中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: アジア

1: ザ・ワールド ★ 2018/03/06(火) 23:55:03.63 _USER
2018年3月3日、米華字メディア・多維新聞は、インドネシアの高速鉄道建設をめぐって「中国の高速鉄道がまたおとしめられた」とする記事を掲載した。

記事は、ある日本人が先日、中国企業が受注したジャカルタ―バンドン高速鉄道プロジェクトの停滞を風刺する漫画を掲載したと紹介。「日本のオファーを蹴って中国企業に発注したものの遅々としてプロジェクトが進まず、2019年に大統領選を控えたインドネシアのジョコ大統領が焦りだして日本に援助をすがる」という内容で、中国やインドネシアのメディアから批判が噴出。作者の日本人が謝罪をする騒動になった。

その上で、記事は漫画問題が発生した後、日本メディアから「19年のインドネシア大統領選前に何とか完成できそうな大型プロジェクトは、日本が融資しているパティンバン港とジャカルタの大量高速輸送システムだけ」「日本案は時間はかかるが計画は周到で、現地の未来も考慮されている。一部の国でも、日本の支援に対して好感が出始めている」などの報道が出ていると紹介した。

記事はこうした「インドネシア高速鉄道プロジェクトが停滞している」という情報に対し、インドネシア政府関係者が「中国側の融資の問題ではなく、わが国自身の問題」としたことや、中国とインドネシアの合弁による高速鉄道建設会社関係者が新華社の取材に対して「工事の準備は順調に進んでいる。外部条件が整うという前提の下で、工期3年の約束は変わらない」と発言したことを紹介。日本メディアの報道に疑問を呈している。

一方で、英紙フィナンシャル・タイムズなどが実施した調査で、中国が受注した18の海外高速鉄道プロジェクトのうち五つが中止になっていることにも触れ、「中国新4大発明の一つとされる高速鉄道の世界進出は依然として平坦な道のりではない。国際市場から完全に受け入れられるために解決しなければならない問題が多くある」と指摘している。

no title

no title

http://www.recordchina.co.jp/b563410-s0-c20.html

続きを読む

1: 名無しさん 2018/02/28(水) 19:37:07.05 _USER9
「日本の漫画家がジョコウィのジャカルタ?バンドン間の高速鉄道を風刺」との見出しで記事を掲載したドゥティックコムのスクリーンショット画面
no title


日本、中国が受注を争った、ジャカルタ特別州?西ジャワ州バンドン県間の高速鉄道案件を題材にした風刺画が、短文投稿サイトのツイッター上で賛否を巻き起こしている。地元メディア各社は、ジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領を批評しているとこぞって報道。現役閣僚や国会議員らがコメントする事態となった。

風刺画は漫画風に描かれ、23日に投稿された。作者は日本人とみられ、ツイッターのアカウント名は「オナン・ヒロシ」さん。地元メディアでは漫画家と報じられている。
風刺画の内容は、ジョコウィ大統領と安倍晋三首相、習近平国家主席を想起させる人物が登場。日本の高速鉄道建設に関する事前調査結果を受け取ったインドネシア人が、情報を中国に流すとともに事業費の値下げを要求して中国案を採用する場面と、2019年の大統領選が迫り、高速鉄道の工事が遅れていることに頭を悩ませるインドネシア人が、日本人にすがりつく姿が表現されている。
 
ムルドコ大統領首席補佐官は26日、「批評に対しては何の対応もしないが、政策方針の参考にしたい」と風刺画に対する政府の姿勢を説明した。
投稿は既に数千回、リツイートされるなど反響が広がっている。BBCインドネシアによると、国家元首であるジョコウィ大統領に「恥をかかせた」として、作者を逮捕するようティト・カルナフィアン国家警察長官に嘆願するツイートも。他にも、「本当のことだったとしても社会的な倫理の問題」「大統領をあざ笑う権利は作者にはない」などのツイートが飛び交っている。
 
