中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:ティラーソン長官

39: 名無しさん 2018/03/13(火) 21:54:08.31 _USER9
38

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180313/k10011363871000.html?utm_int=all_contents_just-in_001 


トランプ大統領 ティラーソン国務長官を解任 
3月13日 21時51分トランプ大統領 
シェアするhelptwitterfacebookline 
アメリカのトランプ大統領は、ティラーソン国務長官を解任し、後任にCIAのポンペイオ長官を指名すると、日本時間の13日午後9時45分頃、みずからのツィッターで明らかにしました。 

続きを読む

1: 名無しさん 2018/02/03(土) 01:58:28.03 _USER9
【ワシントン=大木聖馬】ティラーソン米国務長官は1日、訪問先のテキサス州オースティンの大学で中南米政策について講演し、経済面で中南米への影響力を急速に拡大させている中国について、「ラテンアメリカは自国民の利益のみを追求する新たな帝国の力を必要としていない」と述べ、痛烈に批判した。

ティラーソン氏は、中国による各国への経済支援は「常に大きな犠牲を伴う」とし、中国が国家主導で投資する体裁をとりながら、中国人労働者を送り込んだり、返済し続けることができない規模の資金を貸し付けたりしていると指摘した。

その上で、「中国モデルは(中南米の)貴重な資源を中国経済を養うために搾取し、しばしばその土地の法律や人権を無視している」と批判し、「中国は経済の力を使ってこの地域を自らの勢力圏に引き込もうとしている」と警鐘を鳴らした。

http://www.yomiuri.co.jp/world/20180202-OYT1T50098.html

続きを読む

1: 名無しさん 2017/12/19(火) 00:39:52.56 _USER9
米国のティラーソン国務長官は12日、ワシントンでの講演で、中国との間で北朝鮮有事の際の具体的な対応を協議していることを明らかにした。

 ABCテレビなどによると、北朝鮮で政変などの緊急事態が起きた場合の最優先課題として、米国は北朝鮮が開発を進める核兵器の流出防止を挙げ、その方策について中国と協議しているという。

 さらに、緊急事態に対応するため、在韓米軍が北緯38度の軍事境界線を越えて北朝鮮国内に侵攻する可能性について中国側に伝え、事態が収拾すれば撤収することを約束しているという。

 ティラーソンは同じ12日、「北朝鮮との前提条件なしの対話に応じる」と発言。マクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)が翌13日に「北朝鮮への圧力を緩和したり、利益要求に応えることはない」とティラーソン発言を否定した。

 北朝鮮との対話のチャンネルを探るティラーソンを、トランプ大統領は「ロケットマンと交渉して時間を無駄にしようとしている」と非難。対立は限界に達している。

 ティラーソンは周囲に「クビになるだろうが、言うべきことは言う」と解任を覚悟。ティラーソンがクビを切られるのが先か、在韓米軍が北朝鮮に踏み込むのが先か。いよいよ物騒なことになってきた。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/219512/1


続きを読む

1: 名無しさん 2017/10/19(木) 14:32:58.65 BE:448218991-PLT(13145) ポイント特典
1

ワシントン(CNN)米国務省のティラーソン長官は18日に行った講演で、中国が世界秩序を乱し、 近隣国の主権を侵害し、他国に対して無責任で搾取的な経済政策を推進しているとして強く非難した。

この日の講演は米国とインドの関係がテーマだった。ティラーソン長官は中国について、
「インドとともに台頭しながら、責任感は薄く、時として国際的な規範に基づく秩序を乱してきた」と
批判。「中国の南シナ海における挑発行動は、米国とインドが支持する国際法と規範に対する
直接的な挑戦」と位置付けた。

米国は中国との建設的な関係を望んでいるとしながらも、「中国は近隣国の主権を侵害し、
米国および友好国に損害を与えている。だがそうした秩序に対する中国の挑戦によって、
我々が萎縮することはない」と力説した。

米国は外交努力を通じて中国の北朝鮮に対する圧力を強めようとしており、トランプ大統領は
3週間後に中国訪問を控える。北京では18日、次の5年間の指導者を選ぶ中国共産党の
第19回党大会が開幕した。

ティラーソン長官は特に、小国の経済開発にかかわる中国の手法を批判した。中国の手法では
相手国に「多額の債務」が生じると述べ、米国はそうした国に働きかけて、中国の手法に
代わる代替を提供すると表明。米国とインドは協力して地域の平和と安定、繁栄を目指すと述べ、
「ここを無秩序と衝突、搾取経済の地域としてはならない」と強調した。
https://www.cnn.co.jp/usa/35109026.html
53: 名無しさん 2017/10/20(金) 02:47:53.25 
>>1 
全くもって正論 

6: 名無しさん 2017/10/19(木) 14:42:14.55 
北朝鮮を攻撃できないのも中国のせいだしな 

8: 名無しさん 2017/10/19(木) 14:45:49.07 
>>6 
ロシアも 

9: 名無しさん 2017/10/19(木) 14:48:28.55 
アメリカが明確にインドの肩持つようになってきたな 
アメリカに核ミサイルの脅威が迫ってるのに北に援助し続ける中国も結局敵と見なすようになってきたか 

まあ当たり前の話だけどな 

12: 名無しさん 2017/10/19(木) 16:10:21.12 
ティラーソン長官の発言は正論だな。 

中国は現在進行形で、周辺諸国の領土・領海・領空を片っ端から侵略している。 
挙句、国際条約では「島」と見なせない、つまり領海を主張出来ない、ただの「岩」を『これは島だ』と言い張って、埋め立てて空港作ったりしてる。 

そして長官も言及しているが、周辺諸国の中でも特に小さな国は、中国に抵抗出来ない。 
結果として小さな国は、中国の思うがままにされる、奴隷国家になってしまう。 

いつまでも、こんな事が許されるはずが無い。 


続きを読む

↑このページのトップヘ