中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: カナダ

1: 名無しさん 2017/11/19(日) 16:03:34.77 _USER
南京・慰安婦を世界に⁉カナダを席巻する「華人系反日運動家」の素顔

カナダでなぜ「南京大虐殺記念日」が?

今年はいわゆる南京大虐殺(1937年)から80年目にあたる節目の年だ。そこで10月26日、海外の“ある地方”の議会で日本軍の南京占領日にあたる12月13日を「南京大虐殺記念日」とする動議が出され、審議を経て満場一致で可決した。

 さて、この地方議会の場所は中国か韓国か、はたまた台湾か――? と思いきや、答えはなんとカナダのオンタリオ州である。同国最大の都市トロントと首都のオタワを有する、カナダの事実上の中枢部と呼んでいい州だ。

 カナダはもともとリベラルな気質が強い国で、特にトロント市は非欧州系住民が人口の約5割を超える多民族都市である。2016年の国勢調査によれば、同市では29.9万人の華人系住民が暮らし、市の全体人口(約269万人)の11.1%を占めている。

 今回の「南京大虐殺記念日」の動議を州議会に提出したのも、現地のリベラル派政党・オンタリオ自由党に所属する華人系女性議員のスー・ウォン(Soo Wong、黄素梅)氏だ。スー議員は昨年12月に記念日制定を求める「79号法案」を提出しており、その願いがついに叶った形である。

 今年8月、日本側からは衛藤征士郎氏・衛藤晟一氏など保守系の国会議員14人が連名で「関係国間で好ましくない論争を引き起こす可能性がある」と懸念を伝える意見書がトロント議会に送付されたが、特に効果もなく記念日は制定された。

 中国国営通信社・新華社によると、中国以外の国で南京大虐殺の記念日が制定された例は初であるらしい。

 カナダ最大の日刊紙『トロント・スター』WEB版の10月27日記事は、オンタリオ進歩保守党に所属する現地女性議員リサ・マクロード氏(欧州系)のコメントをこう報じる。

 「日本の皇軍が南京市でレイプし略奪し虐殺をおこなうことを決めた6週間、それは西洋人が言うところの『この世の地獄』でした。およそ2万人から8万人がレイプされたのです」

 「それ(=南京大虐殺)を記念するのに80年を費やしたとは信じられない」

 南京における「2万人~8万人」のレイプ被害者の数は中国国内の学者があまり根拠を示さずに主張している数字だが、いまやトロント市議会の保守系議員の間でも「事実」として認識され、大新聞を通じて英語圏に広く伝えられつつあるらしい。中国側から見れば大金星の成果だ。

 この79号法案を提出したスー議員は1962年香港生まれ。8歳のときにカナダに移住し、看護師としてキャリアを積んでから看護学の大学教授になり、2011年に同じ華人系の保守系候補を破ってオンタリオ州議会に当選した苦労人である。

 本人のツイッターを見る限り、女性や在加華人の権利擁護、第二次大戦の追悼・真相究明などに熱心な、リベラル派の在外華人の王道を歩んでいるような人である。

続く
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171118-00053524-gendaibiz-int&p=1


続きを読む

1: 名無しさん 2017/07/22(土) 14:34:05.43 _USER
no title


中国当局がカナダのポップスター、ジャスティン・ビーバーの中国公演を禁止したと22日、英国のBBCなど主要外信がいっせいに報じた。

中国当局は「悪い行動」をする歌手の中国公演は適切でない、と明らかにした。ビーバーは才能ある歌手だが彼の未熟な行動は賛否両論が存在する。中国当局のこのような反応は中国のある若者が文化部ウェブサイトに「ジャスティン・ビーバーがアジアツアーをするが中国はどうなるのか」という質問に対する返事から出た。

中国当局は「彼の言葉と行動がもっと成熟し、すべての人々から愛される歌手になったら良いだろう」として「公演は許さない」と明らかにした。理由はビーバーが日本軍国主義の象徴である靖国神社を訪問したためだとBBCは伝えた。

ビーバーは2014年、日本の戦犯たちが埋葬されている靖国神社を参拝した写真をSNSに上げて世界的な物議をかもしたことがある。靖国神社は中国と韓国にとって、とても敏感な場所だ。日本人が過去を反省しない象徴と受け入れられているからだ。

当時、ビーバーは写真を削除して謝ったが中国の怒りは鎮まっていなかった。中国外交部は公式声明を出して「ビーバーが日本の軍国主義を知っていたら決して靖国神社に行きはしなかっただろう」と明らかにした。

これだけではなくビーバーの自由奔放さが中国当局を当惑させたことが分かっている。ビーバーは2013年、中国で公演したことがあった。しかし、その後、ブラックリストに上がった。ビーバーは英国のバンドの「オアシス」や米国のグループの「マルーン5」等と共にブラックリストに上がったと分かった。これは彼らの行動が悪いためでなく、自由などの価値を広報するためと解説されるとBBCは分析した。


ソース:東亜日報(韓国語) 中当局ジャスティンビーバー中国公演禁止、理由は?
http://news.donga.com/Main/3/all/20170722/85473820/1

3: 名無しさん 2017/07/22(土) 14:36:13.78 
>>1 
ジャスビーは旭日旗のジャケットを着て九段下の会館でシャウトして欲しいな 

56: 名無しさん 2017/07/22(土) 15:02:07.83 
>>1 
>ビーバーは写真を削除して謝ったが中国の怒りは鎮まっていなかった 

でも靖国参拝禁止法なんて支那にはないんですよねw 

57: 名無しさん 2017/07/22(土) 15:02:52.27 
>>56 
でも、そもそも法律の上に共産党があるんじゃろ? 

