中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: 在日中国人

1: 名無しさん 2017/10/26(木) 01:26:07.57 _USER
在留資格を得るために偽装結婚したとして、警視庁南大沢署などは、電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで、中国籍で横浜市中区若葉町の飲食店従業員、李娟蘭(リ・ジュエンラン)(42)▽解体工、川合勝一(61)=川崎市宮前区有馬▽職業不詳、李春蘭(リ・チュンラン)(45)=横浜市中区末吉町-の3容疑者を逮捕した。

逮捕容疑は平成27年2月、娟蘭容疑者の在留資格を得るため、川合容疑者との虚偽の婚姻届を宮前区役所に提出したとしている。春蘭容疑者は娟蘭容疑者の実姉で、川合容疑者に200万円の報酬を払う見返りに偽装結婚を依頼したという。

南大沢署によると、娟蘭容疑者と川合容疑者は「偽りの結婚だった」と容疑を認めているが、春蘭容疑者は「私にとっては本当の結婚だった」と容疑を否認している。春蘭容疑者は勤務していた飲食店を通じて川合容疑者と面識があった。

東京(八王子) 
中国人姉妹『偽装結婚』もちかけ 
目的は在留資格か 
no title

────────────────────────── 
姉・李春蘭(45) 
妹・娟蘭(42) 
2015年、娟蘭(妹)の在留資格を得るために嘘の婚姻届を提出した疑い 
no title

no title

日本人の男に 
妹との偽装結婚を持ち掛け 
報酬として200万円を渡した 
no title

http://www.sankei.com/affairs/news/171025/afr1710250036-n1.html


続きを読む

1: 名無しさん 2017/12/09(土) 17:44:20.87 _USER9
41

2017.12.9 17:00
http://www.sankei.com/affairs/news/171209/afr1712090024-n1.html

 「1人の中国人男性を2人の右翼の日本人が殴り、脳しんとうを起こした」-。中国語でこんな題名が付いた動画が今月2日、動画投稿サイト「ユーチューブ(YOUTUBE)にアップされた。ネット上には日本人批判があふれているが、日本人による犯行との主張は「誤報」であることが判明した。

     ◇

 関係者によると、事件は2日午後7時20分ごろ、東京都北区赤羽のJR赤羽駅に停車していた京浜東北線の上り列車内で起きた。投稿された動画には、2人組の男が座っていた男性の顔を何度も蹴っている場面が映っていた。警視庁赤羽署は傷害容疑で2人の男をその場で現行犯逮捕。身柄を東京地検に送り、捜査している。中国人男性は被害届を提出しているという。

 在日中国人向けのメディアなどがこの事件を報じ、動画が拡散された。中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」などでも、「日本の右翼に暴行を受けた」という題名で動画が転載されている。

 ネット上には、「くずの日本人2人が中国の人を殴ったんだよ、最低の日本人」「2人の日本人があんなに暴行したのに、全て外国人のせいにするな」「殴る側の2人が警察が止めても暴行を続けていて『中国に帰れ』と叫びました」などと、犯人が日本人であることを前提にした批判が殺到した。

 ネット上では、「日本人が無抵抗の中国人を殴った」というのが半ば既成事実のようになっている。しかし、動画には殴った男のうちの一人が片言の日本語で「あいつ、友達呼んでるよ」と叫んでいる場面も映っていた。そのため、「日本人ではないのでは」と拡散された情報を疑問視する声が浮上した。

 警視庁の捜査関係者に取材したところ、「逮捕されたのは日本人ではない」と断言した。さらに、「容疑者は中国人でも、韓国人でも、日本人でもない。容疑を認めている。車内でけんかがあったようだ。お互いに面識はない」と説明している。

 JR東日本東京支社によると、この電車が約8分遅れるなどの影響が出た。(WEB編集チーム)


続きを読む

1: 名無しさん 2017/12/04(月) 19:18:21.59 BE:478973293-2BP(1501)
中国でSNSの言論規制? 「低ランク人口」が禁句に
http://www.asahi.com/articles/ASKD14R8QKD1UHBI01H.html

【悲報】“ケンモメン”が中国で禁止用語となる [478973293]
http://leia.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1512284728/
45 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイ 6ae4-L6cJ)[] 投稿日:2017/12/03(日) 19:28:41.80 ID:OGkFNI9c0 [2/2]
>> 41
中国では話題にできないけどな

