中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: インド

1: みつを ★ 2018/02/20(火) 03:46:50.15 _USER9
https://www.cnn.co.jp/m/world/35114915.html

2018.02.19 Mon posted at 15:15 JST
ニューデリー(CNN) インド洋に浮かぶ小さな島国、セイシェル。白砂のビーチと熱帯雨林で知られるこの国が、中国の影響力拡大に対抗しようとするインドにとっての要衝となりつつある。

インドとセイシェルは先月、アフリカ大陸から約1650キロ東部にあるセイシェルのアサンプション島にインドが基地を建設する計画について、改訂合意文書に調印した。

今回の合意は、数年に及ぶ外交交渉を経て実現した。これでインドは、急速に戦略的重要性が高まる地域に軍事拠点を築くことになる。

2016年、世界の石油供給量の半分近くに相当する1日約4000万バレルの石油が、ホルムズ海峡やマラッカ海峡、バブエルマンデブ海峡などインド洋の海峡を通過した。

インド洋の中央に位置するインドの貿易は、そうした輸送路への自由で開かれたアクセスに依存する。インド海運省によると、同国の貿易量の約95%、貿易額の70%はインド洋を経由する。

一方、隣国の中国は習近平(シーチンピン)国家主席の下で海軍拠点を大幅に拡大し、中国本土の海岸線を越えて、これまで中国の影響力が及ばないと考えられてきた範囲にまで進出しつつある。

昨年7月、中国はバブエルマンデブ海峡に近いジブチに初の海外軍事基地を設けた。

バブエルマンデブ海峡は最も狭い部分で幅わずか29キロ。地中海からスエズ運河と航海を経由して、アデン湾とインド洋を結ぶ。

ジブチ基地の開設からわずか数カ月後、中国はスリランカのハンバントタ港の経営権を取得した。マラッカ海峡とスエズ運河を結ぶインド洋シーレーンから同港までは、推計によってはわずか22.2キロしか離れていない。

オーストラリア戦略政策研究所のマルコム・デイビス研究員は、ハンバントタ港の経営権獲得について、「インドを犠牲にして、インド洋全域で影響力の拡大を図る中国の断固たる戦略」の一環とみる。

今月に入ると、インド洋の海運にとってもう1つの欠かせない拠点であるモルディブで、中国に土地を収奪されているという反発が強まり、中国はこれを否定する異例の措置に出た。

スリランカと同様、モルディブは以前からインドとの関係が深かった。しかしここ数年はヤミーン大統領の下で中国と急接近、中国が掲げる「一帯一路」構想に基づき投資を呼び込んでいる。

モルディブの野党指導者ナシード氏は先月、報道陣に対し、モルディブの対外債務の80%を中国が占めていることから、モルディブもいずれスリランカのように、債務と引き換えにインフラを引き渡さざるを得なくなると語った。

中国はそうした意図を否定しているものの、インドはこれで中国による囲い込みに対する警戒感を一層強め、改めて地域の同盟を強化する動きに出たと専門家はみる。

インドのシンクタンクNMF所長はCNNの取材に対し、今回のセイシェルとの合意は、インドが領土の安定を守ろうとする取り組みの一環だと指摘。「我々(インド)には、守らなければならない利益がある。中国がインド洋で大規模な進出を進めるなら、我々の戦略的利益も拡大していかざるを得ない。インドが自らを保全するためにはそれが唯一の方法だ」と指摘した。

ベンガル湾での演習でミサイルを発射するインド海軍の駆逐艦
no title

続きを読む

1: 名無しさん 2018/01/19(金) 13:26:56.22 _USER9
ニューデリー(CNN) インド国防省は18日、核弾頭を搭載可能な大陸間弾道ミサイル(ICBM)「アグニ5」の発射実験に成功したと発表した。
アグニ5はインドで最も高度なICBMとみられている。

国防省によれば、アグニ5は現地時間の同日朝、東部オディシャ州沖合のアブドルカラム島から発射された。
防衛能力の「大きな底上げ」になったとしている。

米科学者連盟によると、インドは約120~130発の核弾頭を保有しているとみられる。

マサチューセッツ工科大学(MIT)のビピン・ナラン准教授は今回の発射実験に関し、
新たな能力の獲得を示すものではないと指摘。作戦配備前の開発段階における実験との見方を示した。

インド軍は実験でミサイルの発射筒や射出・飛行性能、正確性などを試していた可能性があり、そ
の点で「通常の技術的な実験」と言えるという。

アグニ5については2012年以降、5回の実験が行われてきた。
1

直近の実験は16年12月で、パキスタンと中国の反発を招いていた。

技術的観点からみると今回の実験は漸進的なものだったかもしれないが、地政学的には重大な意味合いを持つとみられる。
中国政府とインド政府の関係は、昨年後半にヒマラヤのドクラム高地で国境摩擦が続いたことを受けて緊張している。

ナラン氏らはアグニ5について、中国全域がその最大射程圏内に入っていると指摘。
主要都市や人口の多くが集まる中国東部の目標を攻撃するため使用される可能性もあると述べた。

https://www.cnn.co.jp/world/35113403.html


続きを読む

1: 名無しさん 2018/01/06(土) 07:38:31.61 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
【ニューデリー=森浩】チベット亡命政府があるインドで、中国側がチベット難民に対してスパイ勧誘活動を行っていたことが5日、分かった。
産経新聞の取材にインド政府高官が証言した。実際にスパイ活動が行われていたかは不明。
世界各国で諜報活動を展開している中国が、自らの支配下から逃れたチベット難民をスパイ要員として籠絡している実態は波紋を広げそうだ。

