中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:アメリカ

1: 名無しさん 2018/05/26(土) 07:24:39.74 BE:448218991-PLT(13145)
スクリーンショット 2018-05-26 8.36.12
アメリカのトランプ大統領が米朝首脳会談の中止を表明したことについて、中国外務省は
「会談開催に向けて全力を尽くし、条件を整えることが急務だ」と対話を促しました。

 中国外務省は記者会見で「トランプ大統領は適切な時期に金正恩委員長と会談する姿勢を崩していない」と首脳会談の開催中止を米朝双方が完全に望んでいないと強調しました。
そのうえで「米朝双方に根回しを進める」と述べ、対話再開に向けて積極的に関わる姿勢を明らかにしました。一方、北朝鮮の態度が変わった背景に中国の影響があると示唆する
トランプ政権に対しては「中国は建設的な役割を果たしていて、よこしまな意図はない」と不快感をあらわにしました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000128126.html

続きを読む

1: 名無しさん 2018/05/24(木) 23:04:03.90 _USER9
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180524/k10011451421000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

米朝首脳会談 6月12日開催せず トランプ大統領が書簡
5月24日 22時55分米朝首脳会談
シェアするhelptwitterfacebookline
アメリカのトランプ大統領は、来月12日に東南アジアのシンガポールで開催を予定していた北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長との首脳会談について、今は適切ではないとして開催しない考えを明らかにしました。これはトランプ大統領がキム委員長に宛てた書簡で明らかにしました。


続きを読む

1: 名無しさん 2018/05/24(木)13:12:40 ID:???
1

2018.05.24 Thu posted at 10:40 JST

ワシントン(CNN) 米国防総省は23日、今年の環太平洋合同演習(リムパック)への中国海軍の招待を
取り消すと発表した。
リムパックは米海軍が隔年で開催しており、多国間の海上軍事演習としては世界最大規模。

国防総省の報道官は声明で、「中国の振る舞いはリムパックの原則や目的にそぐわない」としている。

米当局者によると、招待撤回はマティス国防長官がホワイトハウスと調整したうえで決定した。
中国政府は最近、南シナ海でミサイルシステムを配備したり爆撃機を初めて着陸させたりしており、
こうした動きを受けた決定だという。

同当局者はまた、中国による対艦ミサイルや地対空ミサイル、電波妨害装置の配備を示す画像を米国が独自に
入手しているとも明らかにした。

中国は先週、南シナ海の島に長距離爆撃機を初めて着陸させたと発表。一帯での中国の軍事的プレゼンス拡大をめぐり、
近隣諸国や米政府との間で改めて軋轢(あつれき)を生じさせる結果となっていた。

(以下略)

https://www.cnn.co.jp/usa/35119691.html


続きを読む

1: 名無しさん 2018/05/24(木) 01:00:36.73 _USER9
1

http://www.afpbb.com/articles/-/3175718?cx_module=latest_top


2018年5月23日 22:00 発信地:北京/中国
【5月23日 AFP】在中国の米国大使館は23日、中国に駐在する米政府職員1人が「異常な」音を聞いて脳に軽度の損傷を受けたとして、健康状態について注意するよう呼び掛けた。この件に似た不可解な事態は、キューバに駐在していた外交官らの間でも発生している。

 大使館の報道官によれば、中国南部の都市である広州(Guangzhou)に配属されていた職員が軽度外傷性脳損傷(MTBI)と診断されたことを受け、米中両国の当局がこの件に関する調査を進めているという。

 中国に滞在する米市民に送付された警戒を呼び掛けるメールで米大使館は、症状の原因や同国内で同じような事態が起きているかについて分かっていないとしている。

先の報道官は、2017年後半から2018年4月までの間、この職員に「身体にさまざまな症状」が現れ、米国へ戻らせたところ、今月18日にMTBIと診断されたと明かし、「(米国務)省は本件を非常に深刻に受け止めており、その原因と影響の特定に取り組んでいる」「中国政府は米大使館に対し、同政府も調査を行い、適切な措置を取っていると保証している」と述べた。

 米政府は昨年、キューバで米外交官24人とその家族が原因不明の不可解な攻撃を受けて、脳損傷に似たけがをする被害に見舞われたと発表。カナダの外交官とその家族にもまた、こうした症状がみられた。

 北京に駐在する米大使館の職員は匿名でAFPの取材に応じ、「現時点では、本件と(キューバの)ハバナで起きたことを結びつけることはできないが、あらゆる可能性を調査している」と話した。(c)AFP

続きを読む

1: 名無しさん 2018/05/23(水) 02:00:49.11 _USER
アメリカのトランプ大統領が、中国に対して、北朝鮮が非核化に応じるまで国境の取り締まりを強化し圧力を緩めるべきではないと警告したことについて、中国外務省の報道官は、貿易や交流は国連の安全保障理事会の制裁決議を順守したうえで行っているとして問題ないと反論しました。
トランプ大統領は、21日、ツイッターへの投稿で、「中国と北朝鮮の国境が最近だいぶ緩くなり、北朝鮮に流れ込む物が増えているという話がある」と指摘したうえで、中国に対して、北朝鮮が非核化に応じるまでは国境の取り締まりを強化し圧力を緩めるべきではないと警告しました。

これについて、中国外務省の陸慷報道官は、「中国は一貫してみずからが担う国際的な義務を厳格に履行している」と述べ、北朝鮮に対する国連安全保障理事会の制裁決議を順守していると強調しました。

そのうえで、「友好的な隣国として、国際的な義務に違反しない前提で経済や貿易などを含めた交流を行っており、いかなる矛盾もない」と述べ、問題ないと反論しました。
NHK
5月22日 19時51分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20180522/k10011448531000.html

続きを読む

↑このページのトップヘ