中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: カナダ

1: 納豆パスタ ★ 2020/07/14(火) 05:12:57.73
データも人材もファーウェイに流出? 倒産するまで盗み尽くされた大企業に見る、中国の“荒技”
山田敏弘,ITmedia 2020年07月09日 07時00分
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2007/09/news016.html

no title

2009年に経営破綻したカナダ企業ノーテル・ネットワークス。
中国による継続的なサイバー攻撃を受けていたことが報じられた(写真:ロイター、2009年)
no title

盗まれたデータはファーウェイなどの中国企業支援に使われていたと見られている(写真提供:ゲッティイメージズ)
no title

グーグルはGmailのハッキングやソースコード盗難といった被害を受けたとされる(写真提供:ゲッティイメージズ)

 世界的な有名雑誌の一つに『Bloomberg Businessweek(ブルームバーグ・ビジネスウィーク)』というものがある。

 同誌は、クリエイティブなデザインと質の高い記事で人気が高い米国のビジネス誌である。
筆者が留学していたマサチューセッツ工科大学(MIT)でも、
同誌やニューヨーカー誌などを好んで読んでいる生徒が多かった。

 そんなビジネスウィーク誌が7月6日号で興味深い記事を掲載している。6ページにわたって、
カナダの大手通信機器企業が中国政府系ハッカーらによって
継続的にサイバー攻撃を受けたことで結果的に倒産に追い込まれた様子を記事にしている。

 これこそまさに、中国が世界中で行っているサイバー攻撃の実態を浮き彫りにしている。
というのも、このケースは氷山の一角であり、同様の攻撃が世界中のどの企業に起きていても不思議ではない。
もちろん日本企業にとっても決して対岸の火事ではなく、現在、または近い未来にも起きる可能性がある。

(続きは記事リンク先)

続きを読む

1: 爆笑ゴリラ ★ 2020/06/26(金) 04:32:47.68
6/26(金) 3:59配信
ロイター

カナダのトルドー首相は25日、国内で逮捕された中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟最高財務責任者(CFO)と中国でスパイ罪で起訴されたカナダ人2人の身柄を交換する考えはないと述べた。22日撮影(2019年 ロイター/BLAIR GABLE)

[オタワ 25日 ロイター] - カナダのトルドー首相は25日、国内で逮捕された中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟最高財務責任者(CFO)と中国でスパイ罪で起訴されたカナダ人2人の身柄を交換する考えはないと述べた。

この問題を巡っては、閣僚経験者や外交官など19人が今週、トルドーに書簡を送り、孟氏の身柄引き渡し手続きを停止するよう要請。これにより、中国がカナダ人2人を釈放する可能性が高まると指摘した。

トルドー首相は「政治的圧力や無差別なカナダ国民の逮捕によって、われわれの司法制度機能に影響を与えることは認められない」と強調した。

中国側は拘束されたカナダ人と孟氏の問題は無関係としているが、トルドー首相は明確な関連があるとし、「中国の対応を激しく非難する」と述べた。

no title


https://news.yahoo.co.jp/articles/b792efbb5017105d316eba28af3aab90e492d3d7

続きを読む

1: ガーディス ★ 2019/08/25(日) 00:50:12.10
カナダのトロントで18日、香港の逃亡犯条例改正案に反対するデモで、武力を行使した警察を支持する集会が行われた。集会に、中国人留学生がずらりと並ぶ高級スポーツカー・フェラーリで登場し、話題を呼んだ。しかし、派手なパフォーマンスが裏目に出て、中国国内のネットユーザーは留学生の親が腐敗幹部ではないかと個人の特定に動き出した。

撮影された動画には、中国の国旗を掲げたフェラーリ9台が続々と駐車場を出ていく様子や、所有者とみられる若者らが集会現場で中国人留学生を率いて、香港人留学生や香港デモ支持者らに対して、「貧乏人」と叫びののしる様子が映し出された。

20日、中国国内インターネット上に、数台のフェラーリで集会に乗り込む様子を捉えた動画が投稿されると、瞬時に注目を集めた。「腐敗幹部らの家族ではないか」と批判が殺到したため、ネット検閲当局が急いで動画と関連投稿を削除した。

ツイッターに同動画が投稿されると、ユーザーからは「ドライバーの身元を調査せよ」「中国では今も腐敗を取り締まっているから、この人たちの親を調べよう」「車のナンバーを写真撮影すれば、すぐにどこの豪邸に住んでいるのかがわかる」などの声が上がった。

