中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:オーストラリア

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ Let it be です 2021/10/06(水) 05:29:26.46 _USER
 【ジャカルタ=川上大介】豪州拠点のサイバーセキュリティー会社が、新型コロナウイルスの感染拡大について、中国湖北省武漢で2019年夏に始まっていた可能性が高いとする報告書をまとめた。中国政府は最初の感染者の発症を19年12月としているが、実際はその数か月前だったとみられるという。

 調査は利用可能な公開情報を基に行われた。感染が広がればPCR検査が増えるとみて調べたところ、武漢の大学などによる検査機器調達の契約額が、19年7月以降に急増していたことが分かったとしている。


讀賣新聞 2021/10/05 22:44
https://www.yomiuri.co.jp/world/20211005-OYT1T50221/

続きを読む

1: 少考さん ★ 2021/09/16(木) 06:27:29.26
※時事通信

米英豪、太平洋で安保連携強化 対中国念頭、原潜技術供与へ
https://www.jiji.com/sp/article?k=2021091600175&g=int

2021年09月16日06時19分

【ワシントン時事】バイデン米政権は15日、インド太平洋地域の平和と安定維持のため、英国とオーストラリアとの3カ国安全保障連携を強化する方針を表明した。米国が原子力潜水艦関連技術を供与。米政権高官は「21世紀の課題」への対応と語るが、急速に軍事力を拡大する中国を念頭に置いているのは明白で、欧州を巻き込んだ米中の大国間競争が加速するとみられる。

(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

続きを読む

1: エクスプロイダー(長野県) [BR] 2021/05/10(月) 22:21:17.02 ● BE:323057825-PLT(13000)
sssp://img.5ch.net/ico/syodai_mona.gif
中国の液化天然ガス(LNG)輸入会社のうち、規模が小さめの少なくとも2社がオーストラリアからの新規購入を避けるよう指示された。
両国関係悪化の貿易への波及が広がっている。

  2社は今後1年の引き渡し用に豪州からLNGを追加購入しないよう政府当局者から口頭で命じられた。
詳細が公開されていないとして事情に詳しい関係者が匿名を条件に述べた。

中国が豪州産LNGを標的、輸入会社2社に新規購入避けるよう命令
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-05-10/QSVRDSDWX2PV01

続きを読む

1: NEO ★ 2021/02/06(土) 22:54:05.53
日本、米国、オーストラリアの3カ国政府がインドも加えた「クアッド」の枠組みで、
テレビ電話方式の首脳会談を開催する方向で調整に入ったことが6日、分かった。

実現すれば初めて。日米豪3カ国は前向きに検討しており、インド政府が同意すれば実現する。複数の政府関係者が明らかにした。

 4カ国首脳会談が実現すれば「自由で開かれたインド太平洋」を目指して連携を強化し、
「航行の自由」などを基調とした国際秩序に挑戦する中国を牽制する意味を持つ。

 菅義偉首相は先月28日にバイデン米大統領と行った電話会談で、クアッドの協力を強化することで一致。
バイデン氏はクアッド構築に対する日本の貢献を評価した。

4カ国は一昨年9月に初の外相会談を開き、昨年10月には東京で2回目の会談を行った。
関係国の間では首脳会談の実施にも期待する声が上がっていた。

 ただ、インドは中国を過度に刺激する事態を避けたい意向をにじませており、当初は外相会談にも消極的な姿勢を示していた。
日本政府関係者は6日、首脳会談について「インドの反応を探っているという状況だ」と語った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ad1d1bf4162e2108bced24d3557c9ad5b4f7672a

続きを読む

1: トリトン(神奈川県) [KR] 2020/12/20(日) 08:14:28.33 BE:844628612-PLT(14990)
sssp://img.5ch.net/ico/ps3.gif
豪からの石炭輸入を禁じた中国に電力難のブーメラン
2020/12/19 07:45
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/12/19/2020121980010.html

中国南部の主要都市で停電が相次ぎ工場もストップ…市民は20階のビルを歩いて上り下り 「火力発電の燃料供給に支障が生じた模様」
中国南部の少なくとも3つの省で電力不足と送電の制限により街路灯が消え、工場の稼働が中断する事態が起こった。
中国当局は「突然の寒波で電力使用量が急増したため」と説明しているが、その一方で
「中国とオーストリアとの外交摩擦が表面化した影響で、オーストリア産の石炭輸入が減少し、火力発電所の燃料供給に支障が出たためではないか」との見方も出ている。

中国の複数のメディアによると、長江よりも南側の浙江省、湖南省、江西省の複数の都市ではここ数年みられなかった大規模な電力不足が発生しているという。「世界最大の雑貨卸売市場」といわれる浙江省義烏市のある地域では、電力供給が制限された影響で、夕方になると街路灯や商店の看板などの灯りが消えた。
義烏のある企業の関係者は中国紙「紅星新聞」の取材に「電力供給の制限により、工場は1日稼働してから3日休業している」と伝えた。

江西省政府は省内の電力使用量が供給を大きく上回ったことから、今月15日朝と夕の電力使用が集中する時間帯を対象に、順次送電の制限を行うと発表した。
湖南省長沙市は景観の照明を中断し、電気ストーブや電気オーブンなど大量の電力を消費する製品の使用を自制するよう勧告している。

続きを読む

↑このページのトップヘ