中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:アメリカ

1: ニライカナイφ ★ 2018/11/12(月) 20:57:03.78 _USER9
中国は、南シナ海の紛争しているスプラトリー諸島の連鎖に配備されたミサイルシステムシールドを解体するよう米国に警告された。

ワシントンがこの問題に直接対処したと考えられるこの動きは、先週の第2 回米中外交・安全保障対話での高水準の会談後の声明で明らかになった。

貿易戦争の緊張がワシントンでの会議を支配すると予想された。

しかし、それは米国務長官のマイク・ポンピオ、国防長官のジム・Mattisとその反対の数字、北京有数の外交官楊潔チと国防相一般魏Fenghe間の議論の中に鮮明になった南シナ海での軍事力増強しました。

「米国は、中国がスプラトリー諸島の紛争の多い地形からミサイルシステムを撤収するよう求め、すべての国が強制や脅迫による紛争解決を避けるべきであることを再確認した」と述べた。

東南アジア諸国とワシントンでは、中国が世界で最も重要な海上レーンのひとつである以前は無人島、サンゴ礁、環礁の周りに防空地帯を建設しているとの懸念が高まっている。

北京は国際法を無視し、島は中国の不可欠な部分であると主張し、軍事基地は建設された。

米国とその同盟国は、世界第2位の経済が主権国であると考えているところに近いところで、船舶と航空機の送付を停止することをXi Jinping大統領の政府から伝えられている。

それに対応して、マッティスは、米国が「国際法が許す限り、飛行し、航行し、運航する」ことを明確にした。

昨年、米国とその同盟国は、重要な海路を3兆米ドル?5兆米ドルの価値のある商品や製品との国際貿易に不可欠な南シナ海での操縦を行ってきました。

「中国側は、それが中国の島と岩礁の近くの船や軍用機の送信を停止し、中国当局とセキュリティの利益を損なう行為を停止する必要があることを米国にそれは明らかにされ、」シニア・外交政策顧問ヤンは言いました。

マティスは6月、シンガポールのシャングリ・ラー・ダイアグラム・サミットで、28のアジア太平洋諸国の国防相から、以前の不毛の島々やサンゴ礁に対する「軍事化」の脅威について語った。

中国の海軍とミサイルの存在が直面している問題の概要を述べると、彼は「脅迫と強制」の問題を提起した。

「中国の南シナ海における人工地形の軍事化には、対艦ミサイル、地対空ミサイル、電子ジャマー、さらに最近ではウッディ島での爆撃機の着陸が含まれる」とマティス氏は述べた。

「中国の反対の主張にもかかわらず、これらの兵器システムの設置は、脅迫と強制のために軍事用途に直接結びついている」と彼は付け加えた。

しかし、戦略国際研究センターのインド太平洋安全保障を専門とするPatrick G Buchanによると、これはちょうどオープニング・ギャンブルに過ぎない。

同代表は、中国は長期的な戦略を持っており、同地域における「最大の力」を目指していると強調した。

"中国は大きなゲームを語り、不可避の優位性を神話にもたらす価値を理解している。それは魅力的で合理的にもっともらしいメッセージです。しかし、この文脈では、インドの太平洋の政治的、軍事的、経済的な力となる中国の終焉を理解することが重要です。

「本質的に、中国は合衆国を撤退させ、死に至らしめ、それが戻ってこないことを確かなものにしようとしている。この目的のために、中国はstatecraft toolkitのすべてのツールを利用している」と彼は続けた。

「それは、人工島に対艦・地表間ミサイルシステムを配備し、米国と同盟諸島を海洋に襲撃し、安いお金のまわりを飛び回り、外国の航空会社に台湾をどのように指すべきかを指示する」前記。「インドパシフィックの多くの国では、現在、中国はゲームの色調を設定している。批判的に、米国はそうしていない」とBuchanは付け加えた。

写真=PLA海軍の2機のJ-15戦闘機が中国の空母、遼寧省から離陸準備をしている
no title


http://www.atimes.com/article/us-tells-china-to-remove-missile-systems-in-south-china-sea/

続きを読む

1: ばーど ★ 2018/11/10(土) 22:15:23.03 _USER9
【ワシントン=黒見周平】ペンス米副大統領は、パプアニューギニアで17日から開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で、インド太平洋諸国を中心とした社会基盤(インフラ)整備のため、最大600億ドル(約6兆8000億円)の支援を行うことを表明する。米政府関係筋が明らかにした。