風刺画をめぐる賛否を取り上げる地元メディアもあり、ドゥティックコムは26日、「日本が関与する一連のインフラプロジェクト」という特集記事を公開。1980?90年代に今回の風刺画が公開されていれば、74年1月15日の「マラリ事件」のような反日暴動を引き起こしただろうと分析する公共事業・国民住宅省幹部のコメントを紹介した。
一方で、「(風刺画は)個人による批評。日本政府の公式な見解でないため、インドネシア政府が態度を示す必要はない」というインドネシア大学のヒクマハント・ジュワナ教授(国際法)の見解を併記するとともに、パティンバン港開発やジャカルタの大量高速鉄道(MRT)建設など、円借款や日本企業の絡む事業が多数あり、国交樹立60周年を迎えた日イの2国間関係に問題はないと論じた。
 
インドネシアで波紋が広がる中、作者のアカウントには25日、本人とみられる人物が土下座する写真とともに謝罪文が投稿され、「もう絵は描かないつもりです」などとツイートした。
26日には、「本当に伝えたかったこと」として「タダより高い物は無い」「甘い言葉にはわながある」と記載した新たな風刺画を投稿した。
 
これに対し、ツイッター上では「謝らなくてもいいこと。単なる個人の批評で、インドネシア政府は参考にするべき」「真実をついている」と擁護する声も上がった。
ルフット・パンジャイタン海事調整相は26日、地元メディアに「彼は謝っている。(日本は)そういう国民性だ。しかし今回の批評が(ジャカルタ?バンドン間の)高速鉄道の実現を早めるだろう」と発言。「土地収用や耐震性の問題、トンネルや高架部の建設があり遅れる」と、開業が2019年5月から20年前半まで遅れる見通しとあらためて説明した。(中島昭浩)

英語ソース
Japanese Artist Apologizes After Depicting Jokowi as Beggar in Comic Strip
http://jakartaglobe.id/arts/japanese-artist-apologizes-after-depicting-jokowi-as-beggar-in-comic-strip/

2018年02月28日
じゃかるた新聞
http://www.jakartashimbun.com/free/detail/40480.html

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [NL] 2018/02/21(水) 18:23:55.35 BE:754019341-PLT(12345)
1

中国海軍の艦隊がインド洋航行、モルディブでは非常事態宣言発令中
https://jp.reuters.com/article/maldives-politics-china-idJPKCN1G509N
中国のニュースサイト「新浪網」によると、同国海軍の艦隊が今月に東インド洋を航行したもようだ。同海域に浮かぶ島国モルディブでは政治的混乱で非常事態宣言が発令されており、同国への影響力を巡り中国とインドが争っている。

報道では、人民解放軍海軍の052C/D型駆逐艦「中華神盾(イージス)」1隻、054A型ミサイル・フリゲートなど主力戦艦7隻、
3万トン級の071型輸送揚陸艦1隻、2万トン級の補給艦3隻がインド洋に入ったという。モルディブとの関連や航行の理由については触れていない。

新浪網は18日、「軍艦や他の装備を見ても、インド海軍と中国海軍の差は大きくない」と報じた。
艦隊がいつ配備され、いつまで展開するかにも言及していない。

リゾート地として知られるモルディブは、中国が推進する広域経済圏構想「一帯一路」に参加して以降、インドと中国の新たな勢力争いの場となっている。

インド洋の諸島から約400キロメートル離れたところに位置するインドは、諸島にある国々と長年にわたり政治・安全保障面での関係を維持。
中国によるモルディブへの影響力拡大に反対する構えで、モルディブの野党指導者はインド政府に今回の政治危機に介入するよう求めた。

続きを読む

1: 名無しさん 2018/02/13(火) 00:53:35.52 BE:135853815-PLT(12000)
「中国への領土譲渡必至」 モルディブ元大統領、現政権批判

 【コロンボ=黒沼勇史】政治混乱が深まるインド洋の島国モルディブのモハメド・ナシード元大統領(50)は12日、隣国スリランカのコロンボで日本経済新聞の単独インタビューに応じ
「対中債務は15億~20億ドル(約1600億~2200億円)に上るが、返済は不可能だ」と述べ、2019年中にも中国への領土割譲に追い込まれると危機感をあらわにした。

 08~12年に大統領を務めたナシード氏は16年に英国に亡命。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26811870S8A210C1FF8000/

続きを読む

1: 名無しさん 2018/01/11(木) 11:36:31.92 _USER9
南アジアと中東をつなぐ要衝に位置するパキスタン。
国の歴史は70年ながら、かつてはインダス文明が栄えた歴史ある土地だ。

