中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:スパイ

1: 名無しさん 2017/11/30(木) 16:46:59.59 _USER9
東大が博士号取り消し=不正認定、6人目

 東京大は30日、2013年3月に大学院学際情報学府の周倩氏(中国籍)に授与した博士号(学際情報学)を24日付で取り消したと発表した。

 日中の新聞を比較分析した博士論文に、他者の著作物からの引き写しや不適切な利用が計320カ所あり、調査委員会による調査や関係者からの聴取の結果、不正行為と認定した。
 東大の博士号取り消しはこれで6人目。

 東大によると、周氏は不適切な引用を認めたが、悪意や故意ではなかったと説明したという。
 東大は、論文提出時の指導教員だった園田茂人教授を訓告、前任の指導教員の吉見俊哉教授を厳重注意とするなどの処分を行った。

 石井洋二郎副学長は「極めて遺憾。教職員・学生に対し、研究倫理のさらなる周知徹底を図り、再びこのような事態が生じないよう全学を挙げて取り組む」とコメントした。 

時事通信 2017年11月30日 16時8分
http://news.livedoor.com/article/detail/13963104/


続きを読む

1: 名無しさん 2017/11/24(金) 16:01:45.36 _USER9
no title

http://www.asahi.com/articles/ASKCS4QFDKCSUTIL027.html


 国土交通省が廃棄処分にした軍事転用可能な赤外線カメラがネットオークションに出回り、中国に不正輸出されていたことが捜査関係者への取材でわかった。警視庁は24日、このカメラを国際宅配便で中国に送ったとして、東京都の中国人留学生の男(22)を外為法違反(無許可輸出)の疑いで書類送検した。

 この赤外線カメラは、外為法に基づき、軍事利用される恐れのある機器などの輸出を制限する「リスト規制」の対象品目。捜査関係者によると、留学生の男は昨年2月、この赤外線カメラ1台をインターネットオークションで購入し、同5月に経産相の許可を得ないまま宅配便で中国・香港に輸出した疑いがある。男から赤外線カメラを購入したのは軍事関連品を扱う会社の中国人で、公安部は、この中国人が軍事目的で購入したとみている。



続きを読む

1: 名無しさん 2017/11/20(月) 12:28:27.56 _USER
no title


共産党大会での習近平氏(2017年10月) 時事通信フォト

 第二期習近平政権がスタートした。先の党大会では2050年までに「社会主義強国」となり米国を凌ぐ軍事力を持つと宣言。日本に対しては従来に増して強硬姿勢を貫くことが予想される。その先兵となるのが中国の対日工作機関である。

 日中国交正常化45周年の今年、安倍晋三首相は中国大使館主催の祝賀会に出席(9月28日)。両国首脳の相互訪問を実現したい考えを示した。これを受け、日中関係の改善だと歓迎する声がある。

 しかし、これはあくまで表面上の動きに過ぎない。これまで中国は、したたかな外交戦略で日本を揺さぶる一方、あらゆる手段で対日工作を仕掛けてきた。政界では反中派を抑え込み、親中派議員を増やすことに注力。近年は小渕優子氏ら「親中派二世」にも接近していた。

 それが最近、変化したという。産経新聞外信部次長の矢板明夫氏が語る。

「以前の中国は、旧田中派を中心とする政治家と裏で握って親中派を作る一方、日中友好7団体などを舞台に政財界とのパイプ作りに奔走した。

 しかし安倍政権が対決姿勢を強めて世間的にも反中感情が広がるなか、わずかな親中派を作っても焼け石に水で意味がなくなった。大使館中心の諜報活動などは継続しているが、一時、政財界への裏工作は少なくなった」(矢板氏)

 代わりに習近平政権が進めるのが、“反日日本人”を支援、育成し利用する工作だ。

「最近の中国は、歴史問題などで中国側の意見を支持するリベラルな日本人を積極的に支援している。左派の活動家や弁護士、研究者などの言説を紹介して反日を煽り、内政への不満をそらす戦略です」(矢板氏)

 実際に近年、中国メディアに登場して中国寄りの発言をする日本人が目立つ。

 たとえば、明治学院大学国際平和研究所研究員の石田隆至氏は、人民日報(2016年8月15日付)に寄稿した「日本は隣国の正義に耳を傾けるべき」の記事で日本の安保法制を厳しく批判し、「東アジアにとっての真の脅威は中国ではなく日本である」と結論づけた。

 歴史学者の笠原十九司氏は今年9月、南京で開かれたシンポジウム「南京大虐殺と日本の戦争犯罪」に出席。「安倍内閣は、大虐殺の歴史を否定する態度を取る者が少なくありません」などと憂慮を示したという。中国の国営通信社が伝えた。

