中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: 在日中国人

1: カルディセリクム(やわらか銀行) [US] 2021/08/18(水) 00:54:55.24 ● BE:307982957-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/u_sii_naname.gif
孫向文
@sonkoubun

東京在住の中国人がコロナ感染して、わざとスーパーに行ってウイルスを拡散することを自慢した、「抗日英雄」と褒められた
「私の複数の知人も感染した、退院した、ウイルスを保有するから、もっと日本人を移すように戦える」


https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

続きを読む

1: カテヌリスポラ(東京都) [ニダ] 2021/08/01(日) 17:36:05.01 BE:668024367-2BP(1500)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
馬淵優佳さん SNSでの中傷被害を告白 血筋が中国という理由で…「すごい嫌な気持ちになる」

 元飛び込み日本代表の馬淵優佳さん(26)が1日放送のTBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)に生出演。SNSでの誹謗(ひぼう)中傷被害を告白した。

 「テレビに出ることが多くなると、SNSでいろいろなご意見をいただくことが多い。ですけど、それを覚悟の上で出てるので私自身気にすることはない」というが、中にはスルーできないようなコメントも。

 「ひとつ気になるのが、国籍やルーツに対して批判する人がいるんです。私、両親が中国出身で、帰化して私は日本で生まれ育ったんですけど、血筋は中国なので『中国だから気が強い』『中国に帰れ』とかそういう意見をいただくんですね」と明かした上で「それは国を批判してるって受け取りますし、両親に対しても言われてるように感じるので、すごい嫌な気持ちになる」と嫌悪感をあらわにした。

 「これからだんだん多様性が重要になってきて、いろんな国籍とかルーツを持つ人が増えてくると思うんですけど。それに対して寛容で理解を示していかないと、これからの国際社会において、置いていかれるんじゃないかっていう危機感があります」と語気を強め「学校でSNSの授業とかそういう教育を小さいころからしていくっていうのは、これから大事になってくる」と話した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/dee49f2a588cd0d76c274270894fe1b1f8290bc2

続きを読む

1: ひよこ ★ [ZA] 2021/07/16(金) 01:00:13.31
https://mainichi.jp/articles/20210715/k00/00m/040/316000c

毎日新聞 2021/7/15 20:58(最終更新 7/15 23:46) 471文字




no title

入管から強制送還を通告されたが難病を理由に国に在留特別許可を求めていた裁判の東京高裁判決後に記者会見に臨む中国人女性(中央)=東京都千代田区で2021年7月15日、丹治重人撮影

 強制送還を通告された中国人女性(49)=新潟県=が、難病の治療を日本で継続する必要があるとして国に在留特別許可などを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は15日、女性側の控訴を棄却した。中山孝雄裁判長は「重大な損害を生ずる恐れは認められない」などとして、訴えを却下した1審・東京地裁判決(2021年1月)を支持した。

 判決によると、女性は06年に日本人男性と結婚し、07年に「日本人の配偶者」の在留資格で入国。だが、親族が日本人と結婚したとする虚偽の婚姻届を提出したとして逮捕され、東京出入国在留管理局に収容された。在留資格の更新は認められず、その後に仮放免されたが、12年に腎機能が低下する難病と診断された。



 女性は、中国に送還されると病気の進行を遅らせる治療が受けられなくなる可能性があると主張したが、判決は「中国でも手術などで治療は可能」と述べた。

 判決後に記者会見した女性は「日本で治療を受けて、夫と生活したい。すごく悲しい」と話した。代理人の指宿昭一弁護士は「人道上あまりにも気の毒。高裁は誤った判断をした」と批判した。【遠山和宏】

続きを読む

1: Egg ★ 2021/06/25(金) 06:11:46.17
日本は少子高齢化で、外国人の労働力に頼らざるを得ない部分が多い。それにもかかわらず、日本人は外国人、特に中国人に対して厳しくあたっていないだろうか。日本で働く中国人たちのSOSに耳を傾けた。(ジャーナリスト 姫田小夏)

外国人採用、変わらない職場の意識
 憧れの日本で働く機会を得たものの、泣く泣く日本の職場を去る中国の若者は少なくない。日本ではパワーハラスメント(パワハラ)の防止が法律で決まり、社会全体に意識が浸透するようになったが、そのしわ寄せが外国人採用の若者に向かう一面もある。

「ほんのささいなミスに、上司からこんなにひどく怒られるとは想像もしませんでした。私自身は真面目に手を抜かず頑張っているつもりなんですが……」

 梁さん(仮名)は今年の春、都内の有名私大を卒業し、憧れの日本企業に新卒で就職した。業界では名の通った会社であり、梁さんもこの企業の発展に自分の将来を重ね合わせていた。入社して3カ月間、なんとか社内のシステムに慣れなければと必死に頑張っているが、苦しい日々が続いている。

「噂には聞いていたし、自分でも覚悟はしていましたが、日本企業は想像以上につらい現場です。仕事の内容よりも社内の人間関係がはるかに難しいです」と梁さんは語る

 また、中国の山西省から来日した張さん(仮名)は現在、都内のコンビニエンスストアでアルバイトをしているが、「日本語の正しい使い方」に頭を悩ませている。

「『ありがとうございます』と『ありがとうございました』ではどう違いますか? 支払いを済ませたお客さんに『ありがとうございます』と言うのは間違いなのでしょうか」

 これは張さんが筆者に持ち掛けてきた相談だが、同時に張さんを落ち込ませていたのは、このささいな違いについての質問を、先輩店員から「マニュアルに従えばいいんです」と問答無用で却下されたことだった。

全文

2021-06-25 04:40 ダイヤモンドオンライン
https://diamond.jp/articles/-/274950

続きを読む

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2021/06/17(木) 02:19:13.86
大手ドラッグストア「マツモトキヨシ」の独自ブランドのマスクを模倣したマスクを販売したとして中国籍の男らが逮捕されました。

商標法違反の疑いで逮捕されたのは、中国籍で自称アルバイトの馬亮容疑者と会社役員の松山竜太容疑者です。

警察によりますと、馬容疑者らは、仲間と共謀して去年5月、インターネットの通販サイトで「マツモトキヨシ」が販売するプライベートブランドのマスクの模倣品を東京と千葉に住む男女4人に1箱1130円から1980円で販売し、商標権を侵害した疑いがもたれています。

正規品のマスクは1箱40枚入りだったのに対し、馬容疑者らが販売した模倣品のマスクは1箱50枚入りでした。

馬容疑者らは、新型コロナウイルスの感染拡大でマスクの需要が高まっていた去年3月からおよそ4か月間で「マツモトキヨシ」の模倣品のマスクを含め、マスクをおよそ5万3000箱販売し、合計9000万円以上を売り上げていたということです。

警察は、2人の認否を明らかにしていませんが、他にも関係者がいるとみて捜査をしています。

6/16(水) 17:35配信 記事元 日テレNEWS24
https://news.yahoo.co.jp/articles/54de4955180c9a7d4e3e6b012f51460d8ae57931

続きを読む

↑このページのトップヘ