中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:アリババ

1: ムヒタ ★ 2018/09/08(土) 13:43:29.96 _USER
スクリーンショット 2018-09-08 18.30.07

 【上海=松田直樹】米ニューヨーク・タイムズ紙などは8日、中国電子商取引(EC)最大手、アリババ集団の馬雲(ジャック・マー)会長が10日にも退任すると報じた。アリババ広報は日本経済新聞の取材に「コメントできない」と述べた。

 ニューヨーク・タイムズなどによると、馬氏は退任後に教育分野を中心とする慈善活動に力を入れる意向だ。アリババを起業する以前は中国で英語教師として勤務しており、引退後は自らの名前を冠した財団の設立も計画しているという。

 アリババは1999年に創業し、馬氏が一代で時価総額が4000億ドル(41兆円)を超える企業に成長させた。「淘宝網(タオバオ)」や「天猫(Tモール)」などの名称でECサイトを展開し、中国の消費生活に革命的な変化をもたらした。

 馬氏は2013年に「インターネット業界で48歳の私はもう若いとはいえない」として、最高経営責任者(CEO)職を退任した。近年は15年に就任したダニエル・チャンCEOが実質的な経営トップとしてグループを率いており、馬氏は対外活動などに専念していた。

 アリババの18年3月期のグループの売上高は2502億元(約4兆円)で、純利益は639億元だ。中国国内でアリババのECを頻繁に利用する年間のユーザー数は6億人に迫り、中国を代表する企業の一つである。
2018/9/8 12:05
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35143320Y8A900C1NNE000/

続きを読む

1: 名無しさん 2018/09/06(木) 07:39:45.04 _USER
1

 ソフトバンク系のスマートフォン決済サービス運営会社「ペイペイ」(東京)と、中国の電子決済サービス最大手「支付宝(アリペイ)」運営会社の日本法人(同)は5日、両社のスマホ決済を利用できる店舗拡大に向けて事業提携すると発表した。両社は、中国からのインバウンド(訪日客)向けにアリペイ、日本人向けにはペイペイとサービスを棲み分けながら、日本でのキャッシュレス(非現金)決済の普及を目指す。

 ペイペイとアリペイは、両社それぞれのスマホ決済アプリで共通して読み取れるQRコードの店頭への掲示を進めることで合意。小売店や商店にとってはペイペイに加盟することで、中国最大手のスマホ決済であるアリペイ利用者の消費も取り込めるようになる。今後、ペイペイとアリペイのアプリ利用者間で送金できるサービスでも連携する方針だ。

 ペイペイは、ソフトバンクやヤフー、インド最大手のスマホ決済事業者「Paytm(ペイティーエム)」の3社が国内で10月から開始予定のスマホ決済サービス。6月から加盟店の決済手数料を無料にして営業活動を展開している。

 5日に開かれたアリペイのイベントに登壇したペイペイの中山一郎社長は、来年1月末までの期間限定で加盟店に決済額の1%を還元する方針も発表。同様に決済手数料無料で加盟店開拓を進めるLINE(ライン)に対抗する。

 一方、アリペイは同日のイベントで、国内のバス車内でアリペイで決済できる支払機のデモを報道陣に公開した。今後、空港と都市間を結ぶバス路線などに支払機を導入し、訪日客の利便性向上を目指す。

 アリペイは6月に沖縄都市モノレールで決済の実証実験を行ったほか、地方の加盟店開拓の牽引(けんいん)役として地銀と協力するなど、アリペイの普及によるインバウンド消費拡大で地方経済活性化に貢献する考えだ。
2018.9.6 06:13
https://www.sankeibiz.jp/business/news/180906/bsj1809060500001-n1.htm

続きを読む

1: ラテ ★ 2018/07/27(金) 06:02:34.30 _USER
フジテレビはアリババ集団系のネット動画の配信事業者と提携する。7月から日本のドラマを中国全土で配信する。フジの海外事業は中国やアジア圏の成長を取り込み、大きな収益源に育っている。日本テレビ放送網などもアジア圏での配信を強化しており、成長が著しい海外市場を開拓する動きが増えそうだ。

フジはアリババ傘下のネット動画サービス「YOUKU(ヨウク)」と組む。
2018年7月27日 2:00 [有料会員限定]日本経済新聞
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO33453500W8A720C1TJ3000?s=3

続きを読む

1: ラテ ★ 2018/07/23(月) 16:26:06.30 _USER
スクリーンショット 2018-07-23 18.21.22

JR九州と中国・アリババ集団は23日、中国人観光客の九州への送客で戦略的提携を結んだと発表した。アリババの旅行予約サイト「フリギー」を通じて九州の観光地を紹介しながら魅力を伝える。JR九州は九州内でアリババのスマートフォン決済サービス「支付宝(アリペイ)」の導入を促進する。2023年度に中国から九州へ100万人の送客を目指す。

フリギーのサイトには1日平均1000万人以上が訪問する。アリババはデータテクノロジーを活用し、日本と親和性の高い中国人観光客を見極めて効果的に誘客する。フリギーへの出店企業と共同で九州観光のモデルルートを作り、旅行商品をサイト内で販売する。まずは18年10月から19年3月の半年間でアリババを通じて5万人の送客を実現させるという。

2018年7月23日 13:35 日本経済新聞
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO33276860T20C18A7LX0000?s=2

続きを読む

1: ばーど ★ 2018/03/21(水) 15:32:47.91 _USER9
 【上海】中国のインターネットや電子商取引、ソーシャルメディアで圧倒的な存在を誇る百度(バイドゥ)、アリババグループ、テンセントホールディングスが自動車セクターにも進出し、既存の大手自動車メーカーを脅かしている。

 頭文字を取って「BAT」と呼ばれる3社は、電気自動車の新興企業、相乗りサービス、自動運転およびオンライン自動車販売用ソフトウエアのプラットフォームなどに多額の資金を投じている。

2018 年 3 月 19 日 11:53 JST
ウォール・ストリート・ジャーナル
http://jp.wsj.com/articles/SB11879568435714574337704584110350414160642

続きを読む

↑このページのトップヘ