中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: イギリス

1: 上級国民 ★ 2021/06/03(木) 20:38:17.33
no title


“维吾尔特别法庭”将审议新疆“种族灭绝” 中方:反华闹剧
https://finance.sina.com.cn/jjxw/2021-06-03/doc-ikqcfnaz8919879.shtml

以下日本語訳
"ウイグル特別法廷 "で新疆の「ジェノサイド」を審議 中国:反中国の茶番劇

 原題:新疆の「ジェノサイド」を審議する「ウイグル特別法廷」、中国:反中の茶番劇

 6月3日、外交部の汪文斌報道官が定例記者会見を行った。 記者からの質問で、いわゆるイギリスの「ウイグル特別法廷」が、新疆でのいわゆる「ジェノサイド」を検討するための「審理」をロンドンで行うことになったが、多くのいわゆる「証人」がインタビューでB 多くのいわゆる「目撃者」がBBCのインタビューに答えて、新疆で理由もなく拘束され、虐待され、性的暴行を受け、家族が失踪したと語っている。 これに対する中国のコメントは?

 汪文斌氏は、いわゆる「ウイグル特別法廷」は法的にも信頼性もなく、一部の人々が作り上げた反中の茶番劇に過ぎないと指摘した。 新疆ウイグル自治区政府はすでにこれを暴露している。

 汪文斌氏によれば、この疑似法廷は法律とは無関係で、法廷の名の下に中国に対する政治的・世論的操作が行われており、純粋に法律を冒涜しているという。 また、このいわゆる「裁判所」には、中国に反対することを職業とする人たちが集まっており、その最大の後援者は、新疆分離主義を唱える「ワールド・ビジョン」である。 いわゆる「大統領」であるジェフリー・ネス氏は、イギリスの元上級シークレットサービスエージェントと報じられていますが、2019年にいわゆる「中国裁判」の大統領を務め、中国を中傷する茶番劇を演出しており、悪質な訴訟のプロとして知られ、様々な反中国勢力と密接な関係を持っています。 この法廷のいわゆる「専門家」や「証人」には、オーストラリア政策研究所や鄭国妍などのおなじみの機関や人々が含まれており、彼らは国境に関する嘘を広めてきただけでなく、私たちが何度も暴露してきたように、存在しない様々ないわゆる「迫害事件」を捏造してきた人々も含まれています。

 "このような集団が演出するいわゆる裁判は、法律を子供の遊びのように扱うショーに過ぎず、国境に関わる嘘の噂の卑劣さをより一層世界に認識させることになることは十分に考えられる。" 汪文斌はこう締めくくった。

エディター:Zhang Yanan
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

関連記事
Uyghur exiles describe forced abortions, torture in Xinjiang
https://www.thetelegraph.com/news/article/Uyghur-exiles-describe-forced-abortions-torture-16221515.php

関連リンク
Uyghur Tribunal
@TribunalUyghur
UK Tribunal to Investigate China’s Alleged Genocide and Crimes against Humanity against Uyghur, Kazakh and other Turkic Muslim Populations.
https://twitter.com/TribunalUyghur
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

続きを読む

1: マスク剥ぎ(北海道) [DE] 2021/05/31(月) 23:27:58.97 BE:294225276-PLT(13000)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_asapi01.gif
「ウイルスは中国研究所で人工的に変造された」

新型コロナウイルスの武漢研究所流出説が再燃する中、英国の研究者らがウイルスが中国の同研究所で人工的に変造されたことを法医学的に突き止めたと、近刊の学術誌で論文を発表する。
https://news.yahoo.co.jp/articles/8b36470ee15dcbe2899f76571ee3d820aa9bb39c

続きを読む

1: Felis silvestris catus ★ 2021/05/13(木) 18:01:49.56
https://www.recordchina.co.jp/b876342-s25-c30-d0193.html
2021年5月11日、環球時報は、英国で中国人女性が白人女性に襲撃される事件が発生したと報じた。

記事は、英メディアの報道として、イングランドの都市シェフィールドで先日、19歳の中国人女子学生が白人女性に襲撃されたと紹介。中国人女性が商店から出てきた際、女性から人種差別的な言葉で侮辱された上で顔をたたかれ、髪の毛をつかまれて地面に引きずり倒されたとしている。

また、倒された後も女から頭を蹴られ、さらにはガラス瓶で頭を殴られたとし、その後シェフィールド大学の職員が身を挺して制止に入ったと経過を説明。女性は負傷して病院に運ばれ、止めに入った職員もガラスの破片でケガを負ったと伝えた。そして、この事件について警察が捜査を進めており、ヘイトクライムと認定したことを紹介した。

英国で発生したアジア系住民に対する新たなヘイトクライム事件について、中国のネットユーザーは「こういうニュースには、心から憤りを覚える」「われわれ中国人を民族主義者という人がいるが、それじゃこういう他人に暴力を振るう輩は一体何なんだと言いたい」「やり返して、中国カンフーの魅力を思い知らせてやれ」「暴力を振るった女がその後どうなったかの情報がないぞ」「まさか精神疾患でおとがめなしにならないよな」「身を挺して女性を守ってくれる人がいた!この人が大事に至らないことを願うよ」「こんな扱いをされるなら、もう海外留学なんてしなくていいよ」といった憤りを示すコメントを多く残している。

