中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

タグ:アニメ

1: しじみ ★ 2018/12/25(火) 19:50:08.48 _USER
■動画
领风者 PV1 1080p / The Leader PV1 / Вождь PV1 (тизер) (Chinese Karl Marx an... https://youtu.be/j2uNKxg-AMo


https://www.bilibili.com/bangumi/play/ep258489

「社会主義の父」カール・マルクスの生誕200年を記念したアニメ作品、「領風者」(>>0�の制作が中国で発表されました。ビリビリ動画でPVが公開されており、美形化された若き日のマルクスが見られます。

※「リーダー」の意味。「風」は本来簡体字

イケメンなマルクス(以下、画像はビリビリ動画より)
no title


盟友のフリードリヒ・エンゲルスもかっこいい
no title


やがて世界に多大な影響をもたらす2人
no title


 ビリビリ動画は「中国国産アニメ」事業を推進しており、大規模イベント「MADE BY BILIBILI」では24作品を一挙発表。「領風者」はその1つで、制作は中国の大手スタジオ娃娃魚(「魚」は本来簡体字)が担当します。

 公開の時期や形式などは未発表。トレードマークの豊かなヒゲがないマルクスの姿に、コメント欄の反応は困惑気味ですが、エンゲルスとの関係性などを含め、ときめいた人も少なくないようです。

一般的に知られるマルクスの肖像(ドイツデジタル図書館より)
no title


no title


ねとらぼ
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1812/23/news010.html

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [CN] 2018/12/10(月) 23:08:23.02 BE:194767121-PLT(12001)
スクリーンショット 2018-12-11 7.30.56

【上海共同】宮崎駿監督のアニメ映画「となりのトトロ」が中国本土に初めて正式に輸入され、14日以降、映画館で
デジタルリマスター版が上映される。中国では外国映画の本数規制などのため、宮崎アニメはこれまで
公開されていなかった。約6千カ所の映画館で上映予定という。

 1988年に日本で公開された映画が30年後に中国で上映されることに、宮崎監督は驚いているという。上海で10日、
上映発表会があり、スタジオジブリの星野康二会長は「世界で愛されている作品。見どころはたくさんあるので、
それぞれ自分で見つけてもらいたい」とあいさつした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00000143-kyodonews-cul

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(アラビア) [ヌコ] 2018/07/23(月) 07:13:39.90 ● BE:324064431-2BP(2000)
拒绝网络低俗动漫! 网络平台上动漫作品内容低俗
http://news.cctv.com/2018/07/20/ARTIOWjwbK7JGsRs8C9JBr1l180720.shtml
(映像あり)


批判されている人気作品
1


続きを読む

1: しじみ ★ 2018/07/10(火) 15:14:35.31 _USER
[杭州(中国) 24日 ロイター] - 1990年代、中国の港湾都市・大連で育ったチャン・ホンチャン氏は、
「ドラゴンボール」や「NARUTO─ナルト─」といった日本のマンガにどっぷりと浸っていた。

 テレビで放映される日本のアニメシリーズやマンガはチャン氏や彼の同世代の人々の想像力をとりこにしたが、
それに比べると、中国オリジナルのマンガは色あせて見えた。

 現在、チャン氏は中国で最も人気のある漫画家として、中国アニメの新たなうねりの最前線に立っている。
この潮流を推進しているのは、国内の巨大IT・インターネット企業だ。チャン氏の最新のヒット作は、
道教の僧侶として秘密の超能力を持つ高校生を主人公にしたもので、ネット上での閲覧回数は1億6000万回に達している。

 コンサルタント会社エントグループによれば、
中国のアニメ市場は2020年には2160億元(約3.6兆円)規模に達すると予想されており、
中国のテクノロジー企業は、国産の人気キャラクターを開発・購入する「マンガ軍拡競争」に参戦している。
「ミッキーマウス」から「アイアンマン」に至るウォルト・ディズニー<DIS.N>の成功を再現するのがその狙いだ。

 こうした取り組みの鍵になるのが、チャン氏のような作家の育成である。

 チャン氏は仕事場である杭州のスタジオで
「マンガを書き始めたときは、日本のマンガをまねしていたが、徐々に私自身のスタイルを身につけた」と話す。
このスタジオで彼が描いた作品は、ゲーム開発も手掛ける中国ポータルサイト運営会社
「網易(ネットイーズ)」<NTES.O>のウェブサイトで読者に提供されている。

