中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:チベット

1: ファイヤーバードスプラッシュ(光) [US] 2020/05/20(水) 09:38:36.43 ● BE:201615239-2BP(2000)
スクリーンショット 2020-05-20 11.58.20

チベット仏教で、最高指導者のダライ・ラマ14世から2番目に高い地位であるパンチェン・ラマに認定された男の子が、25年前から行方がわからなくなっていると
アメリカ政府が批判したことを受けて、中国外務省は「普通の中国人ですでに仕事をしている」と説明し、宗教指導者として認めない立場を改めて示しました。

パンチェン・ラマはチベット仏教でダライ・ラマに次ぐ2番目に高い地位の指導者で、1989年に先代が死去したのをうけ、
インドに亡命している最高指導者のダライ・ラマ14世が1995年、当時6歳だった男の子をパンチェン・ラマ11世に認定しました。

しかし、中国政府が、直後に別の男の子をパンチェン・ラマ11世に認定し、ダライ・ラマ14世が認定した男の子は、その後、行方がわからなくなっています。

アメリカのポンペイオ国務長官は18日、行方がわからなくなってから25年になったとして声明を出し「居場所を明らかにすべきだ」などと批判しました。

これに対し、中国外務省の趙立堅報道官は19日の記者会見で「彼は普通の中国人だ。大学に合格し、いまは、すでに仕事をしている」と
説明し宗教指導者としては認めない立場を改めて示しました。

そのうえで、アメリカに対しては、「チベットの問題を口実に中国の内政に干渉しないよう望む」と述べて反発しました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200520/k10012437011000.html

続きを読む

1: チミル ★ 2020/05/19(火) 10:53:43.72
スクリーンショット 2020-05-19 21.31.47

【5月19日 AFP】マイク・ポンペオ(Mike Pompeo)米国務長官は18日、25年前にチベット仏教第2の高位者パンチェン・ラマ(Panchen Lama)に認定され、その後まもなく拘束された男性の居場所を「直ちに」公表するよう中国に要求した。チベット亡命政府も17日、パンチェン・ラマの「健康状態と居場所」を公表するよう中国に求めていた。


https://www.afpbb.com/articles/-/3283710

続きを読む

1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2020/05/07(木) 13:17:40.01 _USER
8848メートルと広く認知されている世界最高峰のエベレスト(中国名チョモランマ)の標高を最新の技術で改めて測定するため、中国政府の調査隊が現在、山頂を目指していて、どのような結果が出るのか関心が集まっています。

国営の中国中央テレビは、6日、世界最高峰のエベレストの標高を正確に測定するための中国の調査隊がふもとのキャンプから山頂に向けて出発したと伝えました。

中国の自然資源省などによりますと、53人の隊員からなる調査隊は、ことし3月に現地入りし、高地に適応したあと、これまでに山頂周辺の測量を行うなどしていて、今月12日ごろに登頂して山頂の標高の測定を行うということです。

エベレストの標高は、8848メートルが広く認知されていますが、アメリカの調査隊が8850メートル、中国の調査隊が8844メートルなどと、さまざまな測定結果が発表されてきました。

今回の調査隊は、多くの機器を持ち込み、最新の技術を組み合わせて測定するということで、専門家は、今回の測定はこれまでで最も精密なものになると話していて、どのような結果が出るのか関心が集まっています。

no title


NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200506/k10012419711000.html

続きを読む

1: みつを ★ 2019/04/13(土) 03:30:27.76
https://www.cnn.co.jp/world/35135674.html

ダライ・ラマの「輪廻転生」、中国の法律順守を 中国外務省
2019.04.12 Fri posted at 11:10 JST

(CNN) チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマの後継者を選ぶ「輪廻(りんね)転生」について、中国政府がこのほど「中国の法律に従う必要がある」との認識を示した。

中国外務省の報道官は10日、肺の感染症のため入院したダライ・ラマ14世(83)について質問され、容体については認識していないとした上で、輪廻転生には「明白なルール」があると強調した。

報道官は、「ダライ・ラマを含めて生けるブッダの輪廻転生は、中国の法規制に準拠し、宗教儀式と歴史的慣例に従わなければならない」と述べ、中国政府は国民全ての宗教の自由を尊重すると言い添えた。

ダライ・ラマは9日から入院しているが、側近は11日、ダライ・ラマが間もなく退院できる見通しだと語り、「医師に言われた通り胸の感染症があったが、抗生剤を投与され、かなり回復した」と説明した。

それでも今回の入院で、ダライ・ラマの死後、チベット仏教がどうなるのかという疑問が改めて浮上している。
ダライ・ラマ本人が自身の死後の輪廻転生を認める意向なのかどうかもはっきりせず、ここ数年は、自身が最後のダライ・ラマになる可能性をうかがわせる発言をしていた。

チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマの後継を選ぶ制度について中国政府がコメント/MARIJAN MURAT/DPA/AFP/Getty Images
no title

続きを読む

1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [US] 2019/04/03(水) 07:58:02.99 BE:844481327-PLT(12345)
sssp://img.5ch.net/ico/monatya.gif
中国が1959年の「チベット動乱」を制圧し、チベット地域の統治権確立を宣言して3月28日で60年となったことに合わせ、中国国務院(政府)新聞弁公室が「民主改革」の成果をアピールした白書を発表した。

チベット族は現在も人権や宗教、政治面で抑圧され続けている。
しかし中国メディアは、中国統治を正当化し、地上の楽園が建設されたかのような報道を続けている。
中国国営テレビの現地取材に当たったレポーターの女性は、にこやかな表情で「チベット自治区政府の発表によると、99%のチベットの人々が幸福を感じている」と臆面もなく伝えた。

同テレビのニュース番組によると、白書は「偉大なる飛躍」と題され「大量のデータで、民主改革の成果をまとめた」とされる。
白書は農奴制度の打破、生産力の発展、信仰の自由などの項目からなる。同テレビのニュース番組は「民主改革はチベットの歴史上最も大きな社会的変革であり、チベットはこれによって新たな発展の道に入った」と強調。
住民が中国による医療や教育の恩恵を受けるようになったと伝えた。「(チベット人は)夢を語れるようになった」と中国統治をたたえた。

チベット動乱では、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世がインドに亡命し、北部ダラムサラに亡命政府を樹立した。 

http://www.yaeyama-nippo.co.jp/archives/6205
中国のチベット統治を報じる中国国営テレビのニュース放送のワンシーン。チベット族と見られる女性が楽しそうに踊っている
1


続きを読む

↑このページのトップヘ