中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:ウイグル

1: nemo(アメリカ合衆国) [GB] 2018/10/18(木) 11:48:50.39 ● BE:725951203-PLT(26252)
----------
“中国で不当に拘束” 在日のウイグル族が日本に支援要請

中国で大勢のウイグル族が不当に拘束されているとして国際社会の懸念が強ま
る中、日本で暮らすウイグル族の人たちが17日に外務省を訪れ、不当な拘束を
やめるよう中国政府に圧力をかけてほしいと求めました。

国際的な人権団体やアメリカ議会の委員会の報告書によりますと、中国の新疆
ウイグル自治区では、イスラム教を信仰するウイグル族などがテロ対策を名目
に不当に当局の施設に収容され、思想教育を強制されたり虐待が行われたりし
ていると指摘されていて、その数は100万人に上るとの見方もあります。

日本で暮らすウイグル族の人たちは17日、国際的な人権団体「アムネスティ・
インターナショナル」日本支部のメンバーとともに外務省を訪れました。参加
者によりますと、日本のウイグル族の間では、2年ほど前から新疆ウイグル自
治区にいる家族や親族が拘束されたり連絡が一切取れなくなったりするケース
が相次いでいるということで、外務省の担当者に支援を求める文書を手渡しま
した。

文書は「日本政府が国際社会と共に中国政府に圧力をかけ、強制収容されてい
る人の釈放などを要求することを強く願う」と訴えています。

申し入れのあとウイグル族の男性は「私たちにはほかに訴えるところがありま
せん。日本政府にはこの深刻な事態に声を上げてほしいです」と話していまし
た。

外務省は「出された意見を踏まえ、今後の対応を検討したい」としています。
----------
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181017/k10011675401000.html
no title

続きを読む

1: ホムンクルス◆oN7dKohdLoRV 2018/10/17(水)10:30:35
中国当局による少数民族ウイグル族への弾圧に国際社会が批判を強める中、亡命ウイグル人でつくる「世界ウイグル会議」のラビア・カーディル議長が、世界の活動家らと少数民族の尊厳や権利の擁護を訴える国際連帯組織を東京都内に設立することが16日、分かった。
26日に国会内で結成大会を開く。弾圧を受ける当事者が広範な国際組織をつくるのは初めてで、人権問題をめぐる中国への強い牽制となりそうだ。

ラビア氏らの新組織は「自由インド太平洋連盟」。事務局は、これまで各自が個別に活動を行ってきた実績のある東京に置く。

26日はラビア氏のほか、インド北部ダラムサラに拠点を置くチベット亡命政府の議員や、世界南モンゴル(中国・内モンゴル自治区)会議の代表、幹部らが来日し、インド、ベトナムの活動家らと協力して連盟を立ち上げる。日本の支援者も加わる。
各地の少数民族が中国などから受ける迫害の実態を踏まえ、人権状況の改善を訴える宣言を採択する予定だ。
(続きはソースで)

THE SANKEI NEWS 2018.10.17 05:00
https://www.sankei.com/smp/world/news/181017/wor1810170003-s1.html

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(家) [US] 2018/10/14(日) 15:41:24.85 BE:844628612-PLT(14990)



英BBC、中国臓器移植産業の闇を報道
https://www.epochtimes.jp/2018/10/36992.html


t_ceqegkxirpfjrmyzazk4


英BBCは10月8日、『誰を信じるべきか?中国の臓器移植』(Who to Believe? China’s Organ Transplants)
と題する番組で、中国臓器移植産業の闇に迫った。

カナダのデービッド・マタス弁護士らは近年の調査で、中国での臓器移植件数は年間10万件と推計している。
しかし、ドナー数と一致せず、待機時間が数日~数週間という短さから、巨大な「生きた臓器バンク」が存在しているのではないか、
と国際社会から疑いの目を向けられている。

BBCは、7月にスペイン・マドリードで開かれた年次国際臓器移植会議(TTS)に出席した中国「臓器移植界の権威」とされる衛生部副部長・黄潔夫氏を取材した。

黄氏「中国ではすでに1万5千のドナーがいる」
記者「毎年の手術件数は十万件ともいわれているが…」
黄氏「その質問はナンセンスだ。答えたくない」
記者「自分が中国の病院に電話したら、すぐに肝臓移植ができると言われた。どうしてこれが可能なのか?」
黄氏「その質問は聞きたくはない、答えたくない。誰かの政治的意図がある質問には答えない」

