中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:サッカー

1: Egg ★ 2019/02/07(木) 19:48:36.11
スクリーンショット 2019-02-07 22.50.41

中国国内では「ベスト8」という結果を「やっぱりそうか」と受け止める向きが多いという。UAEで取材していた中国人記者は、中国代表について、こう話す。

「前回大会でベスト8だったので、今回の中国代表には4強入りが期待されていました。タイに勝って準々決勝に進んだ時は多少なりとも希望を持ったサポーターもいましたが、イラン戦の内容には失望感が大きすぎた。リッピはタイムアップの笛が鳴る前にベンチを立つ始末で、試合後の記者会見で選手を称える言葉の1つも出せなかった。それほど内容が乏しかったのは確かです」

 その要因を分析すると、リッピの戦術を中国代表選手たちが十分に把握・実践できなかったことが大きいようだ。

 前出の記者が続ける。

「イタリア代表のリッピは多様な戦術を選手に植え付けていたと聞きますが、中国の選手たちには、そこまでの理解力や器がなかった。リッピも妥協して約束事をできるだけシンプルにし、選手たちに徹底させようとしました。それでロシアの最終予選ではチーム状態が上向き、結果的にも改善が見られたのですが、今回は成果が出なかった。12月には海南島で長期合宿を組み、チームの一体感や熟成度を高める時間は十分あったはずなのに、結果にはつながらなかったんです」

 さらに、指揮官への批判も高まっているようだ。

「リッピの推定年俸は年間13億円で、2年3カ月の間に35億円くらいはもらっていたはず。『高額サラリーに見合った成績を残していない』という見方をする人は少なくない。

ただ、中国サッカー界の重鎮にはイタリアの黄金期を作った名将を崇拝する傾向があって、彼のやり方に誰も口を出さなかった。いわば『丸投げ』です。そういう中国サッカー界の体質も問題だと感じます」(前出の記者)

金満体質は、中国代表チームに限った話ではなく、中国スーパーリーグを含めたサッカー界全体に言えることだ。経済発展で巨額マネーを手にした中国企業は、習近平国家主席のサッカー熱もあいまってサッカークラブへの投資を競ってきた。その結果、クラブは潤沢な資金を持つようになり、選手たちの年俸も飛躍的に向上した。高年俸を得る選手はプライドが高くなり、人の話に耳を傾けなくなった者もいるという。

 北京在住のサッカー記者はこんな危惧を口にする。

「中国史上最強と言われる02年日韓ワールドカップの頃の中国代表は謙虚な姿勢を示す選手が多かったんです。イングランド・エバートンなどで長くプレーした李鉄、2008年の東アジア選手権で日本代表の鈴木啓太に『のど輪』を食らわせたことで有名になった李偉峰らは、メディアに対しても紳士的な振る舞いを見せてくれました。ですが、今はメディアより選手の方がはるかにリッチで、社会的地位も上なので、われわれを見下してロクに話をしようともしません。選手の意識がガラリと変わったと痛感させられます。国際的には大した実績もないのにリッピに尊大な態度を取った選手もいたでしょうから、監督側もやりづらかったと思います」

 巨額マネーが選手育成やサッカー環境の整備に活用されればよかったが、企業の投資の行く先は選手や監督の年俸など目に見える部分に偏ってしまった。それも近年の中国サッカーの失敗だと、前出の北京在住記者はズバリ指摘する。

「中国は政治家もスポーツ界のリーダーも3~4年単位でコロコロ変わる傾向が強い。そうなると長期的ビジョンを持つのが難しくなります。サッカーに関しては特にそうで、『知名度のある指導者を連れて来ればいい』とだけ考えて、サポート体制を構築するのを二の次にしてしまう。2010年代の監督を見ると、元スペイン代表監督のホセ・アントニオ・カマーチョ、マルセイユやリヨンで成功したアラン・ペラン、リッピと名前だけを見ればそうそうたる面々が来ていますが、内容はむしろ後退しているといった方がいいかもしれない。『金が毒になった』という指摘は的を射ていると思います」