中国が進める現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」の最前線である一方、日本車が圧倒的シェアを占める親日国でもある。
一方で米国からは「テロリストの避難所」と名指しで糾弾もされている。多様な表情を見せる国の現状を探った。(ニューデリー支局 森浩)

「日本という言葉は、そのまま高品質を意味する」

2017年12月初旬にパキスタンを訪れた際、各地で異口同音にこうした言葉を聞いた。

パキスタンは1947年に英領インドから東西パキスタンとして独立。
その後東パキスタンがバングラデシュとして分離したが、冷戦時代から西側諸国と比較的友好な関係を維持している。

日本との交流の歴史も長い。英領時代の1918年に日本綿花(現双日)が南東部カラチに進出しており、
パキスタンが成立した49年には日本に対していち早く綿花の輸出を解禁した。
パキスタンからの綿供給に支えられた日本の紡績産業が、高度経済成長の原動力となった側面もある。

「長い友好の歴史からパキスタンの誰に聞いても日本への好意を口にするはずだ。
そして、この国に何台外国産の車があるのか数えてみてほしい」と話すのは、ナセル・ジャンジュア国家安全保障担当補佐官だ。

その言葉の意味は、日本車のシェアにある。街を走っている乗用車はほとんどがトヨタや日産といった日本メーカー製だ。
パキスタン自動車工業会のまとめによると、2016年7月~17年6月に販売された乗用車18万5781台のうち、
現代自動車(韓国)が販売した1台をのぞくすべてが日本車だ。
工業会に加盟していないメーカーもあり、完全に実態を反映した数字ではないというが、地元関係者によると「少なく見積もっても97%は日本車」だという。
「1980年製のトヨタにいまだに乗っているが、壊れる気配もない」(パキスタン人大学教授)と話すユーザーも多く、
他国メーカー製の新車よりも、日本車の中古の方が高値で取引されることも多いという。

■米「テロリストに避難所提供」

■国父の棺の上に中国からのシャンデリア

パキスタンは1960年代以来、中国と密接な関係がある。特に近年は米国との関係が冷え込んだこともあり、その接近は急速だ。
一帯一路の関連プロジェクトである「中国・パキスタン経済回廊」(CPEC)を通じて、パキスタン全体に約600億ドル(6兆7500億円)が投下される見込みだ。
パキスタンを抱え込むことで、南アジアで存在感を高める狙いがある。

CPECを通じた蜜月の象徴とも言えるのが、南東部カラチにある建国の父ジンナーの廟だ。
ジンナーの棺の上には豪華なシャンデリアがぶら下がるが、これは中国から2016年12月に贈られたものだ。
地元記者によると、このシャンデリアは賛否両論だという。
ジンナーはいまだ国内で尊敬を集めており、“国の象徴”の上に中国の贈り物があることに「今の両国関係を象徴する」と反発する意見があるという。
「電力供給などでパキスタンの安定化に資するといえばそうだが、(中国の手法は)野心が透けてみえる。そのあたりが信用し切れないところだ」とこの地元記者は話す。

■「永遠のライバル」と親しい日本に複雑な感情

ただ、すべての国との関係においてパキスタンの意識下にあるのは、不倶戴天の敵といえる隣国インドだ。
英国からの独立以来犬猿の仲が続き、過去3度の印パ戦争を経験。競うように核開発を展開し、今も東部カシミール地方の領有権をめぐって衝突が続く。

現在、安倍晋三首相とインドのモディ首相の個人的な絆の強さもあり、日印関係は過去最良とも指摘されるが、パキスタン人には複雑なようだ。

ジャンジュア担当補佐官も「なぜパキスタンで中国人が増えたか、それは日本人がインドに向かっていってしまったからだ」と説明する。
パキスタンとしては対インドという戦略上、中国と接近せざるを得ないという主張だ。

パキスタン人教授からは、嘆きとともにこんな言葉が発せられた。
「なんで日本は最近インドとそんなに仲が良いんだ。かつては日本製品ばかりだった街にも、家電や携帯電話など中国製品が増えてきた。日本はパキスタンのことも忘れないでくれ」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00000500-san-asia


続きを読む

↑このページのトップヘ