中略

ヒル記者は、最近、新疆ウイグル自治区の収容施設では100万人ものウイグル人が収監されており、
法輪功学習者のように、共産党政権による集中管理できる施設で、強制的な臓器移植用の「ドナー」を作っているではないかと報じた。

同じくスタジオに出演した、中国臓器移植問題について詳しい在英ジャーナリスト、イーサン・ガットマン氏は、
中国が発表した臓器移植件数と、実際の手術数、ドナー数が合致していないのは明らかで、ドナー以外の臓器の出所元は、拘束されたウイグル人、チベット人、
思想犯として囚われた法輪功学習者、地下協会信者などが考えられると述べた。

ガットマン氏は、BBCのヒル記者のラジオ放送番組で「中国が臓器を収奪するのはお金のため?」との問いに、
「共産党政権の敵対勢力を消去する目的がある」と答えた。

中略

米国の中国問題に関する連邦議会・行政府委員会(CECC)は、10日に発表された中国人権報告書の中で、あらためて無実の人に対する臓器収奪問題に懸念を示した。

続きを読む

1: nemo(アメリカ合衆国) [US] 2018/10/11(木) 18:36:54.82 ● BE:725951203-PLT(26252)
NHKニュース
----------
中国 再教育施設を設置できる条例制定 ウイグル族拘束正当化か

中国西部の新疆ウイグル自治区で、過激思想の影響を受けた人物を再教育する
とした施設の設置を可能にする条例が制定されました。国際的な人権団体から
は、少数民族のウイグル族を大勢拘束している施設を正当化しようとする動き
ではないかと警戒する声が上がっています。

中国西部の新疆ウイグル自治区には、イスラム教を信仰する少数民族のウイグ
ル族が多く住んでいます。

地元政府は、宗教の過激化を防ぐためとして、過激思想の宣伝を禁止し、違法
な宗教活動を取り締まることなどを定めた条例を去年から施行しています。

この条例が11日までに改正され、過激思想の影響を受けた人物に再教育を行い、
社会復帰を支えるとした「職業技能教育訓練センター」を設置することを可能
にする新たな規定が設けられました。

アメリカ政府は、ウイグル族がテロ対策などを名目に不当に拘束されていて、
その数は数十万人にも上ると指摘していますが、中国政府は、法に基づく治安
対策をわい曲し、中傷するものだなどと反論しています。

今回の条例改正について、国際的な人権団体からは、ウイグル族を収容する施
設に法的な根拠を与え、正当化しようとする動きではないかと警戒する声が上
がっています。
----------
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181011/k10011667601000.html
no title



続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [CN] 2018/10/11(木) 08:37:28.82 BE:448218991-PLT(13145)
sssp://img.5ch.net/ico/aroeri-na32.gif
中国の人権問題を調査しているアメリカ議会の委員会は、中国政府が大勢のウイグル族を
不当に収容し、人道に対する罪を犯している疑いがあると非難しました。そのうえで4年後の
冬のオリンピックの開催地に中国はふさわしくないとして、IOC=国際オリンピック委員会に
見直しを求めていくことを明らかにしました。

中国の人権問題を調査しているアメリカ議会の委員会を率いるルビオ上院議員と
スミス下院議員は10日、記者会見し、中国の人権状況に関する年次報告書を発表しました。

報告書では、中国政府が新疆ウイグル自治区でおよそ100万人のウイグル族を不当に
再教育施設に収容しているとしたうえで、拷問や虐待が行われ、死者が出ているという
情報もあると指摘しました。

そのうえで「少数民族に対するかつてない弾圧で、人道に対する罪を犯している疑いがある」と
非難し、収容に関わっている中国共産党の幹部を対象に、アメリカ独自の制裁を発動するよう
トランプ政権に勧告しました。

さらに会見したルビオ上院議員は、人権が侵害されている中国でオリンピックが開催されるのは
ふさわしくないとして、2022年の冬の北京オリンピックの見直しをIOCに求めていくことを
明らかにしました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181011/k10011666951000.html

続きを読む

↑このページのトップヘ