選手育成や指導者養成、環境整備が遅れているという意見が中国サッカー協会に響いただろうか。アジアカップ敗退直後の1月31日には、中国協会とブラジルサッカー連盟の提携が発表され、10万人の育成カテゴリーのブラジル人コーチを受け入れる計画も明らかにされた。今後15年以内にブラジル人コーチを継続的に派遣して、中国の学校でサッカーの先生として働いてもらい、ブラジル流のコーチングシステムを丸ごと導入するということだが、中国とブラジルのサッカー環境や特徴には差があるのに、いきなり異国のやり方を受け入れるのは難しい。「ブラジル人指導者の雇用の受け入れ先になるだけ」といった冷めた目線で見るメディアもあるようだ。

2/7(木) 16:00配信 アエラ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190207-00000008-sasahi-socc&p=1

続きを読む

1: Egg ★ 2019/01/25(金) 19:30:12.15
1

サッカー中国代表のリッピ監督(70)(イタリア)は24日、退任を表明した。ロイター通信によると、
同日のアジア杯準々決勝でイランに敗れた後の記者会見で、「契約は終了し、中国での旅は終わった」と語った。

2006年のワールドカップ(W杯)ドイツ大会で母国を優勝に導いたリッピ監督は、
16年から中国代表監督を務めていた。(UAE・ドバイ 星聡)

1/25(金) 19:06配信  読売新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00050066-yom-socc

続きを読む

1: Egg ★ 2018/12/04(火) 05:55:49.01 _USER9
スクリーンショット 2018-12-04 7.47.32

ついに名手が、慣れ親しんだ赤いキットに別れを告げる。

 日曜日、元オランダ代表のMFアリエン・ロッベンが声明を出し、今シーズンいっぱいでバイエルン・ミュンヘンを退団すると発表した。34歳のウインガーとドイツ王者の現行契約は2019年6月末まで。延長交渉は行なわれず、そのままフリートランスファーとなるようだ。

【画像】「美人すぎる」「セクシーすぎる」ワールドクラスの妻&恋人たち

 2009年夏に鳴り物りでバイエルンに入団。この9年間で掴んだタイトルは合計13個で、ブンデスリーガが7度、DFBポカール(ドイツカップ)が4度、そしてチャンピオンズ・リーグとクラブワールドカップがそれぞれ一度ずつと輝かしい。今シーズンはここまで膝の怪我などでベンチ外となるケースがあるものの、公式戦14試合に出場して5得点・2アシストとしっかり存在を示している。

 来夏以降の身の振り方はまったくの未定としており、現役続行か引退かも明確にはされていない。そこで、母国オランダのスポーツラジオ局『NOS Langs de Lijn』がロッベン本人を直撃し、その胸中に迫った。

 なにを置いても、バイエルンを離れるという決断そのものが痛みを伴ったという。

「本当に難しい選択だったよ。僕のキャリアのなかで一番だったといっても過言ではない。いろんな出来事が走馬灯のように蘇ってね。でももう決めたことさ。残る時間を大切に過ごしたいと思う。先のことかい? 正直に言うよ。プレーを続けるか、引退するか、あらゆるオプションがある。それが事実なんだ」

 現役を続ける条件として挙げたのは、“家族の同意”だ。「もし現役を続けるなら100パーセントの確信がなければやらない。ベストを尽くせるか、楽しくやれるかも大事だ」と話したうえで、「それは家族も同じ。妻と子どもたちも楽しめる生活じゃなくちゃいけない。家族はいつもひとつだからね」と説明した。

 これはドイツやオランダをはじめとした西欧諸国ではなく、アメリカやアジアという地での新たな生活を意味しているのか。インタビュアーが兼ねてから噂されている
中国スーパーリーグからの誘いについて問うと、ロッベンはあっさりとこれを否定した。

「まだなにも決めてはいないけれども、中国あるいは中東のクラブでプレーするというオプションは存在しない。とにかくいまはオープンに物事を考えているよ。いくつかのオファーがあるのは確かだ。よく吟味して、ゆっくり決めたい。といってもあまり時間はないんだけどね」

