中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:オーストラリア

1: どこさ ★ 2020/11/30(月) 21:31:38.92
激化する中国と豪州の貿易対立、500億円分の石炭が海で足止めに
Forbes Ralph Jennings2020/11/30 07:30
https://forbesjapan.com/articles/detail/38446

no title

オーストラリアのスコット・モリソン首相(Getty Images)

中国がオーストラリア産の商品に関税をかけ、
輸入を制限する動きを続ける中、
オーストラリアのスコット・モリソン首相は、
両国の関係が「異常な状態」にあることを認めた。

「両国の間に緊張があるのは明らかだ。
 しかし、それらの緊張は、
 オーストラリアが主権を放棄することによって解決されるものではない」
とモリソン首相は11月26日のテレビのインタビューで語った。
「人々はこれらの問題を認識している」

中国がオーストラリア産石炭の荷揚げを差し止めた結果、
現在、50隻以上のオーストラリアの石炭貨物船が、中国の海上で立ち往生している。
これらの船は総額5億ドル(約520億円)以上の石炭を積んでいるとされる。

中国とオーストラリアの関係は、
オーストラリア政府が5Gネットワークからファーウェイ排除を決めた2018年以降、悪化した。
さらに、今年4月中旬にモリソンが新型コロナウイルスのパンデミックの発生源の、
独立した調査を中国に求めて以来、関係はさらに悪化した。
中国側はこの要求を即座に拒否していた。

その数週間後、中国はオーストラリア産大麦の輸入に80%の関税をかけ、
オーストラリア産牛肉の輸入に新たな制限をかけた。
それ以来、紛争に巻き込まれた品目のリストは急速に増加している。
中国は27日、オーストラリア産ワインに反ダンピング(不当廉売)措置を発動し、
107%以上の保証金を徴収すると発表した。

オーストラリアの外務貿易省によると、中国はオーストラリアの最大の貿易相手国であり、
2019年の取引額は約1850億米ドルに達していた。
この数字は2018年から17.3%上昇し、オーストラリアの輸出の27.4%を占めていた。

英国の調査会社アーガスによると、中国がオーストラリアの石炭を禁止したことで、
価格は歴史的な低水準に下落したという。
オーストラリアは石炭、ガス、鉱物、食品の世界的な主要供給国だ。
中国は今でも鉄鋼業分野でオーストラリア産の鉄鉱石に依存しているという。

オーストラリアのディーキン大学で経営学を教えるスチュアート・オル教授は、
「モリソン首相は恐らく、
 この状況をしばらくは我慢するというシグナルを発しているのだろう」と述べた。
石炭の買い手である中国の鉄鋼メーカーは現在、
需要の減少を受けてさほど多くの石炭を必要としていない。
この状況は、中国が石炭の輸入を差し止める大きな動機になるはずだ。

中国側は先日、モリソン政権に対し、「行動を通じて過ちを正す」よう求めた。
「二国間の関係悪化の根本原因は、
オーストラリアが中国について誤った行動や発言を繰り返し、
 挑発的で対立的な行動をとっていることにある」と、
オーストラリアの中国大使館は23日の声明で述べた。

中国大使館はまた先日、オーストラリアのメディアに、
両国の関係悪化の背後にある14の項目のリストを開示した。
そこには外国投資の制限や、非友好的なメディア報道、
オーストラリアの5Gネットワークからのファーウェイの排除、
台湾や香港、ウイグルへの不当な干渉などが含まれていた。

モリソン首相は26日の記者会見で、
「これらの14項目は、
 オーストラリアが自国の利益のためにやっている措置に関するものだ。
 つまり、これらはこの国の根本的な統治に関わるものなのだ」と述べた。

関連
【中豪関係】中国外務省趙立堅氏のツイートした偽画像にオーストラリア政府が抗議
削除と謝罪要求…
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1606718130/

続きを読む

1: BFU ★ 2020/11/30(月) 15:35:30.94
スコット・モリソン首相は、画期的な戦争犯罪の調査を受けて、オーストラリア国防軍を攻撃する「嫌悪感のある」ツイートを削除するよう中国政府に要求しています。

キーポイント:
中国の外務省のスポークスマンは、オーストラリアの兵士が子供を殺害していることを示す偽の画像をツイートしました
スコット・モリソンは、イメージについて中国政府に正式な謝罪を要求しています
中国は先週、戦争犯罪を犯したとされるオーストラリア兵の行動を「強く非難した」と述べた
中国政府は、オーストラリアの兵士が子供を殺害するという異常で暴力的な偽の画像を投稿しました。これは、両国間の関係が下向きに渦巻く中です。

中国とロシアは、オーストラリアの特殊部隊がアフガニスタンでの戦争中に少なくとも39人の不法殺害を犯したことを発見したブレトン報告の発表を受けて、オーストラリアを攻撃した。

