中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: カナダ

1: Egg ★ 2021/09/12(日) 21:45:32.72
新疆ウイグル自治区における人権侵害問題に揺れる来年の北京冬季五輪を巡って、カナダの世論調査で同国民の間でボイコット賛成派が多数に上っている。

 カナダメディア「カスタネット」は、調査会社によって実施されたカナダ国民1000人を対象にした世論調査の結果を報道。来年2月の北京五輪に関して「カナダは中国の人権問題を巡って北京五輪をボイコットすべきか」との質問に対し、56%が賛成し、選手団を派遣すべきではないとの世論が高まっている現状を伝えた。

 さらに同メディアも独自に世論調査を実施したところ「ボイコットすべき」との意見が67%を超え、3分の2を上回った。

「すべての地域の住民の大多数が、ボイコットは正しい行動方針であると信じている」としたうえで「ナショナルホッケーリーグ(NHL)が五輪に参加できるようにする契約を発表する前に、この調査が出たことに注意を払わなければならない」と指摘。カナダはアイスホッケーで過去の五輪で9度の優勝を誇る大国。最近も2010年バンクーバー、14年ソチと連覇しており国民の期待も高いが、それでも中国の人権問題は無視できずボイコットも辞さないムードが高まっているのだ。

 世界各国で北京五輪に反対する動きが広がっており、冬季五輪の強国であるカナダの世論の動きは大きな注目を集めそうだ。 

https://news.yahoo.co.jp/articles/278846f3b759767be137a4bb5263be5ce04c309c

続きを読む

1: ろこもこ ★ 2021/06/07(月) 12:21:54.65 _USER
https://www.recordchina.co.jp/b877615-s25-c100-d0192.html

中国のニュースサイトの観察者網によると、カナダのトルドー首相は4日、トロント・スター紙のインタビューで、「2022年の北京冬季五輪は、人権をめぐって中国に圧力をかける機会だ」とし、11日に英国で開幕する主要7カ国首脳会議(G7サミット)でこの問題を提起する考えを示した。

観察者網は、トルドー氏の発言を紹介した上で、「北京冬季五輪の準備が進む中、海外の一部の政治家やメディアは事によせて自分の真意を述べ、でたらめな理由を並べて中国をそしる行動を続けているが、『スポーツの政治化』のたくらみは完全に露呈している」と主張。国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が5月、「オリンピックスポーツの政治化に反対する」と述べて来年2月の北京冬季五輪の予定通りの開催に「全力支持」を表明したことなどを伝えている。(翻訳・編集/柳川)

続きを読む

1: ろこもこ ★ 2021/06/12(土) 06:52:07.42 _USER
https://www.recordchina.co.jp/b877830-s25-c30-d0052.html

カナダ・トロントで中国を中傷する言葉が書かれたマスクを着用していた男性の写真がSNSに投稿され、波紋を広げた。華字サイトの文学城が9日付で伝えた。

あるネットユーザーが7日、インスタグラムに路線バスの車内で撮影した写真を投稿した。写真には、“F○○k Dirty China”(くそったれ、汚い中国)と書かれた使い捨てマスクをつけて座席でスマートフォンをいじる白人男性が写っていた。

投稿者の女性は「トロントは多くの華人を要する多文化都市。これは典型的な反アジア系差別の表れ。必ずしも暴力を伴うものではないが、こうした行為は憎しみを広める」と主張。「彼が、カナダ社会は彼の発言を容認しないのだと理解するまで拡散してほしい」と呼び掛けたほか、男性の身元の特定を求めた。

その後、女性の投稿を14万のフォロワーを持つ人気アカウントJackfrootさんが転載したことで注目を集めた。

女性の投稿に、ネットユーザーからは「なんて悲しいことだ。世の中にこんなに無知でバカげた人がいることを気付かせてくれてありがとう」「多くの人は、自分が他人に行っているヘイトの方がより汚くひどいものであるということに気付いていない。彼らは社会にとって永遠の汚点だ」「彼はこれをすることによって何を得られるのか。アジア人差別は本当に悲しい」といったコメントが書き込まれているという。(翻訳・編集/北田)

続きを読む

1: ホスアンプレナビルカルシウム(SB-Android) [US] 2021/03/20(土) 17:12:15.75 BE:478973293-2BP(1501)
sssp://img.5ch.net/ico/imanouchi_2.gif
カナダ国民の対中好感度が最低に、56%が北京冬季五輪ボイコットを支持―米華字メディア
 米国の中国語ニュースサイトの多維新聞は17日、カナダの世論調査機関アンガス・リード研究所が発表した最新の世論調査結果について報じた。

 カナダ紙ナショナル・ポストの報道を引用する形で伝えたもので、それによると、調査は2月26日から3月3日までカナダ国民5004人から回答を得た。

 中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟(モン・ワンジョウ)副会長兼最高財務責任者(CFO)が2018年12月にカナダで逮捕されて間もなく、
中国当局によって拘束されたカナダ人の元外交官マイケル・コブリグ氏と企業家のマイケル・スパバ氏について、「2人が釈放されない限り、
両国は良好な関係を持つことはできない」との問いに、「強く同意する」と「同意する」と回答した人の割合を合わせると77%に上った。

 2022年2月に開催予定の北京冬季五輪をボイコットする必要があるかとの問いでは、「強く同意する」と「同意する」と回答した人の割合を合わせると56%だった。

 また中国を好意的に見ている人の割合は、過去最低を記録した前年調査時と同じ14%にとどまった。
https://news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/19873713/

続きを読む

1: 納豆パスタ ★ 2020/07/14(火) 05:12:57.73
データも人材もファーウェイに流出? 倒産するまで盗み尽くされた大企業に見る、中国の“荒技”
山田敏弘,ITmedia 2020年07月09日 07時00分
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2007/09/news016.html

no title

2009年に経営破綻したカナダ企業ノーテル・ネットワークス。
中国による継続的なサイバー攻撃を受けていたことが報じられた(写真:ロイター、2009年)
no title

盗まれたデータはファーウェイなどの中国企業支援に使われていたと見られている(写真提供:ゲッティイメージズ)
no title

グーグルはGmailのハッキングやソースコード盗難といった被害を受けたとされる(写真提供:ゲッティイメージズ)

 世界的な有名雑誌の一つに『Bloomberg Businessweek(ブルームバーグ・ビジネスウィーク)』というものがある。

 同誌は、クリエイティブなデザインと質の高い記事で人気が高い米国のビジネス誌である。
筆者が留学していたマサチューセッツ工科大学(MIT)でも、
同誌やニューヨーカー誌などを好んで読んでいる生徒が多かった。

 そんなビジネスウィーク誌が7月6日号で興味深い記事を掲載している。6ページにわたって、
カナダの大手通信機器企業が中国政府系ハッカーらによって
継続的にサイバー攻撃を受けたことで結果的に倒産に追い込まれた様子を記事にしている。

 これこそまさに、中国が世界中で行っているサイバー攻撃の実態を浮き彫りにしている。
というのも、このケースは氷山の一角であり、同様の攻撃が世界中のどの企業に起きていても不思議ではない。
もちろん日本企業にとっても決して対岸の火事ではなく、現在、または近い未来にも起きる可能性がある。

(続きは記事リンク先)

続きを読む

↑このページのトップヘ