 中国はこうした言説を徹底的に利用すると評論家の石平氏は指摘する。

「南京大虐殺を『事実』とするコメントは中国政府の公式見解と合致し、『東アジアの脅威は日本』とのコメントは中国脅威論を取り消すための材料となる。官製メディアに掲載される日本人の意見はその後、反日宣伝材料として繰り返し利用されます」

 もう一つ見逃せない動きは、中国で相次ぐ日本人の「スパイ拘束」である。

 たとえば今年9月18日、大連市国家安全局はスパイ活動に関わったとして日本人ビジネスマン1人を逮捕した。これで2015年以降、スパイ容疑で中国当局に拘束された日本人は12人に上る。

「そもそも拘束された日本人は通常のビジネスを行っていただけと考えられます。しかも昔なら“親中派議員”を使い水面下で交渉をしたが、最近の中国は堂々と公表する。

 9月18日は満州事変の発端となった柳条湖事件の日であり、反日ナショナリズムを煽るにはうってつけの日でした」(矢板氏)

※SAPIO2017年11・12月号

https://www.news-postseven.com/archives/20171120_626635.html


続きを読む

1: 名無しさん 2017/11/07(火) 14:45:21.28 _USER
1

永田町が政局に揺れ、国全体が北朝鮮のミサイルに緊張感を高めるなか、沖縄県・那覇を訪ねる謎の一行がいた。その名は中国国際友好連絡会(友連会)。表向きは日中友好を謳う。だが、実態は対日工作活動の一翼を担っているとされる。ジャーナリストの竹中明洋氏がレポートする。

* * *

 9月4日、北京からやってきた友連会の一行4名が、沖縄県庁6階の応接室に翁長雄志知事を訪ねた。今回、訪日団長を務めた辛旗副会長は翁長知事に要請した。

 「ぜひ北京を訪れてほしい。私の大学の同級生が故宮博物院の館長ですので、招待したいと思っています。また、私の娘も学芸員です。彼女は、昨年沖縄を訪れて、琉球王朝を研究しているので交流したい」

 だが、友連会のいう「交流」の本当の狙いは、沖縄と日本本土との間に楔を打つことにある。基地問題を背景に沖縄では日本政府への不満が高まっているが、友連会の中にそうした気運を利用しようという動きがある。

 事実、2012年8月、中国の友連会と「交流」していた日本の日中友好団体である、沖縄・中国友好協会が主催したセミナーでの議論をもとにまとめられた文書には、尖閣領有権問題の処方箋として、短期的に「領有権の棚上げ」を行い、その上で「政府と沖縄との間で、尖閣の土地の賃貸借契約を締結」し、沖縄に「尖閣の管理を委託」することを目指す、といった内容が書かれていた。

 このセミナーが講師として招いたのは、清華大学の劉江永教授。中国きっての日中関係の研究者として知られ、友連会の理事でもあった。劉教授が、島の管理を沖縄に委託するとの奇策を持ち出したのは、日本が実効支配している尖閣領有権を棚上げすべきだとの世論を沖縄県内で喚起するためだろう。

こうした世論工作とは別の動きを掴んだことがある。2010年3月のことだ。沖縄本島から南西に320kmも離れた離島を友連会の一行5人が訪れていた。島の名前は下地島。2015年に宮古島と橋で繋がったが、当時は宮古島から連絡船に乗らなければ、渡ることができないような不便な島だった。現地を案内したのが、当時の宮古島観光協会の会長・藤村明憲氏だった。 藤村氏は昨年9月に亡くなったが、生前の取材にこんな話をしてくれた。

 「那覇市内で開かれたセミナーで彼らを紹介されました。『中国の友好交流団体の人たちが宮古島や下地島を見たがっているので案内してやってほしい』ということでした。引き受けると、その2日後には一行が宮古島に飛行機でやって来ました。到着するなり、『観光はいいから、すぐ下地島をみたい』と言い出すので、何か変だなと感じたものです」

 藤村氏の直感は正しかったというべきか。彼らが何を差し置いても見たがったのは、下地島にある日本で唯一のパイロット訓練専用飛行場の下地島空港。滑走路の長さは3000mもある。大型機のボーイング747でも離着陸訓練ができるように建設されていた。これだけの規模となると、県内では他に那覇空港と米軍嘉手納基地しかない。

 「はじめは『小さな島にこれほどの滑走路があるのか』と驚いた様子でしたが、そのうち『この島に大リゾートを誘致しないか』と切り出してきたのです。『資金なら、さしあたって200億、300億円出す。プロジェクト次第でもう1000億円積める』と言い出す。まともに取り合いませんでしたが、あとで恐ろしくなりました」(藤村氏)

経費削減のために航空会社がフライトシミュレーターを使った訓練へとシフトしていく中で、この飛行場への年間の着陸回数は200回程度まで落ち込んでいる。近年は、航空自衛隊の基地として活用することも検討されてきた。そこに、友連会からの触手が伸びた。

