中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:カナダ

1: Ψ 2019/02/17(日) 18:08:07.32
5c63d5509a39b-300x202

海外「カナダでチベット人女性が生徒会長に選ばれ、中国人学生たちが激怒」

トロント大学スカボロ校で生徒会長に当選したChemi Lhamoさん。
彼女がチベット系カナダ市民であることが、中国人学生たちの怒りを買っています。

彼女がインスタグラムに投稿した、多大なる支援への感謝と当選への喜びの
メッセージには、中国チベット支配を支持する人間からの罵詈雑言のコメント
で溢れかえる事態に。

彼女は「売春婦」「売国奴」など汚い言葉で罵られ、「生徒会長になどなれる
はずがない。もしなったとしたら、一日も生き延びられないように俺たちが
手を回してやるからな」などと脅す言葉もありました。

トロント大学には中国からの留学生が多く、中国国籍の学生は現在約1万2千人おり、さらにそれ以外でインターネットを通して反発している人間も多くいます。

Lhamoさんは身の危険を感じ、大学側に相談。学生自治会は警備上の懸念から、
彼女のオフィスを一時閉鎖しました。

さらにインターネット上では、彼女が生徒会長になるのを取り止めさせようと
いう署名運動までされています。請願には「彼女は惨めな経験談を生徒たちに
吹き込み、同情で票を集めた」「不合理な政治的主張をしている学外組織と
の繋がりがある」などと片言英語が書かれているそうです。

中国語のメッセージアプリ「微信」上でこの署名運動への参加を呼びかけて
いる人物は「大学の学生自治会が、チベット独立派に支配されかけている」
「我々の学費がこんなことに使われるのか?」「中国人学生が毎年払う何百万
ドルもの金の恩恵を彼女に受けさせるべきではない」と非難しています。

https://livdir.com/joynews/4841

続きを読む

1: みつを ★ 2019/01/27(日) 07:15:29.58
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO4053574027012019000000?n_cid=SNSTW001

駐中国カナダ大使が辞任 トルドー首相要請で
2019年1月27日 6:54

【ニューヨーク=高橋そら】カナダのトルドー首相は26日、同国のジョン・マッカラム駐中国大使が同日付で辞任したと発表した。同氏は昨年12月に逮捕された中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)を巡り、米側への身柄引き渡しが「良好な結果に結び付かない可能性がある」と発言していた。

トルドー首相は26日の声明で「マッカラム氏に駐中大使の役職を辞するよう要請し、受諾した」と語った。辞任の理由は明らかにしていないが、マッカラム氏が孟氏の米側への引き渡しに否定的な発言をしたことを受けた措置とみられる。米国は近くカナダに対して正式に身柄引き渡しを要請する方針で、関係を悪化させたくないカナダ側から米国への配慮が働いた可能性がある。

マッカラム氏は22日に中国語メディアとの会合で孟氏の逮捕にはトランプ米大統領の政治的な意向が反映されていると指摘。逮捕容疑であるイラン制裁違反に関して「カナダは(米国が求める)イラン制裁措置に署名していない」とし、引き渡しが行われない可能性を示唆していた。

マッカラム氏は国防相や市民権・移民相といった内閣のポストを歴任し、2017年から駐中大使に就いていた。

続きを読む

1: ばーど ★ 2019/01/25(金) 10:18:06.67
 【北京=比嘉清太、ワシントン=大木聖馬】カナダ当局が昨年12月に米国の要請で拘束した中国通信機器大手「華為技術」(ファーウェイ)の孟晩舟モンワンジョウ・最高財務責任者(CFO)の身柄の扱いをめぐり、米国と中国の綱引きが激しさを増している。板挟みのカナダは打開策を見いだせていない。

 米国が孟氏の身柄を引き受けるには、カナダの法律により、拘束から60日以内に身柄引き渡し要請の手続きをとる必要があり、今月30日がその期限にあたる。米司法省の報道官は22日、「米国とカナダの犯罪人引き渡し条約によって設定された期限を守る」との声明を発表し、30日までに正式要請する考えを明確にした。

