中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:アメリカ

1: マスク着用のお願い ★ 2020/07/15(水) 06:37:34.81
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000188459.html
米が台湾のミサイル更新を承認 中国は制裁を表明


中国政府は台湾に地対空「ミサイル・パトリオット」の装備品を売却するアメリカのロッキード・マーチン社に制裁を科すと発表しました。

 アメリカ政府は、台湾に配備されたパトリオットの更新に必要な装備の売却と技術支援を承認し、議会に通知したと発表しました。これに対し、中国外務省は「台湾への武器の売却に断固反対する」と反発し、主な受注先であるロッキード・マーチン社に制裁を科すと表明しました。「国の利益を守るために必要な措置を取る」としています。ただ、制裁の具体的な中身には触れていません。

2020/07/15 00:20 テレ朝

続きを読む

1: サイベリアン(光) [US] 2020/07/08(水) 21:04:08.88 ● BE:201615239-2BP(2000)
1

アメリカ政府が、WHO=世界保健機関から脱退すると国連に通知したことについて、中国外務省の報道官は「国際的な感染防止に向けた努力を破壊しようとするものだ」と批判し、WHOを支持する姿勢を改めて強調しました。

アメリカのトランプ政権は、WHOの新型コロナウイルスへの対応が「中国寄りだ」と繰り返し批判し、6日には、WHOからの脱退を国連のグテーレス事務総長に正式に通知しました。

これについて、中国外務省の趙立堅報道官は、8日の記者会見で、「国際的な感染防止に向けた努力を破壊しようとするものだ。特に、国際的な支援を必要としている発展途上国に対して、深刻なマイナスの影響を与える」と述べ、アメリカを批判しました。

そのうえで、「国際社会に対しては、多国間主義に向けた共通認識を深め、WHOへの支持を強化して世界の公衆衛生上の安全を守っていくよう呼びかける」と述べ、WHOを支持する姿勢を改めて強調しました。

一方、WHOは、新型コロナウイルスがどのように広がったかを調べるため、専門家を中国に派遣するとしていましたが、趙報道官は、これに同意したことも明らかにし、協調姿勢をアピールするねらいもあるとみられます。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200708/k10012505181000.html

続きを読む

1: しじみ ★ 2020/07/08(水) 04:39:40.85
1

アメリカ政府高官は7日、NHKの取材に対して、トランプ政権がWHO=世界保健機関から来年7月6日に脱退することを国連のグテーレス事務総長に正式に通知したことを明らかにしました。トランプ政権は、WHOの新型コロナウイルスへの対応が中国寄りだとして批判し、脱退の意向を示していました。

NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200708/k10012502781000.html

続きを読む

1: ユキヒョウ(東京都) [UA] 2020/07/07(火) 01:17:40.95 ● BE:295723299-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
中国が新型コロナウイルスは「アメリカ病」と非難
2020年7月6日(月)17時50分
ニューズウィーク日本版

<1日の新規感染者数が世界最悪の5万5千人を超えてなお有効な対策をとらず感染拡大中のアメリカを、中国が「世界に感染を広げる」と警告>

中国の国営メディアはCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)対策を誤ったとトランプ政権を酷評し、この病気を「アメリカ病」と形容し、 トランプ積怨の失敗が世界に脅威を与える可能性があると警告した。

中国共産党の機関紙「人民日報」傘下のタブロイド紙「環球時報」は、7月3日の社説で、アメリカにおける新型コロナウイルスの流行は「完全に制御不能だ」と論じた。

アメリカでは7月2日、新型コロナウイルスの1日の新規感染者数が5万5000人を超え、12月に中国中部の武漢市で始まったパンデミック(世界的大流行)の記録を更新した。アメリカでは、トランプ政権が引き続きこのウイルスを甘く見ており、地方の対応もまちまちで、有効な対策が打てていない。

トランプ政権の新型コロナウイルス対策に関わる米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長は先ごろ、現在の傾向が逆転しなければ、アメリカの新規感染者は1日10万人増えるかもしれないと語った。

以下ソース
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/07/post-93883.php

続きを読む

1: ごまカンパチ ★ 2020/06/30(火) 21:27:44.05
https://news.yahoo.co.jp/articles/0195ccf4b55d108f52d6cd5803571a5847d302e8
 中国共産党が少数民族のイスラム教徒に対して不妊手術や中絶の強要、強制的な産児制限を行っているとする報告書について、
ポンペオ米国務長官は29日、「ショッキング」で「憂慮すべき」内容だとして中国を強く批判した。

報告書は、ドイツ人研究者のエイドリアン・ゼンツ氏が新疆ウイグル自治区の状況についてまとめ、
ワシントンを本拠とするシンクタンク、ジェームスタウン財団が公表した。
ポンペオ長官は、報告書の内容について、中国共産党の数十年間にわたる政策と一致しており、
「命の神聖さと人間の基本的な尊厳を完全に無視するものだ」と語った。

その上で
「中国共産党は、こうした恐ろしい慣行を即時停止すべき」とし
「非人間的な虐待行為の停止を米国とともに要求するよう全ての国に呼び掛ける」とした。

報告書は、ウイグル自治区の2地域で出産年齢の既婚女性の14─34%を対象にした大規模な不妊計画の存在を指摘するなどしている。
スクリーンショット 2020-07-01 7.41.29



続きを読む

↑このページのトップヘ