中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:インドネシア

1: どこさ ★ 2021/07/11(日) 23:42:55.61
日本では、7月23日から開催される東京オリンピックの主要会場での無観客が決まるなど、コロナ感染拡大が止まらない事態になっているが、
東南アジアでの感染拡大ペースはそれ以上になっている。

東南アジア諸国連合(ASEAN)に加盟する各国では、一部を除いて感染者や感染死者が急激に増加しており、極めて深刻な状況に陥っている。

特にASEAN域内最大、世界第4位の人口約2億7000万人を擁するインドネシアでは、
5月にイスラム教の断食明け大祭で多くの国民が故郷に帰省してまた都市部に戻るという恒例の「民族大移動」が、
政府や州政府の「帰省制限」にも関わらず大々的に行われ、その結果、6月から感染者、感染死者が激増した。

こうした中、国民をさらに不安に陥れるニュースが報じられている。治療にあたる医療関係者の感染死が相次いでいるというのだ。
しかも、亡くなった医療関係者の多くは、「優先接種」で中国製ワクチンの接種を受けていたという。

そのため中国製ワクチンに対する不信感が高まっているのだが、さらに最近、衝撃的なニュースが伝えられた。
中国製ワクチンの臨床試験を担当していた責任者が新型コロナに感染し、死亡したのだという――。

7月9日現在、インドンシアのコロナ感染者は245万5912人、これまでの感染死者は6万4631人と、
人口による母数が多いこともあるが、ASEANでは断トツの数字となっている。

一日の新規感染者数も6月末には2万人台になり、7月に入ると3万人以上を記録。
一日の感染死者も1000人前後を記録し続けるという極めて深刻な事態に直面している。

インドネシアの場合、2020年3月に最初のインドネシア人感染者が確認されて以降、感染防止対策としてワクチン接種を政府主導で進めてきた。
政府が導入したのは中国製ワクチンだった。無償提供などで積極的に「ワクチン外交」を進める中国政府の思惑に便乗する形でもあった。

そのワクチンはシノバック・バイオテック社製とシノファーム社製だ。当然のことながらインドネシア当局が独自に臨床試験を実施し、安全性・有効性を確認した。
昨年9月以降に実施されたインドネシア国家食品医薬品監督庁の治験では、シノバック製ワクチンの予防効果は65.3%あるとされ緊急使用が認められた。

これに基づき2021年1月13日にはジョコ・ウィドド大統領が「国際接種第1号」として中国製ワクチンを接種した。
その模様はマスコミを通じて全国に流され、「国民も速やかに接種を受けるように」とのメッセージとなった。

その後、大統領に続いて政府の要人、国会議員、国軍兵士、国家警察関係者、宗教界要人などへの接種が医療関係者とともに進められている。

だがその後も感染拡大は収まらなかった。しかも感染は一般の国民だけでなく、コロナの治療にあたる医療関係者にも広がっていった。
この医療関係者の感染は当初、防護装具の不足や感染者隔離の不徹底などが原因と考えられていた。

また、感染した医療関係者にはワクチン接種が間に合わなかった者が多いとされたため、さらなる接種が急ピッチで進められた。
ところが、実態は違ったようだ。2021年6月17日に、中部ジャワ州クドゥス県で、シノバック社製のワクチンを接種していた医療関係者350人以上が感染し、
うち少なくとも数十人が入院して治療中との報道が流れ、インドネシア国内に衝撃を与えた。

この頃から国民の間に「中国製ワクチンの有効性」への疑念の声が広がり始めた。中には「成分は水ではないか」といった極端な見方も出始めた。
また感染拡大の中心になりつつあるインド型変異株に対する中国製ワクチンの有効性に問題があるのではないか、との見方も広がっている。

そもそもインドネシアでは、中国製ワクチンの接種開始直後から、その有効性について疑問の声が上がっていた。
そのため、政府や州政府がワクチン接種を積極的に奨励しているにも関わらず、インドネシア人、そして在留日本人を含む外国人の間には
「中国製ワクチンだけは回避したい」という声が多かった。それでも、インドネシア政府は中国製ワクチンの接種を勧めるしかなかった。