つづく

12/4(火) 5:08 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181204-00010000-sdigestw-socc

続きを読む

1: 久太郎 ★ 2018/11/02(金) 13:25:50.48 _USER9
スクリーンショット 2018-11-02 13.55.48 1

【AFP=時事】サッカー中国スーパーリーグ(1部)の山東魯能(Shandong Luneng)でプレーするブラジル人FWジエゴ・タルデッリ(Diego Tardelli)が、試合前の国歌演奏で顔をさすっていたとして、中国サッカー協会(CFA)から1試合の出場停止処分を受けた。

 33歳のタルデッリは、先月28日に行われた上海上港(Shanghai SIPG)戦前の中国国歌演奏中、下を向いて右手で顔をさすっていた。この行為を受けて、CFAは先月31日に処分を通達し、「国歌が流れて歌われている時に、タルデッリの取った振る舞いは威厳に欠けており、マイナスの社会的影響を及ぼした」と述べていた。

 中国では昨年、国歌への侮辱行為に厳しい処罰を与える法律が可決されており、中国国歌「義勇軍行進曲(March of the Volunteers)」をめぐって有名選手が処分を受けるのは、タルデッリが初めてのケースではない。

 今回の裁定には、中国版ツイッター(Twitter)の微博(ウェイボー、Weibo)で、「顔を触っていたことが、威厳に欠ける行為だって? それは、少し大げさすぎる」とショックを受けているファンがいる一方で、「CFAの行動のどこが間違っている? どこの出身であっても関係なく、国歌と国旗には敬意を示すべきだ」と処分を支持する声も上がっていた。

 中国サッカー界に世界の注目が高まっている中、ほとんどの国であれば処罰に値しないか軽い罰で済むような行為でも、CFAはピッチ内外の問題に対して出場停止処分をはじめ、罰金や警告を次々と発表している。【翻訳編集】 AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181102-00000015-jij_afp-socc

続きを読む

1: Egg ★ 2018/10/27(土) 23:18:17.41 _USER9
1

『Open Goal』は元スコットランド代表FWデレク・ライオダンのインタビューを掲載した。

デレク・ライオダンは1983年生まれの35歳。かつてハイバーニアンやセルティックでプレーしたストライカーで、スコットランド代表としても3試合に出場した経験を持つ選手だ。

彼は2011年にハイバーニアンから中国超級リーグの陝西宝栄に移籍。しかしわずか9試合の出場に終わり、半年で退団し帰国している。その後は様々なクラブを渡り歩き、現在はフリーエージェントの状態である。

なぜ中国ではうまく行かなかったのか?彼はインタビューに対して以下のように話し、とにかく食事と環境に馴染めなかったと語った。

デレク・ライオダン

「中国リーグへの移籍はひどかったよ。いずれにしても。正直に言えばすべてがね。僕は飢えていた。

食べ物がひどかった。スキャンダラスな食べ物だよ。
チームメイトには夕食に連れて行かれたけど、とにかく飢えたよ。食べ物がひどいから。僕も、同僚のファビオ・フィルマーニもそうだった。彼も食事がダメだった。

我々はプレーンなパスタにトマトソースとパルメザンチーズをかけて食べることしかできなかった。

夜は飢えたまま裸でプールに行くだけだ。食べるものは得られず、酒もなかった。

サッカーもひどかった。ピッチは芝が長すぎて、雨が降れば大きな水たまりができる。フィジオセラピストもおらず、怪我をしたときは鍼治療をするだけだ。

5ヶ月間で3人の監督とプレーしたよ。2位にいたのに解雇された。そして僕も5ヶ月間で退団することになった。

中国に行ったことを後悔しているか?ああ、正直に言えば、ゴミみたいなもんだったね」
中国のリーグで食事が合わなかった選手は彼だけでなく、あのカルロス・テベスもほとんどのメニューを食べられなかったという。

2018年10月27日 19時0分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15508319/


続きを読む

↑このページのトップヘ