中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:デモ

1: ジョフロイネコ(東京都) [US] 2019/09/29(日) 16:53:18.59 BE:123322212-PLT(13121)
スクリーンショット 2019-09-29 20.42.21

 香港で、デモ隊が身に付けている黒いマスクやTシャツなどが、中国本土から香港に輸出できなくなっていることが、JNNの取材でわかりました。

 中国現地の複数の企業が商品を香港に輸出できないと話していて、一部企業は日本や台湾、東南アジアへの輸出も止められて、迂回輸出もできないということです。

 デモ隊が着用するものを事実上、輸出禁止にし、抗議活動の鎮静化を図る狙いがあるとみられます。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3790750.html

続きを読む

1: バーミーズ(東京都) [US] 2019/09/22(日) 13:44:39.47 BE:123322212-PLT(13121)
AS20190921001777_commL

 香港政府が、デモの際に参加者がマスクなどで顔を覆う行為を制限する「覆面禁止法」の制定を検討している。
過激化した一部のデモ隊を牽制(けんせい)する狙いがあり、中国側も立法化を後押ししている。
香港の民主派は、デモは国外に比べて平和的だと主張し、政府の動きに反発している。

混沌招いた、香港政府の初動ミス 民主派の照準は警察へ
 香港で続くデモでは、最前線で警察と対峙(たいじ)する参加者たちが、ゴーグルや防毒マスクなどで顔を覆っていることが多い。
警察が撃つ催涙弾への対策のほか、自身の顔を警察に撮影され、後に拘束されないようにするためだ。

 香港政府高官は今月中旬、立法化に向け検討を進めていると表明。中国共産党機関紙の人民日報海外版は18日、
「香港政府はためらうな」と早期制定を呼びかける評論を掲載した。香港メディアによると、欧州の国々や米国の州には、
覆面によるデモを禁止する法律があるという。

https://www.asahi.com/articles/ASM9P35CVM9PUHBI013.html

続きを読む

1: ごまカンパチ ★ 2019/07/13(土) 01:20:38.99
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190712-00000041-jij_afp-int
 中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案をめぐり大規模デモに揺れる香港で、香港人に交じってデモに参加する
本土出身者たちがいる。共産党の一党独裁体制下にある中国本土では、とても考えられない行動だ。

 国際金融センターの香港では、参加者100万人超の大規模デモが繰り返され、デモ隊と警察の衝突も相次いでいる。
香港で生まれ育った市民らは、香港特有の自由と文化が中国政府に踏みにじられようとしているとみて、怒りを爆発させたのだ。

 一方、香港には1997年の中国返還後に本土から移住してきた中国人も、約100万人が暮らしている。彼らは今回の事態に複雑な思いを抱いている。
デモに強く反対する人もいるものの、多くはデモ隊に共感している。
ただ、中国当局の報復を恐れたり、香港人のデモ参加者の間に本土出身者を歓迎しない雰囲気を感じ取ったりして、意見を表明していない。

 それでも、ごく少数ながらデモに参加する本土出身者もいる。
4年前に中国北部の都市から移住してきたブライオニー・リン(Briony Lin)さん(27)も、その一人。
「社会運動を経験するのは、これが初めて」とAFPの取材に語った。

「香港は中国で唯一、言論の自由を行使できる場所。私自身の権利のため、そして抗議デモとはどんなものかをこの目で確かめるため、
(デモに)参加したかった」
本土に住んでいたころは政治に興味はなかったが、香港の書店関係者らが行方不明になり中国当局に拘束されたと判明したことや、
文化大革命(Cultural Revolution)から50年を迎えた際に新たに得た知識などがきっかけで、関心を持つようになったという。

■中国本土の方言でシュプレヒコール
 「逃亡犯条例」改正反対デモには、本土出身者でつくるデモ隊が堂々と参加している。
横断幕やシュプレヒコールにも、香港で使われる広東語ではなく、それぞれ出身地の方言を用いている。
このデモ隊の結成に関わった大学講師のミニー・リー(Minnie Li)さんによれば、過去の民主派デモにも常に本土出身者たちが参加していたが、
たいてい群衆の中に隠れて目立たないようにしていた。
リーさんは2008年に上海から移住してきたが、香港の永住権を取得してやっと、デモに参加する勇気を奮い起こすことができたという。

「目に見えることに、力があると思う。意見を胸に秘めて誰にも告げなければ、力に変えることはできない。だから、デモに参加することで、
私たちの力を示したい」

 敵意をぶつけてくる香港人デモ参加者もいるが、
「人の感情や行動、そして価値観は、生まれた場所や民族によって決まるわけではない」とリーさん。
「正しい行動だと思えばこそ、何かをなすことができる」と語った。

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(大阪府) [CN] 2019/06/17(月) 03:09:56.34 BE:784885787-PLT(15000)
11

「完全撤回」求め200万人デモ=逃亡犯条例改正、政府トップが謝罪-香港

【香港時事】香港で身柄を拘束した容疑者の中国本土への移送を可能にする「逃亡犯条例」改正に関して、
反対派の民主派団体が16日、香港で大規模デモを行った。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-00000039-jij-cn
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-00000039-jij-cn.view-000
主催した民主派団体「民間人権陣線」によると、約200万人が参加(警察発表では33万8000人)。
香港政府は改正の無期限延期を決めたが、参加者はあくまで「完全撤回」を主張し、
デモ隊の一部は立法会(議会)周辺の道路を占拠した。
香港の人口は約750万人で、4人に1人が参加した計算。9日の100万人デモを大幅に上回り、
香港史上最大級のデモとなった。市民の民意が改めて示された形で、政府は16日夜、トップの林鄭月娥行政長官が
「多くの市民の失望と心痛を招いたことを謝罪し、誠意と謙虚さをもって批判を受け入れる」意向だとする声明を発表した。

午後3時(日本時間同4時)に始まったこの日のデモでは、香港島中心部の公園から立法会前までの約4キロを
「延期ではなく撤廃を」などと叫びながら行進。林鄭長官の辞任と、12日の大規模な抗議行動で
警察が催涙弾などの武力を行使したことへの憤りも併せて訴えた。

参加者の多くが黒い服を着用し、政府や警察への「怒り」を表現。友人と参加した女子学生(17)は
「同じ学生に暴力を振るった警察が許せない。改正案も、完全撤廃されるまではまたいつ審議が始まるか分からず、
今の状態では納得できない」と話した。

続きを読む

1: ◆mZB81pkM/el0 (光) [US] 2019/06/13(木) 12:54:46.51 BE:844481327-PLT(12345)
sssp://img.5ch.net/ico/monatya.gif
元山仁士郎さんのツイートで知りました。急きょ決まった本日13日の
アクションです。

6/13(木)香港の自由と民主主義を守る緊急行動
17:30~ 六本木 中国大使館前
    (広尾駅または六本木駅、港区元麻布3-4-33)
     http://www.china-embassy.or.jp/jpn/sgjss/t62814.htm
21:00~ 渋谷 ハチ公前
容疑者引き渡し条例に声をあげる香港の人たちを応援し、中国に対して
日本政府が適切に人権を守ることを求めるアクションを、東京でやりま
しょう。

※すばやい呼びかけに感謝。可能な方はぜひ! 大至急広めてください!

http://www.labornetjp.org/news/2019/1560380305966staff01

続きを読む

↑このページのトップヘ