中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: 在日中国人

1: ガーディス ★ 2019/07/04(木) 22:49:54.95
2019年7月4日 21時20分
読売新聞オンライン

 女性に乱暴しようとして、首を絞め、負傷させたとして、大阪府警は3日、中国籍で住居不定、無職楊立国被告(32)(強盗致傷罪などで起訴)を強制性交致傷と殺人未遂の両容疑で逮捕した。

 楊被告は容疑を否認しているという。

 発表では、楊被告は4月24日夜、府内の歩道で女性(当時35歳)とすれ違う際、顔や頭をいきなり殴り、倒れた女性の首を両手で絞めて失神させ、性的暴行を加えようとしてけがを負わせた疑い。

 府警が現場で見つけたボタンが、別の事件で逮捕された楊被告のコートのボタンと同じ形で、被告のコートからはボタンが外れていたことが判明。府警は、防犯カメラの映像と合わせて楊被告と特定した。

 楊被告は5月、八尾市内の路上で、帰宅中の女性からかばんをひったくろうとして、女性を負傷させたとして、強盗致傷容疑で逮捕され、起訴された。

https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16723798/

続きを読む

1: ばーど ★ 2019/06/04(火) 10:59:15.70
職場から失踪した外国人技能実習生を全国から集め、兵庫県内の工場に違法に派遣していたとして、人材派遣会社の社長ら2人が不法就労助長の疑いで警察に逮捕されました。調べに対し、いずれも容疑を否認しているということです。

逮捕されたのは、いずれも中国籍で兵庫県尼崎市の人材派遣会社「ワールドビジネスパートナー」の社長、ソニンバヤル(蘇寧巴雅尓)容疑者(35)と元従業員の2人です。

警察によりますと、2人は職場から失踪した外国人技能実習生のベトナム人ら7人を兵庫県内の電子部品の製造工場に派遣して資格外の活動をさせたなどとして、不法就労助長の疑いが持たれています。

警察によりますと、7人の技能実習生は関東地方や中国地方の農家や企業の働き先から失踪し行方が分からなくなっていたということで、偽造の在留カードを持っていました。

調べに対し技能実習生たちは「SNSで時給1000円の求人があるのを見て来た」と説明しているということです。

この工場では職場から失踪したベトナム人技能実習生がほかにも20人余り働いていたということで、警察は2人の派遣会社が組織的に実習生を集め偽造した在留カードを渡して正規の資格があるよう見せかけ、派遣していた疑いがあるとみて調べています。

警察によりますと、逮捕された2人は調べに対し容疑を否認しているということです。

2019年6月3日 20時44分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190603/k10011939621000.html
no title

続きを読む

1: 孤高の旅人 ★ 2019/05/26(日) 10:19:47.86
行方不明  来日中国人女性、富山で 先月20日から /富山
毎日新聞2019年5月25日
https://mainichi.jp/articles/20190525/ddl/k16/040/241000c

 富山中央署は24日、中国から観光目的で訪れた無職のヤプ・サンハンさん(46)が4月20日から行方不明になっている、と発表した。同署は家族の希望で公開捜査とし、事件と事故両面で調べている。
 同署によると、ヤプさんは同9日に1人で来日し、同17日まで東京都内などを観光。同日、富山に移動し、富山市内のホ…

残り210文字(全文360文字)

続きを読む

1: ばーど ★ 2019/05/15(水) 12:21:23.67
東京・江戸川区で面識のない30代の女性に路上で馬乗りになってキスなどをしたとして、中国人の30歳の男が逮捕されました。

中国人の李海峰容疑者は去年12月、江戸川区船堀の路上で歩いて帰宅途中だった30代の女性を突然、引き倒して馬乗りになってキスをするなどのわいせつな行為をした疑いが持たれています。警視庁によりますと、2人に面識はなく、李容疑者は当時、酒に酔っていました。すれ違う際に道を譲ろうとして女性が同じ方向に動いたため、「自分に気がある」と思ったということです。取り調べに対して「キスをしたことは覚えているが、それ以外は覚えていない」と容疑を一部、否認しています。

2019/05/15 11:59
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000154570.html
no title

続きを読む

1: プティフランスパン ★ 2019/05/03(金) 18:00:06.69
D5oFQ1rU0AAs0p0

2019/5/3 17:44 ■ 最終更新■
https://breaking-news.jp/2019/05/03/048473

東京都豊島区西池袋のカラオケ店で5月3日、乱闘騒ぎがあり男性が刃物で刺される事件が起きました。犯人は現場から逃走。

発表によりますと5月3日午後3時50分ころ、豊島区西池袋のカラオケ店の店内で、複数人の男がビール瓶などを殴り合う喧嘩が起き、男性が刃物で刺されたということです。

カラオケ店から「刃物で人が刺された」などと警察に110番通報があったことで事件が発覚。

この通報を受け警察官や救急隊らが現場に駆けつけたところ、刃物で刺された男性が大量の血を流して倒れていました。

男性は病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けているということですが、ケガの程度などについては不明。また、喧嘩をしていた数人がケガをしているということです。

刃物で刺した中国人の男は凶器を持ったまま現場から逃走しているということで、警察はさらなる犯行に及ぶ可能性もあるため注意喚起しています。

※ 全文は記事で

続きを読む

↑このページのトップヘ