 中国側は、孟氏の身柄が米国に渡るのを阻止しようとけん制を強めている。

 中国外務省の華春瑩フアチュンイン副報道局長は23日の定例記者会見で、米政府による孟氏の身柄引き渡し要請に関連して「(米国側には)いかなる正当な合理性もない」と非難した。

 中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報は23日の社説で、孟氏の身柄を米国に引き渡した場合には「中国の猛烈な報復に遭うことが予見できる」と報復措置を示唆し、「中国の国家の力はカナダよりはるかに強い」とも指摘した。

2019年01月24日 19時26分
YOMIURI ONLINE
https://www.yomiuri.co.jp/world/20190124-OYT1T50013.html?from=y10

続きを読む

1: ムヒタ ★ 2019/01/18(金) 13:47:57.75 _USER
カナダに駐在する中国大使は、次世代の通信規格「5G」の整備で、カナダ政府がアメリカなどと足並みをそろえて中国のファーウェイの通信機器を締め出せば、反発は免れないという考えを示しました。

高速、大容量で通信できる次世代の通信規格「5G」の分野で、中国のファーウェイは、先進的な技術を持つ代表的な企業の1つとして世界各国の通信会社と提携し実用化の準備を進めています。

この5Gを使った情報通信インフラの整備をめぐり、カナダ政府は現在、安全保障上のリスクがあるかどうか検証を続けています。

これについて首都オタワに駐在する中国の盧沙野大使は17日会見し、「カナダがファーウェイを締め出せば反発は免れない。賢明な判断を促す」と述べました。

カナダ当局がアメリカ政府の要請によって先月、ファーウェイの副会長を逮捕して以降、中国当局がカナダ人を相次いで拘束するなど、両国の関係は急速に冷え込んでいます。

アメリカはサイバー攻撃の脅威にさらされるとしてファーウェイなどの製品を政府内で使うことを禁止することを決め、オーストラリアやニュージーランドも足並みをそろえていて、カナダ政府の対応が注目されています。
2019年1月18日 11時24分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190118/k10011782231000.html

続きを読む

1: ひろし ★ 2019/01/18(金) 23:54:17.98 _USER
1

中国外交部の華春螢(ホア・チュンイン)報道官は17日、カナダのフリーランド外相が「中国は全ての国にとって脅威」と発言したことについて、「言葉を選ばずに話している」と非難した。

同日の定例記者会見で、カナダ人記者から「カナダ外相から『この数週間、孟晩舟(モン・ワンジョウ)氏の案件をめぐって中国側がカナダ国民に対して取った行動は全ての国にとっての脅威』との発言があった。この発言を受け入れるか」との質問が出た。

華報道官は「あなたがたの外相は焦り過ぎではないか。言葉を選ばないで話すまでになっている。中国はカナダに対してどんな脅威をつくったというのか」と述べ、「航空機を乗り継ごうとしただけの中国国民がカナダ側によって不合理な拘束を受けた。カナダ側ですら、カナダの法律に違反していないことを認めている。これは中国国民に対するカナダによる威嚇。脅威となっているのはカナダの方だ」と反論。「カナダが焦るのはいいが、言葉を選ばずに発言することがあってはならない。カナダの信用と名声、イメージを大きく損ない、問題解決のメリットにもならないからだ」とも指摘した。

孟氏は中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の副会長兼最高財務責任者(CFO)で、先月1日に米国の要請を受けたカナダ当局に逮捕され、その後、総額1000万カナダドル(約8億2000万円)の支払いなどを条件に保釈となった。一方、中国当局はカナダ人2人を「中国の国家の安全に危害を及ぼす活動」に従事した容疑で拘束。中国で麻薬密輸罪に問われたカナダ人には今月14日、死刑判決が言い渡されている。

全文はソースで
https://www.recordchina.co.jp/b680549-s0-c10-d0063.html

続きを読む

↑このページのトップヘ