 下地島は尖閣諸島までわずか200km。中国機が尖閣上空の領空に近づいた場合、ここからなら空自のF15が短時間でスクランブルできる。友連会はリゾート開発をちらつかせ自衛隊基地化を妨害できないかを探っていたのではないか。さらに後日談がある。

 「じつは一行を案内してから数か月後に、在沖縄米国総領事館の職員と会う機会がありましたが、『中国の人たちを下地島に案内したでしょう』と言われ、『なぜ分かったのか』とドキッとしました」(藤村氏)

 沖縄の離島を舞台にした米中の情報戦が垣間見える。

 ●たけなか・あきひろ/1973年山口県生まれ。

2017.11.7 ※SAPIO2017年11・12月号
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/171107/soc1711070022-n1.html
52: 名無しさん 2017/11/07(火) 22:46:57.65 
>>1 

(-@∀@)<こうやって、黙って仕事をすすめるのが中国共産党。 


4: 名無しさん 2017/11/07(火) 14:51:24.68 
六韜だな。 


8: 名無しさん 2017/11/07(火) 14:54:30.03 
宮古島の頭越しに翁長なんかに要請するなチャンコロが。 

続きを読む

1: 名無しさん 2017/10/19(木) 18:25:29.14 _USER9
秘密漏えい事件の構図
no title


ネジ加工工具やドリルなど切削工具製造の国内最大手「オーエスジー」(OSG、愛知県豊川市)の元社員の男(62)=豊川市=が、同社の先端的な技術情報を不正に取得し、外部に持ち出した疑いが強まったとして、愛知県警生活経済課と外事課は十九日、不正競争防止法違反(営業秘密の侵害)容疑でこの男を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。元社員は、中国人の知人の男に見返りを約束されて情報を流したとみられ、県警は産業スパイ事件の可能性があるとみて調べる。

捜査関係者によると、元社員は今年一月以降、特殊ネジの加工技術に関する設計図など、OSGが秘密として管理している技術情報を不正に取得した疑いが持たれている。情報が渡ったとみられる中国人の五十代の男は以前、技術者としてOSGに勤めていたことがあり、元社員と面識があった。OSGを退社後、中国に帰国して技術経験を生かして現地の会社に勤務した。さらに、元社員から受け取った技術情報を活用して、現地で事業を起こそうとしていたという。

県警は、元社員が、中国の会社での厚遇を約束されるなど、何らかの見返りを期待して情報を流していた可能性があるとみて、捜査を進める。

OSGは、金属などに開けた穴に、ねじ山を加工する主力製品の切削工具「タップ」のシェアが世界トップ。関係者によると、元社員は同社に技術者として勤務し、特殊ネジの加工など同社が開発を進める世界最先端の切削工具関連の業務に携わっていた。定年退職後も研究開発部門で再任用され、同社の技術情報に接することができる立場にあったとみられる。

情報漏えいは、元社員と中国人の男の会社とのメールのやりとりを、OSGが把握したことから発覚。元社員が営業秘密にあたる設計図などを大量にダウンロードしていたことが分かり、同社が県警に相談していた。

<OSG> 東証と名証の一部上場で、自動車や航空宇宙などの産業に工具を供給している。ねじ山を作る工具「タップ」で世界シェア1位。ドリルなどの先端にダイヤモンド粒子をまぶすなどして硬くコーティングした「超硬工具」など高い技術力で知られる。2016年11月期の連結売上高は1055億円、従業員数5800人。世界33カ国に製造・営業拠点を持つ。プロバスケットボールチーム「三遠ネオフェニックス」の主要なスポンサー。

配信2017年10月19日
中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2017101902000292.html

他ソース
大手工具メーカー元社員 秘密情報漏えいの疑いで逮捕(10月19日 17時15分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171019/k10011182951000.html


33: 名無しさん 2017/10/19(木) 18:37:08.27 
>>1 
スパイ防止法、やっぱり必要じゃねえか! 
反対する奴はシナ工作員と断じて、射殺で良いよ。 


39: 名無しさん 2017/10/19(木) 18:39:26.89 
>>1 
>大量にダウンロードしていたこと 
 これが可能なら、防衛にならないだろ。資格によるアクセス制限、 
 ダウンロードの時間的量的制限がなければ、機密垂れ流しの 
 防衛は無理。平和ボケ企業としかいいようがない。 


6: 名無しさん 2017/10/19(木) 18:28:26.58 
匿名報道で産業スパイを擁護する中日新聞(東京新聞) 


7: 名無しさん 2017/10/19(木) 18:28:27.21 
やっぱり中国人が絡んでたのか 
ヤマザキマザックの時と同じだな 


319: 名無しさん 2017/10/19(木) 21:17:24.87 
>>7 
全く同じこと思ったわ 

続きを読む

↑このページのトップヘ