 「中国の市場を理解し、中国のマンガ読者が何を望んでいるのかを理解するのに時間がかかってしまった」

 騰訊控股(テンセント)<0700.HK>や百度(バイドゥ)<BIDU.O>、ネットイーズなど国内の巨大テクノロジー企業も、
チャン氏と同じことを理解しようと努力しているところだ。

続きはソースで

no title


朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/culture/reuters/CREKBN1JP112.html

続きを読む

1: 相沢雄 ★ 2018/07/09(月) 06:08:00.38 _USER9
2018年7月8日 5時20分 シネマトゥデイ
https://www.cinematoday.jp/news/N0101761

中国の衣装には取材を重ねた - (C) 「詩季織々」フィルムパートナーズ
no title


 大ヒット映画『君の名は。』などを手掛けたコミックス・ウェーブ・フィルムの最新作『詩季織々』(8月4日公開)。現代中国の日常生活や文化、風俗の描写が重要な要素となっている本作で、作画部分を担当した西村貴世と大橋実が制作を振り返った。

【動画】美しさに目を奪われる『詩季織々』予告編

 湖南省、広州、上海の中国各地を舞台にする本作は、忘れられない思い出を胸に大人になった若者たちを主人公に、過去と現在を交錯させて描く青春アンソロジー。中国では生活の基本とされる「衣食住行」が、3つの短編「小さなファッションショー」「陽だまりの朝食」「上海恋」で表現され、1990年代と2000年代中国のごくごく当たり前の日常が描かれていく。西村は「陽だまりの朝食」の作画監督およびキャラクターデザイン、大橋は「小さなファッションショー」の作画監督、および「陽だまりの朝食」調理シーンの監修&作画監督を担当した。


「小さなファッションショー」大橋による作画
no title


 食をテーマにした「陽だまりの朝食」は、北京で働く主人公のシャオミンが雨の日に故郷の湖南省での日々を思い出していると、祖母が体調を崩したという連絡が入る、という物語。実写作品を手掛けてきたイシャオシン監督がアニメに初挑戦した本作では、監督自身の体験を基に、湖南省では馴染み深い汁ビーフンが思い出の食べ物として登場する。日本では主として焼きビーフンが知られているが、調理シーンの作画を担当した大橋は、取材を重ねて現地の料理をアニメーションで描き出した。


おいしそうなビーフン - (C) 「詩季織々」フィルムパートナーズ
no title


 その本領が発揮されているのが、冒頭の場面。通常の場面より多くの絵を用いてスローモーション風に調理の動きを描くことで、目を奪われるほどのみずみずしさと美しさを表現している。「陽だまりの朝食」全体の作画監督を務めた西村から「ここが飛び道具ですよ」と声を掛けられたという大橋は、主役のビーフンの質感を再現するために手書きで作画を行った。3DCGでは再現できないツヤ感や温かみが感じられるものに仕上がっている。


どんぶりなど細部にもこだわりが
no title


 また西村は、イ監督の思い出が詰まった「陽だまりの朝食」について、服装や風俗描写で苦労することも多かったそうで、「中国の方がノスタルジーを感じる風景や食べ物、風俗とは何だろうという思いがありました」と振り返る。食事中の作法や食べ方など、意識しなければつい日本での慣れ親しんだものを描きこんでしまいそうなところだ。そこで大量の資料を提供してもらい、日本人の感覚で決めつけてしまわないように苦慮したという。監督とも可能な限り対話を重ね、設定や参考写真などを基に細部に手を入れていった結果、きわめてリアルな日常風景と人物描写が生まれることとなった。


「小さなファッションショー」作業風景
1


 そして、日常をどのように描くかが重要なのは、CGチーフとして新海誠作品を支え続けてきた竹内良貴が初監督を務める「小さなファッションショー」と、『秒速5センチメートル』で新海監督に憧れを抱いたリ・ハオリンが監督を務めた「上海恋」でも同様。洋服のディテールや中国の学生の格好、雨や雪の日にはどのような姿が一般的なのか。考え始めると疑問は湧きつづけ、細部へのこだわりは増していくばかりだったという。そんな作画へのこだわりにより、年代や地域によって文化が大きく異なる、近くて遠い現代の中国の姿が描きこまれていった。

続きを読む

↑このページのトップヘ