関係者によると、インド当局が情報を得たのは約3カ月前で、複数のチベット難民が勧誘を受けていたことを証言した。
中国側は直接の接触を避けており、通信アプリ「ワッツアップ」などを通じて、交渉を持ちかけていたという。
その際、報酬も提示していたが具体的な金額は明らかになっていない。

勧誘を受けた難民はインドが実効支配し中国も領有権を主張している北東部アルナチャルプラデシュ州や、亡命政府が拠点を置く北部ヒマチャルプラデシュ州にも居住しているという。

勧誘活動が始まった時期は不明だが、中印は昨年6月から約2カ月半にわたり、ブータンとの3カ国の国境付近で軍隊がにらみ合った経緯があり、政府高官は「対峙(たいじ)を契機に諜報活動が活発化した可能性もある」と分析する。
インド当局は警戒を強化する方針で、高官は「現在、関係部局が調査中で、しばらくたてば報告がまとまるだろう」と話している。

インドには、中国から継続的にチベット系の難民が流入しており、現在十数万人が在住しているとされる。
2013年には、中国が派遣したスパイとみられる男が難民に紛れ込んでインド国内に侵入していたことが発覚。偽造身分証所持の疑いでインド当局が身柄を拘束したこともある。

http://www.sankei.com/world/news/180106/wor1801060001-n1.html


続きを読む

1: 名無しさん 2017/12/31(日) 01:13:08.49 _USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3157117

2017年12月30日 19:21 発信地:中国
【12月30日 時事通信社】中国がスリランカやパキスタンなど南アジア諸国への浸透を進めている。スリランカでは、国内有数の規模を誇る港を中国国営企業が99年間借り受ける契約が締結された。中東から日本に向けて輸出される原油や液化天然ガスのほとんどが通過する重要なシーレーン(海上交通路)を抱える地域で、中国は存在感を際立たせている。

 中国は、シルクロード経済圏構想「一帯一路」を掲げて南アジアへ進出。港湾や鉄道、発電所など重要インフラの整備を支援している。

 ◇軍事拠点化を懸念

 スリランカは今年7月、南部ハンバントタ港を中国国営企業に11億ドル(約1200億円)で99年間貸し出す契約を結んだ。港は親中派のラジャパクサ前政権が建設したが、約13億ドル(約1500億円)とされる建設費の大半は中国からの融資だ。

 ただ、財政が苦しいスリランカは「悪夢のような返済」(地元紙デーリー・ミラー)のめどを立てられず、その代替措置として港を貸し出したとみられる。

 パキスタンでは、中国西部の新疆ウイグル自治区からインド洋に面するパキスタン南西部のグワダル港に至る「中パ経済回廊」の建設が進む。グワダルで港湾整備に携わってきた中国は2015年、パキスタン側と港の43年間の租借で合意した。

 パキスタンは人口増加に伴う電力不足に悩まされ、財政難で道路などのインフラ整備も難航。中国の支援は渡りに船だ。

 中国がインド洋一帯で進める港湾整備は、「南アジアの盟主」を自任してきたインドを包囲するような形で行われている。長期にわたって租借される港が軍事拠点化されるのではないかとの懸念もあり、インドは警戒を募らせている。

 ◇対米悪化に乗じ接近も

 パキスタンは最近、テロ対策をめぐって対米関係がぎくしゃくしており、中国はこれに乗じてパキスタンとの接近を図ってきた。トランプ米大統領が8月下旬の演説で、パキスタンを「テロリストを保護している」と名指しで批判すると、中国は直後に「パキスタンは平和と安定のため重要な貢献をしてきた」(華春瑩・外務省副報道局長)と持ち上げてみせた。

 アジア太平洋地域の諸問題を扱うオンライン誌ディプロマットは「米国は中国とパキスタンの関係を弱めようとしてきたが、(トランプ演説を機に)かえって関係が深まった」と指摘した。

 中国とインドに挟まれたネパールでは11、12両月に実施された下院選で、親中派とされる共産系の左派同盟が大勝した。親中派の新首相候補は、選挙戦で中国による水力発電所計画の受け入れを示唆。ここにも中国の影がちらつく。(c)時事通信社


続きを読む

1: 名無しさん 2017/12/12(火) 01:49:19.48 _USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3155017?cx_module=latest_top

2017年12月11日 20:53 発信地:ブータン
【12月11日 時事通信社】インド紙タイムズ・オブ・インディアは11日、治安当局筋の話として、インドと中国、ブータンの国境にある係争地ドクラム(中国名・洞朗)高地で、中国軍がヘリパッドなどを建設したと報じた。中印両軍は今年6~8月に同高地でにらみ合った後、8月末にインドが「両軍が撤退を完了した」と発表していた。

 ヒマラヤ山脈に連なる標高3000メートル前後の同高地は、冬は雪に閉ざされる。タイムズ紙はこの当局筋の話として「1600~1800人の中国軍部隊が高地にいる。冬季の駐留は初めてで、事実上の恒久的駐留だ」と伝えた。越冬用の小屋も設置されているという。

 中国はドクラム高地を自国領と主張。8月末のインドによる「撤退」発表後も「警備と駐屯を続ける」と強調しており、10月にも別のインド紙が「中国軍が撤退していない」と報道し、インド当局が否定する一幕があった。(c)時事通信社


続きを読む

↑このページのトップヘ