46 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイ aaee-D9HO)[] 投稿日:2017/12/03(日) 19:46:08.21 ID:IjYJgf6Y0
>> 45
できるよ。
現に北京にいる中国人である私がウェチャットで言っているし。
削除されたのは、ごくごく一部。全部削除なんてネット警察が10倍、いや100倍増えても無理。


続きを読む

1: 名無しさん 2017/12/05(火) 19:18:49.48 _USER9
加害者は日本人?京浜東北線車内で中国人男性が暴行被害、情報は錯そう
Record china
配信日時:2017年12月4日(月) 18時0分


2017年12月3日、JR京浜東北線の赤羽駅で2日夜7時20分ごろ発生したとされる暴行事件を、複数の中国メディアが伝えている。

自メディア(新興メディア)・東京新青年が掲載した動画には、電車内で座席に座る男性に対して、別の2人の男性が殴る蹴るの暴行を加える様子が映っている。記事は、騒動の様子をとらえた動画が日本のSNS上で話題になり、「何もしていない中国人男性が日本人2人を見ただけで殴られた。男性は脳振とうを起こした」という内容の投稿が寄せられたことなどを説明している。

東京新青年は、「被害者の中国人男性と連絡を取ることができた」とし、チャットアプリによるやり取りを掲載。それによ


以下ソース
http://www.recordchina.co.jp/b225990-s0-c30.html


続きを読む

1: 名無しさん 2017/12/05(火) 13:43:50.75 _USER9
市川市内を流れる江戸川放水路河川敷で、カキの殻が大量に捨てられ、問題になっている。

地元住民らによると、数年前からカキを採りに来る中国人が増えて以降、河川敷が大量のカキ殻で埋め尽くされるようになった。

河川敷は地元住民が水辺に親しむ場にもなっており、子どもが転んでカキ殻でけがをする事例も相次いでいることから、
安全確保のため国や市、地元の環境保全団体などがカキ殻を回収する対策に乗り出した。

河口から約1キロの同市妙典の河川敷で4日、国と市、地元自治会などからなる「江戸川放水路水面等利用者協議会」のメンバーら約70人が
午前9時半から約2時間、カキ殻の回収作業にあたった。

地元住民の要望を受けた初の試み。コンクリートブロックの上に積み重なった殻をスコップなどでかき出し、撤去したカキ殻は約30トン。
周辺の河川敷は約1キロにわたってカキ殻が捨てられており、推定100トンに上る。

河川敷のパトロール活動などに取り組んでいる「妙典河川敷の環境を守る会」の藤原孝夫会長(76)によると、
海水が入り交じる放水路はカキが生息し、数年前から大潮に合わせてカキを採りに来る人が増えた。

多くは5~10人の中国人グループで、多いときは100人以上になることも。
殻だけを河川敷に捨てて帰ってしまうことが多々あるという。

「注意しても日本語が分からないふりをして聞かない。取り締まるための明確なルールがないため、見掛けたら注意することしかできない」と憤る藤原会長。
河川敷で遊んでいた子どもが転んでカキの殻でけがをし、救急車を呼んだケースが今年に入って3件あり、対策が急務だった。

 回収作業をしたこの日も作業終了直後に早速、キャリーバッグを持ってカキを採りに来た中国人の姿が。

父親と2人で埼玉県から電車で来たという中国・福建省出身の女性は「友達からカキが採れると聞いて来た。自宅で料理して食べる。
揚げ物にすると美味しい」と話した。女性は回収作業の参加者から殻を河川敷に捨てないように注意され「殻は持って帰る」と約束した。

 河川を管理する国交省江戸川河川事務所によると、カキ殻は清掃の対象外のため、これまで放置されてきたのが実情。
放水路は江戸川の水害を防ぐためにもともと陸地だったところを切り開いて川にした経緯があり、漁業権が設定されていないため、
カキを採る行為自体は規制できない。カキの殻を捨てる行為は不法投棄にあたるが、取り締まりが難しいという。

同事務所の森川卓占用調整課長は「地元と連携して回収作業に取り組むことが、カキ殻を捨てる人に対するプレッシャーを強めることにつながる」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171205-00010009-chibatopi-l12

回収作業でできたカキ殻の山=4日午前11時ごろ、市川市の江戸川放水路河川敷
no title


江戸川放水路で河川敷のコンクリートブロックに付着したカキを採る中国人(画像は一部加工)=4日午前11時半ごろ、市川市妙典
no title


続きを読む

↑このページのトップヘ