厳密には違法とされるデモが今月、2週連続で週末に発生した。
その引き金となったのは、外国企業向けの経済特区を沿海部に設置するとの計画が、
中国企業がベトナムに進出する足掛かりになるのではないかという国民の懸念を招いたことだ。

この経済特区の計画自体には、中国への言及はない。たがベトナム国民の感情はすでに定まっているようだ、
と複数の政治アナリストは言う。
中国の利権がベトナムの国策に影響を及ぼしているという根強い疑惑をあおるようなフェイスブック投稿が人気を集めている。

問題の核心には、中国の「横暴」に悩まされてきたという数世代にわたる国民の怒りが、
政権を担うベトナム共産党に対する信頼感の欠如と重なり、爆発しやすくなっているという背景がある。

「ベトナム政府は国内の反中感情を過小評価している」と語るのは
米戦略国際研究所の東南アジア専門家マレー・ヒーバート氏。
「ベトナム国民の多くは、国の主権を中国から守るための政府努力が十分ではないと考えている」

フェイスブックなど、ベトナム国民9000万人の半数が利用しているソーシャルメディアによって、
こうした怒りが爆発しやすく、抑制しにくいものにしている。

抗議行動が全国各地に広がったことで、ベトナムの国会は先週、経済特区に関する議決を10月に先送りした。

抗議行動を防ぐために、17日には主要都市における警備が強化されたが、ハティン省中心部では数千人が集まり、
多くが「中国の共産主義者に1日たりとも土地を貸すな」というメッセージを掲げた。

中国が海外での企業活動を推進するために「一帯一路」イニシアチブを推進し、
南シナ海のほぼ全域にわたる領有権確保を狙って強硬行動をとるならば、こうした緊張が長引く可能性は高い。

中国は、ベトナムも領有権を主張しているスプラトリー(中国名・南沙)諸島や
パラセル(西沙)諸島における人工島建設や軍事基地化を加速しており、3月にはベトナム政府に対し、
沖合数カ所での大規模な油田掘削を中止するよう、ここ1年間で2回目の圧力をかけてきた。

■「愛国心」に感謝

こうした中国側の圧迫に対するベトナム政府の抵抗は限定的だ。

ベトナム共産党の中枢は、そもそも国内に反中感情が存在することを認めることすら滅多にない。
グエン・ティ・キム・ガン下院議長は15日、
「国民の愛国心と、重要な問題に関する彼らの深い関心に感謝する」と語るにとどめ、この問題を回避した。

ベトナム共産党トップのグエン・フー・チョン書記長は17日、99年間の租借権を伴う経済特区について、
心配には及ばないと国民に訴えたが、やはり中国について具体的な言及はしなかった。

「誰であれ、混乱をもたらすためにこの国に来るような外国人に土地を渡すほど愚かではない」という
同書記長の発言を国営メディアが報じている。

今月10日に起きた抗議行動は大半が平和的なものだったが、南部ビントゥアン省では一部が暴徒化し、
自動車が燃やされ、怒った群衆が機動隊に対して投石や体当たりを加えた。

同省では、ベトナム漁船に対する中国の威嚇や、中国が建設した発電所による土壌汚染、
主に中国向け鉱物資源を採掘するための森林伐採などの問題が山積しており、長年にわたる人々の憤激が高まっていたと、
著名弁護士のTran Vu Hai氏は語る。

人々の怒りは中国だけではなく、汚職が多く、
破壊的な中国の商業的利権の言いなりだとみられている地方政府にも向けられている。
「人々がなぜ怒っているのか調査せず、問題を解決することもない。
この地域では、当局への信頼はすでに失われてしまった」と同氏は語る。

今回の抗議行動における規模と連携は、ベトナム一般市民を勇気づける一方で、
ある程度の異議申立てを許容しつつ統制を維持するという与党共産党の綱渡りを困難なものにしている、
とアナリストは語る。

急成長するベトナム経済を人質に取ることが可能な、重要な貿易相手国である中国を怒らせるリスクも生じている。

続きはソースで
no title


ニューズウィーク日本版
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/06/post-10461.php

続きを読む

1: しじみ ★ 2018/06/26(火) 08:59:36.96 _USER
香港の英字紙サウスチャイナ・モーニングポスト(電子版)などは25日、
中国江蘇省鎮江市で、待遇改善を求めて集まった退役軍人のデモ隊と警察当局が衝突し、負傷者や拘束者が出たと報じた。

 報道によると、今月19日、鎮江市政府庁舎前に退役軍人が集まり抗議を始めた。
参加者は数千人規模に膨れあがり、地元当局は25日未明に数百人の武装警察を投入したという。

 中国本土のメディアは報道していない。
中国版ツイッター「微博ウェイボー」に投稿された画像はすぐに削除されており、
騒動が広がらないよう、当局が情報統制を敷いているとみられる。

 香港経済日報によると、退役軍人の抗議活動は、
軍トップの習近平シージンピン中央軍事委員会主席(国家主席)が
2015年に軍改革の一環として30万人の削減を表明して以降、増えているという。
16年10月と17年2月にも首都・北京で同様のデモがあった。