72: 名無しさん 2017/07/22(土) 15:10:03.34 
>>1 
熊のプーさんを禁止にするような国なんだから 
自由奔放なジャスティンはダメだろう。 
何を発言するか分からないし、 
爆弾発言して、監禁されるかもよ。 
ちょっと前話題になったけど、今だって日本の会社員が複数名拉致された状態だしね。 

続きを読む

1: 名無しさん 2017/07/07(金) 10:26:43.31 _USER
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=183592&ph=0

2017年7月4日、カナダのテレビ局CTVのニュースサイトによると、盧沙野(ルー・シャーイエ)駐カナダ中国大使がカナダ通信のインタビューに対して、カナダメディアの中国に関する報道に不快感を示した。

記事によると、盧大使はカナダメディアの報道について、「両国の経済貿易協力に対して常にカナダ側が損するような見方をし、中国がカナダの資源を買い尽くし、先進技術を盗むのではないかと恐れている。また、自由貿易協定を結ぶと自国の市場が中国に占領されると主張している。彼らはいつも中国を敵のようにみなし、国の安全を脅かすのではないかと考えている」と指摘したという。

さらに「彼らは中国を見下している。中国には民主や人権、自由がなく、交流をする価値もないと考えている」などとし、「いずれにせよ、彼らは中国をカナダと同等であると見ることはなく、カナダの方が優れているつもりでいるようだ」と指摘した。

中国大使の率直な話は、両国が人権問題で意見の相違があることを示している。記事によると、カナダ側は人権問題をFTA(自由貿易協定)合意の一部に盛り込むよう望んでいるが、中国側は強くこれに反対している。盧大使は一方で、カナダ政府がFTAに人権問題を盛り込むよう主張しているのは世論の圧力によるものかもしれないとの見方を示し、「カナダメディアの力は強い。どんなに強い政府でもメディアに従わざるを得ない時がある」と語った。

カナダでは、先日行われた世論調査で8割近くの市民が中国資本によるカナダのハイテク企業買収に反対していることが明らかになったばかり。カナダ通信社によれば、カナダ政府は中国とのFTA協議について国民から意見を求め始めているという。盧大使は「わが国は急がない。FTAは両国にとってメリットがあるが、実際はカナダにとってのメリットが多い」と語っている。
67: 名無しさん 2017/07/07(金) 11:22:02.00 
>>1 
>中国には民主や人権、自由がなく、交流をする価値もない 
その通りじゃんw 

68: 名無しさん 2017/07/07(金) 11:23:43.44 
>>1 
「民主や人権 自由があるのですか?」と聞き返せば良かったのに 

69: 名無しさん 2017/07/07(金) 11:24:33.87 
>>1 
旧香港人とか中国系カナダ人が悪さをしてるから中国に対するイメージが悪いんだろ 


続きを読む

1: 名無しさん 2017/02/02(木) 16:19:12.49 BE:448218991-PLT(13145) ポイント特典
カナダ東部オンタリオ州議会が12月13日を「南京大虐殺記念日」に制定する法案を
審議していることが分かった。昨年12月上旬に香港出身の中国系カナダ人議員が法案を
提出した。制定反対の署名集めも行われているが、同州は中国系人口が集中しており、
成立する可能性が高い。今年は南京事件から80周年にあたることから、記念日が
制定されれば「旧日本軍の残虐性」などをアピールする行事が開かれる可能性がある。

 法案は「オンタリオの人たちはアジアで起きた第二次大戦の残虐行為を深く議論し、
検証する機会がなかった。南京大虐殺の変わらぬ教訓について学ぶことは重要だ」と指摘。
記念日制定については「日本軍の南京占領で20万人以上の中国人市民と兵士が無差別に
殺害された南京大虐殺の犠牲者を追悼し、遺族に敬意を払う機会を提供する」と明記している。

 法案提出議員による昨年12月8日の趣旨説明の際は賛成意見が相次いだ。韓国系議員は
「日本軍は約30万人の中国人を冷酷に虐殺し、下は10歳以下、上は80歳以上の
中国人女性と子供2万人以上をレイプした」「人類史上、最も大規模で非人道的虐殺の
一つだった」など、誇張した数字を挙げて賛意を表明した。

 こうした動きに対し、現地の日系文化会館が中心になって記念日制定に反対する署名活動を
始めた。国籍などは問わず、同州に6カ月以上居住している人なら誰でも署名できる。
2月15日までに署名を集め、ウィン州首相に提出する方針。
http://www.sankei.com/politics/news/170202/plt1702020003-n1.html


続きを読む

↑このページのトップヘ