また、「海外では、襲撃されたらどうするかということを考えなければ。自衛能力の欠如は、とても危険だよ」「やっぱり、武術は身に付けておかないと駄目だな」「ナイフとか、トウガラシスプレーとか護身グッズを携行すべき」など、アジア人に対するヘイトクライムが頻発している現状で海外生活を送る以上は、自己防衛力をできる限り高める必要があるとの認識を示すユーザーも多数見られた。(翻訳・編集/川尻)

続きを読む

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ Let it be です 2021/04/26(月) 23:13:04.47 _USER
 【ロンドン時事】英国防省は26日、最新鋭空母「クイーン・エリザベス」を中心とする空母打撃群を5月以降に極東に派遣し、日本に寄港させる計画を正式に発表した。英政府が打ち出しているインド太平洋地域への関与を強化する政策の一環。海洋進出を進める中国に対抗する狙いとみられ、自衛隊との合同演習も実施する。

時事ドットコム 2021年04月26日20時42分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021042601081&g=int

no title

英海軍の空母「クイーン・エリザベス」=2017年8月、南部ポーツマス沿岸(EPA時事)

続きを読む

1: どこさ ★ 2021/04/24(土) 06:17:41.70
英下院、中国のウイグル族処遇をジェノサイドと認定
CNN 2021.04.23 Fri posted at 09:08 JST
https://www.cnn.co.jp/world/35169817.html

no title

中国のウイグル族への弾圧に対してウイグル族への支持を示す人々=2020年10月8日、ロンドン/Hasan Esen/Anadolu Agency via Getty Images

ロンドン(CNN) 英下院は22日、中国新疆ウイグル自治区で進行中の弾圧をジェノサイド(集団殺害)と認定する決議を全会一致で可決した。ウイグル族などのイスラム系少数民族に対する中国の行為については、既に米政府やカナダ、オランダの議会がジェノサイドと認定している。

中国は新疆各地の施設にここ数年で最大200万人を収容したと批判されており、生存者は洗脳や拷問、レイプ、強制労働を含む広範な虐待の被害を訴えている。一方、中国政府はこのシステムについて、地域の治安確保に不可欠な職業訓練および脱過激化のプログラムだとして擁護してきた。

英下院はこの日の審議を経て、「新疆ウイグル自治区における大規模な人権侵害および人道に対する罪」を非難する拘束力のない決議を可決した。

労働党のヤスミン・クレシ議員は「本日の投票を転換点とする必要がある。新疆で起きている虐待の規模はいまだ誰も否定できていない」と指摘。「こうした虐待が続く中で英政府が中国との通商関係深化を模索することなど考えられない」と述べた。同議員は英中議員連盟のメンバーでもある。

動議を提出した保守党のヌスラト・ガニ議員は、「ジェノサイドという言葉を誤用することがあってはならないが、それが妥当な場合にこの言葉を使うのを怠ってもならない」としている。

ガニ氏はまた、政府がジェノサイドは管轄権のある裁判所だけが決定できるとの立場を示している点に触れ、「裁判所へのすべてのルートが中国によって阻まれている」とも指摘した。

今回の措置は英政府の政策に実質的な影響を及ばさない公算が大きいが、英中関係に打撃を与えるのは確実だ。新疆問題をめぐる制裁の応酬や、中国が旧英植民地の香港で民主主義を制限したことを受け、英中関係は既に大きくきしんでいる。

関連
欧米、ウイグル弾圧で対中制裁 中国は直ちに報復「EUの個人10人と4団体に制裁を科す
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1616450415/
【ジェノサイド】米、ウイグル族弾圧を「大量虐殺」と認定 中国側が反発「今世紀最大の嘘だ」★2
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1616391783/
EU、中国に制裁検討 ウイグル族へのジェノサイド(民族大量虐殺)で
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1615588937/
【自由 強権】父を探しに ウイグル人女性の死 「なぜ止められなかったのか」在日コミュニティーに広がる動揺 日本から中国入国
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1615010908/
【新疆】ウイグル族10万人不妊手術。中国が強制か、5年で18倍。出生率3割減★2
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1612575636/
【東トルキスタン】ウイグル女性、収容所での組織的レイプをBBCに証言 米英は中国を非難 (BBC)
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1612524976/
【ジェノサイド】バイデン次期米大統領が指名した米国務長官候補も中国のウイグル大量虐殺認定に同意 (共同通信)
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1611096173/
【中国】アリババ、ウイグル族識別可能な顔認識システム開発=米調査会社(IPVM)【ロイター】
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1608217423/
ファーウェイ、ウイグル人を顔認識して警察に通報するテストへの関与を認める ワシントン・ポスト
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1607505684/
【中共】ウイグルで1万6000のモスクを破壊 豪シンクタンク
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1601115729/
【豪研究所】ウイグル収容施設は380以上と衛星写真などの分析 中国 汪文斌副報道局長「荒唐無稽」と否定
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1600948138/
【BBC】駐英中国大使、BBC番組でウイグル人の強制収用否定 証拠ビデオを見せられ「何の映像か分からない」と白を切る 6分13秒
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1595271248/
【中国】政府はウイグル人の囚人から臓器を摘出し、裕福なアラブ人に移植していた (VICEリポート)★3
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1592885474/

続きを読む

↑このページのトップヘ