中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:チャイナボカン

1: ベンガルヤマネコ(愛知県) [US] 2021/01/14(木) 01:24:44.44 ● BE:789862737-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/u_okotowari.gif
金鉱が爆発し22人が生き埋めになった、報告は30時間遅れた

画像
no title

no title


1月12日午前、山東武海龍投資有限公司が記者会見を行い、所長が救助の進捗状況を報告した。記者会見では、1月10日14:00に金鉱山で爆発が発生し、地下22人の労働者が閉じ込められたと伝えられた。
1月10日14:00、湖山金鉱山の「第1中央部」(坑口から240メートル)で爆発が発生した。爆発により、坑井のはしごの間が損傷し、ケージが正常に動作できなくなり、通信システムが損傷しました。22人が閉じ込められました。
事故後、同社は迅速に救援活動を組織したが、救助の難しさを過小評価していたため、1月11日20時5分まで緊急管理局に報告しなかった。報告が遅れるという問題があった。
12日の朝、山東省党委員会の劉嘉義事務局長が地下通信機器を使って閉じ込められた労働者を呼びかけたが、誰も返答しなかった。

解説によると、山東県燕台市の湖山金鉱山で22人が閉じ込められた事故では、報告の遅れが30時間にも及ぶとのことでした。この問題に関与している企業は、人間の生命を誹謗中傷することに等しい、生命に無関心です。
報告が遅れると、閉じ込められた人員が生き残る機会が失われます。湖山金鉱山の事故では、最初の報告と報告の30時間の遅れが、22人の閉じ込められた人々のまったく異なる最終的な運命につながる可能性があります。

Sina Finance 2021/1/13 15:40 ソース中国語 "金鉱が爆発し22人が閉じ込められた 埋まっている報告は30時間遅れた"
https://finance.sina.com.cn/chanjing/gsnews/2021-01-13/doc-ikftssan5566211.shtml

続きを読む

1: お断り ★ 2021/01/12(火) 00:55:26.40
中国国営の航空宇宙および防衛コングロマリットの中国航空産業総合航空機が大規模火災
@UndergroundSilk
A component manufacturer for the Chinese state-owned aerospace and defense conglomerate, China Aviation Industry General Aircraft, has suffered a large factory fire.
Zhongshan, Guangdong Province.
January 10, 2021
2021/1/11
https://twitter.com/UndergroundSilk/status/1348503605377118210

https://video.twimg.com/ext_tw_video/1348503568454717441/pu/vid/1280x720/yWBqNWnMHUcjTyJN.mp4
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

続きを読む

1: お断り ★ 2021/01/09(土) 00:35:50.12
CATLは、バッテリーリサイクルプラントの爆発に対応

寧徳タイムスは7日夜、電池リサイクル事業を行う大企業で爆発火災が発生し、業界の注目を集めた。 報道によると、寧徳時報は8日、事故の予備評価で同社の生産・運営事業への影響は限定的であると回答した。寧徳時報は、「7日夜、子会社の工場で火災事故が発生し、
ニュースを受け、まず湖南帆布に現場での救助と事故処理をしっかりと行うよう指示した。 火災はその日の夜に鎮火し、現在湖南帆布は関係部署と全面的に協力して事故原因の究明と負傷者の医療を全面的に守っています」と報じた。

7日夜20時39分、公式認証のマイクロブログWeiboのリリースによると、7日18時12分頃、湖南帆布サイクル技術有限公司の旧工場の作業場で爆発火災が発生した。
ネット動画からは、大きな爆発とともに、空への炎の爆発、夜を照らす閃光、そして「キノコ雲」の形成と、その迫力は凄まじいものがあります。
湖南帆布は、小型二次電池のリサイクル処理に加え、ニッケル水素パワーバッテリーとリチウムイオンパワーバッテリー(三元系、マンガン系、鉄系)の2種類を中心とした電気自動車用パワーバッテリーのリサイクル処理技術を有しており、総設計処理規模は1万トン/年となっています。

Sina Finance ソース中国語 2021/1/8 "CATLは、バッテリーリサイクルプラントの爆発に対応"
https://finance.sina.com.cn/tech/2021-01-08/doc-iiznezxt1240822.shtml

2021.1.8 中国特斯拉电池厂发生爆炸宛如小型核弹,现场一片混乱。
 (中国のテスラ電池工場での爆発は 小型核爆弾級の爆発が起き混沌としています)
https://www.youtube.com/watch?v=jrCMXoIdBzE

https://www.youtube.com/watch?v=2xaZXL8znew

no title

no title

no title

no title

https://video.twimg.com/ext_tw_video/1347465411080585217/pu/vid/544x960/3FNZ2bIkV-BmIBKc.mp4
爆発前
no title


CATL (寧徳時代新能源科技)
寧徳時代新能源科技股は、中国にある世界最大手の電気自動車用の電池メーカー

続きを読む

1: ごまカンパチ ★ 2020/11/24(火) 01:14:37.28
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000199201.html
※リンク先に動画あり

水道の水にガスが混ざっているとみて、当局が調査を始めました。

蛇口から流れる水道水にライターの火を近付けると洗面台一面に炎が広がりました。
動画が撮影されたのは遼寧省盤錦市で、中国メディアによりますと、この地区の100軒以上で同じような現象が確認されていて、
住民によりますと、「3、4年前から続いている」ということです。

盤錦市には中国有数の油田がありますが、関連は分かっていません。
当局は何らかの原因で可燃性のガスが混入したとみて、水道の供給を止めて調査しています。
スクリーンショット 2020-11-24 6.44.36
 

続きを読む

1: 雷 ★ 2020/10/25(日) 12:55:22.00
アマゾンに賠償求め提訴へ
原告男性「欠陥品で火災」
2020年10月25日 6:09

 インターネット通販大手「アマゾン」を通じて海外の業者からバッテリーを購入した男性が、欠陥製品だったため出火し、自宅が燃える被害を受けたのは、アマゾン側が販売業者や商品の審査を怠ったためとして、米国の本社と日本法人に賠償を求める訴訟を東京地裁に近く起こすことが24日、分かった。

 男性の弁護士によると、消費者被害を巡り海外にあるプラットフォーマー本社の責任を問う訴訟は異例。ネット取引が一般的になった一方、出品者と購入者のトラブルは増加しており、特に相手方が海外の場合、交渉すら困難なケースが多い。取引を仲介する立場の責任を求める声が上がっており、訴訟は注目を集めそうだ。

 男性は宇都宮市の会社員加藤尚徳さん(34)。2016年6月、車のジャンプスターター(緊急電源)にも使える中国製のモバイルバッテリーを購入した。翌年11月、自宅が火事になり、消防の調査で出火元は充電中のバッテリーと判明。経年使用で発火の危険性が高まるといった注意書きはなかった。

 中国のメーカーに連絡したが、途中で途絶えたため、アマゾン側に問い合わせたところ「他の連絡先は知らない」と繰り返されるだけだったという。加藤さんはアマゾンが保険や補償制度を導入していない点も問題だと主張している。

 加藤さんは取材に「泣き寝入りするしかない現状に一石を投じたい」と話した。アマゾン側は「訴状を確認し、米本社で対応する」としている。

 加藤さんは、出品者の審査や特定商取引法に基づく表記の確認強化といった制度作りを国やプラットフォーマーに対して求める予定で、クラウドファンディングで活動への賛同者を募るとしている。
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/388957
no title



関連
【訴訟】通販でバッテリーを買ったら出火して家が燃えた 男性がアマゾン相手に賠償求める訴訟
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1603594445/

続きを読む

↑このページのトップヘ