中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:オリンピック

1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [CN] 2018/10/11(木) 08:37:28.82 BE:448218991-PLT(13145)
sssp://img.5ch.net/ico/aroeri-na32.gif
中国の人権問題を調査しているアメリカ議会の委員会は、中国政府が大勢のウイグル族を
不当に収容し、人道に対する罪を犯している疑いがあると非難しました。そのうえで4年後の
冬のオリンピックの開催地に中国はふさわしくないとして、IOC=国際オリンピック委員会に
見直しを求めていくことを明らかにしました。

中国の人権問題を調査しているアメリカ議会の委員会を率いるルビオ上院議員と
スミス下院議員は10日、記者会見し、中国の人権状況に関する年次報告書を発表しました。

報告書では、中国政府が新疆ウイグル自治区でおよそ100万人のウイグル族を不当に
再教育施設に収容しているとしたうえで、拷問や虐待が行われ、死者が出ているという
情報もあると指摘しました。

そのうえで「少数民族に対するかつてない弾圧で、人道に対する罪を犯している疑いがある」と
非難し、収容に関わっている中国共産党の幹部を対象に、アメリカ独自の制裁を発動するよう
トランプ政権に勧告しました。

さらに会見したルビオ上院議員は、人権が侵害されている中国でオリンピックが開催されるのは
ふさわしくないとして、2022年の冬の北京オリンピックの見直しをIOCに求めていくことを
明らかにしました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181011/k10011666951000.html

続きを読む

1: すらいむ ★ 2018/08/31(金) 12:00:50.77 _USER9 
スクリーンショット 2018-08-31 15.52.01

巨額マネー動くeスポーツ 「五輪競技化」は中国のためのもの?
平林久和(ゲームアナリスト)

 推進派と懐疑派、それぞれがもどかしい思いをしているのではないだろうか。昨今かまびすしいeスポーツについてである。

 eスポーツ推進派にとって、錦の御旗になるのは五輪である。
 2017年10月にドイツ・ローザンヌで行われた五輪サミットで、国際オリンピック委員会(IOC)は「eスポーツの五輪競技化」に向けて前向きに検討を行う旨を発表した。
 2024年パリ大会から、eスポーツが五輪の正式種目になるかもしれない。

 国際的なスポーツイベントでeスポーツを採用する流れはすでにできている。
 2022年に中国・杭州で開催されるアジア競技大会では、eスポーツが公式メダル種目になると表明されている。
 eスポーツ推進派の論者は、五輪を錦の御旗に掲げて「2018年はeスポーツ元年」と主張する。

 しかしながら、五輪という威光をかさに着たことで反作用も起きている。
 「汗をかかないeスポーツ(=コンピューターゲーム)はスポーツではない」という、eスポーツ懐疑派からの素朴な批判にさらされているのだ。

 「五輪種目だ」VS「スポーツではない」。
 こんな水掛け論が、今日も日本のどこかで展開されているのではないだろうか。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

iRONNA 2018/08/30
https://ironna.jp/article/10573?p=1

続きを読む

1: すらいむ ★ 2018/06/20(水) 11:00:35.71 _USER9
【フィギュア】不正採点で中国人審判処分 自国選手に過剰な高評価 羽生結弦V2の平昌五輪

 国際スケート連盟(ISU)は19日、平昌冬季五輪のフィギュア男子で中国選手に対する不正な採点があったとして、同国の女性審判に2年間の資格停止と2022年北京五輪での審判資格を禁じる処分を科したと発表した。
 2連覇を果たした羽生結弦(ANA)のライバルで4位だった金博洋に、出来栄え点(GOE)や演技点で過剰に高評価を与えたと認定された。

 ペアを担当した中国の男性審判は、銀メダルだった同国の隋文静、韓聡組への不正採点で1年間の資格停止となった。

 フィギュアでは02年ソルトレークシティー五輪のペアで発覚した不正採点事件を機に、透明性を高める目的で6点満点から現行の加点方式導入に踏み切った経緯がある。(共同)

産経ニュース 2018.6.20 10:51
https://www.sankei.com/sports/news/180620/spo1806200045-n1.html

続きを読む

1: ダーさん@がんばらない ★ 2018/03/05(月) 15:05:21.22 _USER
雪のない山、半干ばつ地区…どうやって北京で冬季五輪を開催?IOCが心配

no title

2018年2月24日、北京北部のゲレンデで、スノーボードを楽しむ人々(GREG BAKER/AFP/Getty Images)

