1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2020/05/07(木) 13:17:40.01 _USER
8848メートルと広く認知されている世界最高峰のエベレスト(中国名チョモランマ)の標高を最新の技術で改めて測定するため、中国政府の調査隊が現在、山頂を目指していて、どのような結果が出るのか関心が集まっています。

国営の中国中央テレビは、6日、世界最高峰のエベレストの標高を正確に測定するための中国の調査隊がふもとのキャンプから山頂に向けて出発したと伝えました。

中国の自然資源省などによりますと、53人の隊員からなる調査隊は、ことし3月に現地入りし、高地に適応したあと、これまでに山頂周辺の測量を行うなどしていて、今月12日ごろに登頂して山頂の標高の測定を行うということです。

エベレストの標高は、8848メートルが広く認知されていますが、アメリカの調査隊が8850メートル、中国の調査隊が8844メートルなどと、さまざまな測定結果が発表されてきました。

今回の調査隊は、多くの機器を持ち込み、最新の技術を組み合わせて測定するということで、専門家は、今回の測定はこれまでで最も精密なものになると話していて、どのような結果が出るのか関心が集まっています。

no title


NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200506/k10012419711000.html

続きを読む