中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:チベット

1: ニライカナイφ ★ 2018/12/14(金) 02:45:20.17 _USER9
スクリーンショット 2018-12-14 14.10.14

・米上院の外交政策の立法を担当する外交委員会はこのほど、「チベット相互入国法」を通過させた。法案は、中国当局が米政府高官、報道関係者などの米国籍国民のチベット立ち入りを禁止した場合、中国当局者の訪米を拒否すると定める。チベット亡命政府などは、同法案は米国会と米国民のチベット問題への強い関心を反映したと歓迎。

・ジェームス・マガバーン下院議員(民主)は法案可決に際し「米国は、中国政府によるチベットでの人権侵害に対して声をあげなければならない」「人権の尊重は、倫理的に必然だ。中国を含む世界中のチベット人のため、米国が人権尊重を推進していく」と語った。

・米NGO団体「チベットのための国際キャンペーン(International Campaign for Tibet、ICT)」はホームページで声明を発表した。声明は、「チベット相互入国法」は、チベット情勢に対する米国民の関心の高さを示したと評した。

2018年12月05日 14時44分
https://news.nifty.com/article/world/12241/12241-139318/


続きを読む

1: ばーど ★ 2018/11/20(火) 16:00:38.03 _USER9
 チベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世(83)が20日、超党派の「日本チベット国会議員連盟」(会長・下村博文元文部科学相)が国会内で開いた会合で講演し、中国のチベット抑圧政策に関し「中国政府の方で、そのような方針がまったく役に立たないと認識されはじめている時代に入っている」と述べた。

 ダライ・ラマ14世は「中国共産党はいろんな方法でチベット人を抑圧、殺戮(さつりく)、洗脳し、お金も使ってチベット人の精神を抹殺しようと努力をしてきた。しかし、私たちチベット人の精神は抑圧されればされるほど、ますます高まってきた」と強調した。

 一方、中国の枠内でチベットの高度な自治を求める中道路線については中国知識人の間で賛同が広がっているとし、「中国共産党幹部の態度は正しくないと考える漢族の数がますます増えている」と指摘した。

 チベット議連は、チベットの人権状況改善に向けた政府の取り組みを求める決議を採択した。決議は「チベット人が真にチベット人らしく生きる権利、チベット仏教信仰の自由も含めて、基本的人権の回復を強く願い、その非暴力の訴えに全面的かつ継続的な共感と連帯の意を表明する」と明記した。

 ダライ・ラマの国会内での講演は平成28年11月以来2年ぶり4回目。

no title

no title

no title

no title

no title


2018.11.20 14:35
産経ニュース
https://www.sankei.com/smp/politics/news/181120/plt1811200026-s1.html

関連スレ
【チベット仏教】ダライ・ラマ、11月20日に国会内で講演 2年ぶり来日
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1538683723/
【チベット仏教の最高指導者】ダライ・ラマが来日 横浜で法話会 ※画像
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1542361868/

続きを読む

1: チンしたモヤシ ★ 2018/11/01(木) 08:23:16.22 _USER9
世界で最も知られていない猫。不思議と謎につつまれたハイイロネコの巣穴が発見される
カラパイア 2018年10月31日 ι コメント(34) ι 動画 ι 動物・鳥類 ι #
http://karapaia.com/archives/52266867.html
http://blog.whyanimalsdothething.com/post/179057440852/new-footage-of-the-elusive-chinese-mountain-cat

image credit:ShanShui Conservation Center
no title


 ハイイロネコ)は、チベット高原の北東(チベット自治区、青海省と四川省の北西部)というごく限られた場所に生息する中国固有の小型の野生の猫だ。

 そのためか、ごく最近までその存在はほとんど知られていなかった。

 2007年になってようやく本格的な調査が開始されることになり、仕掛けたカメラによってその姿が公開された。


●謎に包まれているハイイロネコ

 ハイイロネコの姿を見た者はほとんどいない。そのため情報も得られていない。

 このネコを研究しようとしていた若い中国の研究者は、研究対象をほかの動物に変更するようにアドバイスされるほどだ。

 近年、四川省の若爾蓋県や青海省の玉樹市近くで、たまに目撃されるようになったが、もっとも謎めいたネコのひとつであることは確かだ。


●偶然発見されたハイイロネコの巣穴

 今年9月半ばに、玉樹市近くの谷で使用中の巣穴が発見された。

 発見者は、チベット高原に生息する別の動物、オグロヅルの研究を進めるサンスイプロジェクトの研究者で、たまたま道路沿いで野生動物の動きを目撃した。

 この地域でよく見かけるチベットスナギツネだろうと思って、カメラをつかんで数枚撮影したところ、チベットスナギツネにしては顔が小さい。

チベットスナギツネはこんな子
no title

http://karapaia.com/archives/51565621.html

 ネコ科の動物っぽいが何だろうと、サンスイプロジェクトの同僚たちに見てもらったところ、まもなくこれがめったにお目にかかれないハイイロヤマネコであることが判明した。

 さっそく現場に戻ったプロジェクトスタッフたちは、2匹の幼い子どもを連れた母ネコをいきなり発見して狂喜乱舞した。

image credit:ShanShui Conservation Center
http://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/b/5/b584f30e.jpg

