中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: フランス

1: 豆次郎 ★ 2020/12/11(金) 09:21:15.34 _USER9
2020年12月11日 8:31
グリーズマン選手、ファーウェイとの広告契約破棄 ウイグル人監視疑惑で

【12月11日 AFP】サッカーのスペイン1部リーグ、FCバルセロナ(FC Barcelona)に所属するアントワーヌ・グリーズマン(Antoine Griezmann)選手(29)は10日、中国の通信機器大手「華為技術(ファーウェイ、Huawei)」が中国・新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)のイスラム教徒の監視に関与しているとの報告を受けて、同社との広告契約を打ち切ると発表した。

 フランス代表としてW杯ロシア大会(2018 World Cup)を制したグリーズマン選手は、「ファーウェイが顔認証ソフトウエアを通じて『ウイグル人アラート』の開発に加担した強い疑惑を受けて、同社との契約を即時に打ち切る」とインスタグラム(Instagram)に投稿した。

 グリーズマン選手はファーウェイに対し、「こうした疑惑をただ否定するのではなく、この大弾圧を直ちに非難し、その影響力を行使して人権尊重に貢献するために具体的な行動を取る」よう求めた。

 米国を拠点とする監視関連の調査会社IPVMは8日、ファーウェイが中国で、ウイグル人の顔を認識すると警察に通知を送ることを可能にする顔認証ソフトウエアのテストに関与していると報じていた。

 ファーウェイはこの報道を否定。「当社は民族を標的としたアルゴリズムも、顔認証アプリケーションも、ソリューションも開発していない」とAFPに語った。

 国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(HRW)によると、新疆ウイグル自治区では、疑わしい行動を知らせるソフトウエアの通知を受けて、ウイグル人が拘束されているという。

 中国政府は近年、新疆ウイグル自治区の監視に力を入れており、テロ防止の名目で顔認証、虹彩認証、DNA採取、人工知能(AI)を使った監視システムを全域に展開している。(c)AFP

https://www.afpbb.com/articles/-/3320750?cx_amp=all&act=all
no title

続きを読む

1: キャベツ大臣 ★ 2020/10/14(水) 19:28:51.96
【10月14日 AFP】モンゴル帝国の創始者チンギスハン(Genghis Khan)に関する展覧会を計画していたフランスの博物館が12日、中国当局が検閲を試みたとして展覧会を延期すると発表した。

 仏西部ナント(Nantes)にある歴史博物館は、中国・内モンゴル(Inner Mongolia)自治区フフホト(Hohhot)にある内モンゴル博物館(Inner Mongolia Museum)の協力を得てこの企画展を準備してきたが、中国国家文物局が当初の案に変更を求めてきたために問題が生じた。

 ナントの博物館によると、要求された変更点には「新たな国家観にとって有利となる、モンゴル文化に関する偏った書き換えが顕著な要素が含まれていた」という。具体的には「チンギスハン」「帝国」「モンゴル」といった言葉を展覧会から削除するよう要求され、さらに同展に関するテキスト、地図、パンフレットおよび宣伝に対する監督権も求められたという。同博物館ではこの企画展の開催を3年以上は見送るとしている。

 今回の騒動は、中国がモンゴル民族に対する強硬姿勢を強める中で起きた。ナントの博物館は、「今夏、中国政府がモンゴル民族への態度を硬化させたこと」が展覧会延期の一因となったと説明している。博物館長のベルトラン・ギエ(Bertrand Guillet)氏は、「われわれが守る人間的、科学的、倫理的価値観の名の下、今回の展示をやめる決定を下した」と述べた。

 仏シンクタンク、戦略研究財団(Foundation for Strategic Research)のアジア専門家、バレリー・ニケ(Valerie Niquet)氏は、「中国政府は、公式の国家観と一致しない歴史観を禁止しており、国外でも同じことをしようとする」と解説した。

 同シンクタンクの研究員、アントワーヌ・ボンダス(Antoine Bondaz)氏はツイッター(Twitter)への投稿で博物館の判断を支持し、伝えられている中国の要求は「常軌を逸している」と批判した。

 来週から開幕するはずだった企画展は今年、すでに新型コロナウイルス流行の影響で半年ほど延期されていたが、今回の一件で「2024年10月までは延期せざるを得ない」と博物館は述べている。(c)AFP

2020年10月14日 14:44 発信地:ナント/フランス [ フランス ヨーロッパ ]
https://www.afpbb.com/articles/-/3309771