モリソン氏は、政府が中国政府に連絡を取り、Twitterに連絡して投稿を削除したと述べた。

「オーストラリアは、このとんでもないポストについて中国政府に謝罪を求めている」と彼は言った。

「私たちはまた、すぐにその除去を求めています。

「それはまったくとんでもないことであり、いかなる根拠によっても正当化することはできません。中国政府はこのポストを完全に恥じるべきです。」

「中国とオーストラリアの間には間違いなく緊張関係が存在するが、これはあなたがそれらに対処する方法ではない」とモリソン氏は付け加えた。

マライズ・ペイン外相は、彼女がキャリアの中で目撃したソーシャルメディアの偽情報の最も「ひどい」例であるツイートの正当性はないと述べた。

「オーストラリア政府は中国大使を呼び、このツイートに関して大使に謝罪を求めた」と彼女はクエスチョンタイムに語った。

「私たちは、そのメッセージを私たちの大使を通じて北京で直接伝えます。」
続きはソースで

https://amp.abc.net.au/article/12934538?utm_source=abc_news_web&utm_medium=content_shared&utm_content=twitter&utm_campaign=abc_news_web&__twitter_impression=true
no title

no title

続きを読む

1: ブギー ★ 2020/09/15(火) 05:02:50.00
中国の企業が、安倍総理大臣を含む日本や欧米などの政治家や外交官らおよそ240万人の個人情報を収集し、中国が工作活動に使った疑いがあると、オーストラリアのメディアが伝えました。

オーストラリアの公共放送ABCなどによりますと、個人情報を収集していたとされるのは、中国の企業「中国振華電子集団」の傘下にあるデータ関連企業です。

この企業は、およそ240万人分の個人情報をデータベースとしてまとめ、この中には、安倍総理大臣を含む欧米やアジアなどの政治家や外交官、企業経営者などが対象とされていたということです。

情報は生年月日やニュース記事、SNSのアカウントなど、大半は公開されているものですが、中には銀行との取り引きに関する情報や履歴書など、非合法に入手されたものとみられる情報も含まれていたということで、収集された個人情報が中国の工作活動に使われた疑いがあると伝えています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200915/k10012618281000.html

続きを読む

1: マスク着用のお願い ★ 2020/07/09(木) 23:08:37.17
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000188099.html
豪が香港との犯罪人引き渡し条約停止 中国は反発

 「香港国家安全維持法」の施行を受け、オーストラリアが香港との犯罪人引き渡し条約を停止することを発表しました。これに対し、中国政府は「対抗措置を行う権利がある」と反発しています。

 オーストラリアのモリソン首相は9日、中国政府が香港への統制を強める「香港国家安全維持法」の施行したことを巡り、香港との犯罪人引き渡し条約を停止すると発表しました。さらに、香港市民のビザを延長するなどの支援策も明らかにしました。これに対し、中国外務省は「強烈に非難し、我々には対抗措置を行う権利がある」と反発しました。さらに、法律の施行で香港の社会秩序やビジネス環境が向上すると主張したうえで、「両国関係を損なわないよう直ちに立場を変えるよう促す」と警告しました。引き渡し条約を巡っては、カナダやニュージーランドも停止や見直しを表明しています。


2020/07/09 22:48 テレ朝

続きを読む

1: ごまカンパチ ★ 2020/06/27(土) 15:32:28.83
https://news.yahoo.co.jp/articles/ae696e18fe474df16b11189e31711077c0a48d4d
 オーストラリアの連邦警察と情報機関は26日、ニューサウスウェールズ州議会の野党・労働党に所属しているモスルマン議員の自宅と議会内の事務所を捜索した。
モリソン首相は内政干渉をめぐる捜査だと述べた。

オーストラリアでは2018年、中国による活動に関するASIOの機密報告書が一因となり、内政干渉を阻止するための新法が成立。
中国の怒りを買った。
モスルマン氏は今年初め、新型コロナウイルスを巡る習近平中国国家主席の対応を称賛した後、議会の役職を辞任した。

オーストラリアの中国人団体は、海外に浸透工作を展開する中国共産党中央統一戦線工作部との関連を巡って、オーストラリア政府の監視対象となっている。
労働党ニューサウスウェールズ州支部のマッケイ代表は連邦警察とオーストラリア保安情報機構(ASIO)の説明を受けると述べた。

モスルマン氏は捜索について公式声明を出していない。
弁護士はコメントの要請に応じなかった。
現時点で違法行為の罪に問われてはいない。

ASIOの捜索令状を承認したポーター司法長官は声明で、
「政府は、諜報活動や内政干渉に関する法を完全に改定したことから分かる通り、この領域の活動を注視している」と述べた。

モリソン首相は「誰もオーストラリアの活動を干渉しないようにする決意を固めている」とし、
警察とASIOの動きは「この領域での脅威が本物」であることが示されたと語った。
 スクリーンショット 2020-06-28 9.36.57

続きを読む

↑このページのトップヘ