中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:ジェノサイド

1: 雷 ★ 2021/01/21(木) 09:04:01.24
スクリーンショット 2021-01-21 10.36.18

中国、バイデン新政権に不快感
ウイグル族虐殺認定巡り

 【北京共同】中国外務省の華春瑩報道局長は20日の記者会見で、中国政府による少数民族ウイグル族らへの弾圧をジェノサイド(民族大量虐殺)とした米国の認定について「紙くずだ」と強く反発した。バイデン新政権の国務長官候補ブリンケン元国務副長官が認定に同意したことに関し、内政に干渉しないよう求め、不快感を示した。
 習近平指導部はトランプ政権が、中国が譲歩できない「核心的利益」と位置付ける新疆ウイグル自治区や台湾、香港を巡る問題で次々と強硬政策を取ったことを深刻視。華氏は「米側がこうした問題を利用して中国の利益を損なうことに断固反対する」と述べた。
https://this.kiji.is/724566745154469888

続きを読む

1: Felis silvestris catus ★ 2021/01/21(木) 07:38:14.07
https://www.sankei.com/world/news/210120/wor2101200022-n1.html
 【北京=三塚聖平】中国外務省の華春瑩(か・しゅんえい)報道官は20日の記者会見で、中国によるウイグル族などのイスラム教徒少数民族に対する弾圧を「ジェノサイド(民族大量虐殺)」と米国が認定したことについて「紙くずだ」と猛反発した。

 華氏は「人権を隠れみのに中国の内政に干渉し、中国の安全と安定を破壊している」と米側を強く批判した。

続きを読む

1: しじみ ★ 2019/02/20(水) 14:16:30.84 9
【2月19日 AFP】
中国青海(Qinghai)省の当局は18日、地元寺院で非正規に行われていたチベット語の授業への生徒の出席を禁止したことについて、こうした授業は「違法」だとして禁止を擁護した。中国の信教や文化の自由をめぐっては抑圧が強まっている。

 チベット自治区(Tibet Autonomous Region)と接する青海省はチベット人の住民が多く、そのほとんどは仏教を信仰している。チベット語の授業は省西部の県で学校の冬休み中に僧侶らが行っていた。チベット語は学校の正式なカリキュラムから排除されていることから、それを子どもが学べる機会として親たちの間で人気を集めていた。

 だが県当局は昨年12月、即時中止を命じた。チベット人の生徒に対しては、昨年の夏にも、休み中に宗教活動に参加することが禁止されていた。

 青海省政府は18日、AFPの取材に対し、こうしたチベット語授業は「違法」であり、授業が行われていた寺院についても、生徒を教えるには「設備が不十分」で「安全上問題がある」と指摘。禁止に従わない寺院と僧侶は「法律に従って処罰される」とした。

 中国共産党は、イスラム教徒が住民の大半を占める新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)でイスラム教への締め付けを強めて以降、少数民族が多く住むほかの地方でも同様の禁止措置を取っている。(c)AFP

no title

http://www.afpbb.com/articles/-/3211789

続きを読む

1: みつを ★ 2018/11/17(土) 02:39:40.57 _USER9
1

中国、西側の「干渉」に怒りあらわ ウイグル問題の説明要求で 
2018.11.16 Fri posted at 17:10 JST

北京(CNN) 中国の少数民族ウイグル族に対する人権侵害が報告されている問題をめぐり、同国政府は15日、西側諸国の外交官15人が起草したとされる関連の公式書簡について、他国への「干渉」に当たると強く反発する姿勢を示した。

中国外務省の華春瑩副報道局長は同日の記者会見で、依然として続く新疆ウイグル自治区での人権侵害の説明を求めた上記の外交官らに対し「干渉」ではなく「前向きな役割」を果たすべきだと苦言を呈した。そのうえで「なぜ彼らが新疆の状況に懸念を抱くのかが分からない。なぜこの種の要求を通じて中国に圧力をかけたのだろうか。この種の行動は極めて不合理だと考える」と批判した。

ロイター通信が報じたところによると、西側諸国の大使15人が起草したという書簡は、陳全国・新疆ウイグル自治区党委書記と会談し、イスラム教徒が大半を占めるウイグル族の処遇について説明を求めたいとする内容だった。

国際社会ではこの数週間で、中国に対する圧力が拡大。世界的に報道されたウイグル族への弾圧を止めるよう要求する声が広がっている。

CNNは書簡の写しを入手しようと各大使館に連絡を取ったがこれまでのところ返答はなく、書簡に関するコメントも得られていない。

中国外務省の華副報道局長は、政府の見解として外交官らが新疆を訪れるのは認めるものの、それによって地方政府に「圧力をかける」ことには反対すると強調。「この種の行動は外交関係に関するウィーン条約の規定を超えていると思う」「もし彼らが、悪意と偏見によって地方政府の問題に干渉しようとするなら、あるいは根拠もなく中国を非難しようとするなら、我々は断固としてこれに反対する」と述べた。
https://www.cnn.co.jp/world/35128766.html 
 

続きを読む

1: 名無しさん 2018/02/19(月) 00:30:09.02 _USER9
【2月18日 AFP】中国チベット自治区ラサ(Lhasa)中心部のチベット仏教で最も神聖な場所の1つとされるジョカン寺(Jokhang Temple)で17日、火災が発生した。死傷者の情報はなく、被害状況も現在のところ明らかになっていない。

 国営新華社(Xinhua)通信は、1300年以上の歴史があり、国連教育科学文化機関(UNESCO、ユネスコ)の世界遺産にも登録されているジョカン寺で火災が発生したのは午後6時40分(日本時間同日午後7時40分)ごろで、火は間もなく鎮火したと報じている。

 国営紙チベット・デーリー(Tibet Daily)によると、火は間もなく鎮火し、死傷者は出ておらず、現場の状況は落ち着いているという。

 ソーシャルメディアに投稿された画像によると、建物の一部の屋根から黄色い炎と濃い煙が立ち上っていた。

 中国がアクセスを遮断しているツイッター(Twitter)では、国外のチベット人たちがこの火災に関する写真やコメントなどが即座に検閲を受けていると指摘している。

 英ロンドンを拠点に活動するチベット学者のロバート・バーネット(Robert Barnett)氏は、ラサの情報筋の話として「この火災に関する写真や非公式なニュースを配信した人々は警察に脅されている」とツイートした。(c)AFP

2018年2月18日 14:19
AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3162941


続きを読む

↑このページのトップヘ