中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:アマゾン

1: アバカビル(広島県) [CN] 2021/09/05(日) 08:50:36.42 ● BE:932843582-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/purin.gif
世界最大のECプラットフォームAmazonが、中国業者の大規模な締め出しを行っている。アカウントを閉鎖された事業者は5万店舗に上り、損失額は1000億元(約1兆7000億円)を超えるとも言われる。

これに対し、Amazon側は「業者による不正レビューのため」としている。EC業界において架空注文や不正レビューは後を絶たない。やらせの高評価レビューを多数投稿して顧客の獲得を狙うこの方法は、ずっとグレーゾーン扱いだった。
(略)

https://news.yahoo.co.jp/articles/6fd9380d16af0562d401246cfc85b7d0617b912c

続きを読む

1: 香味焙煎 ★ 2021/07/12(月) 18:25:46.19
5月に入ってから、AmazonにおいてAUKEYを始めとした多数の中国製品ブランドの公式ストアが突如アカウント封鎖となり、購入できなくなっている。この状況は7月に入ってからも変わらないわけなのだが、どうも今回Amazonの対策はかなり本気のようだ。

(続きはソースでお読みください)

Impress
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1337554.html

続きを読む

スクリーンショット 2021-02-16 8.24.14
1: 名無しさん必死だな 2021/02/15(月) 21:45:27.24
すぐ壊れすぎだろ

19: 名無しさん必死だな 2021/02/15(月) 22:01:28.31 
情けないけど自分がまったく>>1みたいな感じだから、日本中でアマ中華にだまされたやつ多いんだろうなあ 

4: 名無しさん必死だな 2021/02/15(月) 21:48:01.97 
壊れたら返品するだけだろゴミジャップ 

5: 名無しさん必死だな 2021/02/15(月) 21:50:19.70 
>>4 
返品の手間考えろよハゲ習近平Micropenis 

6: 名無しさん必死だな 2021/02/15(月) 21:50:22.52 
Amazonで国産品買った記憶がない 
国産品買うなら楽天の方が安く買えるし 

Amazonは中華製品でAmazonの手厚いサポートでギャンブルする所 

7: 名無しさん必死だな 2021/02/15(月) 21:50:38.64 
まだ子供の時に母の日にお茶セット買ったら急須が一瞬で割れたな 
返金してもらったけど、返金しない奴相手に稼げたらいいって考えなのかね 

18: 名無しさん必死だな 2021/02/15(月) 22:00:54.23 
>>7 
多分そう 
ダンベル買ったけど箱がびしょびしょに濡れてて破けた上からビニテでぐるぐる巻きで届いて物が悪いから返品しようと思ったけど箱用意しないといけなくなって面倒なのもあって泣き寝入り以来Amazonごと利用しなくなった 
文化から違うんだなと解らされた 

続きを読む

1: 白黒(長野県) [DK] 2020/01/18(土) 21:58:41.64 BE:323057825-PLT(12000)
sssp://img.5ch.net/ico/asopasomaso.gif
米ウォールストリート・ジャーナルによると、米通商代表部(USTR)は、米アマゾン・ドット・コムが米国外で運営する
一部のeコマースサイトを「悪質市場」のリストに加えることを検討しているという。

知財侵害の商品が多数との報告

 USTRは毎年、模倣品や海賊版といった知的財産権を侵害する商品を販売、あるいは販売を手助けしている市場を指定し、公表している。
近くその2019年版を公表する予定だという。

 米国の衣料・靴・縫製製品のメーカーなどを代表する業界団体「アメリカン・アパレル・フットウェア協会(AAFA)」は、
アマゾンの5つの海外サイト(英国、カナダ、ドイツ、フランス、インド)を同リストに加えるよう求めている。

 また、一部のトランプ政権当局者もこれらアマゾンの海外サイトのリスト入りを支持しているという。

 ウォールストリート・ジャーナルによると、このリストは、他国に対して法整備を働きかけたり、
外国企業に対して商慣行を改めるよう促したりする目的で作成している。

 例えばここ最近は、中国アリババ集団の消費者間取引(CtoC)マーケットプレース「淘宝網(タオバオ)」が悪質市場として指定された(「悪質市場」2018年版)。

 このリストは米国の規制を定めるものではない。
しかし企業にとっては不名誉なことであり、営業活動にマイナスの影響を及ぼす。
そしてUSTRが、アマゾンという米国企業の指定を検討しているという状況は、大きな転換点を意味するとウォールストリート・ジャーナルは伝えている。

アマゾン、米政府が「悪質市場」指定を検討中 はびこる模倣品、海賊版、粗悪品にどう対処する?
https://news.yahoo.co.jp/byline/kokuboshigenobu/20200118-00159356/

続きを読む

1: 次郎丸 ★ 2019/04/17(水) 22:05:58.97
米アマゾン、中国撤退か 現地報道
2019年4月17日 21:39
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43867970X10C19A4FFJ000/

【上海=松田直樹】米アマゾン・ドット・コムが中国のネット通販事業から撤退するとの観測が出ている。香港のフェニックステレビが現地メディア発の情報として報じた。中国のネット通販市場では最大手のアリババ集団などが大きなシェアを握り、アマゾンは思うように売り上げを伸ばせず劣勢に立たされていた。アマゾンの中国市場でのシェアは0.6%にとどまっていた。

フェニックステレビによると、アマゾンは中国国内の大半のネット通販事業から撤退する方針だという。海外からの輸入品を販売する越境ECと、電子書籍を販売する「キンドルストア」事業についてはサービスを継続する。ただ、一部の中国メディアはアマゾンが「中国事業から撤退しないと回答した」と報じている。

アマゾンは2004年に中国のネット通販企業を買収する形で中国市場に参入した。ただ、アリババやネット通販2位の京東集団(JDドットコム)などの中国勢が急成長し、物流事業などを強化してサービスの質を上げる中で、アマゾンは存在感を示せずにいた。中国の調査会社によると、アリババが6割超のシェアを握る一方、アマゾンのシェアはわずか0.6%にとどまっていた。

続きを読む

↑このページのトップヘ