中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:テロ

1: アルカリ性寝屋川市民 ★ 2020/07/31(金) 07:04:11.18
1

日本の農林水産省植物防疫所は30日、「海外から注文していない植物が郵送された場合は、植物防疫所にご相談ください」とする文書を公開した。

文書では、「最近、注文をしていないのに海外から種子が郵便などで送られてくる事例があるようです」として、こうした事例では輸入時に植物検疫を受けていない場合が多いものの、植物防疫法の規定により検査を受けていない植物は輸入できないことを説明。

輸入時に検査を受けた場合は、パッケージに「植物検査合格証印」という合格のスタンプが押されるため、「もし、輸入検査を受けていない(外装に合格のスタンプのない)植物が届いたら、そのままの状態で、最寄りの植物防疫所にご相談ください」と呼びかけている。

米では数日前から話題に 全州で警戒呼びかけ
数日前からアメリカでは、注文していない植物の種が中国と見られる地域から送り付けられる事例が取りざたされていた。送られた郵便物には中国語が書かれているほか、「China Post(中国郵政)」という文字も見られたといい、全州で住民に警戒を呼びかけたことが伝えられている。

CNNによると、中国外務省の報道官はこの郵便物について、宛名のラベルが偽造されているとし、調査のために郵便物を提供するよう米側に要請していると説明したという。

文書では、「最近、注文をしていないのに海外から種子が郵便などで送られてくる事例があるようです」として、こうした事例では輸入時に植物検疫を受けていない場合が多いものの、植物防疫法の規定により検査を受けていない植物は輸入できないことを説明。

輸入時に検査を受けた場合は、パッケージに「植物検査合格証印」という合格のスタンプが押されるため、「もし、輸入検査を受けていない(外装に合格のスタンプのない)植物が届いたら、そのままの状態で、最寄りの植物防疫所にご相談ください」と呼びかけている。

米では数日前から話題に 全州で警戒呼びかけ
数日前からアメリカでは、注文していない植物の種が中国と見られる地域から送り付けられる事例が取りざたされていた。送られた郵便物には中国語が書かれているほか、「China Post(中国郵政)」という文字も見られたといい、全州で住民に警戒を呼びかけたことが伝えられている。

CNNによると、中国外務省の報道官はこの郵便物について、宛名のラベルが偽造されているとし、調査のために郵便物を提供するよう米側に要請していると説明したという。


「種が届いた」というTwitterユーザーの声も
Twitterでは29日頃から、日本に住むユーザーからも「話題になっている種が届いた」といった声が見られていた。

植物検疫所に問い合わせ、発芽の可能性があるため捨てないよう伝えられたと報告するツイートや、Amazonに登録している住所に届いたことから漏えい元を疑う声も見られている。




BLOGOS 2020年07月30日 22:15
https://blogos.com/article/474919/

続きを読む

1: 茗荷 ★ 2019/01/25(金) 22:56:57.12
1

中国東北部の長春で25日午後、繁華街にあるビルやその下の路上で爆発が相次ぎ、ビルの部屋から1人が遺体で見つかりました。地元当局は刑事事件として捜査しています。

吉林省長春の地元当局によりますと、25日午後3時すぎ(日本時間の午後4時すぎ)、繁華街にあるビルの地下駐車場に止まっていた車から火が出て、その3分後にこのビルの30階の1室で爆発がありました。

さらにインターネットに投稿された映像には、ビルで爆発が起きたあと、花火のようなものが下の路上などで10発以上、相次いで爆発する様子が捉えられています。

(続きはリンク先でお願いします)

2019年1月25日 22時44分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190125/k10011791851000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(宮崎県) [US] 2018/08/29(水) 06:46:46.81 ● BE:512899213-PLT(27000)
2

英メディアはこのほど、中国当局がアフガニスタンの国際テロ組織タリバンの幹部と頻繁に接触し、中国国内に招いたこともあると報道した。
専門家は、中国当局が国際テロ組織と独裁政権をバックアップしていることをあらためて浮き彫りにしたと指摘した
英紙フィナンシャルタイムズ(FT)が今月6日の記事で、過去1年間、中国政府担当者が複数回、タリバンのメンバーと接触し、アフガニスタン情勢で主導権を
握ろうとしていると報じた。
(中略)
日本の公安調査庁によると、国連安保理「アルカイダ」および「タリバン」制裁委員会は2001年2月、スタネクザイ氏を制裁対象に指定した。
「世界の独裁政権とテロリズムの後ろ盾は中国当局であることは明白だ。今、当局は国際テロ組織と結託しようとしている」。在カナダ中国人ジャーナリストの
盛雪氏が、米中国語メディア「新唐人テレビ」に対して語った。
盛氏は、中国当局が国際テロ組織に接近する目的について、「国際テロ組織を利用して、自由・民主主義の国をけん制するためだ」と分析した。なかでも、
「タリバンカード」を通じて、米中貿易戦で、トランプ米政権を抑える狙いがあるとみられる。

https://www.epochtimes.jp/2018/08/35576.html

続きを読む

1: ◆mZB81pkM/el0 (庭) [US] 2018/08/20(月) 09:55:41.88 ● BE:844481327-PLT(13345)
18日午後3時15分ごろ、沖縄県石垣市登野城の県道87号の交差点で、中国人観光客の女性(33)が運転する普通乗用車のレンタカーと、同市の畜産業の男性(49)が運転する軽貨物車が衝突した。

八重山署によると、衝突後にレンタカーが横転して乗っていた7人の男女が重軽傷を負った。

いずれも命に別条はない。軽貨物車の男性は胸部打撲の軽傷を負った。

署によると、レンタカーの運転手は交差点手前で一時停止せず、十分な左右の安全確認をしていなかったという。

署は過失運転致傷容疑の可能性も視野に捜査を進める。
一時停止の標識を「見落としていた」と供述しているという。

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/300873

続きを読む

1: 孤高の旅人 ★ 2018/07/26(木) 16:39:25.17 _USER9
スクリーンショット 2018-07-26 18.42.24

北京の米国大使館前で爆発 26歳の男を当局が拘束
2018年7月26日16時21分
https://www.asahi.com/articles/ASL7V52P2L7VUHBI01T.html?iref=comtop_8_02

 26日午後1時ごろ、中国・北京の米国大使館付近で爆発があった。北京の公安当局によると、男が爆発物に火を付けて爆発させ自らも手にけがをしたが、ほかにけが人はいないという。当局は、この26歳の内モンゴル自治区の男性を拘束した。
 爆発があったのは、米国の査証を発給する部門の近く。当時、付近には多くの人がビザ申請などのために並んでいたという。現場周辺は封鎖され、プラスチックの破片などが散乱していた。

 中国内のSNS上には、爆発によると思われる大きな音を聞いたという声や、煙が写った写真、動画が多数投稿されている。
 現場は北京市中心部から北東に位置し、日本や韓国、インド、フランスなどの大使館が集まる地区の一角にある。(北京)

続きを読む

↑このページのトップヘ