 先に発見されていた巣穴は(おそらく野生では初)道路の近くにあったため、彼らは人間の姿を見るのに比較的慣れていたようだ。

 その後、母ネコが狩りのために巣穴(ヒマラヤマーモットがかつて使っていた穴だと考えられる)を離れている間に、穴への3つの入り口のうちのひとつの近くにカメラをセットした。

Chinese Mountain Cat (動画)
https://videopress.com/v/mRvJPgEb
no title

https://videos.files.wordpress.com/mRvJPgEb/chinese-mountain-cat_hd.mp4

 9月後半に母ネコが子どもたちをどこかべつの場所に移すまでの数日間、3頭の堂々とした姿が余すところなく映しだされている。

image credit:ShanShui Conservation Center
no title


 数時間に及ぶ映像は、繁殖生態、食餌、行動など、現在までわかっているハイイロネコについての知識に、新たな重要な意味を間違いなく加えることになるだろう。

 地元の人たちは、このエリアで頻繁に彼らを目撃していて、今回の発見はもっとも謎めいたこのネコへの新たな洞察の始まりになるかもしれない。

 ハイイロネコについてこれまでわかっていることは、標高2500~5000メートルの森や低木地、時にサバクに点在して生息していること、毛皮は砂色で下部は白く、脚と尾には黒い輪の模様があること、夜行性でネズミや鳥を餌にしているということ、ヨーロッパヤマネコの亜種に近いということだ。

Swild's Shorts vol.19 - Chinese Mountain Cat (動画)
https://youtu.be/HK5BclSkMEQ


続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [CN] 2018/09/12(水) 13:17:45.49 ● BE:448218991-PLT(14145)

中国当局が少数民族のウイグル族らを大勢、不当に拘束しているとして、トランプ米政権が中国の政府高官や企業に対して経済制裁を検討していることが明らかになった。
米ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)が10日、複数の米政府当局者の話として伝えた。

 実行されれば、トランプ政権が人権問題で中国に対して制裁を科すのは初めてとなる。
通商問題などで対立する中国とのさらなる関係悪化は避けられそうにない。

 ただし、トランプ米大統領は人権問題で中国に制裁を科すのには消極的とされ、
実際に制裁が発動されるかは不透明だ。
https://www.asahi.com/articles/ASL9D265HL9DUHBI009.html

続きを読む

1: nemo(アメリカ合衆国) [US] 2018/08/14(火) 12:22:17.40 ● BE:725951203-PLT(26252)
「中国政府がウイグル族拘束」国連委員会で指摘 中国は反発

スイスのジュネーブで13日、国連の人種差別撤廃委員会が開かれ、この中で委
員が「100万人以上のウイグル族が中国で拘束されているという情報がある」
と指摘したのに対し、中国の代表は「根拠のない中傷だ」と述べて、強く反発
しました。
人種差別撤廃委員会は、1965年に国連総会で採択された「人種差別撤廃条約」
の履行状況を監視するために設けられた委員会で、10日と13日、中国の人権状
況について議論しました。

この中で委員の1人は「新疆ウイグル自治区で、少数民族のウイグル族が100
万人以上、中国政府によって収容施設に不当に拘束されているという情報があ
る」と指摘して中国側に説明を求めました。

これに対し中国の代表は「自治区では過激派の取締りと再教育に取り組んでい
るが、指摘されたような収容施設は存在しない。中国の分裂を狙った根拠のな
い中傷だ」と述べて強く反発しました。

アメリカのトランプ政権は、先月、中国が少なくとも数十万人のウイグル族を
不当に拘束しているとして強い懸念を示しましたが、中国政府は「内政干渉だ」
としてこれに反発しています。

委員会は今月下旬までに報告書をまとめたうえで、条約に反する状況があると
判断した場合には改善に取り組むよう勧告することにしています。
----------
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180814/k10011575951000.html
no title

続きを読む

↑このページのトップヘ