ペンス氏は首脳会議で演説し、米中間選挙後のトランプ政権の対中国政策として、日本や豪州と連携し、中国主導の巨大経済圏構想「一帯一路」に対抗する考えを打ち出す見通しだ。トランプ政権は中国に対し、南シナ海での米海軍による「航行の自由作戦」などで安全保障上の圧力を強化することに加え、社会基盤支援でも影響力を拡大する考えを示す狙いがある。

11/10(土) 11:10
読売新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00050139-yom-int

続きを読む

1: みつを ★ 2018/11/09(金) 00:03:01.69 _USER9
no title


キッシンジャー元米国務長官が中国訪問、釣魚台で王毅外相と会談
2018年11月8日 19:24 
発信地:北京/中国 [ 中国 中国・台湾 ]

【11月8日 AFP】米外交政策の重鎮ヘンリー・キッシンジャー(Henry Kissinger)元国務長官は8日、中国・北京の釣魚台迎賓館(Diaoyutai State Guesthouse)を訪れ、同国の王毅(Wang Yi)外相と会談した。(c)AFP

https://cdnph.upi.com/svc/sv/i/7061541686324/2018/1/15416864662672/Henry-Kissinger-visits-Beijing-after-warning-against-US-China-conflict.jpg

続きを読む

1: ばーど ★ 2018/11/08(木) 19:03:24.18 _USER9
スクリーンショット 2018-11-08 22.41.18

アメリカの中間選挙の結果がトランプ政権への大きな打撃となったことについて、中国外務省の報道官は皮肉交じりにコメントしました。

中国外務省・華春瑩報道官:「中間選挙は米国の内政の話です。コメントしないし、コメントできません。また(米国の選挙に中国が)干渉しようとしているって批判されるでしょ」
 
トランプ大統領はこれまでの選挙戦で「中国が中間選挙に介入している」として繰り返し批判してきましたが、中国の報道官のコメントはこの批判を逆手に取った形です。アメリカとの貿易摩擦が激しさを増すなか、今回の中間選挙の結果に嫌味の一つも言いたくなったのかも知れません。一方で、「選挙結果がどうなろうと中国が対米関係を重視することに変わりはない」「米中関係の安定した発展を願う」とも述べ、今後のアメリカとの関係改善に期待を示しました。

2018/11/08 07:04
テレ朝ニュース
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000140319.html

続きを読む

1: 朝一から閉店までφ ★ [DE] 2018/11/05(月) 21:39:19.66 _USER9
Record china配信日時:2018年11月4日(日) 18時50分

2018年11月1日、米華字メディア・多維新聞は、米国のトランプ大統領が中間選挙を前に、米国で生まれた子どもに国籍を与える「出生地主義」を大統領令で廃止する考えを示したという英メディアの報道を伝えた。

米国では親が外国人や不法移民でも国内で生まれた子どもには米国国籍が付与される。これは憲法で規定された「出生地主義」に基づく制度。米国のほかにカナダやブラジルなど30数カ国がこの制度を採用している。

記事によると、同制度を廃止するというトランプ大統領の考えに中国の中産階級家庭は神経をとがらせている。制度の廃止により「米国で出産する中国人をターゲットにしたマタニティーセンターなどの産業も深刻な影響を受けることが予測される」とし、
「今後『北京ロマンinシアトル(原題・北京偶上西雅図)』(愛人の子を産むためシアトルに来た中国人女性を描いた映画)のような場面もなくなる」と伝えている。

記事は「同制度廃止の目的は不法移民対策がメイン」とする分析を紹介。不法移民が米国で出産する子どもの数は旅行中に出産する数よりはるかに多いとされ、米国社会の恩恵を長期的に受けるという。

一方で、出産目的で米国に旅行する中国人は中産階級以上であるとされ、出産後はいったん米国を離れ、子どもが米国の公立教育機関に入れる年齢になって再度訪米するため、
享受する社会的恩恵は少ないとしている。なお、2017年米シンクタンクの移民研究センターが公表したデータによると、年3万6000人近い中国人の赤ちゃんが米国で生まれているという。

別の分析では、「トランプ大統領はまだこの政策に関する詳細な事項は明らかにしておらず、廃止による影響を議論するのは時期尚早」とし、「米国政府に特定の規定ができない限り越境出産は継続されるだろう」としている。(翻訳・編集/和田)

https://www.recordchina.co.jp/b658491-s0-c30-d0145.html

続きを読む

↑このページのトップヘ