フィギュアの羽生結弦選手、スピードスケートの高木那奈・美帆姉妹、小平奈緒選手の活躍が華々しく、過去最多メダル数を記録した韓国平昌オリンピックが閉幕した。関係者はすでに次なる北京大会に目を向けているはず。開催地・北京の環境が気になるところだが、国際オリンピック委員会(IOC)は、周辺の河北地域は降雪量がわずかで、さらに半干ばつ地域であるとして、競技環境を懸念している。

IOCは2015年8月31日、クアラルンプールで開いた総会で、2022年冬季オリンピック開催地を中国・北京に決定したと発表した。北京は2008年の夏季五輪開催地でもあり、夏冬両大会が同一都市で開催されるのはオリンピック史上初めて。五輪は2018年平昌オリンピック(韓国)、2020年東京オリンピック(日本)に続き、3大会連続で東アジアでの開催となる。

しかし、2008年北京夏季大会の開催は、「平和の祭典」との五輪憲章に背くとして、中国共産党による弾圧を受けるチベット、ウイグル、信仰団体や民主活動家、人権擁護の各団体や個人が抗議し、開催の反対を呼びかけた。チベットのダライ・ラマ13世と親交のあるアメリカの俳優のリチャード・ギアも映画の記者会見で、北京五輪のボイコットを訴えた。

また、冬季には石炭による集中暖房システムや、盆地形による大気の停滞で、北京・河北は大気汚染がひどくなり、選手たちの健康に危害をもたらすとの懸念もある。実際、2008年五輪では合宿地として、欧米勢を中心に約25カ国が日本での最終調整を行った。大気汚染についてはIOC医事委員長が「健康に深刻な問題を引き起こすことはない」と疑念を打ち消す発言をしている。

no title

2017年冬、可視範囲は500メートルという北京の深刻な大気汚染レベル(ネット写真)

降雪量少なすぎる北京冬季五輪 IOC「完全に人工雪に頼ることになる」

これらの大気汚染や人権問題など、北京開催に懸念されている複数の問題のうち、IOCが最も心配しているのは、冬季大会にもかかわらず「雪がない」ことだ。会場予定地の延慶の平均積雪量はわずか5センチで、一番少ない積雪記録は1センチ。1998年以後、降水量は減少の一途をたどり、昨年の年間降水量400~500ミリで「半干ばつ地区」となっている。

北京冬季五輪では、フィギュアスケートやカーリングなど氷上競技を北京市中心部で、アルペンやボブスレーなど雪上競技は市中心から90キロ離れた延慶と160キロ離れた張家口で開かれる予定だ。

no title

北京冬季五輪の会場となる予定の張家口、延慶、北京市内と各種目。オリンピック開閉会式は、2008年でも使用された北京の鳥の巣スタジアムで挙行予定(大紀元資料室)

ソース:大紀元 2018年03月04日 13時00分
http://www.epochtimes.jp/2018/03/31608.html


続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [MX] 2018/02/20(火) 11:32:19.24 BE:323057825-PLT(12000)
 平昌五輪フィギュア男子シングルは羽生結弦(ANA)が圧巻の舞いで金メダルを獲得し、66年ぶりとなる五輪連覇を果たした。
銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)ら実力者が最高のパフォーマンスで大会を彩ったが、中国人ジャッジの不正採点問題が浮上。調査が行われるというスキャンダルに発展している。
スペイン地元紙「ムンド・デポルティーボ」など海外メディアが一斉に報じている。

 記事によると、男子フィギュアで7番目のジャッジを務めた中国人のチェン・ウェイグアン氏が、採点を操作した疑惑が浮上。
297.77点で4位に入った金博洋(中国)に対して高得点を与えたことが問題視されており、
「他のジャッジは日本のハニュウ・ユヅル、ショウマ・ウノ、スペイン人のハビエル・フェルナンデスに続く4位に終わった中国人のスケーターのプログラムに明確に低い採点をしていた」と報じられている。

 中国人ジャッジによる中国人スケーターに対する採点には疑問符が付いた。プログラム・コンポーネンツ・スコア(構成点)では他のジャッジが7点台をつけている要素で9点台を連発。
一方、メダル争いのライバルとなったフェルナンデスや宇野に対して、9人中で最も低い評価を下している。

 国際スケート連盟の規律委員会はこの不正ジャッジを調査する方針を固めたという。
ドイツ人コミッショナー、フォルカー・ワルデック氏は「我々はこの問題を注視している」と語っており、1年間の資格停止処分を受ける可能性が浮上している。

 この問題はメキシコテレビ局「ウニビジョン」、ドイツ地元紙「南ドイツ新聞」も報じるなど、世界に波及している。

フィギュア、中国人審判の不正採点疑惑が浮上 自国選手の高得点で調査へ…海外一斉報道
http://news.livedoor.com/article/detail/14326284/

続きを読む

↑このページのトップヘ