続きを読む

1: 夜のけいちゃん ★ 2020/06/08(月) 13:37:55.32
2020年6月8日 / 10:56

[パリ 6日 ロイター] - フランスのマクロン大統領は中国の習近平国家主席と5日に電話会談し、香港情勢を注視していると伝え、香港に高度な自治を認める「一国二制度」への支持を改めて表明した。仏大統領府の当局者が6日、明らかにした。
当局者によると、電話会談は1時間半に及び、香港問題が取り上げられた。
中国全国人民代表大会(全人代)は反体制活動を禁じる「香港国家安全法」の制定方針を決定。これを受けて米中の緊張は高まっており、欧州連合(EU)も「深い懸念」を表明している。
仏大統領府が5日遅くに出した声明によると、電話会談では新型コロナウイルス対策での協力についても話し合われ、マクロン大統領は世界保健機関(WHO)の重要な役割を強調した。

ソース https://jp.reuters.com/article/hongkong-protests-france-idJPKBN23F05T?taid=5eddb56905775300017e74d0&utm_campaign=trueAnthem:+Trending+Content&utm_medium=trueAnthem&utm_source=twitter

続きを読む

1: 首都圏の虎 ★ 2020/05/13(水) 20:22:32.10
スクリーンショット 2020-05-13 23.00.12

[北京 13日 ロイター] - 中国政府は13日、フランスに対し、台湾に武器を売却しないよう警告した。台湾は、30年前にフランスから導入したラファイエット級フリゲート艦のミサイル妨害システムを改修する方針を示している。

台湾が保有している武器のほとんどは米国製だが、フランスは1991年にフリーゲート艦6隻を売却し、中国の怒りを買った。さらに1992年にはミラージュ戦闘機60機も台湾に売却した。

台湾は4月、フリーゲート艦のミサイル妨害システムを刷新するためにフランスから装備を購入する予定であることを明らかにした。

中国外務省の趙立堅報道官は定例会見で、中国は台湾へのいかなる武器売却にも断固として反対すると表明。「フランスには既に深刻な懸念を伝えた」と述べた。

さらに「フランス側には『一つの中国』原則を順守し、中仏関係を悪化させないために台湾への武器売却計画を撤回するよう要求する」と述べた。

ワールド2020年5月13日 / 19:59 / 22分前更新
https://jp.reuters.com/article/china-france-taiwan-idJPKBN22P1KC?feedType=RSS&feedName=special20

続きを読む

1: キャベツ大臣 ★ 2020/04/17(金) 12:26:24.12
スクリーンショット 2020-04-17 23.07.27

【4月17日 AFP】欧米の主要国は16日、米国が世界の感染者が210万人を超えた新型コロナウイルスの発生源が中国・武漢(Wuhan)の研究所かどうかについて調査を進めていると発表するなど、新型ウイルスのパンデミック(世界的な大流行)をめぐり、中国への圧力を強めた。フランスのエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領は、中国が新型ウイルスの流行にうまく対処していると「ばか正直」に信じてはいけないと警告した。

 新型ウイルスの流行により、世界で14万人超が死亡、210万人超が感染、失業者数は歴史的な高水準に上っている。英国と日本、米ニューヨークは、外出制限を延長・拡大した。

 ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領はこの数週間、中国を攻撃してきたが、先進7か国(G7)テレビ首脳会議(サミット)で各国の支持を得たようだ。

 新型ウイルスに感染し療養中のボリス・ジョンソン(Boris Johnson)英首相の職務を代行しているドミニク・ラーブ(Dominic Raab)英外相は記者団に対し、中国とはこれまでの関係を維持できないかもしれないと話した。

 ラーブ氏は、「(新型ウイルスが)どのようにして発生し、なぜ早期に阻止できなかったのかという、厳しい質問をせざるを得ない」と述べた。

 マクロン氏は、中国が新型ウイルスの流行にうまく対処していると「ばか正直」に信じてはいけないと警告。英紙フィナンシャル・タイムズ(Financial Times)のインタビューで、「われわれが知らないことが起きているのは明らかだ」と述べた。

 中国の習近平(Xi Jinping)国家主席とロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領は電話会談し、中国を非難するのは非生産的だと訴えた。

 中国国営新華社(Xinhua)通信によると、習氏はパンデミックの政治問題化について、「国際協力に有害」だと主張し、プーチン氏は「一部の人々による中国をおとしめようとする試み」だと非難した。(c)AFP/Shaun Tandon with AFP bureaus

2020年4月17日 11:16
https://www.afpbb.com/articles/-/3279027

続きを読む

↑このページのトップヘ