中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:アメリカ

1: 名無しさん 2017/02/13(月) 12:31:45.74 _USER
2017年2月13日、人民日報海外版は、米国時間10日にドナルド・トランプ米大統領就任後初となる日米首脳会談が行われたことについて「日本は同盟関係を盲目的に信用し、道を誤った」と題する評論記事を発表した。

記事は、今回の訪米で安倍晋三首相は「目的達成のためにスケジュールを周到に組み、全力でパフォーマンスを行ったが、期待通りの効果が得られなかった」と分析している。

その理由としてまず「日米同盟関係の難題が未解決」との点を挙げ、共同声明で「普天間飛行場の辺野古移設が唯一の解決策」としたことについて「安倍首相は帰国後に沖縄県から圧力を受けることになる」と論じた。

また、「トランプ大統領は安倍首相のシナリオ通りには演じてくれなかった」とし、「会談では尖閣諸島問題を含む東シナ海、南シナ海情勢について、基本的にオバマ政権時代の発言の繰り返しに留まり、共同記者会見では米中友好を強調さえした」と伝えている。

さらに、日米経済協力の先行きも「日本に大きな憂慮を与えた」と説明。「アメリカ・ファーストを意識した、向こう10年でインフラ分野に1500億米ドル(約17兆円)を投資し、70万人の雇用と4500億ドル(約51兆円)のインフラ市場を創造するというプレゼントは、見栄えこそ美しいが実行するのは困難。しかも、そこに隠された高速鉄道輸出の狙いは、必ずしもトランプ大統領の意向と一致しない」と論じた。

また、「会談では、日本は故意に貿易や為替レートなどの問題点を回避した」などとし、「日本国内から自国の利益を代価に米国にすり寄るやり方に疑問の声が出ている」とも伝えた。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170213/Recordchina_20170213018.html
27: 名無しさん 2017/02/13(月) 12:38:14.72 
>>1 
> 期待通りの効果が得られなかった 

それは日米離間工作が失敗した 
キンペーのセリフだろw 

42: 名無しさん 2017/02/13(月) 12:41:48.67 
>>1 
>「日本は同盟関係を盲目的に信用し、(中国は)道を誤った」 

という事か 
まあ中国が言うなら合ってるんじゃねえの(棒) 

61: 名無しさん 2017/02/13(月) 12:45:00.08 
>>1 
>「安倍首相は帰国後に沖縄県から圧力を受けることになる」 

まるで事前に仕込んだかのような言い方 
誰に指示したか具体名も書けよ 
その方が日本はびびって「中国すげぇー、絶対敵わねぇー」ってなるからさ、だから誰に指示したかきっちり具体名を書けよ


続きを読む

1: 名無しさん 2017/02/11(土) 04:04:17.56 _USER9
 トランプ大統領も、尖閣諸島はアメリカの日本に対する防衛義務を定めた日米安保条約の対象となることを確認し、

安倍首相が共同会見で明言しました。(11日03:27)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2980895.html

951: 名無しさん 2017/02/11(土) 07:03:28.68 
>>1 


   ∧∧  
  / 支\  
  ( ;`ハ´) ・・・。 


2: 名無しさん 2017/02/11(土) 04:04:43.77 
うむ よくやった
続きを読む

1: 名無しさん 2017/02/10(金) 13:38:05.65 _USER9
トランプ氏、「一つの中国」尊重に同意 習氏と電話会談

 米ホワイトハウスによると、トランプ大統領は中国の習近平国家主席との電話会談で、習氏が「一つの中国」政策への尊重を要請したことに対し、同意したという。
 両氏の会談は温かいもので、双方の国への訪問を招待したという。

朝日新聞DIGITAL 2017年2月10日13時26分
http://www.asahi.com/articles/ASK2B4DWCK2BUHBI018.html

60: 名無しさん 2017/02/10(金) 13:44:32.58 
>>1 
なんか言ってる事が二転三転しそうだなあ 
今後の政策も突然翻る可能性は大きい 
安部は大船に乗って余裕こいてればいいよw 


124: 名無しさん 2017/02/10(金) 13:48:45.06 
>>1 
ソースが人民日報日本だから、嘘くさいねw 


149: 名無しさん 2017/02/10(金) 13:50:35.36 
>>1 
コレ調べたらソースは噓っぽいな 
日本のネットでも「そのようだ」って感じでつたえてるだけだ 
欧米の配信ネタ知ってる奴いるか? 