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/20180625-OYT1T50151.html

続きを読む

1: ばーど ★ 2018/06/11(月) 14:49:15.83 _USER9
右派系市民団体のデモに抗議した男性を突き飛ばしたとして、警視庁公安部は暴行の疑いで、デモに参加していた東京都江東区の大学生の男(19)を現行犯逮捕した。調べに対して、「突き飛ばしたつもりはない」と供述しているという。

 逮捕容疑は10日午後4時10分ごろ、東京都豊島区池袋の路上で、男性会社員(22)の胸付近を突き飛ばして転倒させたとしている。警戒中の警察官に逮捕された。

 公安部などによると、当時は右派系市民団体「行動する保守運動」が約40人規模のデモを行い、「悪質な中国人の国民健康保険利用をただせ」などと主張。デモに抗議するために約80人が集まった。

2018.6.11 14:21
産経ニュース
http://www.sankei.com/affairs/news/180611/afr1806110016-n1.html

続きを読む

1: Ψ( ̄∇ ̄)Ψ ★ 2018/06/04(月) 15:18:35.69 _USER9
◆ウソつき安倍政権退陣を 埼玉1万3500人集う
2018年6月4日(月) 赤旗

(写真)「立憲主義取り戻す!戦争させない!9条こわすな!」と開かれたオール埼玉総行動=3日、さいたま市浦和区
no title


 「立憲主義を取り戻す!戦争させない!9条こわすな! 6・3オール埼玉総行動」が3日、さいたま市の北浦和公園で開かれ、1万3500人が「憲法守ろう、平和を守ろう」と声をあげました。

 小出重義実行委員長が主催者あいさつし、安倍政権による9条改憲を阻止するために「私たち市民が気迫と熱意と本気を示そう」と呼びかけました。

 元外務省国際情報局長の孫崎享さんがゲストスピーチ。北朝鮮などの脅威をあおる安倍政権を批判するとともに、外交の重要性を強調し「安倍政権には退陣してもらおう」と述べました。

 野党から、日本共産党の田村智子副委員長、立憲民主党最高顧問の菅直人衆院議員、社民党の又市征治党首、国民民主党の小宮山泰子衆院議員があいさつし、自由党の松崎哲久県連代表が、小沢一郎代表のメッセージを代読しました。

 田村氏は、「大義ある市民と野党の共闘と、『安倍首相のうそを許すな』という圧倒的な世論で、最終盤の国会を包囲しよう」と強調。菅氏は「国政選挙で野党が一本化してたたかえば、必ず安倍政権に勝てる」と訴え、野党代表が手を取り合うと、大きな拍手に包まれました。

 後援団体の埼玉弁護士会、連合埼玉、埼労連の代表もあいさつしました。

 「妻が中国人」という男性(36)=さいたま市=は「圧力ばかりではなく、もっと外国と仲良くしてほしい。安倍政権のままでは日本がどんどん、おかしくなってしまう」と語りました。

 共産党の塩川鉄也衆院議員、梅村さえこ参院比例予定候補、伊藤岳参院埼玉選挙区予定候補も参加しました。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-06-04/2018060415_01_1.html



続きを読む

1: 名無しさん 2017/07/08(土) 19:52:07.60 9
no title
 日本ウイグル連盟のトゥール・ムハメット会長(53)らが8日、2009年7月、中国の新疆ウイグル自治区のウルムチでデモ隊が虐殺された2009年ウイグル騒乱(ウルムチ事件)に抗議するデモを行い、中国大使館前で「ウイグル人への虐殺をやめろ」などと訴えた。

 東京・六本木の三河台公園に集まった約60人のデモ隊が中国大使館に向けスタート、六本木の人々に連帯を訴えた。途中、「ウイグルに自由を」「中国はウイグル人への虐殺をやめろ」などとシュプレヒコールを上げて行進した。行進には、中国に弾圧されているチベットや南モンゴルの在日外国人も加わった。

 南モンゴルクリルタイ(世界南モンゴル会議)幹事長のオルホノド・ダイチンさん(50)は「我々モンゴル人も中国共産党の弾圧、虐殺を受けてきました。これはただの人権問題ではなく、民族差別なのです。こうした中国共産党と仲良くしようとする国、企業を批判していく」と述べた。

 トゥール・ムハメットさんは「2009年7月5日から6日未明、ウルムチで中国当局は平和的なデモを行った3千人くらいの学生と1万人の支援者を拘束した。ウルムチの街から1万人が突如、消えたのです。これは東トルキスタンを中国が占領してからの68年間で最も大規模な虐殺、弾圧です。無念の中、亡くなった人たちを代弁し、日本の皆様とともに世界に中国の蛮行を訴えたい」などと訴えた。

http://www.sankei.com/world/news/170708/wor1707080038-n1.html


中国大使館に向かって抗議の声を上げる人々。右から2人目がトゥール・ムハメットさん。中央が吉田康一郎元東京都議、左端がオルホノド・ダイチンさん=8日、東京都港区

続き
http://www.sankei.com/world/news/170708/wor1707080038-n2.html
2: 名無しさん 2017/07/08(土) 19:58:01.67 0
>>1 
頑張れ! 

3: 名無しさん 2017/07/08(土) 20:00:43.82 0
漫画家が告発するようなの書いてて、潰されたよな 

17: 名無しさん 2017/07/08(土) 20:30:04.83 0
パヨクや在日はこういう日本を目指してんだろ 
怖いな 


続きを読む

↑このページのトップヘ