「トロントの中国人留学生が高級車で集会に参加」と題するこの動画が中国国内に伝わると、中国当局の世論誘導で香港デモに批判的な姿勢だった中国人ネットユーザーは論調を変え、「なぜ留学生がフェラーリを買えるのか?お金はどこから?明らかにアルバイトで得た収入ではない」とバッシングを始めた。

中には中国本土と香港の経済状況を比較し、中国国民の収入がはるかに少ないと指摘する声も上がった。

「2018年(中国国内)の1人当たりの国内総生産(GDP)が9732ドルだったのに対して、香港は4倍以上の4万6078ドルであった。親のカネでカナダでフェラーリを運転して、香港人を『貧乏人』と罵倒した君らは、中国国民にも同じ言葉でののしるのか。香港人が貧乏人であるなら、われわれ中国人は何になるのか?」

中国人ネットユーザーは怒りの矛先を中国共産党政権にも向けた。

「フェラーリの所有者が汚職に関わっていないかを徹底的に捜査するよう求める」

「汚職官僚の子どもだ」

「皮肉なのは、フェラーリに乗っている若者の親が、集会で国旗を掲げて『愛国』と訴える留学生の親を搾取していることだ」

「なぜ彼らがこんなに愛国するのかがわかった」

「このような『愛国者』らは本当に恥知らずだ」と次々と強い不満をあらわにした。

21日、カナダの中国系住民が利用するネット掲示板で、「先頭の紅いフェラーリに乗っているのは山東省の韓寓群・省長の孫だ。その後ろにいるのは、山東省の王仁元・副省長の孫、(同省)済南市の謝玉堂・党委員会書記の息子、臨沂市の連承敏・党委員会書記の息子だ」との情報が伝えられた。

この投稿は中国版ツイッター「微博」にも転載された。

ネットユーザーの1人は、「この既得権益者の子女らは高級車に乗りながら、愛国を訴えている。実際に、彼らは祖国を愛しているのではなく、父親らが権力と地位を失うことを心配している」と言い切った。また、中国当局が主導する「愛国運動」は国民をもてあそぶ茶番であるとの意見があり、それに関与しないように呼び掛けるネットユーザーもいた。

微博では現在、同投稿は当局によって削除されている。
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16972657/
no title

続きを読む

1: みつを ★ 2019/05/17(金) 03:43:29.41
【カナダ】トルドー首相、カナダ人拘束の中国へ「許容できない」「恣意的に拘禁されたカナダ人のために立ち上がる」と声明

#UPDATE Canadian Prime Minister Justin Trudeau called the arrests "unacceptable" and vowed to "stand up" for Kovrig and Spavor, saying they have been "arbitrarily detained"

https://twitter.com/afp/status/1129093910272380930?s=21
2019/05/17

関連ニュース
中国、拘束していたカナダ人2人を正式に逮捕-グローブ&メール紙
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-05-16/PRL9096S972I01
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [CN] 2019/04/30(火) 18:29:14.34 ● BE:448218991-PLT(14145)
sssp://img.5ch.net/ico/aroeri-na32.gif
【北京=西見由章】中国広東省の江門市中級人民法院(地裁)は30日、覚醒剤を密造したなどとして
薬物製造・販売罪に問われたカナダ人の被告に死刑判決を言い渡した。カナダ政府が
通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)幹部を逮捕した昨年12月以降、中国で死刑判決を
言い渡されたカナダ人被告は少なくとも2人となった。

 中国当局はこのほか「国家安全に危害を与えた疑い」でカナダ人男性2人を拘束するなど司法・
通商分野でカナダ政府への圧力を強めており、今回の判決もその一環の可能性がある。

 同法院の発表によると、カナダ人のほか米国人1人、メキシコ人4人を含む計11人の被告は
2012年7~11月、広東省台山市の薬物製造拠点で覚醒剤約63キロを製造、販売するなどした。
犯行を主導したと認定したカナダ人と中国人の計2人に死刑を言い渡し、米国人とメキシコ人4人は
2年間の執行猶予付き死刑または無期懲役とした。

 カナダ人被告の刑事訴訟をめぐっては薬物密輸罪に問われ、昨年11月の1審判決で
懲役15年を言い渡された男性がわずか2カ月足らず後の今年1月に差し戻し審で死刑を
言い渡される異例の展開となっていた。

カナダ司法当局は華為の副会長兼最高財務責任者(CFO)、孟晩舟被告について3月1日、
米国への身柄引き渡し手続きを進める許可を出し、中国側が反発を強めている。
https://www.sankei.com/world/news/190430/wor1904300012-n1.html

続きを読む

↑このページのトップヘ