162: 名無しさん 2017/02/10(金) 13:51:18.63 
>>149 
CNN 


503: 名無しさん 2017/02/10(金) 14:19:11.62 
>>149 

cnnがどこのネタ元として取材したの? 
それとも補佐官の定例発表の場で?
続きを読む

1: 名無しさん 2017/02/06(月) 23:01:40.78 _USER
 【北京=西見由章】2015年末に中国人民解放軍が新設した戦略ミサイル部隊「ロケット軍」が今年に入り活発な動きをみせている。開発中の大陸間弾道ミサイル(ICBM)、東風(DF)5Cの発射実験を実施したのに続いて第1列島線(九州-沖縄-台湾-フィリピン)上の米軍基地や日本本土、台湾などを狙う新型準中距離弾道ミサイルDF16の配備訓練も公開した。核戦力増強が持論のトランプ米大統領を牽制する狙いもありそうだ。

 中国メディアは春節(旧正月)期間中、ロケット軍の旅団がDF16搭載の発射用車両を山地に展開する様子を紹介。同型は15年に北京で行われた軍事パレードで初公開された高性能ミサイルで、正確な命中精度が特徴とされる。

 一方、米ニュースサイト「ワシントン・フリービーコン」によると1月上旬、中国は10発の弾頭を搭載するDF5Cを山西省の衛星発射センターから発射し、西部の砂漠に着弾した。中国国防省も地方テレビ局の取材に「国内で計画に基づき実験を行うのは正常だ」と回答し、事実上認めた。

 中国国内では昨年12月末、移動式長距離弾道ミサイル、DF41が黒竜江省内で輸送される様子をとらえた写真がネット上に拡散。ロシア国境付近に配備されたとの観測が広がり、中国外務省は1月中旬の会見で「ネット上の臆測にすぎない」と打ち消したが、米国に向けた牽制の可能性もある。

 DF5Cと41はいずれも米本土に届くミサイルだが、前者は発射前に燃料注入が必要な液体燃料を採用している。

 中国が保有する核弾頭は260発程度とされ、7千発以上の米露と比べると著しい差がある。中国は初の原爆実験に成功した1964年以降、核兵器の「先制不使用」を表明し、相手に核攻撃を思いとどまらせる抑止力に主眼が置かれる。

 ただ、米軍の「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備などを受けて、米軍のミサイル防衛に対抗するため核戦力の増強を求める声も根強い。

http://www.sankei.com/world/news/170206/wor1702060031-n1.html
http://www.sankei.com/world/news/170206/wor1702060031-n2.html
27: 名無しさん 2017/02/06(月) 23:43:45.77 
>>1 
中国は先に上下水道を整備すべき 

29: 名無しさん 2017/02/07(火) 00:00:00.00 
>>27 

その前にトイレのドアな。 

5: 名無しさん 2017/02/06(月) 23:04:03.06 
R団?


続きを読む

1: 名無しさん 2017/02/04(土) 01:28:00.72 _USER9
米長官の尖閣防衛発言に反発=「問題を複雑化」と中国外務省

【北京時事】中国外務省の陸慷報道局長は3日夜、マティス米国防長官が沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)について、日米安保条約の適用対象と確認したことを受け、「米側は釣魚島の主権問題で誤った発言を停止し、問題をさらに複雑化させたり、地域情勢に不安定要素をもたらしたりすることのないようにすべきだ」と反発する談話を発表した。

 
 陸局長は「釣魚島は中国固有の領土であり、歪曲(わいきょく)できない歴史的事実だ」と改めて領有権を強調。日米安保条約を「冷戦時代の産物だ」と批判した上で、「中国の領土主権と正当な権益を損なってはならない」と主張した。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170204-00000009-jij-cn

57: 名無しさん 2017/02/04(土) 01:44:01.05 
コイツらチュンころどもは、こうやって南京大虐殺も捏造してんだよ。 


5: 名無しさん 2017/02/04(土) 01:29:44.07 
 | 
 | 
 |__∧  / 
 |Д`∩ 尖閣は日米安保の適用対象だぞ! 
 |  ノ \ 
 | / 
 |__) 
            ∧_∧l|l  聞こえないアル 
            (l|l `ハ´) 
           ⊂    つ 
            (  ヽノ 
            レ\__フ 

続きを読む

↑このページのトップヘ