この「中国製ワクチンに対する不安」に追い打ちをかけるように、6月22日、米ニューヨークタイムズ紙は
「中国製ワクチンに頼った国は感染拡大の危機にある」という趣旨の記事を掲載し、中国製ワクチンに対する警鐘を鳴らした。
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/66030

続きを読む

1: ミザール(SB-Android) [AU] 2021/06/26(土) 20:30:31.98 BE:478973293-2BP(1501)
sssp://img.5ch.net/ico/imanouchi_2.gif
医師14人、ワクチン接種にもかかわらずコロナで死亡 インドネシア
 インドネシアで、少なくとも14人の医師が、規定回数のワクチン接種を受けていたにもかかわらず、
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で死亡していたことが分かった。
同国の医師会が25日、発表した。
同国ではワクチン接種を受けた医療従事者が重症化するケースが相次いでいる。

 同国で新型ウイルスによって死亡した医療従事者は、累計で1000人近くに上っている。
インドネシア医師会(IDI)は、新型ウイルスに感染して死亡した医師401人のうち14人がワクチン接種を完了していたと明らかにした。

 同医師会の新型コロナ対策責任者、モハンマド・アディブ・クマイディ(Mohammad Adib Khumaidi)氏は記者団に対し、
14人以外の死亡した医師が、ワクチン接種を完了していたかどうかを確認していると述べた。

 人口2億7000万人のインドネシアは、主に中国製薬大手シノバック・バイオテック(Sinovac Biotech)製のワクチンを使用して、
1億8000万人以上の接種を来年初めまでに終える計画だ。
しかし、接種を受けていたにもかかわらず、重症化する医療従事者が増えていることで、その有効性に疑念が生じている。

 中ジャワ(Central Java)州では今月、接種を受けていた医療従事者300人以上が、
新型ウイルスに感染していることが確認され、うち十数人が入院した。

 インドネシアは、感染力の強い「デルタ株」などの新たな変異株への対応も迫られている。
https://www.afpbb.com/articles/-/3353629?cx_amp=all&act=all

続きを読む

1: 影のたけし軍団 ★ 2021/06/17(木) 17:10:02.70
インドネシアで新型コロナウイルスのワクチン接種を受けた医師350人以上が新型コロナに感染し、数十人が入院している。

感染した医師は、中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製のワクチンを接種していた。
複数の当局者が明らかにした。

一部のワクチンが、感染力の強い変異株にどこまで効果があるのか懸念が生じている。

中部ジャワ州クドゥス県の保健局長によると、大半の医師は無症状で、自宅で自主隔離しているが、
数十人は高熱と酸素飽和度低下で入院している。

クドゥス県では、感染力が強いデルタ株が流行しているとみられ、病床使用率が90%を超えている。
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-indonesia-idJPL3N2NZ239

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/09/16(月) 16:06:19.43
no title

no title

no title

続きを読む

1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [DE] 2018/12/21(金) 22:23:09.10 BE:844481327-PLT(12345)
【シンガポール=吉村英輝】インドネシアは21日までに、南シナ海南端のナトゥナ諸島に、軍事基地を開設した。
同諸島北側海域は、インドネシアの排他的経済水域(EEZ)だが、中国が南シナ海の大部分を管轄していると主張する根拠の境界線「九段線」と一部が重複し、違法操業を続ける中国漁船の拿捕(だほ)などをめぐり、両国は対立してきた。
インドネシアは警備体制を強化し、中国の一方的な海洋進出に対抗する。

現地メディアなどによると、基地は同諸島の本島、大ナトゥナ島に建設され、地対空ミサイルや軍港、飛行機格納庫、病院などの軍用施設が整備された。

https://www.sankei.com/world/news/181221/wor1812210012-n1.html
no title

no title

続きます

続きを読む

↑このページのトップヘ